Amazon Athena を使用した SQL クエリの実行 - Amazon Athena

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

Amazon Athena を使用した SQL クエリの実行

を使用して、 に登録されたデータソースAmazon Athenaと、 AWS Glue データカタログ を使用して接続する Hive メタストアやAmazon DocumentDBインスタンスなどのデータソースAthena Federated Query (Preview)に対して SQL クエリを実行できます。データソースの使用の詳細については、「データソースへの接続」を参照してください。スキーマを変更するデータ定義言語 (DDL) クエリを実行すると、Athena は、データソースに関連付けられたメタストアにメタデータを書き込みます。さらに、 CREATE TABLE AS や などの一部のクエリは、 INSERT INTO の場所に CSV レコードを追加するなど、データセット—にレコードを書き込むAmazon S3ことができます。クエリを実行すると、Athena により指定したクエリ結果の場所にクエリの結果が保存されます。これにより、クエリ履歴を表示し、クエリ結果セットをダウンロードして表示できます。

このセクションでは、さまざまな SQL ステートメントを使用して、一般的なデータソースとデータ型に対して Athena クエリを実行するためのガイダンスを提供します。一般的なガイダンスは、配列の操作、連結、フィルタリング、フラット化、ソートなど、一般的な構造と演算子—を操作するために提供されています。その他の例としては、ネスト化された構造とマップのテーブル内のデータのクエリ、JSON エンコード形式のデータセットに基づくテーブル、AWS ログや AWS CloudTrail ログなどの Amazon EMR サービスに関連付けられたデータセットなどがあります。標準 SQL の使用に関する包括的なカバレッジは、このドキュメントでは扱いません。

考慮事項と制限事項については、「Amazon Athena での SQL クエリに関する考慮事項と制約事項」を参照してください。