の Identity and Access Management AWS Cloud9 - AWS Cloud9

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

の Identity and Access Management AWS Cloud9

AWS Identity and Access Management (IAM) は、管理者が AWS リソースへのアクセスを安全に制御 AWS のサービス するのに役立つ です。IAM 管理者は、誰を認証 (サインイン) し、誰に AWS Cloud9 リソースの使用を承認する (アクセス許可を付与する) かを制御します。IAM は、追加料金なしで AWS のサービス 使用できる です。

対象者

AWS Identity and Access Management (IAM) の使用方法は、 で行う作業によって異なります AWS Cloud9。

サービスユーザー – AWS Cloud9 サービスを使用してジョブを実行する場合、管理者から必要な認証情報とアクセス許可が与えられます。さらに多くの AWS Cloud9 機能を使用して作業を行う場合は、追加のアクセス許可が必要になることがあります。アクセスの管理方法を理解すると、管理者から適切な権限をリクエストするのに役に立ちます。 AWS Cloud9機能にアクセスできない場合は、「AWS Cloud9 ID とアクセスのトラブルシューティング」を参照してください。

サービス管理者 – 社内の AWS Cloud9 リソースを担当している場合は、通常、 へのフルアクセスがあります AWS Cloud9。サービスユーザーがどの AWS Cloud9 機能やリソースにアクセスするかを決めるのは管理者の仕事です。その後、IAM 管理者にリクエストを送信して、サービスユーザーの権限を変更する必要があります。このページの情報を点検して、IAM の基本概念を理解してください。会社で IAM を で使用する方法の詳細については、 AWS Cloud9「」を参照してくださいと IAM の AWS Cloud9 連携方法

IAM 管理者 - 管理者は、 AWS Cloud9へのアクセスを管理するポリシーの書き込み方法の詳細について確認する場合があります。IAM で使用できる AWS Cloud9 アイデンティティベースのポリシーの例を表示するには、「」を参照してくださいAWS Cloud9のアイデンティティベースのポリシーの例

アイデンティティを使用した認証

認証とは、ID 認証情報 AWS を使用して にサインインする方法です。として、IAM ユーザーとして AWS アカウントのルートユーザー、または IAM ロールを引き受けて認証 ( にサインイン AWS) される必要があります。

ID ソースを介して提供された認証情報を使用して、フェデレーティッド ID AWS として にサインインできます。 AWS IAM Identity Center (IAM Identity Center) ユーザー、会社のシングルサインオン認証、Google または Facebook の認証情報は、フェデレーティッド ID の例です。フェデレーティッド ID としてサインインする場合、IAM ロールを使用して、前もって管理者により ID フェデレーションが設定されています。フェデレーション AWS を使用して にアクセスすると、間接的にロールを引き受けることになります。

ユーザーのタイプに応じて、 AWS Management Console または AWS アクセスポータルにサインインできます。へのサインインの詳細については AWS、「 ユーザーガイド」の「 へのサインイン AWS アカウント方法AWS サインイン 」を参照してください。

AWS プログラムで にアクセスする場合、 は Software Development Kit (SDK) とコマンドラインインターフェイス (CLI) AWS を提供し、認証情報を使用してリクエストに暗号で署名します。 AWS ツールを使用しない場合は、リクエストに自分で署名する必要があります。推奨される方法を使用してリクエストを自分で署名する方法の詳細については、IAM ユーザーガイドの API AWS リクエストの署名を参照してください。

使用する認証方法を問わず、追加セキュリティ情報の提供をリクエストされる場合もあります。例えば、 AWS では、多要素認証 (MFA) を使用してアカウントのセキュリティを向上させることをお勧めします。詳細については、「AWS IAM Identity Center ユーザーガイド」の「Multi-factor authentication」(多要素認証) および「IAM ユーザーガイド」の「AWSでの多要素認証 (MFA) の使用」を参照してください。

AWS アカウント ルートユーザー

を作成するときは AWS アカウント、アカウント内のすべての およびリソースへの AWS のサービス 完全なアクセス権を持つ 1 つのサインインアイデンティティから始めます。この ID は AWS アカウント ルートユーザーと呼ばれ、アカウントの作成に使用した E メールアドレスとパスワードでサインインすることでアクセスできます。日常的なタスクには、ルートユーザーを使用しないことを強くお勧めします。ルートユーザーの認証情報は保護し、ルートユーザーでしか実行できないタスクを実行するときに使用します。ルートユーザーとしてサインインする必要があるタスクの完全なリストについては、IAM ユーザーガイドルートユーザー認証情報が必要なタスクを参照してください。

フェデレーティッドアイデンティティ

ベストプラクティスとして、管理者アクセスを必要とするユーザーを含む人間のユーザーに、一時的な認証情報を使用して にアクセスするために ID プロバイダーとのフェデレーションを使用することを要求 AWS のサービス します。

フェデレーティッド ID は、エンタープライズユーザーディレクトリ、ウェブ ID プロバイダー、 AWS Directory Service、アイデンティティセンターディレクトリのユーザー、または ID ソースを通じて提供された認証情報 AWS のサービス を使用して にアクセスするユーザーです。フェデレーティッド ID が にアクセスすると AWS アカウント、ロールを引き受け、ロールは一時的な認証情報を提供します。

アクセスを一元管理する場合は、 AWS IAM Identity Centerを使用することをお勧めします。IAM Identity Center でユーザーとグループを作成することも、独自の ID ソース内のユーザーとグループのセットに接続して同期して、すべての AWS アカウント とアプリケーションで使用することもできます。IAM Identity Center の詳細については、「AWS IAM Identity Center ユーザーガイド」の「What is IAM Identity Center?」(IAM Identity Center とは) を参照してください。

IAM ユーザーとグループ

IAM ユーザーは、単一のユーザーまたはアプリケーションに対して特定のアクセス許可 AWS アカウント を持つ 内のアイデンティティです。可能であれば、パスワードやアクセスキーなどの長期的な認証情報を保有する IAM ユーザーを作成する代わりに、一時的な認証情報を使用することをお勧めします。ただし、IAM ユーザーでの長期的な認証情報が必要な特定のユースケースがある場合は、アクセスキーをローテーションすることをお勧めします。詳細については、IAM ユーザーガイド長期的な認証情報を必要とするユースケースのためにアクセスキーを定期的にローテーションするを参照してください。

IAM グループは、IAM ユーザーの集団を指定するアイデンティティです。グループとしてサインインすることはできません。グループを使用して、複数のユーザーに対して一度に権限を指定できます。多数のユーザーグループがある場合、グループを使用することで権限の管理が容易になります。例えば、IAMAdminsという名前のグループを設定して、そのグループにIAM リソースを管理する許可を与えることができます。

ユーザーは、ロールとは異なります。ユーザーは 1 人の人または 1 つのアプリケーションに一意に関連付けられますが、ロールはそれを必要とする任意の人が引き受けるようになっています。ユーザーには永続的な長期の認証情報がありますが、ロールでは一時的な認証情報が提供されます。詳細については、「IAM ユーザーガイド」の「IAM ユーザー (ロールではなく) の作成が適している場合」を参照してください。

IAM ロール

IAM ロールは、特定のアクセス許可 AWS アカウント を持つ 内のアイデンティティです。これは IAM ユーザーに似ていますが、特定のユーザーには関連付けられていません。ロール を切り替える AWS Management Console ことで、 で IAM ロールを一時的に引き受けることができます。ロールを引き受けるには、 または AWS API AWS CLI オペレーションを呼び出すか、カスタム URL を使用します。ロールを使用する方法の詳細については、「IAM ユーザーガイド」の「IAM ロールの使用」を参照してください。

IAM ロールと一時的な認証情報は、次の状況で役立ちます:

  • フェデレーションユーザーアクセス – フェデレーティッド ID に許可を割り当てるには、ロールを作成してそのロールの許可を定義します。フェデレーティッド ID が認証されると、その ID はロールに関連付けられ、ロールで定義されている許可が付与されます。フェデレーションの詳細については、「IAM ユーザーガイド」の「Creating a role for a third-party Identity Provider」(サードパーティーアイデンティティプロバイダー向けロールの作成) を参照してください。IAM Identity Center を使用する場合は、許可セットを設定します。アイデンティティが認証後にアクセスできるものを制御するため、IAM Identity Center は、権限セットを IAM のロールに関連付けます。アクセス許可セットの詳細については、「AWS IAM Identity Center ユーザーガイド」の「アクセス許可セット」を参照してください。

  • 一時的な IAM ユーザー権限 - IAM ユーザーまたはロールは、特定のタスクに対して複数の異なる権限を一時的に IAM ロールで引き受けることができます。

  • クロスアカウントアクセス - IAM ロールを使用して、自分のアカウントのリソースにアクセスすることを、別のアカウントの人物 (信頼済みプリンシパル) に許可できます。クロスアカウントアクセス権を付与する主な方法は、ロールを使用することです。ただし、一部の では AWS のサービス、(ロールをプロキシとして使用する代わりに) ポリシーをリソースに直接アタッチできます。クロスアカウントアクセスにおけるロールとリソースベースのポリシーの違いについては、「IAM ユーザーガイド」の「IAM でのクロスアカウントのリソースへのアクセス」を参照してください。

  • クロスサービスアクセス — 一部の は、他の の機能 AWS のサービス を使用します AWS のサービス。例えば、あるサービスで呼び出しを行うと、通常そのサービスによって Amazon EC2 でアプリケーションが実行されたり、Amazon S3 にオブジェクトが保存されたりします。サービスでは、呼び出し元プリンシパルの許可、サービスロール、またはサービスリンクロールを使用してこれを行う場合があります。

    • 転送アクセスセッション (FAS) — IAM ユーザーまたはロールを使用して でアクションを実行する場合 AWS、ユーザーはプリンシパルと見なされます。一部のサービスを使用する際に、アクションを実行することで、別のサービスの別のアクションがトリガーされることがあります。FAS は、 を呼び出すプリンシパルのアクセス許可を AWS のサービス、ダウンストリームサービス AWS のサービス へのリクエストのリクエストと組み合わせて使用します。FAS リクエストは、サービスが他の AWS のサービス またはリソースとのやり取りを完了する必要があるリクエストを受け取った場合にのみ行われます。この場合、両方のアクションを実行するためのアクセス許可が必要です。FAS リクエストを行う際のポリシーの詳細については、「転送アクセスセッション」を参照してください。

    • サービスロール - サービスがユーザーに代わってアクションを実行するために引き受ける IAM ロールです。IAM 管理者は、IAM 内からサービスロールを作成、変更、削除できます。詳細については、「IAM ユーザーガイド」の「AWS のサービスにアクセス許可を委任するロールの作成」を参照してください。

    • サービスにリンクされたロール – サービスにリンクされたロールは、 にリンクされたサービスロールの一種です AWS のサービス。サービスは、ユーザーに代わってアクションを実行するロールを引き受けることができます。サービスにリンクされたロールは に表示され AWS アカウント 、サービスによって所有されます。IAM 管理者は、サービスにリンクされたロールのアクセス許可を表示できますが、編集することはできません。

