CodeCommit を使用した の例 AWS CLI - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

CodeCommit を使用した の例 AWS CLI

次のコード例は、 AWS Command Line Interface で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています CodeCommit。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、associate-approval-rule-template-with-repository を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

承認ルールテンプレートをリポジトリに関連付けるには

次のassociate-approval-rule-template-with-repository例では、指定された承認ルールテンプレートを という名前のリポジトリに関連付けますMyDemoRepo

aws codecommit associate-approval-rule-template-with-repository \ --repository-name MyDemoRepo \ --approval-rule-template-name 2-approver-rule-for-main

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「 AWS CodeCommit ユーザーガイド」の「承認ルールテンプレートをリポジトリに関連付ける」を参照してください。

次の例は、batch-associate-approval-rule-template-with-repositories を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

承認ルールテンプレートを 1 回のオペレーションで複数のリポジトリに関連付けるには

次のbatch-associate-approval-rule-template-with-repositories例では、指定された承認ルールテンプレートを MyDemoRepoおよび という名前のリポジトリに関連付けますMyOtherDemoRepo

注: 承認ルールテンプレートは、作成された AWS リージョンに固有です。それらのリポジトリは、その AWS リージョンのリポジトリにのみ関連付けることができます。

aws codecommit batch-associate-approval-rule-template-with-repositories \ --repository-names MyDemoRepo, MyOtherDemoRepo \ --approval-rule-template-name 2-approver-rule-for-main

出力:

{ "associatedRepositoryNames": [ "MyDemoRepo", "MyOtherDemoRepo" ], "errors": [] }

詳細については、「 AWS CodeCommit ユーザーガイド」の「承認ルールテンプレートをリポジトリに関連付ける」を参照してください。

次の例は、batch-describe-merge-conflicts を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

2 つのコミット指定子間のマージで、すべてのファイルまたはファイルのサブセットのマージ競合に関する情報を取得するには

次のbatch-describe-merge-conflicts例では、 という名前のリポジトリで THREE_WAY_MERGE戦略mainを使用して、 という名前の送信元ブランチfeature-randomizationfeatureと という名前の送信先ブランチをマージする際のマージ競合を決定しますMyDemoRepo

aws codecommit batch-describe-merge-conflicts \ --source-commit-specifier feature-randomizationfeature \ --destination-commit-specifier main \ --merge-option THREE_WAY_MERGE \ --repository-name MyDemoRepo

出力:

{ "conflicts": [ { "conflictMetadata": { "filePath": "readme.md", "fileSizes": { "source": 139, "destination": 230, "base": 85 }, "fileModes": { "source": "NORMAL", "destination": "NORMAL", "base": "NORMAL" }, "objectTypes": { "source": "FILE", "destination": "FILE", "base": "FILE" }, "numberOfConflicts": 1, "isBinaryFile": { "source": false, "destination": false, "base": false }, "contentConflict": true, "fileModeConflict": false, "objectTypeConflict": false, "mergeOperations": { "source": "M", "destination": "M" } }, "mergeHunks": [ { "isConflict": true, "source": { "startLine": 0, "endLine": 3, "hunkContent": "VGhpcyBpEXAMPLE==" }, "destination": { "startLine": 0, "endLine": 1, "hunkContent": "VXNlIHRoEXAMPLE=" } } ] } ], "errors": [], "destinationCommitId": "86958e0aEXAMPLE", "sourceCommitId": "6ccd57fdEXAMPLE", "baseCommitId": "767b6958EXAMPLE" }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「プルリクエストの競合を解決する」を参照してください。 AWS CodeCommit

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスBatchDescribeMergeConflicts」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、batch-disassociate-approval-rule-template-from-repositories を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

1 回のオペレーションで複数のリポジトリから承認ルールテンプレートの関連付けを解除するには

次のbatch-disassociate-approval-rule-template-from-repositories例では、指定された承認ルールテンプレートと MyDemoRepoおよび という名前のリポジトリの関連付けを解除しますMyOtherDemoRepo

aws codecommit batch-disassociate-approval-rule-template-from-repositories \ --repository-names MyDemoRepo, MyOtherDemoRepo \ --approval-rule-template-name 1-approval-rule-for-all pull requests

