AppStream 2.0 クライアントをインストールし、ユーザーのクライアントエクスペリエンスをカスタマイズする - Amazon AppStream 2.0

AppStream 2.0 クライアントをインストールし、ユーザーのクライアントエクスペリエンスをカスタマイズする

以下のセクションでは、AppStream 2.0 クライアントをインストールし、ユーザーのクライアントエクスペリエンスをカスタマイズする方法について説明します。ユーザーのクライアントをダウンロードしてインストールする場合は、まずエンタープライズデプロイツールをダウンロードします。次に PowerShell スクリプトを実行して、リモートで AppStream 2.0 クライアントをインストールし、クライアントの設定を行います。

エンタープライズデプロイツールのダウンロード

エンタープライズデプロイツールには、AppStream 2.0 クライアントインストールファイルとグループポリシー管理用テンプレートが含まれています。

  1. エンタープライズデプロイツールをダウンロードするには、AppStream 2.0 でサポートされているクライアントページの右下にある [Enterprise Deployment Tool (エンタープライズデプロイツール)] リンクを選択します。このリンクを選択すると、最新バージョンのツールに必要なファイルを含む .zip ファイルが開きます。

  2. 必要なファイルを抽出するには、ツールをダウンロードした場所に移動し、[AmazonAppStreamClient_EnterpriseSetup_<version>] フォルダを右クリックして、[すべて抽出] を選択します。フォルダには、2 つのインストールプログラムとグループポリシー管理用テンプレートが含まれています。

    • AppStream 2.0 クライアントインストーラ (AmazonAppStreamClientSetup_<version>.msi) — AppStream 2.0 クライアントをインストールします。

    • AppStream 2.0 USB ドライバーインストーラ (AmazonAppStreamUsbDriverSetup_<version>.exe) — AppStream 2.0 を介してストリーミングされるアプリケーションで USB デバイスを使用するために必要な AppStream 2.0 USB ドライバーをインストールします。

    • AppStream 2.0 クライアントグループポリシー管理テンプレート (as2_client_config.adm) — グループポリシーを使用して AppStream 2.0 クライアントを設定できます。

AppStream 2.0 クライアントと USB ドライバーをインストールする

AppStream 2.0 クライアントのインストールファイルをダウンロードしたら、ユーザーのコンピュータで次の PowerShell スクリプトを実行して、AppStream 2.0 クライアントのインストールファイル、AppStreamClient.exe、および USB ドライバーをサイレントインストールします。

注記

このスクリプトを実行するには、該当するコンピュータに管理者権限でログインしている必要があります。起動時に [システム] アカウントの下でスクリプトをリモートで実行することもできます。

Start-Process msiexec.exe -Wait -ArgumentList  '/i AmazonAppStreamClientSetup_<version>.msi /quiet' Start-Process AmazonAppStreamUsbDriverSetup_<version>.exe -Wait -ArgumentList  '/quiet'

ユーザーのコンピュータにエンタープライズデプロイツールをインストールした後、AppStream 2.0 クライアントは次のようにインストールされます。

  1. AppStream 2.0 クライアントのインストールファイルは、ユーザーのコンピュータ上の次のパスにコピーされます: C:\Program Files (x86)\Amazon AppStream 2.0 Client Installer\AppStreamClient.exe。

  2. エンタープライズデプロイツールのインストール後にユーザーがコンピュータに初めてログオンすると、AppStream 2.0 クライアントがインストールされます。

    注記

    エンタープライズデプロイツールは、AppStream 2.0 クライアントフォルダである AppStreamClient が既に %localappdata% に存在することを検出した場合、ツールはクライアントをインストールしません。

ユーザーが AppStream 2.0 クライアントをアンインストールした場合、AppStream 2.0 エンタープライズデプロイツールを更新するまで、クライアントは再度インストールされません。