  • Amazon EC2 で実行されているアプリケーション – IAM ロールを使用して、EC2 インスタンスで実行され、 AWS CLI または AWS API リクエストを行うアプリケーションの一時的な認証情報を管理できます。これは、EC2 インスタンス内でのアクセスキーの保存に推奨されます。 AWS ロールを EC2 インスタンスに割り当て、そのすべてのアプリケーションで使用できるようにするには、インスタンスにアタッチされたインスタンスプロファイルを作成します。インスタンスプロファイルにはロールが含まれ、EC2 インスタンスで実行されるプログラムは一時的な認証情報を取得できます。詳細については、IAM ユーザーガイドAmazon EC2 インスタンスで実行されるアプリケーションに IAM ロールを使用して許可を付与するを参照してください。

IAM ロールと IAM ユーザーのどちらを使用するかについては、IAM ユーザーガイド(IAM ユーザーではなく) IAM ロールをいつ作成したら良いのか?を参照してください。

ポリシーを使用したアクセスの管理

でアクセスを制御する AWS には、ポリシーを作成し、 AWS ID またはリソースにアタッチします。ポリシーは、アイデンティティまたはリソースに関連付けられているときにアクセス許可を定義する のオブジェクトです。 は、プリンシパル (ユーザー、ルートユーザー、またはロールセッション) AWS がリクエストを行うときに、これらのポリシー AWS を評価します。ポリシーでの権限により、リクエストが許可されるか拒否されるかが決まります。ほとんどのポリシーは JSON ドキュメント AWS として に保存されます。JSON ポリシードキュメントの構造と内容の詳細については、IAM ユーザーガイドJSON ポリシー概要を参照してください。

管理者は AWS JSON ポリシーを使用して、誰が何にアクセスできるかを指定できます。つまり、どのプリンシパルがどんなリソースにどんな条件アクションを実行できるかということです。

デフォルトでは、ユーザーやロールに権限はありません。IAM 管理者は、リソースで必要なアクションを実行するための権限をユーザーに付与する IAM ポリシーを作成できます。その後、管理者はロールに IAM ポリシーを追加し、ユーザーはロールを引き継ぐことができます。

IAM ポリシーは、オペレーションの実行方法を問わず、アクションの許可を定義します。例えば、iam:GetRoleアクションを許可するポリシーがあるとします。そのポリシーを持つユーザーは、 AWS Management Console、、 AWS CLIまたは AWS API からロール情報を取得できます。

アイデンティティベースのポリシー

アイデンティティベースポリシーは、IAM ユーザーグループ、ユーザーのグループ、ロールなど、アイデンティティにアタッチできる JSON 許可ポリシードキュメントです。これらのポリシーは、ユーザーとロールが実行できるアクション、リソース、および条件をコントロールします。アイデンティティベースのポリシーを作成する方法については、IAM ユーザーガイドIAM ポリシーの作成を参照してください。

アイデンティティベースのポリシーは、さらにインラインポリシーまたはマネージドポリシーに分類できます。インラインポリシーは、単一のユーザー、グループ、またはロールに直接埋め込まれています。管理ポリシーは、 内の複数のユーザー、グループ、ロールにアタッチできるスタンドアロンポリシーです AWS アカウント。管理ポリシーには、 AWS 管理ポリシーとカスタマー管理ポリシーが含まれます。マネージドポリシーまたはインラインポリシーのいずれかを選択する方法については、IAM ユーザーガイドマネージドポリシーとインラインポリシーの比較を参照してください。

リソースベースのポリシー

リソースベースのポリシーは、リソースに添付する JSON ポリシードキュメントです。リソースベースのポリシーには例として、IAM ロールの信頼ポリシー や Amazon S3 バケットポリシー があげられます。リソースベースのポリシーをサポートするサービスでは、サービス管理者はポリシーを使用して特定のリソースへのアクセスを制御できます。ポリシーがアタッチされているリソースの場合、指定されたプリンシパルがそのリソースに対して実行できるアクションと条件は、ポリシーによって定義されます。リソースベースのポリシーでは、プリンシパルを指定する必要があります。プリンシパルには、アカウント、ユーザー、ロール、フェデレーティッドユーザー、または を含めることができます AWS のサービス。

リソースベースのポリシーは、そのサービス内にあるインラインポリシーです。リソースベースのポリシーでは、IAM の AWS マネージドポリシーを使用できません。

アクセスコントロールリスト (ACL)

アクセスコントロールリスト (ACL) は、どのプリンシパル (アカウントメンバー、ユーザー、またはロール) がリソースにアクセスするための許可を持つかを制御します。ACL はリソースベースのポリシーに似ていますが、JSON ポリシードキュメント形式は使用しません。

Amazon S3、 AWS WAF、および Amazon VPC は、ACLs。ACL の詳細については、Amazon Simple Storage Service デベロッパーガイドアクセスコントロールリスト (ACL) の概要を参照してください。

その他のポリシータイプ

AWS は、一般的ではない追加のポリシータイプをサポートします。これらのポリシータイプでは、より一般的なポリシータイプで付与された最大の権限を設定できます。

  • アクセス許可の境界 - アクセス許可の境界は、アイデンティティベースのポリシーによって IAM エンティティ (IAM ユーザーまたはロール) に付与できる権限の上限を設定する高度な機能です。エンティティにアクセス許可の境界を設定できます。結果として得られる権限は、エンティティのアイデンティティベースポリシーとそのアクセス許可の境界の共通部分になります。Principal フィールドでユーザーまたはロールを指定するリソースベースのポリシーでは、アクセス許可の境界は制限されません。これらのポリシーのいずれかを明示的に拒否した場合、権限は無効になります。アクセス許可の境界の詳細については、IAM ユーザーガイドIAM エンティティのアクセス許可の境界を参照してください。

  • サービスコントロールポリシー (SCPs) – SCPs は、 の組織または組織単位 (OU) に対する最大アクセス許可を指定する JSON ポリシーです AWS Organizations。 AWS Organizations は、 AWS アカウント ビジネスが所有する複数の をグループ化して一元管理するサービスです。組織内のすべての機能を有効にすると、サービスコントロールポリシー (SCP) を一部またはすべてのアカウントに適用できます。SCP は、各 を含むメンバーアカウントのエンティティのアクセス許可を制限します AWS アカウントのルートユーザー。Organizations と SCP の詳細については、AWS Organizations ユーザーガイドの「SCP の仕組み」を参照してください。

  • セッションポリシー - セッションポリシーは、ロールまたはフェデレーションユーザーの一時的なセッションをプログラムで作成する際にパラメータとして渡す高度なポリシーです。結果としてセッションの権限は、ユーザーまたはロールのアイデンティティベースポリシーとセッションポリシーの共通部分になります。また、リソースベースのポリシーから権限が派生する場合もあります。これらのポリシーのいずれかを明示的に拒否した場合、権限は無効になります。詳細については、IAM ユーザーガイドセッションポリシーを参照してください。

複数のポリシータイプ

1 つのリクエストに複数のタイプのポリシーが適用されると、結果として作成される権限を理解するのがさらに難しくなります。複数のポリシータイプが関与する場合にリクエストを許可するかどうか AWS を決定する方法については、IAM ユーザーガイド「ポリシー評価ロジック」を参照してください。

と IAM の AWS Cloud9 連携方法

IAM を使用して へのアクセスを管理する前に AWS Cloud9、 で使用できる IAM 機能について学びます AWS Cloud9。

AWS Cloud9 およびその他の AWS のサービスがほとんどの IAM 機能と連携する方法の概要を把握するには、「IAM ユーザーガイド」の「IAM AWS と連携する のサービス」を参照してください。

のアイデンティティベースのポリシー AWS Cloud9

アイデンティティベースポリシーをサポートする

あり

アイデンティティベースポリシーは、IAM ユーザー、ユーザーグループ、ロールなど、アイデンティティにアタッチできる JSON 許可ポリシードキュメントです。これらのポリシーは、ユーザーとロールが実行できるアクション、リソース、および条件をコントロールします。アイデンティティベースのポリシーを作成する方法については、IAM ユーザーガイドIAM ポリシーの作成を参照してください。

IAM アイデンティティベースのポリシーでは、許可または拒否するアクションとリソース、およびアクションを許可または拒否する条件を指定できます。プリンシパルは、それが添付されているユーザーまたはロールに適用されるため、アイデンティティベースのポリシーでは指定できません。JSON ポリシーで使用できるすべての要素について学ぶには、IAM ユーザーガイドIAM JSON ポリシーの要素のリファレンスを参照してください。

のアイデンティティベースのポリシーの例 AWS Cloud9

AWS Cloud9 アイデンティティベースのポリシーの例を表示するには、「」を参照してくださいAWS Cloud9のアイデンティティベースのポリシーの例

内のリソースベースのポリシー AWS Cloud9

リソースベースのポリシーのサポート

なし

リソースベースのポリシーは、リソースに添付する JSON ポリシードキュメントです。リソースベースのポリシーには例として、IAM ロールの信頼ポリシー や Amazon S3 バケットポリシー があげられます。リソースベースのポリシーをサポートするサービスでは、サービス管理者はポリシーを使用して特定のリソースへのアクセスを制御できます。ポリシーがアタッチされているリソースの場合、指定されたプリンシパルがそのリソースに対して実行できるアクションと条件は、ポリシーによって定義されます。リソースベースのポリシーでは、プリンシパルを指定する必要があります。プリンシパルには、アカウント、ユーザー、ロール、フェデレーティッドユーザー、または を含めることができます AWS のサービス。

クロスアカウントアクセスを有効にするには、アカウント全体、または別のアカウントの IAM エンティティをリソースベースのポリシーのプリンシパルとして指定します。リソースベースのポリシーにクロスアカウントのプリンシパルを追加しても、信頼関係は半分しか確立されない点に注意してください。プリンシパルとリソースが異なる にある場合 AWS アカウント、信頼されたアカウントの IAM 管理者は、プリンシパルエンティティ (ユーザーまたはロール) にリソースへのアクセス許可も付与する必要があります。IAM 管理者は、アイデンティティベースのポリシーをエンティティにアタッチすることで権限を付与します。ただし、リソースベースのポリシーで、同じアカウントのプリンシパルへのアクセス権が付与されている場合は、アイデンティティベースのポリシーをさらに付与する必要はありません。詳細については、「IAM ユーザーガイド」の「IAM でのクロスアカウントのリソースへのアクセス」を参照してください。

AWS Cloud9 はリソースベースのポリシーをサポートしていませんが、 AWS Cloud9 API と AWS Cloud9 IDE を使用して AWS Cloud9 環境メンバーの AWS Cloud9 環境リソースのアクセス許可を制御できます。

のポリシーアクション AWS Cloud9

ポリシーアクションに対するサポート

あり

管理者は AWS JSON ポリシーを使用して、誰が何にアクセスできるかを指定できます。つまり、どのプリンシパルがどんなリソースにどんな条件アクションを実行できるかということです。

JSON ポリシーのAction要素には、ポリシー内のアクセスを許可または拒否するために使用できるアクションが記述されます。ポリシーアクションの名前は通常、関連付けられた AWS API オペレーションと同じです。一致する API オペレーションのない許可のみのアクションなど、いくつかの例外があります。また、ポリシーに複数のアクションが必要なオペレーションもあります。これらの追加アクションは、依存アクションと呼ばれます。

このアクションは、関連付けられたオペレーションを実行するための権限を付与するポリシーで使用されます。

AWS Cloud9 アクションのリストを確認するには、「サービス認証リファレンス」の「 で定義されるアクション AWS Cloud9」を参照してください。

のポリシーアクションは、アクションの前に次のプレフィックス AWS Cloud9 を使用します。

account

単一のステートメントで複数のアクションを指定するには、アクションをカンマで区切ります。

"Action": [ "account:action1", "account:action2" ]

