AppStream 2.0 クライアントリリースノート - Amazon AppStream 2.0

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AppStream 2.0 クライアントリリースノート

AppStream 2.0 クライアントは、 AppStream 2.0 ストリーミングセッション中に追加機能を必要とするユーザー向けに設計されたネイティブアプリケーションです。次の表は、 AppStream 2.0 クライアントのリリースバージョンで利用できる最新のアップデートをまとめたものです。

クライアントの詳細については、Windows 用 AppStream 2.0 クライアントを介したアクセスの提供 を参照してください。

クライアントバージョン リリース日 変更

1.1.1303

04-03-2024
  • バグ修正と改良が含まれます。

1.1.1300

03-28-2024
  • IdP が開始したストリーミングセッションから AppStream 2.0 クライアントを起動するためのサポートが追加されました

  • 新しい中継州の地域エンドポイントのサポートが追加されました。

  • 組み込み Chromium ブラウザをバージョン 12.1.3.70 にアップグレードします。

  • バグ修正と改良が含まれます。

1.1.1259

02-08-2024
  • バグ修正と改良が含まれます。

1.1.1246

01-18-2024
  • アクセシビリティ機能が改善されました。

  • バグ修正と改良が含まれます。

  • 組み込み Chromium ブラウザをバージョン 11.9.4.30 にアップグレードします。

1.1.1228

11-01-2023
  • バグ修正と改良が含まれます。

  • 組み込みの Chromium ブラウザをバージョン 114.1.120 にアップグレード

1.1.1183 06-22-2023
  • バグ修正と改良が含まれます。

  • 組み込みの Chromium ブラウザをバージョン 111.2.20 にアップグレード

1.1.1159 05-09-2023
  • バグ修正と改良が含まれます。

1.1.1130 02-09-2023
  • 組み込みの Chromium ブラウザをバージョン 108.4.130 にアップグレード

1.1.1118 11-07-2022
  • 組み込みの Chromium ブラウザをバージョン 106.0.26 にアップグレードします。

1.1.1099 10-13-2022
  • バグ修正と改良が含まれます。

1.1.1066 08-17-2022
  • 組み込みの Chromium ブラウザをバージョン 102.0.9 にアップグレードします。Microsoft Visual C++ 2019 再頒布可能パッケージを前提条件としてインストールする必要があります。

1.1.1025 06-29-2022
1.1.421 05-19-2022
  • バグ修正を含む

1.1.414 04-26-2022
  • バグ修正と UI の改良点を含む

1.1.398 02-23-2022
  • バグ修正を含む

1.1.394 02-08-2022
  • 組み込みの Chromium ブラウザをバージョン 97 にアップグレードします

1.1.386 12-20-2021
  • 組み込みの Chromium ブラウザをバージョン 94.4 にアップグレードします

  • バグ修正を含む

1.1.360 11-15-2021
1.1.333 2021 年 9 月 8 日
  • 組み込み Chromium ブラウザのバグ修正

1.1.319 08-16-2021
  • キャップロック、数字ロック、スクロールロックキーの問題を解決しました。

  • ドメイン参加サインインエクスペリエンスの問題を解決します。

1.1.304 08-02-2021
  • 組み込みの Chromium ブラウザをバージョン 91 にアップグレードします

  • 重要な修正を含む USB ドライバの更新

1.1.294 2021 年 4 月 26 日
  • SAML 2.0 認証に関する問題を解決

  • Windows 7 でのクライアントの安定性の問題を解決

  • クライアント再接続時のフォルダ共有に関する問題を解決

1.1.285 2021 年 3 月 8 日
  • ウイルス対策ソフトウェアとの互換性を向上させる修正を含みます

1.1.257 2020 年 12 月 28 日
  • リアルタイムオーディオビデオ (AV) のサポートを追加

  • Active Directory に参加しているストリーミングインスタンスに Windows でサインインするためのスマートカードの使用と、ストリーミングアプリケーションのセッション内認証のサポートを追加します。

  • ストリーミングセッション中に Microsoft Excel シートがフォーカスを失う問題を解決します

1.1.195 2020 年 8 月 18 日
  • OneDrive ストリーミングセッション中にファイルリダイレクトを使用する場合など、クラウドベースの永続ストレージソリューションに属するローカルドライブとフォルダーの共有エクスペリエンスが向上します。

  • 組み込みの Chromium ブラウザをバージョン 81 にアップグレードします

  • AS2TrustedDomain リストで指定されたドメインの AS2TrustedDomains DNS TXT レコード検索に失敗する問題を解決します。これらの障害は、一部の URI スキームで発生する可能性があります。詳細については、「AS2 TrustedDomains DNS TXT レコードを作成して、レジストリを変更せずに 2.0 AppStream クライアントのドメインを有効にします。」を参照してください。