出力:

{ "disassociatedRepositoryNames": [ "MyDemoRepo", "MyOtherDemoRepo" ], "errors": [] }

詳細については、「 AWS CodeCommit ユーザーガイド」の「承認ルールテンプレートの関連付けを解除する」を参照してください。

次の例は、batch-get-commits を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

複数のコミットに関する情報を表示するには

次のbatch-get-commits例では、指定されたコミットの詳細を表示します。

aws codecommit batch-get-commits \ --repository-name MyDemoRepo \ --commit-ids 317f8570EXAMPLE 4c925148EXAMPLE

出力:

{ "commits": [ { "additionalData": "", "committer": { "date": "1508280564 -0800", "name": "Mary Major", "email": "mary_major@example.com" }, "author": { "date": "1508280564 -0800", "name": "Mary Major", "email": "mary_major@example.com" }, "commitId": "317f8570EXAMPLE", "treeId": "1f330709EXAMPLE", "parents": [ "6e147360EXAMPLE" ], "message": "Change variable name and add new response element" }, { "additionalData": "", "committer": { "date": "1508280542 -0800", "name": "Li Juan", "email": "li_juan@example.com" }, "author": { "date": "1508280542 -0800", "name": "Li Juan", "email": "li_juan@example.com" }, "commitId": "4c925148EXAMPLE", "treeId": "1f330709EXAMPLE", "parents": [ "317f8570EXAMPLE" ], "message": "Added new class" } }

詳細については、「 AWS CodeCommit ユーザーガイド」の「コミットの詳細の表示」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスBatchGetCommits」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、batch-get-repositories を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

複数のリポジトリの詳細を表示するには

この例では、複数の AWS CodeCommit リポジトリの詳細を示します。

aws codecommit batch-get-repositories \ --repository-names MyDemoRepo MyOtherDemoRepo

出力:

{ "repositoriesNotFound": [], "repositories": [ { "creationDate": 1429203623.625, "defaultBranch": "main", "repositoryName": "MyDemoRepo", "cloneUrlSsh": "ssh://git-codecommit.us-east-2.amazonaws.com/v1/repos/MyDemoRepo", "lastModifiedDate": 1430783812.0869999, "repositoryDescription": "My demonstration repository", "cloneUrlHttp": "https://codecommit.us-east-2.amazonaws.com/v1/repos/MyDemoRepo", "repositoryId": "f7579e13-b83e-4027-aaef-650c0EXAMPLE", "Arn": "arn:aws:codecommit:us-east-2:111111111111:MyDemoRepo" "accountId": "111111111111" }, { "creationDate": 1429203623.627, "defaultBranch": "main", "repositoryName": "MyOtherDemoRepo", "cloneUrlSsh": "ssh://git-codecommit.us-east-2.amazonaws.com/v1/repos/MyOtherDemoRepo", "lastModifiedDate": 1430783812.0889999, "repositoryDescription": "My other demonstration repository", "cloneUrlHttp": "https://codecommit.us-east-2.amazonaws.com/v1/repos/MyOtherDemoRepo", "repositoryId": "cfc29ac4-b0cb-44dc-9990-f6f51EXAMPLE", "Arn": "arn:aws:codecommit:us-east-2:111111111111:MyOtherDemoRepo" "accountId": "111111111111" } ], "repositoriesNotFound": [] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスBatchGetRepositories」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-approval-rule-template を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