AWS Cloud9 アイデンティティベースのポリシーの例を表示するには、「」を参照してくださいAWS Cloud9のアイデンティティベースのポリシーの例

のポリシーリソース AWS Cloud9

ポリシーリソースに対するサポート

あり

管理者は AWS JSON ポリシーを使用して、誰が何にアクセスできるかを指定できます。つまり、どのプリンシパルがどのリソースにどのような条件アクションを実行できるかということです。

Resource JSON ポリシー要素は、アクションが適用されるオブジェクトを指定します。ステートメントには、Resource または NotResource 要素を含める必要があります。ベストプラクティスとして、Amazon リソースネーム (ARN) を使用してリソースを指定します。これは、リソースレベルの許可と呼ばれる特定のリソースタイプをサポートするアクションに対して実行できます。

オペレーションのリスト化など、リソースレベルの権限をサポートしないアクションの場合は、ステートメントがすべてのリソースに適用されることを示すために、ワイルドカード (*) を使用します。

"Resource": "*"

AWS Cloud9 リソースタイプとその ARNs」の「 で定義されるリソース AWS Cloud9」を参照してください。 どのアクションで各リソースの ARN を指定できるかについては、「AWS Cloud9で定義されるアクション」を参照してください。

AWS Cloud9 アイデンティティベースのポリシーの例を表示するには、「」を参照してくださいAWS Cloud9のアイデンティティベースのポリシーの例

のポリシー条件キー AWS Cloud9

サービス固有のポリシー条件キーのサポート

あり

管理者は AWS JSON ポリシーを使用して、誰が何にアクセスできるかを指定できます。つまり、どのプリンシパルがどんなリソースにどんな条件アクションを実行できるかということです。

Condition 要素 (または Condition ブロック) を使用すると、ステートメントが有効な条件を指定できます。Condition 要素はオプションです。イコールや未満などの 条件演算子 を使用して条件式を作成することで、ポリシーの条件とリクエスト内の値を一致させることができます。

1 つのステートメントに複数の Condition 要素を指定する場合、または 1 つの Condition 要素に複数のキーを指定する場合、 AWS では AND 論理演算子を使用してそれらを評価します。1 つの条件キーに複数の値を指定すると、 は論理ORオペレーションを使用して条件 AWS を評価します。ステートメントの権限が付与される前にすべての条件が満たされる必要があります。

条件を指定する際にプレースホルダー変数も使用できます。例えば IAM ユーザーに、IAM ユーザー名がタグ付けされている場合のみリソースにアクセスできる権限を付与することができます。詳細については、IAM ユーザーガイドの‭‬IAM ポリシーの要素: 変数およびタグ‭‬を参照してください。

AWS は、グローバル条件キーとサービス固有の条件キーをサポートします。すべての AWS グローバル条件キーを確認するには、「IAM ユーザーガイド」のAWS 「 グローバル条件コンテキストキー」を参照してください。

AWS Cloud9 条件キーのリストを確認するには、「サービス認証リファレンス」の「 の条件キー AWS Cloud9」を参照してください。条件キーを使用できるアクションとリソースについては、「 で定義されるアクション AWS Cloud9」を参照してください。

AWS Cloud9 アイデンティティベースのポリシーの例を表示するには、「」を参照してくださいAWS Cloud9のアイデンティティベースのポリシーの例

ACLs AWS Cloud9

ACL のサポート

なし

アクセスコントロールリスト (ACL) は、どのプリンシパル (アカウントメンバー、ユーザー、またはロール) がリソースにアクセスするための許可を持つかをコントロールします。ACL はリソースベースのポリシーに似ていますが、JSON ポリシードキュメント形式は使用しません。

での ABAC AWS Cloud9

ABAC のサポート (ポリシー内のタグ)

はい

属性ベースのアクセス制御 (ABAC) は、属性に基づいてアクセス許可を定義するアクセス許可戦略です。では AWS、これらの属性はタグ と呼ばれます。タグは、IAM エンティティ (ユーザーまたはロール) および多くの AWS リソースにアタッチできます。エンティティとリソースのタグ付けは、ABAC の最初の手順です。その後、プリンシパルのタグがアクセスしようとしているリソースのタグと一致した場合にオペレーションを許可するように ABAC ポリシーをします。

ABAC は、急成長する環境やポリシー管理が煩雑になる状況で役立ちます。

タグに基づいてアクセスを管理するには、aws:ResourceTag/key-nameaws:RequestTag/key-name、または aws:TagKeys の条件キーを使用して、ポリシーの 条件要素でタグ情報を提供します。

サービスがすべてのリソースタイプに対して 3 つの条件キーすべてをサポートする場合、そのサービスの値はありです。サービスが一部のリソースタイプに対してのみ 3 つの条件キーのすべてをサポートする場合、値は「部分的」になります。

ABAC の詳細については、IAM ユーザーガイドABAC とは?を参照してください。ABAC をセットアップするステップを説明するチュートリアルについては、IAM ユーザーガイド属性に基づくアクセスコントロール (ABAC) を使用するを参照してください。

での一時的な認証情報の使用 AWS Cloud9

一時的な認証情報のサポート

あり

一部の は、一時的な認証情報を使用してサインインすると機能 AWS のサービス しません。一時的な認証情報 AWS のサービス を使用する などの詳細については、IAM ユーザーガイドのAWS のサービス 「IAM と連携する 」を参照してください。

ユーザー名とパスワード以外の AWS Management Console 方法で にサインインする場合、一時的な認証情報を使用します。例えば、会社の Single Sign-On (SSO) リンク AWS を使用して にアクセスすると、そのプロセスによって一時的な認証情報が自動的に作成されます。また、ユーザーとしてコンソールにサインインしてからロールを切り替える場合も、一時的な認証情報が自動的に作成されます。ロールの切り替えに関する詳細については、IAM ユーザーガイドロールへの切り替え (コンソール)を参照してください。

一時的な認証情報は、 AWS CLI または AWS API を使用して手動で作成できます。その後、これらの一時的な認証情報を使用して . AWS recommends にアクセスできます AWS。これは、長期的なアクセスキーを使用する代わりに、一時的な認証情報を動的に生成することを推奨しています。詳細については、IAM の一時的セキュリティ認証情報を参照してください。

の転送アクセスセッション AWS Cloud9

転送アクセスセッション (FAS) をサポート

あり

IAM ユーザーまたはロールを使用して でアクションを実行すると AWS、プリンシパルと見なされます。一部のサービスを使用する際に、アクションを実行することで、別のサービスの別のアクションがトリガーされることがあります。FAS は、 を呼び出すプリンシパルのアクセス許可を AWS のサービス、ダウンストリームサービス AWS のサービス へのリクエストのリクエストと組み合わせて使用します。FAS リクエストは、サービスが他の AWS のサービス またはリソースとのやり取りを完了する必要があるリクエストを受け取った場合にのみ行われます。この場合、両方のアクションを実行するためのアクセス許可が必要です。FASリクエストを行う際のポリシーの詳細については、「転送アクセスセッション」を参照してください。

AWS Cloud9のサービスロール

サービスロールに対するサポート

あり

サービスロールとは、サービスがユーザーに代わってアクションを実行するために引き受ける IAM ロールです。IAM 管理者は、IAM 内からサービスロールを作成、変更、削除できます。詳細については、「IAM ユーザーガイド」の「AWS のサービスにアクセス許可を委任するロールの作成」を参照してください。

警告

サービスロールのアクセス許可を変更すると、 AWS Cloud9 機能が破損する可能性があります。が指示する場合以外 AWS Cloud9 は、サービスロールを編集しないでください。

のサービスにリンクされたロール AWS Cloud9

サービスリンクロールのサポート

あり

サービスにリンクされたロールは、 にリンクされたサービスロールの一種です AWS のサービス。サービスは、ユーザーに代わってアクションを実行するロールを引き受けることができます。サービスにリンクされたロールは に表示され AWS アカウント 、サービスによって所有されます。IAM 管理者は、サービスにリンクされたロールのアクセス許可を表示できますが、編集することはできません。

サービスリンクロールの作成または管理の詳細については、IAM と提携するAWS のサービスを参照してください。表の中から、[Service-linked role] (サービスにリンクされたロール) 列に Yes と記載されたサービスを見つけます。サービスリンクロールに関するドキュメントをサービスで表示するには、「はい」 リンクを選択します。

AWS Cloud9のアイデンティティベースのポリシーの例

デフォルトでは、 ユーザーおよびロールには、 AWS Cloud9 リソースを作成または変更する権限はありません。また、、 AWS Command Line Interface (AWS CLI) AWS Management Console、または AWS API を使用してタスクを実行することはできません。IAM 管理者は、リソースで必要なアクションを実行するための権限をユーザーに付与する IAM ポリシーを作成できます。その後、管理者はロールに IAM ポリシーを追加し、ユーザーはロールを引き受けることができます。

これらサンプルの JSON ポリシードキュメントを使用して、IAM アイデンティティベースのポリシーを作成する方法については、IAM ユーザーガイドのIAM ポリシーの作成を参照してください。

各リソースタイプの ARN の形式など AWS Cloud9、 で定義されるアクションとリソースタイプの詳細については、「サービス認証リファレンス」の「 のアクション、リソース、および条件キー AWS Cloud9」を参照してください。 ARNs

ポリシーのベストプラクティス

ID ベースのポリシーは、ユーザーのアカウントで誰かが AWS Cloud9 リソースを作成、アクセス、または削除できるどうかを決定します。これらのアクションを実行すると、 AWS アカウントに料金が発生する可能性があります。アイデンティティベースポリシーを作成したり編集したりする際には、以下のガイドラインと推奨事項に従ってください:

  • AWS 管理ポリシーを開始し、最小特権のアクセス許可に移行する – ユーザーとワークロードにアクセス許可を付与するには、多くの一般的なユースケースにアクセス許可を付与する AWS 管理ポリシーを使用します。これらは で使用できます AWS アカウント。ユースケースに固有の AWS カスタマー管理ポリシーを定義して、アクセス許可をさらに減らすことをお勧めします。詳細については、「IAM ユーザーガイド」の「AWS マネージドポリシー」または「ジョブ機能のAWS マネージドポリシー」を参照してください。

  • 最小特権を適用する – IAM ポリシーで許可を設定する場合は、タスクの実行に必要な許可のみを付与します。これを行うには、特定の条件下で特定のリソースに対して実行できるアクションを定義します。これは、最小特権アクセス許可とも呼ばれています。IAM を使用して許可を適用する方法の詳細については、IAM ユーザーガイドIAM でのポリシーとアクセス許可を参照してください。

  • IAM ポリシーで条件を使用してアクセスをさらに制限する - ポリシーに条件を追加して、アクションやリソースへのアクセスを制限できます。例えば、ポリシー条件を記述して、すべてのリクエストを SSL を使用して送信するように指定できます。条件を使用して、 などの特定の を介してサービスアクションが使用される場合に AWS のサービス、サービスアクションへのアクセスを許可することもできます AWS CloudFormation。詳細については、「IAM ユーザーガイド」の [IAM JSON policy elements: Condition] (IAM JSON ポリシー要素:条件) を参照してください。

