Amazon Athena を使用した SQL クエリの実行 - Amazon Athena

Amazon Athena を使用した SQL クエリの実行

AWS Glue Data Catalog に登録されているデータソース、および Hive メタストアや Amazon DocumentDB インスタンスなどの Athena の横串検索機能を使用して接続するデータソースで Amazon Athenaを使用して SQL クエリを実行できます。データソースの使用の詳細については、「データソースへの接続」を参照してください。スキーマを変更するデータ定義言語 (DDL) クエリを実行すると、Athena がメタデータをデータソースに関連付けられたメタストアに書き込みます。さらに、CREATE TABLE AS および INSERT INTO などの一部のクエリは、データセットにレコードを書き込むことができます。例えば、CSV レコードの Amazon S3 の場所への追加などです。クエリを実行すると、Athena がユーザー指定のクエリ結果の場所にクエリの結果を保存します。これにより、クエリ履歴を表示し、クエリ結果セットをダウンロードして表示できます。

このセクションでは、さまざまな SQL ステートメントを使用して、一般的なデータソースとデータ型で Athena クエリを実行するためのガイダンスを提供します。一般的な構造と演算子での作業 (例えば、配列の使用、連結、フィルタリング、フラット化、および並べ替えなど) に対する一般的なガイダンスが提供されます。その他の例としては、ネスト化された構造とマップのテーブル内のデータのクエリ、JSON エンコード形式のデータセットに基づくテーブル、AWS CloudTrail ログや Amazon EMR ログなどの AWS のサービスに関連付けられたデータセットなどがあります。標準的な SQL の使用に関する包括的な説明は、このドキュメントの対象範囲外です。

考慮事項と制限事項については、「Amazon Athena での SQL クエリに関する考慮事項と制約事項」を参照してください。