起動中 Auto Scaling VPCのインスタンス - Amazon EC2 Auto Scaling (日本語)

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

起動中 Auto Scaling VPCのインスタンス

Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC)では、AWSクラウドのプライベートで隔離されたセクションで仮想ネットワーキング環境を定義できます。仮想ネットワーク環境は完全に管理できます。詳細については、を参照してください。Amazon VPC ユーザーガイド.

Virtual Private Cloud (VPC) 内では、Auto Scaling グループなどの AWS リソースを起動できます。A Auto Scaling VPCのグループは、基本的にVPCと同じ方法で機能します。 Amazon EC2 と は同じ機能セットをサポートします。

のサブネット Amazon VPC は、VPCのIPアドレス範囲のセグメントによって定義された可用性ゾーン内のサブ区分です。サブネットを使うと、インスタンスをセキュリティや運用上の必要に応じてグループ化することができます。サブネットは作成されたアベイラビリティーゾーン内に完全に包含されるものです。サブネットで Auto Scaling インスタンスを起動します。

サブネット内のインスタンスがインターネットと通信できるようにするには、インターネットゲートウェイを作成して、それを VPC にアタッチする必要があります。インターネットゲートウェイを使用すると、サブネット内のリソースが Amazon EC2 ネットワークエッジを介してインターネットに接続できるようになります。サブネットのトラフィックがインターネット ゲートウェイにルーティングされている場合、サブネットは パブリック サブネット。サブネットのトラフィックがインターネット ゲートウェイにルーティングされていない場合、サブネットは プライベート サブネット。インターネットに接続する必要があるリソースにはパブリックサブネットを、インターネットに接続する必要がないリソースにはプライベートサブネットを使用してください。

新しい VPC で Auto Scaling インスタンスを起動するには、まず VPC 環境を作成する必要があります。VPC およびサブネットを作成したら、そのサブネット内で Auto Scaling インスタンスを起動します。1 個のパブリックサブネットで VPC を作成する最も簡単な方法は、VPC ウィザードを使用することです。詳細については、を参照してください。Amazon VPC 入門ガイド.

デフォルト VPC

2013年12月4日以降にAWSアカウントを作成した場合、または Auto Scaling 新しいAWSリージョンでグループを作成し、デフォルトのVPCを作成します。各アベイラビリティーゾーンのデフォルトサブネットにはデフォルト VPC が用意されています。デフォルト VPC がある場合、デフォルトではその VPC で Auto Scaling グループが作成されます。

既定のVPCに関する情報と、口座が既定のVPCに付属しているかどうかの確認については、以下を参照してください。 デフォルトのVPCとサブネットAmazon VPC 開発者ガイド.

VPCでのIPアドレス指定

VPC で Auto Scaling インスタンスを起動すると、インスタンスにはサブネットのアドレス範囲のプライベート IP アドレスが自動的に割り当てられます。これにより、インスタンスは VPC の他のインスタンスと通信できるようになります。

インスタンスにパブリック IP アドレスを割り当てるよう起動設定を指定できます。インスタンスにパブリック IP アドレスを割り当てると、インスタンスはインターネットや AWS の他のサービスと通信できるようになります。

インスタンスのパブリック IP アドレスを有効にして、自動的にインスタンスに IPv6 アドレスを割り当てるよう設定されたサブネットでインスタンスを起動すると、インスタンスは IPv4 と IPv6 アドレスの両方を受け取ります。それ以外の場合は、IPv4 アドレスのみを受け取ります。詳細については、以下を参照してください。 IPv6アドレスLinux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド.

インスタンス配置テナンシー

テナンシーは、EC2 インスタンスが物理ハードウェアに分散される方法を定義します。これは、料金に影響を与えます。次の 3 つのテナンシーオプションを使用できます。

  • 共有(default) — 複数のAWSアカウントが同じ物理ハードウェアを共有している可能性があります。

  • 専用インスタンス(dedicated) — インスタンスはシングルテナントのハードウェア上で実行されます。

  • 専用ホスト(host) — インスタンスは、使用専用のEC2インスタンス容量を持つ物理サーバ上で実行され、構成を制御できる分離サーバです。

重要

起動設定または起動テンプレートを使用して、EC2 インスタンスのテナンシーを設定できます。ただし、host テナント属性値は起動設定では使用できません。_を使用 default または dedicated テナンシー値のみ。テナンシー値を使用するには host、起動テンプレートを使用する必要があります。詳細については、「」を参照してください。起動テンプレートの作成 Auto Scaling グループ.