  • IAM Access Analyzer を使用して IAM ポリシーを検証し、安全で機能的な権限を確保する - IAM Access Analyzer は、新規および既存のポリシーを検証して、ポリシーが IAM ポリシー言語 (JSON) および IAM のベストプラクティスに準拠するようにします。IAM アクセスアナライザーは 100 を超えるポリシーチェックと実用的な推奨事項を提供し、安全で機能的なポリシーの作成をサポートします。詳細については、IAM ユーザーガイドIAM Access Analyzer ポリシーの検証を参照してください。

  • 多要素認証 (MFA) を要求する – で IAM ユーザーまたはルートユーザーを必要とするシナリオがある場合は AWS アカウント、セキュリティを強化するために MFA を有効にします。API オペレーションが呼び出されるときに MFA を必須にするには、ポリシーに MFA 条件を追加します。詳細については、IAM ユーザーガイドMFA 保護 API アクセスの設定を参照してください。

IAM でのベストプラクティスの詳細については、IAM ユーザーガイドIAM でのセキュリティのベストプラクティスを参照してください。

AWS Cloud9 コンソールを使用する

AWS Cloud9 コンソールにアクセスするには、最小限のアクセス許可のセットが必要です。これらのアクセス許可により、 の AWS Cloud9 リソースの詳細を一覧表示および表示できます AWS アカウント。最小限必要な許可よりも制限が厳しいアイデンティティベースのポリシーを作成すると、そのポリシーを持つエンティティ (ユーザーまたはロール) に対してコンソールが意図したとおりに機能しません。

AWS CLI または AWS API のみを呼び出すユーザーには、最小限のコンソールアクセス許可を付与する必要はありません。代わりに、実行しようとしている API オペレーションに一致するアクションのみへのアクセスが許可されます。

ユーザーとロールが AWS Cloud9 引き続きコンソールを使用できるようにするには、エンティティに AWS Cloud9 ConsoleAccessまたは ReadOnly AWS 管理ポリシーもアタッチします。詳細については、IAM ユーザーガイドユーザーへの許可の追加を参照してください。

自分の権限の表示をユーザーに許可する

この例では、ユーザーアイデンティティにアタッチされたインラインおよびマネージドポリシーの表示を IAM ユーザーに許可するポリシーの作成方法を示します。このポリシーには、コンソールで、または AWS CLI または AWS API を使用してプログラムでこのアクションを実行するアクセス許可が含まれています。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Sid": "ViewOwnUserInfo", "Effect": "Allow", "Action": [ "iam:GetUserPolicy", "iam:ListGroupsForUser", "iam:ListAttachedUserPolicies", "iam:ListUserPolicies", "iam:GetUser" ], "Resource": ["arn:aws:iam::*:user/${aws:username}"] }, { "Sid": "NavigateInConsole", "Effect": "Allow", "Action": [ "iam:GetGroupPolicy", "iam:GetPolicyVersion", "iam:GetPolicy", "iam:ListAttachedGroupPolicies", "iam:ListGroupPolicies", "iam:ListPolicyVersions", "iam:ListPolicies", "iam:ListUsers" ], "Resource": "*" } ] }

AWS Cloud9 ID とアクセスのトラブルシューティング

次の情報は、 および IAM の使用時に発生する可能性がある一般的な問題の診断 AWS Cloud9 と修正に役立ちます。

でアクションを実行する権限がない AWS Cloud9

「I am not authorized to perform an action in Amazon Bedrock」というエラーが表示された場合、そのアクションを実行できるようにポリシーを更新する必要があります。

次のエラー例は、mateojackson IAM ユーザーがコンソールを使用して、ある my-example-widget リソースに関する詳細情報を表示しようとしたことを想定して、その際に必要なawes:GetWidget アクセス許可を持っていない場合に発生するものです。

User: arn:aws:iam::123456789012:user/mateojackson is not authorized to perform: awes:GetWidget on resource: my-example-widget

この場合、awes:GetWidget アクションを使用して my-example-widgetリソースへのアクセスを許可するように、mateojackson ユーザーのポリシーを更新する必要があります。

サポートが必要な場合は、 AWS 管理者にお問い合わせください。サインイン認証情報を提供した担当者が管理者です。

iam を実行する権限がありません。PassRole

iam:PassRole アクションを実行する権限がないというエラーが表示された場合は、ポリシーを更新して AWS Cloud9にロールを渡すことができるようにする必要があります。

一部の AWS のサービス では、新しいサービスロールまたはサービスにリンクされたロールを作成する代わりに、そのサービスに既存のロールを渡すことができます。そのためには、サービスにロールを渡す権限が必要です。

以下の例のエラーは、marymajor という IAM ユーザーがコンソールを使用して AWS Cloud9でアクションを実行しようする場合に発生します。ただし、このアクションをサービスが実行するには、サービスロールから付与された権限が必要です。メアリーには、ロールをサービスに渡す許可がありません。

User: arn:aws:iam::123456789012:user/marymajor is not authorized to perform: iam:PassRole

この場合、Mary のポリシーを更新してメアリーに iam:PassRole アクションの実行を許可する必要があります。

サポートが必要な場合は、 AWS 管理者にお問い合わせください。サインイン認証情報を提供した担当者が管理者です。

自分の 以外のユーザーに自分の AWS Cloud9 リソース AWS アカウント へのアクセスを許可したい

他のアカウントのユーザーや組織外の人が、リソースにアクセスするために使用できるロールを作成できます。ロールの引き受けを委託するユーザーを指定できます。リソースベースのポリシーまたはアクセスコントロールリスト (ACL) をサポートするサービスの場合、それらのポリシーを使用して、リソースへのアクセスを付与できます。

詳細については、以下を参照してください:

が IAM リソースとオペレーションと AWS Cloud9 連携する方法

AWS Identity and Access Management は、 AWS Cloud9 開発環境と他の AWS のサービス および リソースの両方を操作できるようにするアクセス許可を管理するために使用されます。

AWS Cloud9 リソースとオペレーション

では AWS Cloud9、プライマリリソースは AWS Cloud9 開発環境です。ポリシーで Amazon リソースネーム (ARN) を使用して、ポリシーを適用するリソースを識別します。以下の表に環境 ARN を示します。詳細については、Amazon Web Services 全般のリファレンスの「Amazon リソースネーム (ARN) と AWS サービスの名前空間」を参照してください。

リソースタイプ ARN 形式

環境

arn:aws:cloud9:REGION_ID:ACCOUNT_ID:environment:ENVIRONMENT_ID

特定 AWS リージョンの特定アカウントが所有するすべての環境

arn:aws:cloud9:REGION_ID:ACCOUNT_ID:environment:*

特定のリージョンの特定アカウントが所有するすべての環境

arn:aws:cloud9:REGION_ID:ACCOUNT_ID:*

アカウントとリージョンに関係なく、すべての AWS Cloud9 リソース

arn:aws:cloud9:*

たとえば、以下の要領でAmazon リソースネーム (ARN) を使用して、ステートメント内で特定の環境を指定することができます。

"Resource": "arn:aws:cloud9:us-east-2:123456789012:environment:70d899206236474f9590d93b7c41dfEX"

すべてのリソースを指定するには、Resource エレメント内でワイルドカード文字 (*) を使用します。

"Resource": "*"

単一のステートメントに複数のリソースを指定するには、コンマで Amazon リソースネーム (ARN) を区切ります。

"Resource": [ "arn:aws:cloud9:us-east-2:123456789012:environment:70d899206236474f9590d93b7c41dfEX", "arn:aws:cloud9:us-east-2:123456789012:environment:81e900317347585a0601e04c8d52eaEX" ]

AWS Cloud9 は、 AWS Cloud9 リソースを操作するための一連のオペレーションを提供します。リストについては、「AWS Cloud9 アクセス許可リファレンス」を参照してください。

リソース所有権について

AWS アカウント アカウントは、リソースを作成したユーザーに関係なく、アカウントで作成されたリソースを所有します。

以下のユースケースとシナリオについて検討します。

  • のルートアカウントの認証情報を使用して AWS Cloud9 開発環境 AWS アカウント を作成するとします。これは可能ですがお勧めしません。この場合、 AWS アカウント は環境の所有者です。

  • で IAM ユーザーを作成し AWS アカウント 、そのユーザーに環境を作成するアクセス許可を付与するとします。これで、ユーザーは環境を作成できます。ただし AWS アカウント、ユーザーが属する は、引き続き環境を所有します。

  • 環境を作成するアクセス許可 AWS アカウント を持つ に IAM ロールを作成するとします。これで、ロールを引き受けることのできるすべてのユーザーが環境を作成できます。ロールが属する AWS アカウントが環境を所有しているとします。

注記

1 つ以上の AWS Cloud9 環境の ARN 所有者であるユーザーアカウントを削除すると、これらの環境には所有者がいません。このシナリオの回避策は、 AWS Cloud9 SDK を使用して、 CreateEnvironmentMembershipアクションと EnvironmentMember データ型を使用して読み取りおよび書き込み権限を持つ別の IAM ユーザーを追加することです。この IAM ユーザーを追加したら、環境ファイルを新しい AWS Cloud9 環境にコピーし、この所有者を ARN 所有者にすることができます。このアクションの詳細については、「」を参照してください。このデータ型の詳細についてはCreateEnvironmentMembership、「 API リファレンスガイドEnvironmentMember」の「」を参照してください。 AWS Cloud9

リソースへのアクセスの管理

許可ポリシーでは、誰がどのリソースにアクセスできるかを記述します。

注記

このセクションでは、 AWS Cloud9での IAM の使用について説明します。これは、IAM サービスに関する詳細情報を取得できません。完全な IAM ドキュメンテーションについては、IAM ユーザーガイドの「IAM とは」を参照してください。IAM ポリシー構文の詳細と説明については、IAM ユーザーガイドの IAM JSON ポリシーリファレンスを参照してください。

IAM アイデンティティに添付されているポリシーは、アイデンティティベースのポリシー (IAM ポリシー) と呼ばれます。リソースにアタッチされたポリシーは、リソースベースのポリシー と呼ばれます。 は、アイデンティティベースのポリシーとリソースベースのポリシーの両方 AWS Cloud9 をサポートします。

以下の各 API アクションでは、これらの API アクションを呼び出したい IAM アイデンティティに添付する必要があるのは IAM ポリシーのみです。

  • CreateEnvironmentEC2

  • DescribeEnvironments

次の API アクションではリソースベースのポリシーが必要です。IAM ポリシーは必須ではありませんが、これらの API アクションを呼び出す IAM ID にアタッチされている場合は IAM ポリシー AWS Cloud9 を使用します。リソースベースのポリシーは、目的の AWS Cloud9 リソースに適用する必要があります。

  • CreateEnvironmentMembership

  • DeleteEnvironment

  • DeleteEnvironmentMembership

  • DescribeEnvironmentMemberships

  • DescribeEnvironmentStatus

  • UpdateEnvironment

  • UpdateEnvironmentMembership

これらの各 API アクションの詳細については、AWS Cloud9 API リファレンスを参照してください。

リソースベースのポリシーを AWS Cloud9 リソースに直接アタッチすることはできません。代わりに、環境メンバーを追加、変更、更新、または削除すると、 は適切なリソースベースのポリシーを AWS Cloud9 リソースにア AWS Cloud9 タッチします。