AppStream 2.0 クライアントで AppStream 2.0 にアクセスする

デフォルトでは、ユーザーは AppStream 2.0 クライアントを起動すると、AppStream 2.0 ドメインを含む URL、または接続を有効にする DNS TXT レコードを含む URL にのみ接続できます。クライアントユーザーが AppStream 2.0 ドメイン以外のドメインにアクセスできるようにするには、以下のいずれかの操作を行います。

  • ユーザーからアクセス可能なカスタム URL (組織のログインポータルの URL など) を指定するように StartURL レジストリ値を設定します。

  • ユーザーからアクセス可能な信頼されたドメインを指定するように TrustedDomains レジストリ値を設定します。

  • ユーザーからアクセス可能な信頼されたドメインを指定するための AS2TrustedDomains DNS TXT を作成します。この方法では、レジストリを変更せずに済みます。

注記

AppStream 2.0 クライアントおよび DNS TXT レコード設定により、管理者が指定したドメインまたは URL に、ユーザーが他の接続方法を使用してアクセスできなくなることはありません。たとえば、ユーザーは指定されたドメインまたは URL へのネットワークアクセスが可能であれば、ウェブブラウザを使用してそれらのドメインまたは URL にアクセスできます。

AppStream 2.0 クライアントユーザーの StartURL レジストリ値を設定する

StartUrl レジストリ値を使用して、ユーザーが AppStream 2.0 クライアントを起動したときに自動入力されるカスタム URL を設定できます。クライアントのインストール中にこの HKLM レジストリキーを作成すると、ユーザーがクライアントを起動するときに URL を指定する必要がなくなります。

AppStream 2.0 クライアントをインストールしたら、次の PowerShell スクリプトを実行してこのレジストリキーを作成するか、AppStream 2.0 クライアントのエンタープライズデプロイツールに含まれている管理用テンプレートを使用して、グループポリシーを通じてクライアントを設定できます。

StartUrl の値を ID プロバイダー (IdP) の URL に置き換えます。URL では、デバイスによって信頼されている証明書を使用する必要があります。つまり、StartUrl ウェブページで使用する証明書には、URL のドメイン名が含まれたサブジェクト代替名 (SAN) を含める必要があります。たとえば、StartUrl を https://appstream.example.com に設定した場合、SSL 証明書には appstream.example.com が含まれた SAN を含める必要があります。

注記

このスクリプトを実行するには、該当するコンピュータに管理者権限でログインしている必要があります。起動時に [システム] アカウントの下でスクリプトをリモートで実行することもできます。

$registryPath="HKLM:\Software\Amazon\AppStream Client" New-Item -Path "HKLM:\Software\Amazon" -Name "AppStream Client" -Force New-ItemProperty -Path $registryPath -Name "StartUrl" -Value "https://www.example.com" -PropertyType String -Force | Out-Null

TrustedDomains レジストリ値を設定して AppStream 2.0 クライアントのその他のドメインを有効にする

指定した信頼されたドメインの URL に接続するように AppStream 2.0 クライアントを設定できます。たとえば、組織ドメインの URL や 1 つ以上の IdP ドメインの URL に接続することをユーザーを許可できます。URL を指定するときは、*.example-idp.com の形式を使用します。

信頼されたドメインのリストはカンマ区切り形式で指定できます。このリストをレジストリ値として AppStream 2.0 TrustedDomains HKLM レジストリキーに追加します。AppStream 2.0 クライアントをインストールするときや、Microsoft Active Directory を使用している場合は、このレジストリキーを作成し、信頼されたドメインのリストを指定することをお勧めします。これにより、ユーザーは、クライアントがインストールされた直後に、信頼されたドメインの URL に接続できます。

AppStream 2.0 クライアントをインストールしたら、以下の PowerShell スクリプトを実行して、このレジストリキーを作成できます。または、AppStream 2.0 クライアントのエンタープライズデプロイツールに含まれている管理用テンプレートを使用して、グループポリシーを通じてクライアントを設定できます。