専用インスタンスは、ハードウェア専有インスタンス以外のインスタンスや、他の AWS アカウントに属するインスタンスとは、ホストハードウェアのレベルで物理的に分離されます。VPCを作成すると、デフォルトでは、そのテナンシー属性は default。 このようなVPCでは、テナンシー値が dedicated シングル・テナント・インスタンスとして実行されます。それ以外の場合は、デフォルトで、インスタンスは共有テナンシーインスタンスとして実行されます。VPC のテナンシー属性を dedicated に設定した場合、VPC で起動されるすべてのインスタンスは、シングルテナンシーインスタンスとして実行されます。詳細については、以下を参照してください。 専用インスタンスLinux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド. 価格情報については、 Amazon EC2専用インスタンス 製品ページ。

起動設定を作成するときにインスタンスのプレイスメントテナンシーのデフォルト値は null であり、インスタンスのテナンシーは VPC のテナンシー属性によって制御されます。以下の表は、VPC で起動される Auto Scaling インスタンスのプレイスメントテナンシーをまとめたものです。

構成テナンシーの起動 VPCテナンシー = デフォルト VPCテナンシー = 専用

指定されていません

共有テナンシー インスタンス

ハードウェア専有インスタンス

default

共有テナンシー インスタンス

ハードウェア専有インスタンス

dedicated

ハードウェア専有インスタンス

ハードウェア専有インスタンス

起動設定を使用してテナンシーを設定する (AWS CLI)

起動構成のインスタンス配置テナンシーを次のように指定できます。 default または dedicated 使用 create-launch-configuration コマンドと --placement-tenancy オプション。たとえば、次のコマンドは、起動設定のテナンシーを に設定します。dedicated.

aws autoscaling create-launch-configuration --launch-configuration-name my-launch-config --placement-tenancy dedicated --image-id ...

以下を使用できます。 describe-launch-configurations 起動コンフィグレーションのインスタンス配置テナンシーを検証するコマンド。

aws autoscaling describe-launch-configurations --launch-configuration-names my-launch-config

ハードウェア専有インスタンスを作成する起動設定の出力例を次に示します。明示的にインスタンスのプレイスメントテナンシーを設定すると、PlacementTenancy パラメータはこのコマンドの出力にのみ含まれます。

{ "LaunchConfigurations": [ { "UserData": null, "EbsOptimized": false, "PlacementTenancy": "dedicated", "LaunchConfigurationARN": "arn", "InstanceMonitoring": { "Enabled": true }, "ImageId": "ami-b5a7ea85", "CreatedTime": "2015-03-08T23:39:49.011Z", "BlockDeviceMappings": [], "KeyName": null, "SecurityGroups": [], "LaunchConfigurationName": "my-launch-config", "KernelId": null, "RamdiskId": null, "InstanceType": "m3.medium" } ]

インスタンスを Auto Scaling EC2-Classic でグループ分けすると、 クラシックリンク. ClassicLink を使用すると、VPC の 1 つ以上のセキュリティグループを Auto Scaling グループの EC2-Classic インスタンスに関連付けます。これにより、これらのリンクされた EC2-Classic インスタンスと VPC のインスタンス間で、プライベート IP アドレスを使用した通信が有効になります。詳細については、以下を参照してください。 クラシックリンクLinux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド.

