CloudTrail トレイルでの作業 - AWS CloudTrail

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

CloudTrail トレイルでの作業

AWS トレイルはアクティビティの記録をキャプチャし、これらのイベントを Amazon S3 バケットに配信して保存します。オプションで CloudWatch LogsAmazon EventBridge への配信も可能です。

CloudTrail 証跡を作成することで、進行中の管理イベントのコピーを 1 つ無料でS3バケットに配信できますが、Amazon S3 ストレージには料金がかかります。 CloudTrail 料金の詳細については、「AWS CloudTrail 料金表」を参照してください。Amazon S3 の料金に関する詳細については、「Amazon S3 の料金」を参照してください。

には、マルチリージョントレイルとシングルリージョントレイルの 2 種類のトレイルを作成できます AWS アカウント。

マルチリージョントレイル

マルチリージョントレイルを作成すると、 CloudTrail AWS リージョン AWS 作業中のパーティションのすべてのイベントが記録され、指定した S3 CloudTrail バケットにイベントログファイルが配信されます。マルチリージョントレイルを作成した後にを追加すると、その新しいリージョンが自動的に含まれ、そのリージョンのイベントが記録されます。 AWS リージョン マルチリージョンの証跡を作成すると、アカウント内のすべてのリージョンでのアクティビティを把握できるため、推奨されるベストプラクティスとなります。 CloudTrail コンソールを使用して作成したトレイルはすべてマルチリージョンです。単一リージョンのトレイルをマルチリージョンのトレイルに変換するには、を使用します。 AWS CLI詳細については、「コンソールで証跡を作成する」および「1 つのリージョンに適用される証跡を変換してすべてのリージョンに適用」を参照してください。

単一リージョントレイル

単一リージョントレイルを作成すると、 CloudTrail そのリージョンのイベントのみを記録します。次に、指定した Amazon S3 CloudTrail バケットにイベントログファイルを配信します。 AWS CLIを使用する際は、単一のリージョンの証跡のみを作成することができます。さらに 1 つの証跡を作成すると、それらの証跡から同じ S3 CloudTrail バケットまたは別のバケットにイベントログファイルを配信できます。 AWS CLI または API を使用して証跡を作成する場合、これがデフォルトのオプションです。 CloudTrail 詳細については、「を使用した証跡の作成、更新、管理 AWS CLI」を参照してください。

注記

どちらのタイプの証跡でも、任意のリージョンから Amazon S3 バケットを指定できます。

で組織を作成した場合は AWS Organizations、 AWS その組織内のすべてのアカウントのすべてのイベントを記録する組織証跡を作成できます。 AWS 組織証跡はすべての地域に適用することも、現在の地域に適用することもできます。組織の証跡は管理アカウントまたは委任された管理者アカウントで作成する必要があり、組織への適用として指定されている場合は、組織内のすべてのメンバーアカウントに自動的に適用されます。メンバーアカウントは組織記録を見ることができますが、変更や削除はできません。デフォルトでは、メンバーアカウントは Amazon S3 バケット内にある組織の証跡のログファイルにアクセスできません。詳細については、「組織の証跡の作成」を参照してください。