TrustedDomains 値を 1 つ以上の組織ドメインや IdP ドメインのカンマ区切りリストに置き換えます。信頼されたドメインのウェブページで使用される証明書には、URL のドメインを含む SAN が含まれている必要があります。たとえば、信頼されたドメインに *.example.com, が含まれていて、ユーザーが https://appstream.example.com を指定している場合、SSL 証明書には appstream.example.com を含む SAN が必要です。

注記

このスクリプトを実行するには、該当するコンピュータに管理者権限でログインしている必要があります。起動時に [システム] アカウントの下でスクリプトをリモートで実行することもできます。

$registryPath="HKLM:\Software\Amazon\AppStream Client" New-Item -Path "HKLM:\Software\Amazon" -Name "AppStream Client" -Force New-ItemProperty -Path $registryPath -Name "TrustedDomains" -Value "*.example1.com, *.example2.com, aws.amazon.com" -PropertyType String -Force | Out-Null

以下に示しているのは、信頼されたドメイン名の形式を設定するための要件と考慮事項です。

  • a ~ z、0 ~ 9、-、* の文字がサポートされています。

  • DNS は、ドメイン名のどこに表示されるかに応じて、* 文字をワイルドカードまたはアスタリスク文字 (ASCII 42) として扱います。DNS レコードの名前で * をワイルドカードとして使用する場合の制限は以下のとおりです。

    • * は、ドメイン名の左端のラベルを置き換えます。たとえば、「*.example.com」または「*.prod.com」となります。prod.*.example.com のように「*」を他のどのような位置に含めても、DNS はこれをワイルドカードとしてではなく、アスタリスク文字 (ASCII 42) として扱います。

    • * は、ラベル全体を置き換える必要があります。例えば、*prod.example.com や prod*.example.com と指定することはできません。

    • * は、* を含むサブドメインレベル、およびそのサブドメインのすべてのサブドメインに適用されます。たとえば、*.example.com というエントリがある場合、AppStream 2.0 クライアントは zenith.example.com、acme.zenith.example.com、pinnacle.acme.zenith.example.com を許可します。

AS2TrustedDomains DNS TXT レコードを作成して、レジストリを変更せずに AppStream 2.0 クライアントのドメインを有効にします。

ユーザーが組織ドメインの任意の URL (*.example.com など)、または IdP ドメインの任意の URL (*.example-idp.com など) に接続できるようにするには、そのドメインに DNS TXT レコードを作成します。DNS TXT レコードを作成すると、StartURL または TrustedDomains レジストリ値を使用せずに URL への接続をユーザーに許可できます。

信頼されたサブドメインのリストは、プレフィックス AS2TrustedDomains= を付けて、カンマ区切り形式で指定できます。その後、該当するドメインの DNS TXT レコードを作成します。AS2TrustedDomains DNS TXT レコードを使用して有効にすることができるドメインは、この DNS TXT レコードを作成したドメイン (またはそのサブドメイン) のみです。DNS TXT レコードを使用して、他のドメインを有効にすることはできません。

注記

DNS TXT レコードを作成すると、StartURL または TrustedDomains レジストリ値に含まれていない有効なドメインから、任意のユーザーがストリーミングできます。AppStream 2.0 クライアントおよび DNS TXT レコード設定により、管理者が指定したドメインまたは URL に、ユーザーが他の接続方法を使用してアクセスできなくなることはありません。たとえば、ユーザーは指定されたドメインまたは URL へのネットワークアクセスが可能であれば、ウェブブラウザを使用してそれらのドメインまたは URL にアクセスできます。

DNS TXT レコード設定の例

以下に示しているのは、DNS TXT レコード設定の例です。この設定の例を使用すると、ユーザーは AppStream 2.0 クライアントを起動し、appstream.example.com または appstream-dev.example.com に接続できます。ただし、example.com には接続できません。

  • Domains to enable — appstream.example.com、appstream-dev.example.com

  • DNS TXT record location — example.com

  • DNS TXT record value — AS2TrustedDomains=appstream.example.com,appstream-dev.example.com

