起動テンプレート - Amazon EC2 Auto Scaling

起動テンプレート

起動テンプレートは、インスタンス設定情報を指定する起動設定と似ています。Amazon マシンイメージ (AMI) の ID、インスタンスタイプ、キーペア、セキュリティグループ、その他 EC2 インスタンスを起動するために使用するパラメータが含まれています。ただし、起動設定の代わりに起動テンプレートを定義すると、複数のバージョンの起動テンプレートを使用することができます。

起動テンプレートのバージョン管理では、パラメータのフルセットのサブセットを作成できます。その後、再使用して、同じ起動テンプレートの他のバージョンを作成できます。たとえば、AMI またはユーザーデータスクリプトを使用せずに、基本設定を定義する起動テンプレートを作成できます。起動テンプレートを作成したら、新しいバージョンを作成し、アプリケーションの最新バージョンを持つ AMI とユーザーデータをテスト用に追加できます。これにより、起動テンプレートのバージョンが 2 つになります。基本構成を保存すると、必要な一般構成パラメータを維持するのに役立ちます。基本設定から起動テンプレートの新しいバージョンを、必要に応じて作成することができます。アプリケーションのテストに使用されたバージョンも、不要になったら削除することができます。

最新の機能や改善点にアクセスできるように、起動テンプレートを使用することをお勧めします。起動設定を使用する場合、すべての Amazon EC2 Auto Scaling 機能を使用できるわけではありません。たとえば、スポットインスタンスとオンデマンドインスタンスの両方を起動する Auto Scaling グループや、複数のインスタンスタイプを指定する Auto Scaling グループを作成することはできません。これらの機能を設定するには、起動テンプレートを使用する必要があります。詳細については、「複数のインスタンスタイプと購入オプションを使用する Auto Scaling グループ」を参照してください。

起動テンプレートを使用すると、Amazon EC2 の新しい機能を使用することもできます。これには、現在の世代の EBS プロビジョンド IOPS ボリューム (io2)、EBS ボリュームのタグ付け、T2 Unlimited インスタンス、Elastic Inference、専有ホストなどが含まれます。Dedicated Hosts はお客様専用の EC2 インスタンス機能を備えた物理サーバーです。Amazon EC2 ハードウェア専有インスタンスは、専有ハードウェアでも実行されますが、ハードウェア専有インスタンスではなく Dedicated Hosts を使用する利点は、外部ベンダーから適格なソフトウェアライセンスを持ち込み、EC2 インスタンスで使用できることです。

現在起動設定を使用している場合は、コンソールでデータをコピーして既存の起動設定から起動テンプレートにデータを移行できます。その後、起動設定を使用するデプロイ済みの Auto Scaling グループを新しい起動テンプレートに移行できます。これを行うには、インスタンスの更新を開始し、グループのローリング更新を実行します。詳細については、「Auto Scaling インスタンスを置き換える」を参照してください。

注記

起動テンプレートへの移行の詳細については、AWS コンピューティングブログの「Amazon EC2 Auto Scaling will no longer add support for new EC2 features to Launch Configurations」(Amazon EC2 Auto Scaling による起動設定への新しい EC2 機能サポートの追加は終了しました) を参照してください。

起動テンプレートを作成するときは、すべてのパラメータはオプションです。ただし、起動テンプレートで AMI が指定されていない場合、Auto Scaling グループの作成時に AMI を追加することはできません。AMI を指定してもインスタンスタイプを指定しない場合は、Auto Scaling グループの作成時に 1 つ以上のインスタンスタイプを追加できます。

許可

これらの手順では、起動テンプレートを使用するために必要なアクセス許可がすでに存在していることを前提としています。権限を設定して、起動テンプレートを作成および管理することができます。Auto Scaling グループを作成および更新し、起動設定ではなく起動テンプレートを指定することもできます。

Auto Scaling グループを更新または作成して、起動テンプレートを指定するときは、ec2:RunInstancesのパーミッションがチェックされます。十分なアクセス許可がない場合、起動テンプレートを使用する権限がないというエラーが表示されます。

リクエストの一部の追加機能には、プロビジョニングされたインスタンスに IAM ロールを渡したり、プロビジョニングされたインスタンスおよびボリュームにタグを追加したりする機能など、追加のアクセス許可が必要です。

管理者がアクセス許可を付与する方法については、「起動テンプレートのサポート」を参照してください。