AWS Cloud9 リソースに対してアクションを実行するアクセス許可をユーザーに付与するには、ユーザーが属する IAM グループにアクセス許可ポリシーをアタッチします。 AWS Cloud9 可能な限り、 の AWS 管理 (事前定義) ポリシーをアタッチすることをお勧めします。 AWS 管理ポリシーには、環境、環境ユーザー、および環境への読み取り専用アクセスのみを持つユーザーの完全な管理など、一般的な使用シナリオとユーザータイプに対する事前定義されたアクセス許可のセットが含まれています。の AWS マネージドポリシーのリストについては AWS Cloud9、「」を参照してくださいAWS の マネージドポリシー AWS Cloud9

より詳細な使用シナリオと一意のユーザータイプについては、独自のカスタマーマネージドポリシーを作成してアタッチすることができます。「AWS Cloud9 の追加のセットアップオプション (チームとエンタープライズ)」および「のカスタマー管理ポリシーの作成 AWS Cloud9」を参照してください。

IAM ポリシー (AWS 管理またはカスタマー管理) を IAM ID にアタッチするには、IAM ユーザーガイドの「IAM ポリシーのアタッチ (コンソール)」を参照してください。

API オペレーションのセッション許可

AWS CLI または AWS API を使用してロールまたはフェデレーティッドユーザーの一時セッションをプログラムで作成する場合、セッションポリシーをパラメータとして渡して、ロールセッションの範囲を拡張できます。つまり、効果的なセッションの許可は、ロールのアイデンティティベースのポリシーとセッションポリシーの共通部分です。

セッション中にリソースへのアクセス要求が行われた場合、適用可能な Deny ステートメントがないものの、セッションポリシーに適用可能な Allow ステートメントもない場合、ポリシー評価の結果は暗黙的な拒否となります。(詳細については、IAM ユーザーガイドの「アカウント内でリクエストが許可されるか拒否されるかの判別」を参照してください)。

ただし、リソースベースのポリシー (上記を参照) を必要とする AWS Cloud9 API オペレーションでは、リソースポリシーPrincipalで として指定されている場合に、 を呼び出す IAM エンティティにアクセス許可が付与されます。この明示的なアクセス許可は、セッションポリシーの暗黙的な拒否よりも優先されるため、セッションは AWS Cloud9 API オペレーションを正常に呼び出すことができます。

AWS の マネージドポリシー AWS Cloud9

AWS 管理ポリシーは、 によって作成および管理されるスタンドアロンポリシーです AWS。 AWS 管理ポリシーは、多くの一般的なユースケースにアクセス許可を付与するように設計されているため、ユーザー、グループ、ロールにアクセス許可の割り当てを開始できます。

AWS 管理ポリシーは、すべての AWS お客様が使用できるため、特定のユースケースに対して最小特権のアクセス許可を付与しない場合があることに注意してください。ユースケース別にカスタマーマネージドポリシーを定義して、マネージドポリシーを絞り込むことをお勧めします。

AWS 管理ポリシーで定義されているアクセス許可は変更できません。が AWS 管理ポリシーで定義されたアクセス許可 AWS を更新すると、ポリシーがアタッチされているすべてのプリンシパル ID (ユーザー、グループ、ロール) が更新されます。 は、新しい AWS のサービス が起動されたとき、または既存のサービスで新しい API AWS オペレーションが使用可能になったときに、 AWS 管理ポリシーを更新する可能性が最も高くなります。

詳細については、「IAM ユーザーガイド」の「AWS 管理ポリシー」を参照してください。

AWS 管理ポリシー: AWSCloud9Administrator

AWSCloud9Administrator ポリシーは IAM ID にアタッチできます。

このポリシーは、管理者に へのアクセスを提供する管理者権限を付与します AWS Cloud9。

アクセス許可の詳細

このポリシーには、以下のアクセス許可が含まれています。

  • AWS Cloud9 - 内のすべての AWS Cloud9 アクション AWS アカウント。

  • Amazon EC2 – 内の複数の Amazon VPC とサブネットリソースに関する情報を取得します AWS アカウント。

  • IAM – IAM ユーザーに関する情報を で取得し AWS アカウント、 AWS アカウント 必要に応じて AWS Cloud9 サービスにリンクされたロールを で作成します。

  • Systems Manager – ユーザーが を呼び出し StartSession て、Session Manager セッションのインスタンスへの接続を開始できるようにします。この許可は、Systems Manager を介して EC2 インスタンスと通信する環境を開くユーザーにとって必要です。詳細については、「AWS Systems Manager を使用して no-ingress EC2 インスタンスにアクセスする」を参照してください。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": [ "cloud9:*", "iam:GetUser", "iam:ListUsers", "ec2:DescribeVpcs", "ec2:DescribeSubnets", "ec2:DescribeInstanceTypeOfferings", "ec2:DescribeRouteTables" ], "Resource": "*" }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "iam:CreateServiceLinkedRole" ], "Resource": "*", "Condition": { "StringLike": { "iam:AWSServiceName": "cloud9.amazonaws.com" } } }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "ssm:StartSession", "ssm:GetConnectionStatus" ], "Resource": "arn:aws:ec2:*:*:instance/*", "Condition": { "StringLike": { "ssm:resourceTag/aws:cloud9:environment": "*" }, "StringEquals": { "aws:CalledViaFirst": "cloud9.amazonaws.com" } } }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "ssm:StartSession" ], "Resource": [ "arn:aws:ssm:*:*:document/*" ] } ] }

AWS 管理ポリシー: AWSCloud9User

IAM アイデンティティに AWSCloud9User ポリシーをアタッチできます。

このポリシーは、ユーザーに AWS Cloud9 開発環境の作成と、所有環境の管理許可を付与します。

アクセス許可の詳細

このポリシーには、以下のアクセス許可が含まれています。

  • AWS Cloud9 – 環境に関する情報を作成して取得し、環境のユーザー設定を取得して変更します。

  • Amazon EC2 – 内の複数の Amazon VPC とサブネットリソースに関する情報を取得します AWS アカウント。

  • IAM – IAM ユーザーに関する情報を で取得し AWS アカウント、 AWS アカウント 必要に応じて AWS Cloud9 サービスにリンクされたロールを で作成します。

  • Systems Manager – ユーザーが を呼び出し StartSession て、Session Manager セッションのインスタンスへの接続を開始できるようにします。この許可は、Systems Manager を介して EC2 インスタンスと通信する環境を開くユーザーにとって必要です。詳細については、「AWS Systems Manager を使用して no-ingress EC2 インスタンスにアクセスする」を参照してください。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": [ "cloud9:UpdateUserSettings", "cloud9:GetUserSettings", "iam:GetUser", "iam:ListUsers", "ec2:DescribeVpcs", "ec2:DescribeSubnets", "ec2:DescribeInstanceTypeOfferings", "ec2:DescribeRouteTables" ], "Resource": "*" }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "cloud9:CreateEnvironmentEC2", "cloud9:CreateEnvironmentSSH" ], "Resource": "*", "Condition": { "Null": { "cloud9:OwnerArn": "true" } } }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "cloud9:GetUserPublicKey" ], "Resource": "*", "Condition": { "Null": { "cloud9:UserArn": "true" } } }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "cloud9:DescribeEnvironmentMemberships" ], "Resource": [ "*" ], "Condition": { "Null": { "cloud9:UserArn": "true", "cloud9:EnvironmentId": "true" } } }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "iam:CreateServiceLinkedRole" ], "Resource": "*", "Condition": { "StringLike": { "iam:AWSServiceName": "cloud9.amazonaws.com" } } }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "ssm:StartSession", "ssm:GetConnectionStatus" ], "Resource": "arn:aws:ec2:*:*:instance/*", "Condition": { "StringLike": { "ssm:resourceTag/aws:cloud9:environment": "*" }, "StringEquals": { "aws:CalledViaFirst": "cloud9.amazonaws.com" } } }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "ssm:StartSession" ], "Resource": [ "arn:aws:ssm:*:*:document/*" ] } ] }

AWS 管理ポリシー: AWSCloud9EnvironmentMember

AWSCloud9EnvironmentMember ポリシーは IAM ID にアタッチできます。

このポリシーは、 AWS Cloud9 共有環境に参加する機能を提供するメンバーシップ許可を付与します。

許可の詳細

このポリシーには、以下の許可が含まれています。

  • AWS Cloud9 – 環境に関する情報を取得し、環境のユーザー設定を取得および変更します。

  • IAM – IAM ユーザーに関する情報を で取得し AWS アカウント、 AWS アカウント 必要に応じて AWS Cloud9 サービスにリンクされたロールを で作成します。

  • Systems Manager – ユーザーが を呼び出し StartSession て、Session Manager セッションのインスタンスへの接続を開始できるようにします。この許可は、Systems Manager を介して EC2 インスタンスと通信する環境を開くユーザーにとって必要です。詳細については、「AWS Systems Manager を使用して no-ingress EC2 インスタンスにアクセスする」を参照してください。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": [ "cloud9:GetUserSettings", "cloud9:UpdateUserSettings", "iam:GetUser", "iam:ListUsers" ], "Resource": "*" }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "cloud9:DescribeEnvironmentMemberships" ], "Resource": [ "*" ], "Condition": { "Null": { "cloud9:UserArn": "true", "cloud9:EnvironmentId": "true" } } }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "ssm:StartSession", "ssm:GetConnectionStatus" ], "Resource": "arn:aws:ec2:*:*:instance/*", "Condition": { "StringLike": { "ssm:resourceTag/aws:cloud9:environment": "*" }, "StringEquals": { "aws:CalledViaFirst": "cloud9.amazonaws.com" } } }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "ssm:StartSession" ], "Resource": [ "arn:aws:ssm:*:*:document/*" ] } ] }

AWS 管理ポリシー: AWSCloud9ServiceRolePolicy

サービスにリンクされたロール AWSServiceRoleForAWSCloud9 は、このポリシーを使用して、 AWS Cloud9 環境が Amazon EC2 および AWS CloudFormation リソースとやり取りできるようにします。

許可の詳細

は、 が開発環境の作成と実行に必要な AWS のサービス (Amazon EC2 と AWS CloudFormation) と AWS Cloud9 やり取りするために必要なアクセス許可を AWSServiceRoleForAWSCloud9 つにAWSCloud9ServiceRolePolicy付与します。

AWS Cloud9 は、サービスにリンクされたロールのアクセス許可を定義し、 のみがそのロールを引き受け AWS Cloud9 ることができます。定義したアクセス許可には、信頼ポリシーと許可ポリシーが含まれます。この許可ポリシーを他の IAM エンティティにアタッチすることはできません。

がサービスにリンクされたロール AWS Cloud9 を使用する方法の詳細については、「」を参照してくださいAWS Cloud9 のサービスにリンクされたロールの使用