承認ルールテンプレートを作成するには

次のcreate-approval-rule-template例では、プルリクエスト2-approver-rule-for-main ``. The template requires two users who assume the role of ``CodeCommitReviewmainブランチにマージする前に、プルリクエストを承認する という名前の承認規則テンプレートを作成します。

aws codecommit create-approval-rule-template \ --approval-rule-template-name 2-approver-rule-for-main \ --approval-rule-template-description "Requires two developers from the team to approve the pull request if the destination branch is main" \ --approval-rule-template-content "{\"Version\": \"2018-11-08\",\"DestinationReferences\": [\"refs/heads/main\"],\"Statements\": [{\"Type\": \"Approvers\",\"NumberOfApprovalsNeeded\": 2,\"ApprovalPoolMembers\": [\"arn:aws:sts::123456789012:assumed-role/CodeCommitReview/*\"]}]}"

出力:

{ "approvalRuleTemplate": { "approvalRuleTemplateName": "2-approver-rule-for-main", "creationDate": 1571356106.936, "approvalRuleTemplateId": "dd8b17fe-EXAMPLE", "approvalRuleTemplateContent": "{\"Version\": \"2018-11-08\",\"DestinationReferences\": [\"refs/heads/main\"],\"Statements\": [{\"Type\": \"Approvers\",\"NumberOfApprovalsNeeded\": 2,\"ApprovalPoolMembers\": [\"arn:aws:sts::123456789012:assumed-role/CodeCommitReview/*\"]}]}", "lastModifiedUser": "arn:aws:iam::123456789012:user/Mary_Major", "approvalRuleTemplateDescription": "Requires two developers from the team to approve the pull request if the destination branch is main", "lastModifiedDate": 1571356106.936, "ruleContentSha256": "4711b576EXAMPLE" } }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「承認ルールテンプレートを作成するAWS CodeCommit 」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateApprovalRuleTemplate」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-branch を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ブランチを作成するには

この例では、 AWS CodeCommit リポジトリにブランチを作成します。このコマンドは、エラーがある場合にのみ出力を生成します。

コマンド:

aws codecommit create-branch --repository-name MyDemoRepo --branch-name MyNewBranch --commit-id 317f8570EXAMPLE

出力:

None.
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateBranch」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-commit を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コミットを作成するには

次のcreate-commit例は、 mainブランチMyDemoRepoの という名前のリポジトリにreadme.mdファイルを追加するリポジトリの初期コミットを作成する方法を示しています。

aws codecommit create-commit \ --repository-name MyDemoRepo \ --branch-name main \ --put-files "filePath=readme.md,fileContent='Welcome to our team repository.'"

出力:

{ "filesAdded": [ { "blobId": "5e1c309d-EXAMPLE", "absolutePath": "readme.md", "fileMode": "NORMAL" } ], "commitId": "4df8b524-EXAMPLE", "treeId": "55b57003-EXAMPLE", "filesDeleted": [], "filesUpdated": [] }

詳細については、「 AWS CodeCommit ユーザーガイド」の「 でコミットを作成する AWS CodeCommit」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateCommit」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-pull-request-approval-rule を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

プルリクエストの承認ルールを作成するには

次のcreate-pull-request-approval-rule例では、指定されたプルリクエストRequire two approved approversに という名前の承認ルールを作成します。このルールでは、承認プールから 2 つの承認が必要であることを指定します。プールには、123456789012 AWS アカウントCodeCommitReview内の のロールを引き受け CodeCommit て にアクセスするすべてのユーザーが含まれます。また、IAM ユーザーまたはNikhil_Jayashankar同じ AWS アカウントの という名前のフェデレーティッドユーザーも含まれます。

aws codecommit create-pull-request-approval-rule \ --approval-rule-name "Require two approved approvers" \ --approval-rule-content "{\"Version\": \"2018-11-08\",\"Statements\": [{\"Type\": \"Approvers\",\"NumberOfApprovalsNeeded\": 2,\"ApprovalPoolMembers\": [\"CodeCommitApprovers:123456789012:Nikhil_Jayashankar\", \"arn:aws:sts::123456789012:assumed-role/CodeCommitReview/*\"]}]}"

出力:

