コストカテゴリ内で料金を分割する - AWS Billing and Cost Management

コストカテゴリ内で料金を分割する

分割料金ルールを使用して、コストカテゴリ値の間で料金を配分できます。分割料金は、1 人の所有者に直接帰属されていないコストがある場合に便利です。したがって、コストを 1 つのコストカテゴリ値に分類することはできません。たとえば、データ転送コスト、エンタープライズサポート、および運用コストが発生する、複数のチーム、事業部門、財務所有者が共有する一連のコストがあります。コストカテゴリを作成または編集するときに、分割料金ルールを定義できます。これらのプロセスの詳細については、「コストカテゴリを作成する および コストカテゴリを編集する」を参照してください。

これは、分割料金を設定するときに表示される用語のリストです。

ソース

分割する共有コストのグループ。ソースには、既存のコストカテゴリ値のいずれかを指定できます。

ターゲット

ソースによって定義された、全体でコストを分割するコストカテゴリ値。

配分方法

ソースコストをターゲット間で分割する方法。以下の方法から選択できます。

[比例] - 各ターゲットの比例加重コストに基づいて、ターゲット全体にコストを配分します。

[固定] - 定義された配分率に基づいて、ターゲット全体にコストを配分します。

[等分] - すべてのターゲット全体に等分にコストを配分します。

Prerequisites

分割料金ルールを定義する前に、コストを適切なコストカテゴリ値に分類する必要があります。

例 Example

engineeringmarketing、および FinOps を用いた Business unit コストカテゴリを使用して、組織の事業部門ビューを定義します。組織は、エンジニアリングおよびマーケティングビジネスユニットをサポートする共有インフラストラクチャプラットフォームも運用しています。

この共有インフラストラクチャプラットフォームのコストをターゲットの事業部門に配分するには、適切な [ディメンション] を使用して、そのコストを新しいコストカテゴリ値 Infrastructure Platform に分類します。

共有コストを含むコストカテゴリ値をルールリストのトップに移動することをお勧めします。コストカテゴリルールはトップダウン順に評価されるため、共有コストは個々の事業部門が分類される前に分類されます。これらの共有コストを分類した後、各事業部門全体に分割することができます。

分割料金のベストプラクティスを理解する

分割料金を設定する手順については、「コストカテゴリを作成する ステップ 15」を参照してください。分割料金ルールを定義した後、コンソールの [コストカテゴリの詳細] ページで、分割および配分されたコストを表示できます。詳細ページには、各コストカテゴリ値のコストの概要が表示されます。これには、分割料金を計算する前後のコストが含まれます。詳細ページから CSV レポートをダウンロードすることもできます。

分割料金を設定する場合は、次のシナリオに注意してください。

  • コストカテゴリ値は、すべての分割料金ルール全体で 1 回だけソースとして使用できます。これは、値がソースとして使用されている場合、ターゲットとして使用することはできないことを意味します。値がターゲットとして使用されている場合、ソースとして使用することはできません。値は、複数の分割料金ルールでターゲットとして使用できます。

  • コストカテゴリ値が [継承された値] ルールから作成された際に、その値をソースまたは分割料金ターゲットとして使用する場合は、[コストカテゴリステータス] が [適用済み] に変わるまで待つ必要があります。

  • 分割料金ルールと合計配分コストは、[コストカテゴリの詳細] ページでのみ提示されます。これらのコストは表示されず、AWS コストと使用状況レポート、Cost Explorer、およびその他の AWS コスト管理ツールに影響を与えません。

  • 1 つのコストカテゴリに対して最大 10 個の分割料金ルールを定義できます。

コストカテゴリクォータの詳細については、「AWS Cost Categories」を参照してください。