  • オーディオが有効なときにクライアントが機能を断続的に停止する問題を解決します

1.1.179 2020 年 7 月 8 日
  • ローカルプリンターへのリダイレクトのサポートを追加する

  • いくつかのプロキシ設定でストリーミングを妨げる同時実行 HTTP 接続問題を解決します

  • 数ギガバイトを超えるファイルのダウンロードが停止し、失敗する問題を解決します。

  • ユーザーが SAML 経由でサインインして 2.0 に接続し、 AppStream 2.0 クライアントを閉じずにセッションから切断し、新しい AppStream 2.0 ストリーミングセッションを開始しようとすると、 AppStream それ以降 2.0 への接続に失敗する問題を解決します。 AppStream

1.1.160 04-28-2020
  • .NET Framework バージョン 4.7.1 以前がインストールされている Windows PC でアプリケーションカタログページが開かない問題を解決します。

  • ユーザーがクライアントアプリケーションを閉じると、クライアントからの応答が停止するという断続的な問題を解決します。

1.1.156 04-22-2020
  • DNS TXT レコードでユーザー接続用の信頼されたサブドメインを定義するためのサポートを追加しました。

  • 診断ログとミニダンプのオンデマンドアップロードのサポートを追加しました。

  • ネイティブアプリケーションモードでストリーミングするユーザーのカスタムブランドのサポートを追加しました。

注記

このバージョンの AppStream 2.0 クライアントをインストールしているユーザーは、同じ PC に.NET Framework バージョン 4.7.2 以降がインストールされている必要があります。ダウンロードできる .NET Framework のバージョンの一覧については、「Download .NET Framework」を参照してください。

1.1.137 03-08-2020
  • バージョン 1.1.136 の更新プログラムに戻します。

1.1.136 03-05-2020
  • DNS TXT レコードでユーザー接続用の信頼されたサブドメインを定義するためのサポートを追加しました。

1.1.129 02-28-2020
  • ネイティブアプリケーションモードのサポートを追加しました。

  • DCV プリンターエクスペリエンスのユーザーインターフェイスを改良しました。

  • ストリーミングアプリケーションで Surface Pro Pen を使用する際の問題を解決しました。

  • 国際文字を含む名前の付いたファイルをダウンロードする際の問題を解決しました。

1.0.525 12-12-2019
  • ストリーミングセッション中にユーザーがアプリケーションをクリックすると、マウスカーソルが間違った場所を指す原因となる DPI の問題を解決しました。

1.0.511 10-16-2019
  • 最大 4 台のモニターと、モニターあたり最大 2,560 x 1,600 ピクセルの表示解像度のサポートを追加

  • Graphics Design および Graphics Pro インスタンスタイプで最大 2 台のモニターと、モニターあたり最大 4,096 x 2,160 ピクセルの表示解像度のサポートを追加

  • カスタム Uniform Resource Identifier (URI) リダイレクトを使用して開始されたストリーミングセッションへのシームレスなユーザー接続のサポートを追加

  • 開始 URL の信頼されたドメインを追加するためのサポートを追加

1.0.499 09-26-2019
  • クライアント側のハードウェアレンダリングに関する問題を解決しました。

  • Bluetooth ヘッドセットがローカルコンピュータに接続されているときにクライアントが正しく動作しない問題を解決しました。

1.0.480 2019-08-20
  • AppStream 2.0 ファイルシステムリダイレクトのサポートを追加します。

1.0.467 07-29-2019
  • AppStream 2.0 ポータルエンドポイントへの更新との互換性を確保するための修正と機能強化が含まれています。

1.0.407 05-16-2019
  • ユーザーがストリーミングセッションから切断されるまでにアイドル状態 (非アクティブ) となることができる時間を設定するためのサポートを追加しました。詳細については、 AppStream 2.0 フリートとスタックを作成するの「Create a Fleet」を参照してください。

  • SAML 2.0 セッションが期限切れになったときに表示されるセッションアラートウィンドウに関する問題を解決しました。

  • プリントサーバーへのドキュメントの印刷に関するバグ修正が含まれます。

1.0.375 03-07-2019
  • Windows PC でのタッチスクリーンのサポートを追加

  • 新しいストリーミングセッションの開始時に USB デバイスを自動的に接続することが可能に

  • セッションスクリプトの実行のサポートを追加

  • AppStream 2.0 動的アプリケーションフレームワーク API を使用して仮想アプリケーションを配信するためのサポートを追加します。

1.0.320 01-19-2019
  • グラフィックデザインインスタンスのマルチモニターサポートを追加

  • 100% を超えるクライアント表示倍率のサポートを追加

  • AppStream 2.0 の地域設定のサポートを追加

  • AppStream 2.0 ユーザープールのサポートを追加します。

  • クライアント側のプロキシ設定を尊重するためのサポートを追加

1.0.247 11-20-2018 初回リリース