アプリのランナーの開始 - AWS App Runner

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

アプリのランナーの開始

AWS App Runnerである。AWSサービスを使用して、既存のコンテナーイメージまたはソースコードを直接、実行中の Web サービスに変換する、迅速、シンプル、費用対効果の高い方法を提供します。 AWS クラウド 。

このチュートリアルでは、AWS App Runnerを使用して、アプリケーションを App Runner サービスにデプロイします。ここでは、ソースコードとデプロイ、サービスビルド、サービスランタイムの構成について説明します。また、コードバージョンのデプロイ、構成変更、およびログの表示方法についても説明します。最後に、チュートリアルでは、チュートリアルの手順に従って作成したリソースをクリーンアップする方法を示します。

Prerequisites

チュートリアルを開始する前に、以下のアクションを必ず実行してください。

  1. 「」の各セットアップステップを実行します。アプリランナーの設定

  2. の作成GitHubアカウントを持っていない場合は、アカウントを作成します。GitHub を初めて使用する場合は、GitHub の使用開始()GitHub ドキュメント

  3. GitHub アカウントにリポジトリを作成します。このチュートリアルでは、リポジトリ名python-hello。リポジトリのルートディレクトリに、次の例で指定した名前と内容でファイルを作成します。

例 requirements.txt

Click==7.0 Flask==1.0.2 itsdangerous==1.1.0 Jinja2==2.10 MarkupSafe==1.1.1 Werkzeug==0.15.5

例 server.py

from flask import Flask import os PORT = 8080 name = os.environ['NAME'] if name == None or len(name) == 0: name = "world" MESSAGE = "Hello, " + name + "!" print("Message: '" + MESSAGE + "'") app = Flask(__name__) @app.route("/") def root(): print("Handling web request. Returning message.") result = MESSAGE.encode("utf-8") return result if __name__ == "__main__": app.run(debug=True, host="0.0.0.0", port=PORT)

ステップ 1: App Runner サービスを作成する

このステップでは、GitHub で作成したサンプルソースコードリポジトリに基づいて App Runner サービスを作成します。Prerequisites。この例には、単純な Python Web サイトが含まれています。サービスを作成するために実行する主な手順は次のとおりです。

  1. ソースコードを設定します。

  2. ソース配置を構成します。

  3. アプリケーションのビルドを構成します。

  4. サービスを設定します。

  5. 確認して確認します。

次の図は、App Runner サービスを作成する手順の概要を示しています。


        App Runner サービスの作成ワークフロー図

ソースコードリポジトリに基づいて App Runner サービスを作成するには

  1. ソースコードを設定します。

    1. を開くアプリRunner コンソールで、リージョンリストで、 AWS リージョン 。

    2. そのファイルに AWS アカウント に App Runner サービスがまだない場合は、コンソールのホームページが表示されます。選択App Runner サービスを作成する

      
      [サービスの作成] ボタンを表示する App Runner コンソールのホームページ

      そのファイルに AWS アカウント が既存のサービスを持っている場合、サービスページにサービスのリストが表示されます。[Create service] を選択します。

      
      アプリランナーコンソールサービスページ
    3. リポジトリの []ソースとデプロイ[] ページで次の操作を行います。送信元セクションの[Repository type]] で、ソースコードのリポジトリ

    4. []GitHub Connect する選択するAdd Newし、プロンプトが表示されたら、GitHub の認証情報を入力します。

      注記

      以下のステップはAWSGitHub アカウントへの GitHub のコネクタは、1 回限りのステップです。接続を再利用して、このアカウントのリポジトリに基づいて複数の App Runner サービスを作成できます。既存の接続がある場合は、接続を選択して、リポジトリの選択に進みます。

    5. インストールAWSGitHub 用コネクタダイアログボックスで、GitHub アカウント名を選択します。

    6. 認証を求めるメッセージが表示された場合は、AWSGitHub 用コネクタ、AWS 接続の承認

    7. [Install] を選択します。

      アカウント名が、選択したGitHub アカウント/組織。これで、アカウントでリポジトリを選択できます。

    8. を使用する場合リポジトリで、作成したサンプルリポジトリ、python-hello。を使用する場合ブランチで、リポジトリのデフォルトのブランチ名を選択します (例:MAIN).