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": [ "ec2:RunInstances", "ec2:CreateSecurityGroup", "ec2:DescribeVpcs", "ec2:DescribeSubnets", "ec2:DescribeSecurityGroups", "ec2:DescribeInstances", "ec2:DescribeInstanceStatus", "cloudformation:CreateStack", "cloudformation:DescribeStacks", "cloudformation:DescribeStackEvents", "cloudformation:DescribeStackResources" ], "Resource": "*" }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "ec2:TerminateInstances", "ec2:DeleteSecurityGroup", "ec2:AuthorizeSecurityGroupIngress" ], "Resource": "*" }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "cloudformation:DeleteStack" ], "Resource": "arn:aws:cloudformation:*:*:stack/aws-cloud9-*" }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "ec2:CreateTags" ], "Resource": [ "arn:aws:ec2:*:*:instance/*", "arn:aws:ec2:*:*:security-group/*" ], "Condition": { "StringLike": { "aws:RequestTag/Name": "aws-cloud9-*" } } }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "ec2:StartInstances", "ec2:StopInstances" ], "Resource": "*", "Condition": { "StringLike": { "ec2:ResourceTag/aws:cloudformation:stack-name": "aws-cloud9-*" } } }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "ec2:StartInstances", "ec2:StopInstances" ], "Resource": [ "arn:aws:license-manager:*:*:license-configuration:*" ] }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "iam:ListInstanceProfiles", "iam:GetInstanceProfile" ], "Resource": [ "arn:aws:iam::*:instance-profile/cloud9/*" ] }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "iam:PassRole" ], "Resource": [ "arn:aws:iam::*:role/service-role/AWSCloud9SSMAccessRole" ], "Condition": { "StringLike": { "iam:PassedToService": "ec2.amazonaws.com" } } } ] }

AWS Cloud9AWS 管理ポリシーの更新

このサービスがこれらの変更の追跡を開始 AWS Cloud9 してからの の AWS マネージドポリシーの更新に関する詳細を表示します。このページの変更に関する自動アラートを受け取るには、 AWS Cloud9 ドキュメント履歴ページの RSS フィードにサブスクライブしてください。

変更 説明 日付

AWSCloud9UserAWSCloud9Administratorおよび AWSCloud9EnvironmentMemberポリシーに新しいアクションが追加されました。

ssm:GetConnectionStatus アクションが AWSCloud9UserAWSCloud9Administratorおよび AWSCloud9EnvironmentMemberポリシーに追加されました。このアクションにより、SSM 接続ステータスを確認するアクセス許可がユーザーに付与されます。cloud9:ValidateEnvironmentName API は廃止されたため、AWSCloud9Userポリシーから削除されました。

2023 年 10 月 12 日

API が AWSCloud9Userおよび AWSCloud9Administratorポリシーに追加されました。

AWSCloud9UserAWSCloud9Administratorポリシーに 2 つの新しい API が追加されました。これらの API は ec2:DescribeInstanceTypeOfferingsと ですec2:DescribeRouteTables。これらの API の目的は、 が AWS Cloud9 環境の作成時にお客様が選択したインスタンスタイプをデフォルトサブネットでサポートしていることを検証 AWS Cloud9 できるようにすることです。

2023 年 8 月 2 日

を に更新する AWSCloud9ServiceRolePolicy

AWSCloud9ServiceRolePolicy は、License Manager ライセンス設定によって管理される Amazon EC2 インスタンスを起動および停止 AWS Cloud9 できるように更新されました。

2022 年 1 月 12 日

AWS Cloud9 が変更の追跡を開始しました

AWS Cloud9 が AWS マネージドポリシーの変更の追跡を開始しました。

2021 年 3 月 15 日

のカスタマー管理ポリシーの作成 AWS Cloud9

アクセスコントロールの要件を満たしている AWS 管理ポリシーがない場合は、独自のカスタマー管理ポリシーを作成してアタッチできます。

カスタマーマネージドポリシーを作成するには、IAM ユーザーガイドの「IAM ポリシーの作成 (コンソール)」を参照。

ポリシー要素の指定: 効果、プリンシパル、アクション、リソース

サービスは、 AWS Cloud9 リソースごとに一連の API オペレーションを定義します。これらの API オペレーションのアクセス許可を付与するために、 はポリシーで指定できる一連のアクション AWS Cloud9 を定義します。

以下は、基本的なポリシーの要素です。

  • Effect – ユーザーがアクションをリクエストする際の効果を指定します。許可または拒否のいずれかになります。リソースへのアクセスを明示的に付与 (許可) していない場合、アクセスは暗黙的に拒否されます。リソースへのアクセスを明示的に拒否することもできます。これは、別のポリシーがアクセスを許可している場合でも、ユーザーのリソースへのアクセスを禁止するために行うことができます。

  • Principal – アイデンティティベースのポリシー (IAM ポリシー) で、ポリシーが添付されているユーザーが暗黙のプリンシパルとなります。リソースベースのポリシーでは、権限を受け取りたいユーザー、アカウント、サービス、またはその他のエンティティを指定します。

  • Resource - Amazon リソースネーム (ARN) を使用して、ポリシーを適用するリソースを識別します。

  • Action – アクションのキーワードを使用して、許可または拒否するリソースオペレーションを識別します。たとえば、cloud9:CreateEnvironmentEC2 許可は、CreateEnvironmentEC2 オペレーションを実行する許可をユーザーに与えます。

IAM ポリシーの構文と記述の詳細については、IAM ユーザーガイドの IAM JSON ポリシーのリファレンスを参照してください。

すべての AWS Cloud9 API アクションとそれらが適用されるリソースを示す表については、「」を参照してくださいAWS Cloud9 アクセス許可リファレンス

お客様のマネージドポリシーの例

このセクションでは、 AWS Cloud9 アクションの許可を付与するポリシー例を示しています。以下例にあげたIAM ポリシーを選択して、IAM アイデンティティへの AWS Cloud9 アクセスを許可するか、明示的に拒否できます。

IAM アイデンティティにカスタマー管理ポリシーを作成またはアタッチするには、「IAM ユーザーガイド」の「IAM ポリシーの作成 (コンソール)」および「IAM ポリシーのアタッチ (コンソール)」を参照してください。

注記

次の例では、米国東部 (オハイオ) リージョン (us-east-2)、架空の AWS アカウント ID ()、架空の AWS Cloud9 開発環境 ID (123456789012) を使用しています81e900317347585a0601e04c8d52eaEX

環境に関する情報を取得

次の IAM エンティティに添付された IAM ポリシーステートメントの例では、そのエンティティが自分のアカウントで環境に関する情報を取得するのを許可します。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": "cloud9:DescribeEnvironments", "Resource": "*" } ] }
注記

前述のアクセス許可は、 AWS マネージドポリシー AWSCloud9Administratorおよび に既に含まれていますAWSCloud9User

EC2 環境を作成

次の IAM エンティティにアタッチされた IAM ポリシーステートメントの例では、そのエンティティがアカウントに AWS Cloud9 EC2 開発環境を作成することを許可します。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": "cloud9:CreateEnvironmentEC2", "Resource": "*" } ] }
注記

前述のアクセス許可は、 AWS マネージドポリシー AWSCloud9Administratorおよび に既に含まれていますAWSCloud9User

特定の Amazon EC2 インスタンスタイプを持つ EC2 環境を作成

次の IAM エンティティにアタッチされた IAM ポリシーステートメントの例では、そのエンティティがアカウントに AWS Cloud9 EC2 開発環境を作成することを許可します。ただし、EC2 環境は指定されたクラスの Amazon EC2 インスタンスタイプのみを使用できます。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": "cloud9:CreateEnvironmentEC2", "Resource": "*", "Condition": { "StringLike": { "cloud9:InstanceType": "t3.*" } } } ] }
注記

AWS 管理ポリシー AWSCloud9Administratorまたは AWSCloud9Userが IAM エンティティに既にアタッチされている場合、その AWS 管理ポリシーは前述の IAM ポリシーステートメントの動作を上書きします。これは、これらの AWS 管理ポリシーの方が許容度が高いためです。

特定の Amazon VPC サブネットに EC2 環境を作成

次の IAM エンティティにアタッチされた IAM ポリシーステートメントの例では、そのエンティティがアカウントに AWS Cloud9 EC2 開発環境を作成することを許可します。ただし、EC2 環境は指定した Amazon VPC サブネットのみを使用できます。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": "cloud9:CreateEnvironmentEC2", "Resource": "*", "Condition": { "StringLike": { "cloud9:SubnetId": [ "subnet-12345678", "subnet-23456789" ] } } } ] }
注記

AWS 管理ポリシー AWSCloud9Administratorまたは AWSCloud9Userが IAM エンティティに既にアタッチされている場合、その AWS 管理ポリシーは前述の IAM ポリシーステートメントの動作を上書きします。これは、これらの AWS 管理ポリシーの方が許容度が高いためです。

特定の環境名がついた EC2 環境を作成

次の IAM エンティティにアタッチされた IAM ポリシーステートメントの例では、そのエンティティがアカウントに AWS Cloud9 EC2 開発環境を作成することを許可します。ただし、EC2 環境は指定された名前のみを使用できます。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": "cloud9:CreateEnvironmentEC2", "Resource": "*", "Condition": { "StringEquals": { "cloud9:EnvironmentName": "my-demo-environment" } } } ] }
注記

AWS 管理ポリシー AWSCloud9Administratorまたは AWSCloud9Userが IAM エンティティに既にアタッチされている場合、その AWS 管理ポリシーは前述の IAM ポリシーステートメントの動作を上書きします。これは、これらの AWS 管理ポリシーの方が許容度が高いためです。

SSH 環境のみを作成

次の IAM エンティティにアタッチされた IAM ポリシーステートメントの例では、そのエンティティがアカウントに AWS Cloud9 SSH 開発環境を作成できるようにします。ただし、エンティティは AWS Cloud9 EC2 開発環境を作成できません。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": "cloud9:CreateEnvironmentSSH", "Resource": "*" }, { "Effect": "Deny", "Action": "cloud9:CreateEnvironmentEC2", "Resource": "*" } ] }

環境を更新、または環境の更新を禁止

次の IAM エンティティにアタッチされた IAM ポリシーステートメントの例では、そのエンティティがアカウント内の任意の AWS Cloud9 開発環境に関する情報を変更することを許可します。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": "cloud9:UpdateEnvironment", "Resource": "*" } ] }
注記

上記のアクセス許可は、 AWS 管理ポリシー にすでに含まれていますAWSCloud9Administrator

次の IAM エンティティに添付された IAM ポリシーステートメント例では、そのエンティティが環境に関する情報を指定された Amazon リソースネーム (ARN) で変更することを明示的に禁止します。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Deny", "Action": "cloud9:UpdateEnvironment", "Resource": "arn:aws:cloud9:us-east-2:123456789012:environment:81e900317347585a0601e04c8d52eaEX" } ] }

環境メンバーのリストを取得

次の IAM エンティティに添付された IAM ポリシーステートメントの例では、そのエンティティが自分のアカウントで環境のメンバーリストを取得するのを許可します。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": "cloud9:DescribeEnvironmentMemberships", "Resource": "*" } ] }
注記

上記のアクセス許可は、 AWS 管理ポリシー にすでに含まれていますAWSCloud9Administrator。また、前述のアクセス許可は、 AWS 管理ポリシー の同等のアクセス許可よりも許容されますAWSCloud9User

特定のユーザーのみと環境を共有

次の IAM エンティティに添付された IAM ポリシーステートメントの例では、エンティティが指定したユーザーのみのアカウントにおける環境の共有を許可します。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": [ "cloud9:CreateEnvironmentMembership" ], "Resource": "*", "Condition": { "StringEquals": { "cloud9:UserArn": "arn:aws:iam::123456789012:user/MyDemoUser" } } } ] }
注記

AWS 管理ポリシー AWSCloud9Administratorまたは AWSCloud9Userが IAM エンティティに既にアタッチされている場合、それらの AWS 管理ポリシーは前述の IAM ポリシーステートメントの動作を上書きします。これは、これらの AWS 管理ポリシーの方が許容度が高いためです。

