AWSToolkit - AWS Cloud9

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWSToolkit

を使用する理由AWSToolkit?

-AWSToolkit はAWS Cloud9IDE (統合開発環境)。この拡張機能により、開発者は広範囲のアクセスや作業が簡単になります。AWSのサービス。

注記

のサポートAWSToolkit は、統合機能として提供され、AWS Cloud9。現在、お客様はカスタマイズできませんAWS Cloud9サードパーティ製の拡張機能をインストールして IDE をインストールしてください。

現在、以下のAWSサービスおよびリソースには、AWSToolkit 拡張機能:

重要

*によって提供される機能AWSToolkit を操作するためのツールキットAWS Lambda関数とサーバーレスアプリケーションは、以前のLambdaの セクションAWSリソースウィンドウ。有効にすると、AWSToolkit は Lambda 関数を操作するための主要なツールであり、AWSリソースウィンドウは使用できません。

の有効化AWSToolkit

そのファイルにAWSToolkit はご使用の環境では利用できないため、Preferences (設定)[] タブ。

を有効にするにはAWSToolkit

  1. 選択AWS Cloud9,Preferences (設定)メニューバーの [] をクリックします。

  2. リポジトリの []Preferences (設定)[Side (サイド・ナビゲーション)] ペインで、[AWS設定

  3. AWSリソースウィンドウで、AWS AWSToolkitを選択すると、緑色の背景にチェックマークが表示されます。

    有効にすると、AWSToolkit では、IDE が更新され、更新されたEnable (Gems の有効化)AWSToolkit設定とAWS下の IDE の側面にある Toolkit オプション環境オプション。

重要

もしAWS Cloud9環境の EC2 インスタンスがインターネットにアクセスできない場合(アウトバウンドトラフィックは許可されません)、AWSツールキットを開き、IDE を再起動します。このメッセージは、AWSToolkit をダウンロードできませんでした。また、AWSToolkit.

この問題を解決するには、Amazon S3 の VPC エンドポイントを作成します。これにより、Amazon S3 バケットへのアクセスが、Amazon S3 バケットにアクセスできるようになります。AWSIDE を最新の状態に維持するために必要な依存関係を含むリージョン。

詳細については、「依存関係をダウンロードするための Amazon S3 の VPC エンドポイントの設定」を参照してください。

のアクセス認証情報の管理AWSToolkit

AWSToolkit を使用すると、さまざまなAWSサービスを使用するため、使用する IAM エンティティに、これらのサービスと対話するために必要なアクセス許可があることを確認する必要があります。アクセス許可を取得する最も簡単な方法は、を使用することです。AWS管理の一時認証情報を使用します。これは、EC2 環境がAWSサービスを代理してAWSエンティティ(IAM ユーザーなど)。

しかし、開発環境の EC2 インスタンスをプライベートサブネット,AWS管理された一時的な認証情報は利用できません。別の方法として、AWSツールキットを使用してAWSサービスと呼ばれる独自の認証情報のセットを手動で作成して、プロファイル。プロファイルには、IAM コンソールから取得できるアクセスキーと呼ばれる長期的な認証情報があります。

のアクセス認証情報を提供するプロファイルを作成するAWSToolkit

  1. アクセスキー(アクセスキー IDおよびシークレットアクセスキー)、IAM コンソール (https://console.aws.amazon.com/iam

  2. 選択ユーザーナビゲーションバーから、[AWSユーザー名 (チェックボックスではありません)。

  3. [セキュリティの認証情報[] タブを選択してから、[アクセスキーの作成

    注記

    すでにアクセスキーを持っていても、秘密キーにアクセスできない場合は、古いキーを非アクティブにして、新しいキーを作成します。

  4. アクセスキー ID とシークレットアクセスキーが表示されるダイアログボックスで、[.csv ファイルのダウンロードこの情報は安全な場所に保存してください。

  5. アクセスキーをダウンロードしたら、AWS Cloud9環境を選択し、ターミナルセッションを開始するにはWindow,New Terminal (新しいターミナル)

