バックアップの作成 - AWS Backup

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

バックアップの作成

では AWS Backup、バックアッププランを使用してバックアップを自動的に作成することも、オンデマンドバックアップを開始して手動で作成することもできます。

自動バックアップの作成

バックアッププランによって自動的にバックアップが作成される場合は、バックアッププランで定義されたライフサイクル設定を使用して設定されます。これらは、バックアップ計画で指定されたバックアップボールトに編成されます。また、バックアッププランに一覧表示されているタグも割り当てられます。バックアッププランの詳細については、「バックアッププランを使用したバックアップの管理」を参照してください。

オンデマンドバックアップの作成

オンデマンドバックアップを作成する場合は、作成するバックアップ用にこれらの設定を構成できます。自動または手動でバックアップが作成される場合、バックアップジョブが開始されます。オンデマンドバックアップの作成方法については、「を使用したオンデマンドバックアップの作成 AWS Backup」を参照してください。

注: オンデマンドバックアップではバックアップジョブが作成されます。バックアップジョブは 1 時間以内に (または指定した場合) Running 状態で移行します。バックアッププランに定義されている、スケジュールされた時刻以外の時間にバックアップを作成する場合は、オンデマンドバックアップを選択できます。オンデマンドバックアップは、例えばバックアップや機能をテストするためにいつでも使用できます。

オンデマンドバックアップ point-in-time 、リソースをバックアップの作成時の状態に保つのに対し、PITR は一定期間の変更を記録する継続的なバックアップを使用するため、復元 (PITR) でオンデマンドバックアップを使用することはできません。 https://docs.aws.amazon.com/aws-backup/latest/devguide/point-in-time-recovery.html#point-in-time-recovery-working-with

バックアップジョブのステータス

各バックアップジョブには、一意の ID があります。例えば D48D8717-0C9D-72DF-1F56-14E703BF2345 です。

バックアップジョブのステータスは、 AWS Backup バックアップコンソールの [ジョブ] ページで確認できます。バックアップジョブのステータスにはCREATED、、PENDINGRUNNINGABORTINGABORTED、、COMPLETEDFAILEDEXPIREDおよび が含まれますPARTIAL

増分バックアップ

多くの リソースは、 による増分バックアップをサポートしています AWS Backup。すべての一覧は、「リソース別の機能の可用性 表」の増分バックアップセクションにあります。

最初のバックアップ (フルバックアップ) の後の各バックアップは増分です (つまり、以前のバックアップからの変更のみをキャプチャします)。ただし、 で作成されたすべてのバックアップは、完全な復元を可能にするために必要な参照データ AWS Backup を保持します。これは、元の (フル) バックアップがライフサイクルの期限に達して削除された場合にも当てはまります。

例えば、3 日間のライフサイクルポリシーにより、1 日目 (フル) バックアップが削除された場合、2 日目と 3 日目のバックアップを使用してフル復元を実行できます。 AWS Backup は、それを有効にするため、1 日目の必要な参照データを保持します。

増分バックアップとリージョン

によって完全に管理されているリソースのバックアップは、バックアップが作成されたボールトに以前のバックアップ (増分またはフル) が含まれている場合にのみ増分 AWS Backup できます。同じリージョン内のボールトに以前のバックアップがある限り、他のリソースタイプ ( によって完全に管理されていない AWS Backup) には増分バックアップを使用できます。

ソースリソースへのアクセス

AWS Backup では、ソースリソースにアクセスしてバックアップする必要があります。例:

  • Amazon EC2 インスタンスをバックアップするには、インスタンスが running または stopped の状態であってもかまいませんが、terminated の状態にはなりません。これは、 runningまたは stoppedインスタンスは と通信できますが AWS Backup、 terminatedインスタンスは通信できないためです。

  • 仮想マシンをバックアップするには、ハイパーバイザーのバックアップゲートウェイステータスが ONLINE である必要があります。詳細については、「ハイパーバイザーステータスの理解」を参照してください。

  • Amazon RDS データベース、Amazon Aurora、または Amazon DocumentDB クラスターをバックアップするには、それらのリソースのステータスが AVAILABLE である必要があります。

  • Amazon Elastic File System (Amazon EFS) をバックアップするには、ステータスが AVAILABLE である必要があります。

  • Amazon FSx ファイルシステムをバックアップするには、ステータスが AVAILABLE である必要があります。ステータスが UPDATING の場合、バックアップリクエストはファイルシステムが AVAILABLE になるまでキューに入れられます。

    FSx for ONTAP は、DP (データ保護) ボリューム、LS (ロード共有) ボリューム、フルボリューム、ファイルシステム上のフルボリュームなど、特定のボリュームタイプのバックアップをサポートしていません。詳細については、「FSx for ONTAP のバックアップの使用」を参照してください。

AWS Backup は、ソースリソースの状態に関係なく、以前に作成したバックアップをライフサイクルポリシーに従って保持します。