EC2-Classicインスタンスを Auto Scaling ClassicLinkを有効にしてVPCにリンクできます。詳細については、以下を参照してください。 インスタンスのVPCへのリンクLinux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド. 別の方法として、Auto Scaling グループを更新して、起動時に EC2-Classic インスタンスを VPC に自動的にリンクする起動設定を使用することもできます。その後、実行中のインスタンスを削除し、Auto Scaling グループで VPC にリンクされている新しいインスタンスを起動します。

以下の手順を使用して、指定された VPC に EC2-Classic インスタンスをリンクし、起動設定を使用するように既存の Auto Scaling グループを更新する起動設定を作成します。

EC2-Classicインスタンスを Auto Scaling グループからVPC(古いコンソール)

  1. VPC で ClassicLink が有効になっていることを確認します。詳細については、以下を参照してください。 ClassicLink 対応の VPC を表示するLinux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド.

  2. EC2-Classic インスタンスのリンク先となる VPC のセキュリティグループを作成します。リンクされた EC2-Classic インスタンスと VPC のインスタンス間の通信を制御するルールを追加します。

  3. https://console.aws.amazon.com/ec2/ で Amazon EC2 コンソールを開きます。

  4. ナビゲーションペインの 自動スケーリング、選択 起動設定.

  5. 選択 起動構成の作成.

  6. AMIを選択 ページで、AMIを選択します。

  7. インスタンスタイプの選択 ページでインスタンス タイプを選択し、 次へ: 詳細の構成.

  8. 詳細の構成 ページを開き、以下を実行します。

    1. 起動設定の名前を入力します。

    2. 展開 詳細の詳細を選択し、 IPアドレスタイプ 選択してから、 VPCへのリンク.

    3. 対象: VPC、手順1からClassicLinkが有効になっているVPCを選択します。

    4. 対象: セキュリティグループ、手順 2 からセキュリティ グループを選択します。

    5. 選択 レビューへスキップ.

  9. レビュー 必要な変更を行い、 起動構成の作成. 対象: 既存のキーペアを選択するか、新しいキーペアを作成します、オプションを選択します。 起動構成の作成.

  10. 表示される手順に従って、新しい起動設定を使用する Auto Scaling グループを作成します。必ず EC2-Classicへの導入ネットワーク. そうでない場合は、 キャンセル 起動構成を既存の Auto Scaling 以下のようにグループ化します。

    1. ナビゲーションペインの 自動スケーリング、選択 自動スケーリンググループ.

    2. _の横にあるチェックボックスを選択します Auto Scaling グループ。

      ページの下部に分割ウィンドウが開き、選択したグループに関する情報が表示されます。

    3. 選択 アクション編集.

    4. 対象: 起動設定、新しい起動設定を選択し、 保存.

以下の手順を使用して、指定された VPC に EC2-Classic インスタンスをリンクし、起動設定を使用するように既存の Auto Scaling グループを更新する起動設定を作成します。

Auto Scaling グループの EC2-Classic インスタンスを VPC へリンクするには

  1. VPC で ClassicLink が有効になっていることを確認します。詳細については、以下を参照してください。 ClassicLink 対応の VPC を表示するLinux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド.

  2. EC2-Classic インスタンスのリンク先となる VPC のセキュリティグループを作成します。リンクされた EC2-Classic インスタンスと VPC のインスタンス間の通信を制御するルールを追加します。

  3. を使用して起動構成を作成します。 create-launch-configuration コマンドを次のように実行します。次の値を指定: vpd_id(vpd_id) ClassicLinkを有効にしたVPCのIDとして、手順1および グループ_ID をセキュリティグループとしてステップ2から実行します。

    aws autoscaling create-launch-configuration --launch-configuration-name classiclink-config \ --image-id ami_id --instance-type instance_type \ --classic-link-vpc-id vpc_id --classic-link-vpc-security-groups group_id
  4. 既存の Auto Scaling グループ(例: my-asg(マイアグ)、前のステップで作成した起動構成。この Auto Scaling グループで起動される新しい EC2-Classic インスタンスが、リンクされた EC2-Classic インスタンスです。_を使用 update-auto-scaling-group コマンドを次のように実行します。

    aws autoscaling update-auto-scaling-group --auto-scaling-group-name my-asg \ --launch-configuration-name classiclink-config

    または、この起動構成を新しい Auto Scaling グループを create-auto-scaling-group.

VPCについて学ぶためのその他のリソース

以下のトピックでは、VPC およびサブネットの詳細について説明します。