環境の共有を禁止

次の IAM エンティティに添付された IAM ポリシーステートメントの例では、そのエンティティが自分のアカウントの環境の共有を禁止します。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Deny", "Action": [ "cloud9:CreateEnvironmentMembership", "cloud9:UpdateEnvironmentMembership" ], "Resource": "*" } ] }

環境メンバーの設定を変更、または変更を禁止

次の IAM エンティティに添付された IAM ポリシーステートメントの例では、そのエンティティが自分のアカウントの環境においてメンバーの設定の変更を許可します。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": "cloud9:UpdateEnvironmentMembership", "Resource": "*" } ] }
注記

上記のアクセス許可は、 AWS 管理ポリシー にすでに含まれていますAWSCloud9Administrator

次の IAM エンティティに添付された IAM ポリシーステートメント例では、そのエンティティが環境におけるメンバーの設定を指定された Amazon リソースネーム (ARN) を使って変更することを明示的に禁止します。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Deny", "Action": "cloud9:UpdateEnvironmentMembership", "Resource": "arn:aws:cloud9:us-east-2:123456789012:environment:81e900317347585a0601e04c8d52eaEX" } ] }

環境メンバーを削除、または削除を禁止

次の IAM エンティティに添付された IAM ポリシーステートメントの例では、そのエンティティが自分のアカウントで環境のメンバーの削除を許可します。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": "cloud9:DeleteEnvironmentMembership", "Resource": "*" } ] }
注記

上記のアクセス許可は、 AWS 管理ポリシー にすでに含まれていますAWSCloud9Administrator

次の IAM エンティティに添付された IAM ポリシーステートメント例では、そのエンティティが指定された Amazon リソースネーム (ARN) で環境のメンバーの削除を明示的に禁止します。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Deny", "Action": "cloud9:DeleteEnvironmentMembership", "Resource": "arn:aws:cloud9:us-east-2:123456789012:environment:81e900317347585a0601e04c8d52eaEX" } ] }

環境を削除、または削除を禁止

次の IAM エンティティに添付された IAM ポリシーステートメントの例では、そのエンティティが自分のアカウントで環境を削除するのを許可します。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": "cloud9:DeleteEnvironment", "Resource": "*" } ] }
注記

上記のアクセス許可は、 AWS 管理ポリシー にすでに含まれていますAWSCloud9Administrator

次の IAM エンティティに添付された IAM ポリシーステートメント例では、そのエンティティが指定された Amazon リソースネーム (ARN) で環境を削除するのを明示的に禁止します。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Deny", "Action": "cloud9:DeleteEnvironment", "Resource": "arn:aws:cloud9:us-east-2:123456789012:environment:81e900317347585a0601e04c8d52eaEX" } ] }

SSM 環境作成用のカスタム IAM ポリシー

現在、AWSCloud9Administrator ポリシーまたは AWSCloud9User ポリシーがアタッチされた SSM 環境を作成する際に、アクセス許可の問題が発生しています。次の IAM ポリシーステートメントの例では、IAM エンティティにアタッチすると、ユーザーは AWS マネージドポリシーAWSCloud9Administratorまたは をアタッチして使用できますAWSCloud9User

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": [ "cloud9:UpdateUserSettings", "cloud9:GetUserSettings", "iam:GetUser", "iam:ListUsers", "iam:ListRoles", "ec2:DescribeVpcs", "ec2:DescribeSubnets", "ec2:DescribeRouteTables" ], "Resource": "*" }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "cloud9:CreateEnvironmentEC2", "cloud9:CreateEnvironmentSSH" ], "Resource": "*", "Condition": { "Null": { "cloud9:OwnerArn": "true" } } }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "cloud9:GetUserPublicKey" ], "Resource": "*", "Condition": { "Null": { "cloud9:UserArn": "true" } } }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "cloud9:DescribeEnvironmentMemberships" ], "Resource": [ "*" ], "Condition": { "Null": { "cloud9:UserArn": "true", "cloud9:EnvironmentId": "true" } } }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "iam:CreateServiceLinkedRole" ], "Resource": "*", "Condition": { "StringLike": { "iam:AWSServiceName": "cloud9.amazonaws.com" } } }, { "Effect": "Allow", "Action": "ssm:StartSession", "Resource": "arn:aws:ec2:*:*:instance/*", "Condition": { "StringLike": { "ssm:resourceTag/aws:cloud9:environment": "*" }, "StringEquals": { "aws:CalledViaFirst": "cloud9.amazonaws.com" } } }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "ssm:StartSession" ], "Resource": [ "arn:aws:ssm:*:*:document/*" ] }, { "Effect": "Allow", "Action": ["iam:ListInstanceProfilesForRole", "iam:CreateRole"], "Resource": ["arn:aws:iam::*:role/service-role/AWSCloud9SSMAccessRole"] }, { "Effect": "Allow", "Action": ["iam:AttachRolePolicy"], "Resource": ["arn:aws:iam::*:role/service-role/AWSCloud9SSMAccessRole"], "Condition": { "StringEquals": { "iam:PolicyARN": "arn:aws:iam::aws:policy/AWSCloud9SSMInstanceProfile" } } }, { "Effect": "Allow", "Action": "iam:PassRole", "Resource": "arn:aws:iam::*:role/service-role/AWSCloud9SSMAccessRole", "Condition": { "StringEquals": { "iam:PassedToService": "ec2.amazonaws.com" } } }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "iam:CreateInstanceProfile", "iam:AddRoleToInstanceProfile" ], "Resource": [ "arn:aws:iam::*:instance-profile/cloud9/AWSCloud9SSMInstanceProfile" ] } ] }

AWS Cloud9 アクセス許可リファレンス

AWS Cloud9 ポリシーで AWS ワイド条件キーを使用して条件を表現できます。リストについては、IAM ユーザーガイドの IAM JSON ポリシーエレメント:条件を参照してください。

アクションは、ポリシーの Action フィールドで指定します。アクションを指定するには、API オペレーション名 ("Action": "cloud9:DescribeEnvironments"など) の前に cloud9: プレフィックスを使用します。単一のステートメントに複数のアクションを指定するには、コンマで区切ります (例えば、"Action": [ "cloud9:UpdateEnvironment", "cloud9:DeleteEnvironment" ])。

ワイルドカード文字の使用

ポリシーの Resource フィールドでリソース値として、ワイルドカード文字 (*) を使用して、または使用せずに ARN を指定します。ワイルドカードを使用して複数のアクションまたはリソースを指定することができます。例えば、 cloud9:*はすべての AWS Cloud9 アクションを指定し、 で始まるすべての AWS Cloud9 アクションcloud9:Describe*を指定しますDescribe

次の例では、IAM エンティティが、アカウント内の環境の環境および環境メンバーシップに関する情報を取得するのを許可します。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": [ "cloud9:Describe*" ], "Resource": "*" } ] }
注記

上記のアクセス許可は、 AWS 管理ポリシー にすでに含まれていますAWSCloud9Administrator。また、前述のアクセス許可は、 AWS 管理ポリシー の同等のアクセス許可よりも許容されますAWSCloud9User

AWS Cloud9 API オペレーションとアクションに必要なアクセス許可

注記

アクセスコントロールをセットアップし、IAM アイデンティティ (アイデンティティベースのポリシー) にアタッチできる許可ポリシーを作成する際に、以下の表をリファレンスとして使用します。

Public API operations 表は、SDK と AWS Command Line Interfaceを使用してお客様が呼び出せる API オペレーションをリストアップします。

Permission-only API operationsは、顧客コードまたは AWS Command Line Interfaceによって直接呼び出せない API オペレーションをリストアップします。ただし、IAM ユーザーには、コンソールを使用して AWS Cloud9 アクションを実行する時に、こういったオペレーションに対して許可をとる必要があります。