要件と考慮事項

以下に示しているのは、DNS TXT レコードを作成するための要件と考慮事項です。

  • 第 2 レベルドメインで TXT レコードを作成する必要があります。たとえば、ドメインが prod.appstream.example.com である場合、example.com で DNS TXT レコードを作成する必要があります。

  • TXT レコードの値は、AS2TrustedDomains= で始める必要があります。

  • a ~ z、0 ~ 9、-、* の文字がサポートされています。

  • DNS は、ドメイン名のどこに表示されるかに応じて、* 文字をワイルドカードまたはアスタリスク文字 (ASCII 42) として扱います。DNS レコードの名前で * をワイルドカードとして使用する場合の制限は以下のとおりです。

    • * は、ドメイン名の左端のラベルを置き換えます。たとえば、「*.example.com」または「*.prod.com」となります。prod.*.example.com のように「*」を他のどのような位置に含めても、DNS はこれをワイルドカードとしてではなく、アスタリスク文字 (ASCII 42) として扱います。

    • * は、ラベル全体を置き換える必要があります。例えば、*prod.example.com や prod*.example.com と指定することはできません。

    • * は、* を含むサブドメインレベル、およびそのサブドメインのすべてのサブドメインに適用されます。たとえば、*.example.com というエントリがある場合、AppStream 2.0 クライアントはドメイン zenith.example.com、acme.zenith.example.com、pinnacle.acme.zenith.example.com への接続を許可します。

信頼されたドメインの DNS TXT レコード検索を無効にする

デフォルトでは、ユーザーが AppStream 2.0 を起動し、AppStream 2.0 ドメインではない URL を指定すると、クライアントは DNS TXT レコード検索を実行します。この検索は URL の第 2 レベルドメインで実行されるため、クライアントは AS2TrustedDomains リストにドメインが含まれているかどうかを判断できます。この動作により、ユーザーは StartURL レジストリキーや TrustedDomains レジストリキーに指定されていないドメインに接続したり、AppStream 2.0 ドメインに接続したりできます。

この動作を無効にするには、DnsTxtRecordQueryDisabled レジストリキーの値を true に設定します。このレジストリキーは、AppStream 2.0 クライアントのインストール時に作成できます。これにより、クライアントは、StartURL レジストリキーまたは TrustedDomains レジストリキーに指定されている URL にのみ接続します。

AppStream 2.0 クライアントをインストールしたら、以下の PowerShell スクリプトを実行して、このレジストリキーを作成できます。または、AppStream 2.0 クライアントのエンタープライズデプロイツールに含まれている管理用テンプレートを使用して、グループポリシーを通じてクライアントを設定できます。

注記

このスクリプトを実行するには、該当するコンピュータに管理者権限でログインしている必要があります。起動時に [システム] アカウントの下でスクリプトをリモートで実行することもできます。

$registryPath="HKLM:\Software\Amazon\AppStream Client" New-Item -Path "HKLM:\Software\Amazon" -Name "AppStream Client" -Force New-ItemProperty -Path $registryPath -Name "DnsTxtRecordQueryDisabled" -Value "true" -PropertyType String -Force | Out-Null

自動クライアント更新を無効にするかどうかの選択

デフォルトでは、新しいバージョンの AppStream 2.0 クライアントが使用可能になると、クライアントは自動的に最新バージョンに更新されます。AutoUpdateDisabled レジストリキーの値を true に設定することで、自動更新を無効にすることができます。このレジストリキーは、AppStream 2.0 クライアントのインストール時に作成できます。こうすることで、新しいバージョンが利用可能になっても、クライアントは自動的には更新されません。

AppStream 2.0 クライアントをインストールしたら、以下の PowerShell スクリプトを実行して、このレジストリキーを作成できます。または、AppStream 2.0 クライアントのエンタープライズデプロイツールに含まれている管理用テンプレートを使用して、グループポリシーを通じてクライアントを設定できます。