  2. デプロイメントを設定します。左展開設定セクションで [] を選択します。自動を選択してから、[] を選択します。

    注記

    自動デプロイメントでは、リポジトリへの新しいコミットごとに、新しいバージョンのサービスが自動的にデプロイされます。

    
            App Runner サービスの作成時のソースとデプロイの設定
  3. アプリケーションのビルドを構成します。

    1. リポジトリの []ビルドを設定するページで次の操作を行います。設定ファイル] で、ここですべての設定を構成する

    2. 次のビルド設定を指定します。

      • ランタイム— 選択してください。Python 3

      • ビルドコマンド— と入力します。pip install -r requirements.txt

      • 開始コマンド— と入力します。python server.py

      • ポート— と入力します。8080

    3. [Next] を選択します。

    注記

    Python 3 ランタイムは、ベースの Python 3 イメージとサンプルの Python コードを使用して Docker イメージを構築します。次に、このイメージのコンテナーインスタンスを実行するサービスを起動します。

    
            App Runner サービスの作成中に設定を作成する
  4. サービスを設定します。

    1. リポジトリの []サービスの構成[] ページで次の操作を行います。サービス設定セクションで、サービス名を入力します。

    2. []環境変数には、単一の環境変数を追加します。を使用する場合キー「」と入力します。NAMEに対し、に、任意の名前 (例:名前) を入力します。

      注記

      サンプルアプリケーションは、この環境変数で設定した名前を読み取り、その名前を Web ページに表示します。

    3. [Next] を選択します。

    
            App Runner サービスの作成時のサービス設定
  5. リポジトリの []確認と作成ページで、入力したすべての詳細を確認し、[作成およびデプロイする

    サービスが正常に作成されると、コンソールにサービスダッシュボードが表示され、サービスの概要新しいサービスの。

  6. サービスが実行されていることを確認します。

    1. サービスダッシュボードページで、サービスステータス実行中

    2. [デフォルトのドメインの値です。これは、サービスの Web サイトへの URL です。

      Web ページには、次の情報が表示されます。こんにちは。お名前!

    
            App Runner サービスのアプリケーション Web ページ

ステップ 2: サービスコードを変更する

このステップでは、ソースコードのリポジトリを変更します。App Runner CI/CD 機能によって、変更が自動的に構築され、サービスに変更がデプロイされます。

サービスコードを変更するには

  1. サンプルの GitHub リポジトリに移動します。

  2. ファイル名を選択します。server.pyをクリックして、そのファイルに移動します。

  3. 選択[このファイルを編集][] (鉛筆アイコン) を選択します。

  4. 変数に割り当てられた式でMESSAGE、テキストを変更するHelloGood morning

    
            編集アイコンとメッセージが強調表示されたGitHub ファイルページ
  5. [変更のコミット] を選択します。

    新しいコミットがデプロイを開始します。サービスダッシュボードページで、ステータスの変更点操作を実行中

  6. デプロイが終了するのを待ちます。サービスダッシュボードページで、ステータスに変更する必要があります実行中

  7. デプロイメントが正常に行われたことを確認します。サービスの Web ページが表示されるブラウザタブを更新します。

    このページには、変更されたメッセージが表示されます。おはようございます。お名前!

