メニュー
AWS 請求情報とコスト管理
ユーザーガイド (Version 2.0)

AWS Price List API の使用

AWS Price List API では、AWS サービス料金のクエリを実行できます。Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) 通知の受信登録をして、サービスの料金が変わったときに通知を受けることもできます。AWS の料金は、AWS での料金割引、新しいインスタンスタイプの追加、新しいサービスの導入などに伴って定期的に変わります。

料金情報にアクセスするには、オファーファイルをダウンロードしてください。

  • オファーファイル は、特定の AWS サービスに関する製品や料金を一覧表示する JSON ファイルまたは CSV ファイルです。詳細については、「オファーファイルのダウンロード」を参照してください。

すべての利用可能なオファーファイルのリストを確認するには、オファーインデックスファイルをダウンロードしてください。

  • オファーインデックスファイル は、サポートされている AWS サービスを一覧表示する JSON ファイルであり、各オファーファイルの URL を通じて料金詳細をダウンロードできます。このファイルには、オファーインデックスファイル自体に関するメタデータも含まれています。詳細については、「オファーインデックスファイルのダウンロード」を参照してください。

オファーファイルには、期限が切れる無料利用枠のオファーや Amazon EC2 スポットインスタンスに関する情報は含まれません。 オファーファイルの利用は一部のサービスに限られます。

注記

AWS Price List API は料金詳細を参考としてのみ提供します。オファーファイルとサービスの料金ページの間に不一致がある場合、AWS はサービスの料金ページに表示されている料金を請求します。AWS サービスの料金詳細については、「Cloud Services Pricing」を参照してください。

料金の変更に伴って通知を受信するには、「変更通知の設定」を参照してください。

オファーインデックスファイルのダウンロード

オファーインデックスファイルをダウンロードするには、次の URL にアクセスしてください。

Copy
https://pricing.us-east-1.amazonaws.com/offers/v1.0/aws/index.json

この URL により、オファーインデックスファイルが開きます。オファーインデックスファイルで、サービスを検索して料金を確認します。サービス固有のオファーファイルをダウンロードするには、サービスコードが必要です。

詳細については、「オファーインデックスファイルの読み取り」を参照してください。

オファーファイルのダウンロード

必要なサービスのオファーファイルをダウンロードするには、そのファイルの URL にアクセスします。たとえば、Amazon EC2 オファーファイルの現在の json バージョンをダウンロードするには、次の URL にアクセスします。

Copy
https://pricing.us-east-1.amazonaws.com/offers/v1.0/aws/AmazonEC2/current/index.json

オファーインデックスファイルには JSON URL があることに注意してください。CSV 版をダウンロードするには、オファーファイルの URL の .json 拡張子を .csv に置き換えます。特定のサービスのオファーファイルをダウンロードする場合に、サービスコードがわかっているときは、URL の AmazonEC2 を、そのサービスのオファーファイルをダウンロードするサービスコードで置き換えます。サービスコードがわからない場合は、オファーインデックスファイルをダウンロードしてサービスコードを見つけます。

オファーファイルにプログラムからアクセスする場合は、オファーインデックスファイルを使用して最新の URL を見つけることができます。オファーインデックスファイルの詳細については、「オファーファイルでの料金の確認」と「オファーファイルの読み取り」を参照してください。