{ "approvalRule": { "approvalRuleName": "Require two approved approvers", "lastModifiedDate": 1570752871.932, "ruleContentSha256": "7c44e6ebEXAMPLE", "creationDate": 1570752871.932, "approvalRuleId": "aac33506-EXAMPLE", "approvalRuleContent": "{\"Version\": \"2018-11-08\",\"Statements\": [{\"Type\": \"Approvers\",\"NumberOfApprovalsNeeded\": 2,\"ApprovalPoolMembers\": [\"CodeCommitApprovers:123456789012:Nikhil_Jayashankar\", \"arn:aws:sts::123456789012:assumed-role/CodeCommitReview/*\"]}]}", "lastModifiedUser": "arn:aws:iam::123456789012:user/Mary_Major" } }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「承認ルールの作成AWS CodeCommit 」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreatePullRequestApprovalRule」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-pull-request を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

プルリクエストを作成するには

次のcreate-pull-request例では、「Pronunciation difficult analyzer」という名前のプルリクエストを作成し、「jane-branch」ソースブランチをターゲットとし、「」という名前の AWS CodeCommit リポジトリ内のデフォルトのブランチ「main」にマージされるこれらの変更を火曜日までに確認してくださいMyDemoRepo。

aws codecommit create-pull-request \ --title "My Pull Request" \ --description "Please review these changes by Tuesday" \ --client-request-token 123Example \ --targets repositoryName=MyDemoRepo,sourceReference=MyNewBranch

出力:

{ "pullRequest": { "approvalRules": [ { "approvalRuleContent": "{\"Version\": \"2018-11-08\",\"DestinationReferences\": [\"refs/heads/main\"],\"Statements\": [{\"Type\": \"Approvers\",\"NumberOfApprovalsNeeded\": 2,\"ApprovalPoolMembers\": [\"arn:aws:sts::123456789012:assumed-role/CodeCommitReview/*\"]}]}", "approvalRuleId": "dd8b17fe-EXAMPLE", "approvalRuleName": "2-approver-rule-for-main", "creationDate": 1571356106.936, "lastModifiedDate": 571356106.936, "lastModifiedUser": "arn:aws:iam::123456789012:user/Mary_Major", "originApprovalRuleTemplate": { "approvalRuleTemplateId": "dd3d22fe-EXAMPLE", "approvalRuleTemplateName": "2-approver-rule-for-main" }, "ruleContentSha256": "4711b576EXAMPLE" } ], "authorArn": "arn:aws:iam::111111111111:user/Jane_Doe", "description": "Please review these changes by Tuesday", "title": "Pronunciation difficulty analyzer", "pullRequestTargets": [ { "destinationCommit": "5d036259EXAMPLE", "destinationReference": "refs/heads/main", "repositoryName": "MyDemoRepo", "sourceCommit": "317f8570EXAMPLE", "sourceReference": "refs/heads/jane-branch", "mergeMetadata": { "isMerged": false } } ], "lastActivityDate": 1508962823.285, "pullRequestId": "42", "clientRequestToken": "123Example", "pullRequestStatus": "OPEN", "creationDate": 1508962823.285 } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreatePullRequest」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-repository を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リポジトリを作成するには

この例では、リポジトリを作成し、ユーザーの AWS アカウントに関連付けます。

コマンド:

aws codecommit create-repository --repository-name MyDemoRepo --repository-description "My demonstration repository"

出力:

{ "repositoryMetadata": { "repositoryName": "MyDemoRepo", "cloneUrlSsh": "ssh://git-codecommit.us-east-1.amazonaws.com/v1/repos/MyDemoRepo", "lastModifiedDate": 1444766838.027, "repositoryDescription": "My demonstration repository", "cloneUrlHttp": "https://git-codecommit.us-east-1.amazonaws.com/v1/repos/MyDemoRepo", "repositoryId": "f7579e13-b83e-4027-aaef-650c0EXAMPLE", "Arn": "arn:aws:codecommit:us-east-1:111111111111EXAMPLE:MyDemoRepo", "accountId": "111111111111" } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateRepository」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-unreferenced-merge-commit を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