ステップ 3: 設定変更を行う

このステップでは、変更を行います、NAME環境変数値を使用して、サービス構成の変更を示します。

サービスのログを表示するには

  1. を開くアプリRunner コンソールで、リージョンリストで、 AWS リージョン 。

  2. ナビゲーションペインで [] を選択します。サービスをクリックし、App Runner サービスを選択します。

    コンソールには、サービスダッシュボードにサービスの概要

  3. サービスダッシュボードページで、設定[] タブ。

    コンソールには、サービス構成の設定がいくつかのセクションに表示されます。

  4. サービスの構成セクションで [] を選択します。編集

    
            App Runner サービスのダッシュボードページの「構成」タブの「サービス構成」セクション
  5. キーを持つ環境変数の場合NAMEで、値を別の名前に変更します。

  6. [Apply changes (変更の適用)] を選択します。

    App Runner は更新プロセスを開始します。サービスダッシュボードページで、ステータスの変更点操作を実行中

  7. 更新が終了するまで待機してください。サービスダッシュボードページで、ステータスに変更する必要があります実行中

  8. 更新が正常に行われたことを確認します。サービスの Web ページが表示されるブラウザタブを更新します。

    ページには、変更した名前が表示されます。おはようございます。新しい名前!

ステップ 4: サービスのログを表示する

この手順では、App Runner コンソールを使用して App Runner サービスのログを表示します。アプリケーションランナーは、Amazon CloudWatch Logs(CloudWatch Logs)にログをストリーミングし、サービスのダッシュボードに表示します。App Runner ログの詳細については、」CloudWatch Logs にストリーミングされたアプリケーションランナーのログの表示

サービスのログを表示するには

  1. を開くアプリRunner コンソールで、リージョンリストで、 AWS リージョン 。

  2. ナビゲーションペインで [] を選択します。サービスをクリックし、App Runner サービスを選択します。

    コンソールには、サービスダッシュボードにサービスの概要

  3. サービスダッシュボードページで、ログ[] タブ。

    コンソールには、いくつかのセクションにいくつかのタイプのログが表示されます。

    • イベントログ— App Runner サービスのライフサイクルにおけるアクティビティ。コンソールに最新のイベントが表示されます。

    • 展開ログ— App Runner サービスへのソースリポジトリのデプロイメント。コンソールには、デプロイごとに個別のログストリームが表示されます。

    • アプリケーションログ— App Runner サービスにデプロイされた Web アプリケーションの出力です。コンソールは、実行中のすべてのインスタンスからの出力を 1 つのログストリームに結合します。

    
        App Runner サービスのダッシュボードページの [ログ] タブ
  4. 特定の展開を検索するには、検索語を入力して展開ログの一覧を絞り込みます。テーブルに表示される任意の値を検索できます。

  5. ログの内容を表示するには、ログ全体を表示する(イベントログ)またはログストリーム名(デプロイメントおよびアプリケーションログ)。

  6. 選択のダウンロードをクリックしてログをダウンロードします。デプロイメントログストリームの場合は、まずログストリームを選択します。

  7. 選択CloudWatch で見るをクリックして CloudWatch コンソールを開き、その全機能を使用して App Runner サービスログを調べます。デプロイメントログストリームの場合は、まずログストリームを選択します。

    注記

    CloudWatch コンソールは、結合されたアプリケーションログではなく、特定のインスタンスのアプリケーションログを表示する場合に特に便利です。

ステップ 5: クリーンアップ

App Runner サービスの作成、ログの表示、変更を行う方法を学習しました。このステップでは、サービスを削除して不要になったリソースを削除します。

サービスを削除するには

  1. サービスダッシュボードページで、アクションを選択してから、[] を選択します。サービスを削除する

  2. 確認ダイアログで、要求されたテキストを入力し、[削除

    結果: コンソールは、サービスページで. 削除したサービスのステータスがDELETING。しばらくすると、リストから消えます。

このチュートリアルの一部として作成した GitHub 接続を削除することも検討します。詳細については、「アプリランナー接続の管理」を参照してください。

次のステップ

App Runner サービスを初めてデプロイしたので、次のトピックで詳しく説明します。