  6. ターミナルウィンドウで、以下のコマンドを実行します。

    aws configure --profile toolkituser

    この場合、toolkituserは使用中のプロファイル名ですが、独自のプロファイル名を選択できます。

  7. コマンドラインで、AWS Access Key IDおよびAWS Secret Access Keyを IAM コンソールからダウンロードしました。

    • を使用する場合Default region nameの場合は、AWSリージョン (us-east-1など)。

    • を使用する場合Default output formatで、ファイル形式 (jsonなど)。

    注記

    プロファイルを設定するときのオプションの詳細については、」設定の基本()AWS Command Line Interfaceユーザーガイド

  8. プロファイルを正常に作成したら、AWSツールキットについては、AWSToolkit メニューを選択し、に接続します。AWS

  9. SELECTAWS認証情報プロファイルフィールドで、ターミナルで作成したプロファイルを選択します (profile:toolkituserなど)。

選択したプロファイルに有効なアクセス認証情報が含まれている場合、AWSExplorerウィンドウが更新され、AWSサービスにアクセスできるようになりました。

EC2 インスタンス上のアプリケーションに IAM ロールを使用してアクセス許可を付与する

EC2 インスタンスで実行されるアプリケーションの一時的な認証情報を管理するには、IAM ロールを使用します。ロールは、アプリケーションが他の AWS リソースの呼び出しを行うときに使用できる一時的なアクセス許可を付与します。EC2 インスタンスを起動するとき、インスタンスに関連付ける IAM ロールを指定します。インスタンスで実行されるアプリケーションは、ロールによって提供される一時的な認証情報を使用でき、AWSのサービス。

ロールを作成したら、このロールとそれに関連付けられたアクセス権限をインスタンスに割り当てる必要があります。これを行うには、インスタンスプロファイル。インスタンスプロファイルはインスタンスにアタッチされ、インスタンスで実行されるアプリケーションにロールの一時的な認証情報を提供できます。

詳細については、IAM ユーザーガイドの「IAM ロールを使用して、Amazon EC2 インスタンスで実行されるアプリケーションにアクセス許可を付与する」を参照してください。

識別AWSToolkit コンポーネント

以下のスクリーンショットは、AWSToolkit:


        キーのUIコンポーネントを示すラベル付きのスクリーンショットAWSToolkit
  1. AWSExplorerウィンドウ: あなたがと対話することができますAWSサービスは、Toolkit からアクセス可能です。表示と非表示を切り替えることができます。AWSExplorerの使用AWSIDE の左側にある [] オプション。このインタフェースコンポーネントの使用方法とAWS異なるためのサービスAWSリージョン、」を使用するAWSExplorer を使用して、サービスとリソースを操作できますAWSリージョン

  2. Toolkitメニュー: 接続を管理できます。AWSで、AWSExplorerウィンドウで、サーバーレスアプリケーションの作成/デプロイ、GitHub リポジトリの操作、ドキュメントへのアクセスを行うことができます。詳細については、「にアクセスおよび使用するAWSToolkit メニュー」を参照してください。

  3. AWS設定ペイン: 動作をカスタマイズできます。AWSサービスは、Toolkit を使用して操作します。詳細については、「変更中AWSツールキットの設定AWS設定ペイン」を参照してください。

の無効化AWSToolkit

無効にすることができます、AWSToolkit forPreferences (設定)[] タブ。

無効化するにはAWSToolkit

  1. 選択AWS Cloud9,Preferences (設定)メニューバーの [] をクリックします。

  2. リポジトリの []Preferences (設定)[Side (サイド・ナビゲーション)] ペインで、[AWS設定

  3. AWSリソースウィンドウで、AWS AWSToolkit

    無効にすると、AWSツールキットを使用すると、IDE が更新され、AWS下の IDE の側面にある Toolkit オプション環境オプション。

AWSToolkit についてのトピック