2 つのコミット指定子をマージした結果を表す参照されていないコミットを作成するには

次のcreate-unreferenced-merge-commit例では、 という名前のリポジトリで THREE_WAY_MERGE 戦略mainを使用して、 という名前の送信元ブランチbugfix-1234と という名前の送信先ブランチ間のマージの結果を表すコミットを作成しますMyDemoRepo

aws codecommit create-unreferenced-merge-commit \ --source-commit-specifier bugfix-1234 \ --destination-commit-specifier main \ --merge-option THREE_WAY_MERGE \ --repository-name MyDemoRepo \ --name "Maria Garcia" \ --email "maria_garcia@example.com" \ --commit-message "Testing the results of this merge."

出力:

{ "commitId": "4f178133EXAMPLE", "treeId": "389765daEXAMPLE" }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「プルリクエストの競合を解決する」を参照してください。 AWS CodeCommit

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateUnreferencedMergeCommit」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、credential-helper を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

CLI に含まれている認証情報ヘルパーを AWS でセットアップするには AWS CodeCommit

credential-helper ユーティリティは、 AWS CLI から直接呼び出すように設計されていません。代わりに、ローカルコンピュータをセットアップする git config コマンドのパラメータとして使用することを目的としています。これにより、Git は、 CodeCommit リポジトリとやり取り AWS するために で認証する必要があるときはいつでも、HTTPS と暗号化された署名付きの IAM ユーザー認証情報または Amazon EC2 インスタンスロールを使用できます。

git config --global credential.helper '!aws codecommit credential-helper $@' git config --global credential.UseHttpPath true

出力:

[credential] helper = !aws codecommit credential-helper $@ UseHttpPath = true

詳細については、「 AWS CodeCommit ユーザーガイド」の「他の方法 AWS CodeCommit を使用するための のセットアップ」を参照してください。コンテンツを慎重に確認してから、AWS CodeCommit 「 ユーザーガイド」の「Linux、macOS、または Unix での HTTPS 接続の場合」または「Windows での HTTPS 接続の場合」のいずれかのトピックの手順に従います。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCredentialHelper」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-approval-rule-template を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

承認ルールテンプレートを削除するには

次のdelete-approval-rule-template例では、指定された承認ルールテンプレートを削除します。

aws codecommit delete-approval-rule-template \ --approval-rule-template-name 1-approver-for-all-pull-requests

出力:

{ "approvalRuleTemplateId": "41de97b7-EXAMPLE" }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「承認ルールテンプレートの削除AWS CodeCommit 」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteApprovalRuleTemplate」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-branch を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ブランチを削除するには

この例では、 AWS CodeCommit リポジトリ内のブランチを削除する方法を示します。

コマンド:

aws codecommit delete-branch --repository-name MyDemoRepo --branch-name MyNewBranch

出力:

{ "branch": { "commitId": "317f8570EXAMPLE", "branchName": "MyNewBranch" } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteBranch」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-comment-content を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コメントの内容を削除するには

コメントを自分で作成した場合のみコメントのコンテンツを削除できます。この例では、システムによって生成された ID が のコメントのコンテンツを削除する方法を示しますff30b348EXAMPLEb9aa670f

aws codecommit delete-comment-content \ --comment-id ff30b348EXAMPLEb9aa670f

出力:

{ "comment": { "creationDate": 1508369768.142, "deleted": true, "lastModifiedDate": 1508369842.278, "clientRequestToken": "123Example", "commentId": "ff30b348EXAMPLEb9aa670f", "authorArn": "arn:aws:iam::111111111111:user/Li_Juan", "callerReactions": [], "reactionCounts": { "CLAP" : 1 } } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteCommentContent」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-file を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ファイルを削除するには

次のdelete-file例は、 という名前のリポジトリc5709475EXAMPLE内の という名前の最新のコミット ID mainを持つブランチREADME.mdから という名前のファイルを削除する方法を示していますMyDemoRepo

aws codecommit delete-file \ --repository-name MyDemoRepo \ --branch-name main \ --file-path README.md \ --parent-commit-id c5709475EXAMPLE