注記

このスクリプトを実行するには、該当するコンピュータに管理者権限でログインしている必要があります。起動時に [システム] アカウントの下でスクリプトをリモートで実行することもできます。

$registryPath="HKLM:\Software\Amazon\AppStream Client" New-Item -Path "HKLM:\Software\Amazon" -Name "AppStream Client" -Force New-ItemProperty -Path $registryPath -Name "AutoUpdateDisabled" -Value "True" -PropertyType String -Force | Out-Null

診断ログのオンデマンドアップロードを無効にするかどうかの選択

デフォルトでは、AppStream 2.0 クライアントは、診断ログとミニダンプをオンデマンドで AppStream 2.0 (AWS) にアップロードすることをユーザーに許可します。また、例外が発生するか、AppStream 2.0 クライアントが応答しなくなった場合、ミニダンプおよび関連ログをアップロードするかどうかを選択するようユーザーに求めます。オンデマンドの診断ログ記録の詳細については、診断ログの自動およびオンデマンドのアップロード を参照してください。

このような動作を無効にするには、UserUploadOfClientLogsAllowed レジストリキーの値を false に設定します。この HKLM レジストリキーは、AppStream 2.0 クライアントをインストールするときに作成できます。

AppStream 2.0 クライアントをインストールしたら、以下の PowerShell スクリプトを実行して、このレジストリキーを作成できます。または、AppStream 2.0 クライアントのエンタープライズデプロイツールに含まれている管理用テンプレートを使用して、グループポリシーを通じてクライアントを設定できます。

注記

このスクリプトを実行するには、該当するコンピュータに管理者権限でログインしている必要があります。起動時に [システム] アカウントの下でスクリプトをリモートで実行することもできます。

$registryPath="HKLM:\Software\Amazon\AppStream Client" New-Item -Path "HKLM:\Software\Amazon" -Name "AppStream Client" -Force New-ItemProperty -Path $registryPath -Name "UserUploadOfClientLogsAllowed" -Value "false" -PropertyType String -Force | Out-Null

ネイティブアプリケーションモードを無効にするかどうかを選択する

デフォルトでは、AppStream 2.0 クライアントはクラシックモードまたはネイティブアプリケーションモードで実行できます。NativeAppModeDisabled レジストリキーの値を true に設定することで、ネイティブアプリケーションモードを無効にすることができます。この HKLM レジストリキーは、AppStream 2.0 クライアントをインストールするときに作成できます。その値を true に設定すると、クライアントはクラシックモードでのみ実行されます。ネイティブアプリケーションモードの詳細については、ネイティブアプリケーションモード を参照してください。

AppStream 2.0 クライアントをインストールしたら、以下の PowerShell スクリプトを実行して、このレジストリキーを作成できます。または、AppStream 2.0 クライアントのエンタープライズデプロイツールに含まれている管理用テンプレートを使用して、グループポリシーを通じてクライアントを設定できます。

注記

このスクリプトを実行するには、該当するコンピュータに管理者権限でログインしている必要があります。起動時に [システム] アカウントの下でスクリプトをリモートで実行することもできます。

$registryPath="HKLM:\Software\Amazon\AppStream Client" New-Item -Path "HKLM:\Software\Amazon" -Name "AppStream Client" -Force New-ItemProperty -Path $registryPath -Name "NativeAppModeDisabled" -Value "True" -PropertyType String -Force | Out-Null

ローカルプリンターリダイレクトを無効にするかどうかを選択する

デフォルトでは、AppStream 2.0 クライアントを使用すると、ユーザーはプリントジョブをストリーミングアプリケーションからローカルコンピュータに接続されているプリンターにリダイレクトできます。PrinterRedirectionDisabled レジストリキーの値を true に設定することで、ローカルプリンターのリダイレクトを無効にすることができます。この HKLM レジストリキーは、AppStream 2.0 クライアントをインストールするときに作成できます。値が true に設定されている場合、クライアントはプリントジョブをユーザーのストリーミングアプリケーションからローカルコンピュータに接続されているプリンターにリダイレクトしません。