公開 API オペレーション
AWS Cloud9 オペレーション 必要な許可 (API アクション) リソース

CreateEnvironmentEC2

cloud9:CreateEnvironmentEC2

AWS Cloud9 EC2 開発環境を作成するために必要です。

*

CreateEnvironmentMembership

cloud9:CreateEnvironmentMembership

環境にメンバーを追加するために必要です。

arn:aws:cloud9:REGION_ID:ACCOUNT_ID:environment:ENVIRONMENT_ID

DeleteEnvironment

cloud9:DeleteEnvironment

環境を削除するために必要です。

arn:aws:cloud9:REGION_ID:ACCOUNT_ID:environment:ENVIRONMENT_ID

DeleteEnvironmentMembership

cloud9:DeleteEnvironmentMembership

環境からメンバーを削除するために必要です。

arn:aws:cloud9:REGION_ID:ACCOUNT_ID:environment:ENVIRONMENT_ID

DescribeEnvironmentMemberships

cloud9:DescribeEnvironmentMemberships

環境のメンバーのリストを取得するのに必要です。

*

DescribeEnvironments

cloud9:DescribeEnvironments

環境に関する情報を取得するのに必要です。

arn:aws:cloud9:REGION_ID:ACCOUNT_ID:environment:ENVIRONMENT_ID

DescribeEnvironmentStatus

cloud9:DescribeEnvironmentStatus

環境のステータスに関する情報を取得するのに必要です。

arn:aws:cloud9:REGION_ID:ACCOUNT_ID:environment:ENVIRONMENT_ID

UpdateEnvironment

cloud9:UpdateEnvironment

環境の設定を更新するのに必要です。

arn:aws:cloud9:REGION_ID:ACCOUNT_ID:environment:ENVIRONMENT_ID

UpdateEnvironmentMembership

cloud9:UpdateEnvironmentMembership

環境のメンバーの設定を更新するのに必要です。

arn:aws:cloud9:REGION_ID:ACCOUNT_ID:environment:ENVIRONMENT_ID

許可のみの API オペレーション
AWS Cloud9 オペレーション 説明 コンソールドキュメンテーション

ActivateEC2Remote

cloud9:ActivateEC2Remote

AWS Cloud9 IDE が接続する Amazon EC2 インスタンスを起動します。

AWS Cloud9 で環境を開く

CreateEnvironmentSSH

cloud9:CreateEnvironmentSSH

AWS Cloud9 SSH 開発環境を作成します。

SSH 環境を作成する

CreateEnvironmentToken

cloud9:CreateEnvironmentToken

AWS Cloud9 IDE とユーザーの環境間の接続を許可する認証トークンを作成します。

EC2 環境を作成する

DescribeEC2Remote

cloud9:DescribeEC2Remote

ホスト、ユーザー、ポートなど、EC2 開発環境への接続に関する詳細を取得します。

EC2 環境を作成する

DescribeSSHRemote

cloud9:DescribeSSHRemote

ホスト、ユーザー、ポートなど、SSH 開発環境への接続に関する詳細を取得します。

SSH 環境を作成する

GetEnvironmentConfig

cloud9:GetEnvironmentConfig

AWS Cloud9 IDE を初期化するために使用される設定情報を取得します。

AWS Cloud9 統合開発環境 (IDE) の操作

GetEnvironmentSettings

cloud9:GetEnvironmentSettings

指定された開発環境の AWS Cloud9 IDE 設定を取得します。

AWS Cloud9 統合開発環境 (IDE) の操作

GetMembershipSettings

cloud9:GetMembershipSettings

指定された環境メンバーの AWS Cloud9 IDE 設定を取得します。

AWS Cloud9 で共有環境を使用する

GetUserPublicKey

cloud9:GetUserPublicKey

ユーザーのパブリック SSH キーを取得します。これは、 が SSH 開発環境に接続 AWS Cloud9 するために使用します。

SSH 環境を作成する

GetUserSettings

cloud9:GetUserSettings

指定されたユーザーの AWS Cloud9 IDE 設定を取得します。

AWS Cloud9 統合開発環境 (IDE) の操作

ModifyTemporaryCredentialsOnEnvironmentEC2

cloud9:ModifyTemporaryCredentialsOnEnvironmentEC2

AWS Cloud9 統合開発環境 (IDE) で使用される Amazon EC2 インスタンスに AWS マネージド一時認証情報を設定します。

AWS マネージド一時認証情報

UpdateEnvironmentSettings

cloud9:UpdateEnvironmentSettings

指定された開発環境の AWS Cloud9 IDE 設定を更新します。

AWS Cloud9 統合開発環境 (IDE) の操作

UpdateMembershipSettings

cloud9:UpdateMembershipSettings

指定された環境メンバーの AWS Cloud9 IDE 設定を更新します。

AWS Cloud9 で共有環境を使用する

UpdateSSHRemote

cloud9:UpdateSSHRemote

ホスト、ユーザー、ポートなど、SSH 開発環境への接続の詳細を更新します。

SSH 環境を作成する

UpdateUserSettings

cloud9:UpdateUserSettings

指定されたユーザーの AWS Cloud9 IDE 設定を更新します。

AWS Cloud9 統合開発環境 (IDE) の操作

GetMigrationExperiences

cloud9:GetMigrationExperiences

から への移行エクスペリエンスを取得するためのアクセス許可 AWS Cloud9 を AWS Cloud9 ユーザーに付与します CodeCatalyst。

AWS マネージド一時認証情報

AWS マネージド一時認証情報がサポートするアクションのリストを探しているだけの場合は、「」に進んでくださいAWS マネージド一時認証情報でサポートされるアクション

AWS Cloud9 EC2 開発環境の場合、 は環境内で AWS Cloud9 一時的な AWS アクセス認証情報を利用できるようにします。これらはAWS マネージド一時認証情報と呼ばれます。これには次の利点があります。

  • AWS エンティティ (IAM ユーザーなど) の永続的な AWS アクセス認証情報を環境のどこにでも保存する必要はありません。これによって、ユーザーが認識して承認することなく、環境メンバーがこれらの認証情報にアクセスできなくなります。

  • 環境に接続する Amazon EC2 インスタンスにインスタンスプロファイルを手動で設定、管理、またはアタッチする必要はありません。インスタンスプロファイルは、一時的な AWS アクセス認証情報を管理するもう 1 つの方法です。

  • AWS Cloud9 は一時的な認証情報を継続的に更新するため、1 つの認証情報セットを期間限定でのみ使用できます。これは AWS セキュリティのベストプラクティスです。詳細については、「AWS マネージド一時認証情報の作成と更新」を参照してください。

  • AWS Cloud9 では、一時的な認証情報を使用して環境から AWS アクションやリソースにアクセスする方法に関する追加の制限が課されています。これは AWS セキュリティのベストプラクティスでもあります。

重要

現在、環境の EC2 インスタンスがプライベートサブネット で起動されている場合、 AWS マネージド一時認証情報を使用して、EC2 環境が AWS エンティティ (IAM ユーザーなど) に代わって AWS サービスにアクセスすることを許可することはできません。

プライベートサブネットに EC2 インスタンスを起動できる時期に関する詳細については、「のサブネットを作成する AWS Cloud9」を参照してください。

注記

AWS マネージド一時認証情報を使用する場合は、インラインポリシーの代わりに AWS マネージドポリシーを使用することを検討してください。

EC2 環境が AWS エンティティ (IAM ユーザーなど) AWS のサービス に代わって にアクセスしようとするたびに、 AWS マネージド一時認証情報がどのように機能するかを次に示します。

  1. AWS Cloud9 は、呼び出し元の AWS エンティティ (IAM ユーザーなど) に、 でリクエストされたリソースに対してリクエストされたアクションを実行するアクセス許可があるかどうかを確認します AWS。許可がない場合、または明示的に拒否されている場合、リクエストは失敗します。

  2. AWS Cloud9 は、 AWS マネージド一時認証情報をチェックして、そのアクセス許可が でリクエストされたリソースに対してリクエストされたアクションを許可しているかどうかを確認します AWS。許可がない場合、または明示的に拒否されている場合、リクエストは失敗します。 AWS マネージド一時認証情報がサポートするアクセス許可のリストについては、「」を参照してくださいAWS マネージド一時認証情報でサポートされるアクション

  • AWS エンティティと AWS マネージド一時認証情報の両方が、リクエストされたリソースに対してリクエストされたアクションを許可している場合、リクエストは成功します。

  • AWS エンティティまたは AWS マネージド一時認証情報のいずれかが、リクエストされたリソースに対してリクエストされたアクションを明示的に拒否または明示的に許可できない場合、リクエストは失敗します。つまり、呼び出し元の AWS エンティティに正しいアクセス許可がある場合でも、 AWS Cloud9 が明示的に許可しない場合、リクエストは失敗します。同様に、 AWS Cloud9 が特定のリソースに対して特定のアクションを実行することを許可する場合、 AWS エンティティも明示的に許可しない場合、リクエストは失敗します。

EC2 環境の所有者は、次のように、その環境の AWS マネージド一時認証情報をいつでもオンまたはオフにできます。

  1. 環境を開いた状態で、 AWS Cloud9 IDE のメニューバーで、 AWS Cloud9、 設定 を選択します。

  2. 優先]タブのナビゲーションペインで、[AWS 設定]、[認証情報] を選択します。

  3. AWS マネージド一時認証情報を使用して、 AWS マネージド一時認証情報をオンまたはオフにします。

注記

AWS Cloud9 API オペレーションを呼び出し、 managedCredentialsActionパラメータに値を割り当てることでUpdateEnvironment、 AWS マネージド一時認証情報を有効または無効にすることもできます。この API オペレーションは、 AWS SDKsや などの標準 AWS ツールを使用してリクエストできます AWS CLI。

AWS マネージド一時認証情報をオフにすると、リクエストを行う AWS エンティティに関係なく AWS のサービス、環境は にアクセスできません。ただし、環境の AWS マネージド一時認証情報を有効にできない、または有効にしたくない場合でも、 にアクセスするために環境が必要であるとします AWS のサービス。その場合、次の代替方法を検討してください。

上記の方法は、EC2 環境の AWS マネージド一時認証情報によって許可 (または拒否) されるすべての許可より優先されます。

AWS マネージド一時認証情報でサポートされるアクション

AWS Cloud9 EC2 開発環境の場合、 AWS マネージド一時認証情報は、呼び出し元の 内のすべての AWS リソースに対するすべての AWS アクションを許可しますが AWS アカウント、以下の制限があります。

  • では AWS Cloud9、次のアクションのみが許可されます。

    • cloud9:CreateEnvironmentEC2

    • cloud9:CreateEnvironmentSSH

    • cloud9:DescribeEnvironmentMemberships

    • cloud9:DescribeEnvironments

    • cloud9:DescribeEnvironmentStatus

    • cloud9:UpdateEnvironment

  • IAM には、以下のアクションのみが許可されています。

    • iam:AttachRolePolicy

    • iam:ChangePassword

    • iam:CreatePolicy

    • iam:CreatePolicyVersion

    • iam:CreateRole

    • iam:CreateServiceLinkedRole

    • iam:DeletePolicy

    • iam:DeletePolicyVersion

    • iam:DeleteRole

    • iam:DeleteRolePolicy

    • iam:DeleteSSHPublicKey

    • iam:DetachRolePolicy

    • iam:GetInstanceProfile

    • iam:GetPolicy

    • iam:GetPolicyVersion

    • iam:GetRole

    • iam:GetRolePolicy

    • iam:GetSSHPublicKey

    • iam:GetUser

    • iam:List*

    • iam:PassRole

    • iam:PutRolePolicy

    • iam:SetDefaultPolicyVersion

    • iam:UpdateAssumeRolePolicy

    • iam:UpdateRoleDescription

    • iam:UpdateSSHPublicKey

    • iam:UploadSSHPublicKey

  • ロールとやりとりするすべての IAM アクションは、Cloud9- で始まるロール名に対してのみ許可されます。ただし、iam:PassRole はすべてのロール名で使用します。

  • AWS Security Token Service (AWS STS) では、次のアクションのみが許可されます。

    • sts:GetCallerIdentity

    • sts:DecodeAuthorizationMessage

  • サポートされているすべての AWS アクションは、環境の IP アドレスに制限されます。これは AWS セキュリティのベストプラクティスです。

AWS Cloud9 が EC2 環境にアクセスするために必要なアクションまたはリソースをサポートしていない場合、または EC2 環境に対して AWS マネージド一時認証情報がオフになっていて、再度オンにできない場合は、次の代替方法を検討してください。

上記の方法は、EC2 環境の AWS マネージド一時認証情報によって許可 (または拒否) されるすべての許可より優先されます。

AWS マネージド一時認証情報の作成と更新

AWS Cloud9 EC2 開発環境の場合、 AWS マネージド一時認証情報は環境を初めて開くときに作成されます。

AWS マネージド一時認証情報は、次のいずれかの条件の下で更新されます。

  • 一定の時間が経過するたび。現在、これは 5 分ごとです。

  • 環境の IDE を表示するウェブブラウザタブを再ロードするたび。

  • 環境の ~/.aws/credentials ファイルにリストされているタイムスタンプに達したとき。

  • AWS マネージド一時認証情報) 設定がオフに設定されている場合、それをオンに戻すたび。(この設定を表示または変更するには、IDE のメニューバーにおけるAWS Cloud9優先を選択 します。[優先]タブでは、ナビゲーションペインで、AWS 設定、認証情報を選択します。)

  • セキュリティのため、 AWS マネージド一時認証情報は 15 分後に自動的に期限切れになります。認証情報を更新するには、環境所有者が IDE を通じて AWS Cloud9 環境を実行します。環境所有者のロールに関する詳細については、マネージド一時認証情報へのアクセスのコントロール AWS を参照してください。

マネージド一時認証情報へのアクセスのコントロール AWS

AWS マネージド一時認証情報を持つ共同作業者は、 AWS Cloud9 を使用して他の とやり取りできます AWS のサービス。信頼できる共同作業者だけが AWS マネージド一時認証情報を与えるため、環境所有者以外の者を新しいメンバーを追加した場合、これらの認証情報は無効になります。認証情報は、~/.aws/credentials ファイルを削除すると無効になります。

重要

AWS マネージド一時認証情報も 15 分ごとに自動的に期限切れになります。共同作業者が認証情報を引き続き使用できるように認証情報を更新するには、環境所有者が IDE を介して AWS Cloud9 環境に接続されている必要があります。

AWS マネージド一時認証情報を他のメンバーと共有できるように再有効化できるのは、環境所有者のみです。環境所有者が IDE を開くと、 AWS マネージド一時認証情報が無効になっていることを確認するダイアログボックスが表示されます。環境所有者は、すべてのメンバーの資格情報を再度有効にするか、すべてのメンバーの認証情報を無効にできます。

警告

ベストセキュリティプラクティスに従うため、環境に最後に追加されたユーザーのアイデンティティが確実にわからない場合は、マネージド一時認証情報が無効のままになります。[ Collaborate (コラボレーション)]ウィンドウで読み取り/書き込み許可がおりたメンバーの一覧をチェックできます。