出力:

{ "blobId":"559b44fEXAMPLE", "commitId":"353cf655EXAMPLE", "filePath":"README.md", "treeId":"6bc824cEXAMPLE" }

詳細については、 AWS CodeCommit API リファレンスガイドの「 でファイルを編集または削除する AWS CodeCommit」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteFile」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-pull-request-approval-rule を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

プルリクエストの承認ルールを削除するには

次のdelete-pull-request-approval-rule例では、指定されたプルリクエストMy Approval Ruleの という名前の承認ルールを削除します。

aws codecommit delete-pull-request-approval-rule \ --approval-rule-name "My Approval Rule" \ --pull-request-id 15

出力:

{ "approvalRuleId": "077d8e8a8-EXAMPLE" }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「承認ルールの編集または削除AWS CodeCommit 」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeletePullRequestApprovalRule」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-repository を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リポジトリを削除するには

この例では、 AWS CodeCommit リポジトリを削除する方法を示します。

コマンド:

aws codecommit delete-repository --repository-name MyDemoRepo

出力:

{ "repositoryId": "f7579e13-b83e-4027-aaef-650c0EXAMPLE" }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteRepository」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、describe-merge-conflicts を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

マージの競合に関する詳細情報を取得するには

次のdescribe-merge-conflicts例では、THREE_WAY_MERGE 戦略を使用して、指定された送信元ブランチと送信先ブランチreadme.mdの という名前のファイルのマージ競合を決定します。

aws codecommit describe-merge-conflicts \ --source-commit-specifier feature-randomizationfeature \ --destination-commit-specifier main \ --merge-option THREE_WAY_MERGE \ --file-path readme.md \ --repository-name MyDemoRepo

出力:

{ "conflictMetadata": { "filePath": "readme.md", "fileSizes": { "source": 139, "destination": 230, "base": 85 }, "fileModes": { "source": "NORMAL", "destination": "NORMAL", "base": "NORMAL" }, "objectTypes": { "source": "FILE", "destination": "FILE", "base": "FILE" }, "numberOfConflicts": 1, "isBinaryFile": { "source": false, "destination": false, "base": false }, "contentConflict": true, "fileModeConflict": false, "objectTypeConflict": false, "mergeOperations": { "source": "M", "destination": "M" } }, "mergeHunks": [ { "isConflict": true, "source": { "startLine": 0, "endLine": 3, "hunkContent": "VGhpcyBpEXAMPLE=" }, "destination": { "startLine": 0, "endLine": 1, "hunkContent": "VXNlIHRoEXAMPLE=" } } ], "destinationCommitId": "86958e0aEXAMPLE", "sourceCommitId": "6ccd57fdEXAMPLE", "baseCommitId": "767b69580EXAMPLE" }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「プルリクエストの競合を解決する」を参照してください。 AWS CodeCommit

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeMergeConflicts」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、describe-pull-request-events を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

プルリクエストのイベントを表示するには

次のdescribe-pull-request-events例では、ID が「8」のプルリクエストのイベントを取得します。

aws codecommit describe-pull-request-events --pull-request-id 8

出力:

{ "pullRequestEvents": [ { "pullRequestId": "8", "pullRequestEventType": "PULL_REQUEST_CREATED", "eventDate": 1510341779.53, "actor": "arn:aws:iam::111111111111:user/Zhang_Wei" }, { "pullRequestStatusChangedEventMetadata": { "pullRequestStatus": "CLOSED" }, "pullRequestId": "8", "pullRequestEventType": "PULL_REQUEST_STATUS_CHANGED", "eventDate": 1510341930.72, "actor": "arn:aws:iam::111111111111:user/Jane_Doe" } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribePullRequestEvents」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、disassociate-approval-rule-template-from-repository を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