AppStream 2.0 クライアントをインストールしたら、以下の PowerShell スクリプトを実行して、このレジストリキーを作成できます。または、AppStream 2.0 クライアントのエンタープライズデプロイツールに含まれている管理用テンプレートを使用して、グループポリシーを通じてクライアントを設定できます。

注記

このスクリプトを実行するには、該当するコンピュータに管理者権限でログインしている必要があります。起動時に [システム] アカウントの下でスクリプトをリモートで実行することもできます。

$registryPath="HKLM:\Software\Amazon\AppStream Client" New-Item -Path "HKLM:\Software\Amazon" -Name "AppStream Client" -Force New-ItemProperty -Path $registryPath -Name "PrinterRedirectionDisabled" -Value "True" -PropertyType String -Force | Out-Null

スマートカードリダイレクトを無効にするかどうかを選択する

デフォルトでは、スマートカードのリダイレクトは AppStream 2.0 クライアントに対して有効になっています。この機能を有効にすると、ユーザーは USB リダイレクトなしで AppStream 2.0 ストリーミングセッション中に、ローカルコンピュータとスマートカードに接続されているスマートカードリーダーを使用できます。AppStream 2.0 ストリーミングセッション中、ユーザーのスマートカードリーダーとスマートカードは、ローカルアプリケーションで使用するために引き続きアクセスできます。 クライアントは、スマートカード API 呼び出しをユーザーのストリーミングアプリケーションからローカルのスマートカードにリダイレクトします。スマートカードリダイレクトを無効にするには、SmartCardRedirectionDisabled レジストリキーの値を true に設定します。この HKLM レジストリキーは、AppStream 2.0 クライアントをインストールするときに作成できます。

値が true に設定されている場合、ユーザーは USB リダイレクトなしでは AppStream 2.0 ストリーミングセッション中にスマートカードリーダーとスマートカードを使用できません。この場合、デバイスを認定しない限り、ユーザーはローカルコンピュータに接続されているスマートカードを使用してストリーミングアプリケーションにサインインできません。デバイスの認定後、ユーザーは AppStream 2.0 でデバイスを共有する必要があります。スマートカードリダイレクトを無効にすると、ユーザーの AppStream 2.0 ストリーミングセッション中に、スマートカードリーダーとスマートカードにアクセスしてローカルアプリケーションで使用することはできません。

AppStream 2.0 クライアントをインストールしたら、以下の PowerShell スクリプトを実行して、このレジストリキーを作成できます。または、AppStream 2.0 クライアントのエンタープライズデプロイツールに含まれている管理用テンプレートを使用して、グループポリシーを通じてクライアントを設定できます。

注記

このスクリプトを実行するには、該当するコンピュータに管理者権限でログインしている必要があります。起動時に [システム] アカウントの下でスクリプトをリモートで実行することもできます。

$registryPath="HKLM:\Software\Amazon\AppStream Client" New-Item -Path "HKLM:\Software\Amazon" -Name "AppStream Client" -Force New-ItemProperty -Path $registryPath -Name "SmartCardRedirectionDisabled" -Value "True" -PropertyType String -Force | Out-Null

ユーザーの追加の AppStream 2.0 クライアント設定を設定する

AppStream 2.0 クライアントは、レジストリキーを使用して、次の追加のクライアント設定を設定します。

  • AppStream 2.0 クライアントエンドユーザーライセンス契約 (EULA) の受諾

  • AppStream 2.0 クライアント EULA バージョンが受諾されました

  • AppStream 2.0 クライアントへの診断ログの自動アップロード

  • USB ドライバーを AppStream 2.0 に渡すために使用される USB ドライバーの自動更新

  • AppStream 2.0 クライアントでのハードウェアレンダリングの有効化

  • AppStream 2.0 クライアントでのファイルシステムリダイレクトのカスタムフォルダパスの設定

次の表は、ユーザーの AppStream 2.0 クライアントエクスペリエンスをカスタマイズするために使用できる追加のクライアント設定のレジストリ値をまとめたものです。

注記

これらの値は大文字と小文字が区別されます。

レジストリパス タイプ 説明 データ
EULAAccepted HKCU\Software\Amazon\Appstream Client 文字列 ユーザーに代わって AppStream 2.0 クライアント EULA を受諾するには、この値を true に設定します。 true/false
AcceptedEULAVersion HKCU\Software\Amazon\Appstream Client 文字列 受け入れられた EULA のバージョン。AppStream 2.0 クライアントの最新バージョンの EULA が受諾済みバージョンの EULA と異なる場合、ユーザーは最新バージョンの EULA を受諾するよう求められます。 1.0
DiagnosticInfoCollectionAllowed HKCU\Software\Amazon\Appstream Client 文字列 AppStream 2.0 が AppStream 2.0 クライアントから AppStream 2.0 (AWS) に診断ログを自動的に送信できるようにするには、この値を true に設定します。 true/false
USBDriverOptIn HKCU\Software\Amazon\Appstream Client 文字列 USB ドライバーを AppStream 2.0 に渡すために使用する USB ドライバーを AppStream 2.0 で自動的に更新するには、この値を true に設定します。​ true/false
HardwareRenderingEnabled HKCU\Software\Amazon\Appstream Client 文字列 AppStream 2.0 クライアントでハードウェアレンダリングを有効にするには、この値を true に設定します。 true/false
FileRedirectionCustomDefaultFolders HKCU\Software\Amazon\Appstream Client 文字列 この値を設定して、ファイルシステムのリダイレクトに少なくとも 1 つのフォルダパスを含めます。'|' を使用して複数のフォルダパスを区切ります。デフォルトでは、次のフォルダパスが指定されています。%USERPROFILE%\Desktop|%USERPROFILE%\Documents|%USERPROFILE%\Downloads 有効なフォルダパス

AppStream 2.0 クライアントをインストールしたら、次の PowerShell スクリプトを実行して、これらのレジストリキーを作成できます。すべてのレジストリキーを作成しない場合は、必要に応じてスクリプトを変更して、必要なレジストリキーのみを作成します。または、AppStream 2.0 クライアントのエンタープライズデプロイツールで提供されている管理用テンプレートを使用して、グループポリシーを通じてクライアントを設定できます。​

注記

各ユーザーに対して次のエントリを設定する必要があります。​

$registryPath="HKCU:\Software\Amazon\AppStream Client" New-Item -Path "HKCU:\Software\Amazon" -Name "AppStream Client" -Force New-ItemProperty -Path $registryPath -Name "EULAAccepted" -Value "true" -PropertyType String -Force | Out-Null New-ItemProperty -Path $registryPath -Name "AcceptedEULAVersion" -Value "1.0" -PropertyType String -Force | Out-Null New-ItemProperty -Path $registryPath -Name "DiagnosticInfoCollectionAllowed" -Value "true" -PropertyType String -Force | Out-Null New-ItemProperty -Path $registryPath -Name "USBDriverOptIn" -Value "true" -PropertyType String -Force | Out-Null New-ItemProperty -Path $registryPath -Name "HardwareRenderingEnabled" -Value "true" -PropertyType String -Force | Out-Null New-ItemProperty -Path $registryPath -Name "FileRedirectionCustomDefaultFolders" -Value "%USERPROFILE%\Desktop|%USERPROFILE%\Documents|%USERPROFILE%\Downloads" -PropertyType String -Force | Out-Null

グループポリシーを使用した AppStream 2.0 クライアントエクスペリエンスのカスタマイズ

AppStream 2.0 クライアントのエンタープライズデプロイツールで提供されている管理用テンプレートを使用して、グループポリシーを通じてクライアントを設定できます。管理用テンプレートをグループポリシー管理コンソールに読み込む方法については、Microsoft サポートドキュメントの「Recommendations for managing Group Policy administrative template (.adm) files」を参照してください。