承認ルールテンプレートとリポジトリの関連付けを解除するには

次のdisassociate-approval-rule-template-from-repository例では、指定された承認ルールテンプレートと という名前のリポジトリの関連付けを解除しますMyDemoRepo

aws codecommit disassociate-approval-rule-template-from-repository \ --repository-name MyDemoRepo \ --approval-rule-template-name 1-approver-rule-for-all-pull-requests

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「 AWS CodeCommit ユーザーガイド」の「承認ルールテンプレートの関連付けを解除する」を参照してください。

次の例は、evaluate-pull-request-approval-rules を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

プルリクエストの承認ルールがすべて満たされているかどうかを評価するには

次のevaluate-pull-request-approval-rules例では、指定されたプルリクエストの承認ルールの状態を評価します。この例では、プルリクエストの承認ルールが満たされていないため、 コマンドの出力には approvedの値が表示されますfalse

aws codecommit evaluate-pull-request-approval-rules \ --pull-request-id 27 \ --revision-id 9f29d167EXAMPLE

出力:

{ "evaluation": { "approved": false, "approvalRulesNotSatisfied": [ "Require two approved approvers" ], "overridden": false, "approvalRulesSatisfied": [] } }

詳細については、「 AWS CodeCommit ユーザーガイド」の「プルリクエストをマージする」を参照してください。

次の例は、get-approval-rule-template を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

承認ルールテンプレートのコンテンツを取得するには

次のget-approval-rule-template例では、 という名前の承認規則テンプレートのコンテンツを取得します1-approver-rule-for-all-pull-requests

aws codecommit get-approval-rule-template \ --approval-rule-template-name 1-approver-rule-for-all-pull-requests

出力:

{ "approvalRuleTemplate": { "approvalRuleTemplateContent": "{\"Version\": \"2018-11-08\",\"Statements\": [{\"Type\": \"Approvers\",\"NumberOfApprovalsNeeded\": 1,\"ApprovalPoolMembers\": [\"arn:aws:sts::123456789012:assumed-role/CodeCommitReview/*\"]}]}", "ruleContentSha256": "621181bbEXAMPLE", "lastModifiedDate": 1571356106.936, "creationDate": 1571356106.936, "approvalRuleTemplateName": "1-approver-rule-for-all-pull-requests", "lastModifiedUser": "arn:aws:iam::123456789012:user/Li_Juan", "approvalRuleTemplateId": "a29abb15-EXAMPLE", "approvalRuleTemplateDescription": "All pull requests must be approved by one developer on the team." } }

詳細については、「 AWS CodeCommit ユーザーガイド」の「承認ルールテンプレートの管理」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetApprovalRuleTemplate」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-blob を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Git blob オブジェクトに関する情報を表示するには

次のget-blob例では、「」という名前の AWS CodeCommit リポジトリ内の「2eb4af3bEXAMPLE」という ID の Git blob に関する情報を取得しますMyDemoRepo。

aws codecommit get-blob --repository-name MyDemoRepo --blob-id 2eb4af3bEXAMPLE

出力:

{ "content": "QSBCaW5hcnkgTGFyToEXAMPLE=" }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetBlob」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-branch を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ブランチに関する情報を取得するには

この例では、 AWS CodeCommit リポジトリ内のブランチに関する情報を取得します。

コマンド:

aws codecommit get-branch --repository-name MyDemoRepo --branch-name MyNewBranch

出力:

{ "BranchInfo": { "commitID": "317f8570EXAMPLE", "branchName": "MyNewBranch" } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetBranch」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-comment-reactions を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コメントへの絵文字リアクションを表示するには

次のget-comment-reactions例では、 の ID を持つコメントに対するすべての絵文字リアクションを一覧表示しますabcd1234EXAMPLEb5678efgh。シェルのフォントが絵文字バージョン 1.0 の表示をサポートしている場合は、絵文字emojiの出力に が表示されます。

aws codecommit get-comment-reactions \ --comment-id abcd1234EXAMPLEb5678efgh

出力:

{ "reactionsForComment": { [ { "reaction": { "emoji:"??", "shortCode": "thumbsup", "unicode": "U+1F44D" }, "users": [ "arn:aws:iam::123456789012:user/Li_Juan", "arn:aws:iam::123456789012:user/Mary_Major", "arn:aws:iam::123456789012:user/Jorge_Souza" ] }, { "reaction": { "emoji": "??", "shortCode": "thumbsdown", "unicode": "U+1F44E" }, "users": [ "arn:aws:iam::123456789012:user/Nikhil_Jayashankar" ] }, { "reaction": { "emoji": "??", "shortCode": "confused", "unicode": "U+1F615" }, "users": [ "arn:aws:iam::123456789012:user/Saanvi_Sarkar" ] } ] } }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「 のコミットにコメント AWS CodeCommitAWS CodeCommit する」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetCommentReactions」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-comment を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コメントの詳細を表示するには

この例では、システムによって生成されたコメント ID が のコメントの詳細を表示する方法を示しますff30b348EXAMPLEb9aa670f

aws codecommit get-comment \ --comment-id ff30b348EXAMPLEb9aa670f

出力:

{ "comment": { "authorArn": "arn:aws:iam::111111111111:user/Li_Juan", "clientRequestToken": "123Example", "commentId": "ff30b348EXAMPLEb9aa670f", "content": "Whoops - I meant to add this comment to the line, but I don't see how to delete it.", "creationDate": 1508369768.142, "deleted": false, "commentId": "", "lastModifiedDate": 1508369842.278, "callerReactions": [], "reactionCounts": { "SMILE" : 6, "THUMBSUP" : 1 } } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetComment」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-comments-for-compared-commit を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コミットに関するコメントを表示するには

この例では、 という名前のリポジトリ内の 2 つのコミット間の比較に対して行われたコメントを表示する方法を示しますMyDemoRepo

aws codecommit get-comments-for-compared-commit \ --repository-name MyDemoRepo \ --before-commit-ID 6e147360EXAMPLE \ --after-commit-id 317f8570EXAMPLE

出力:

{ "commentsForComparedCommitData": [ { "afterBlobId": "1f330709EXAMPLE", "afterCommitId": "317f8570EXAMPLE", "beforeBlobId": "80906a4cEXAMPLE", "beforeCommitId": "6e147360EXAMPLE", "comments": [ { "authorArn": "arn:aws:iam::111111111111:user/Li_Juan", "clientRequestToken": "123Example", "commentId": "ff30b348EXAMPLEb9aa670f", "content": "Whoops - I meant to add this comment to the line, not the file, but I don't see how to delete it.", "creationDate": 1508369768.142, "deleted": false, "CommentId": "123abc-EXAMPLE", "lastModifiedDate": 1508369842.278, "callerReactions": [], "reactionCounts": { "SMILE" : 6, "THUMBSUP" : 1 } }, { "authorArn": "arn:aws:iam::111111111111:user/Li_Juan", "clientRequestToken": "123Example", "commentId": "553b509bEXAMPLE56198325", "content": "Can you add a test case for this?", "creationDate": 1508369612.240, "deleted": false, "commentId": "456def-EXAMPLE", "lastModifiedDate": 1508369612.240, "callerReactions": [], "reactionCounts": { "THUMBSUP" : 2 } } ], "location": { "filePath": "cl_sample.js", "filePosition": 1232, "relativeFileVersion": "after" }, "repositoryName": "MyDemoRepo" } ], "nextToken": "exampleToken" }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetCommentsForComparedCommit」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-comments-for-pull-request を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

プルリクエストのコメントを表示するには

この例では、 という名前のリポジトリでプルリクエストのコメントを表示する方法を示しますMyDemoRepo

aws codecommit get-comments-for-pull-request \ --repository-name MyDemoRepo \ --before-commit-ID 317f8570EXAMPLE \ --after-commit-id 5d036259EXAMPLE

出力:

{ "commentsForPullRequestData": [ { "afterBlobId": "1f330709EXAMPLE", "afterCommitId": "5d036259EXAMPLE", "beforeBlobId": "80906a4cEXAMPLE", "beforeCommitId": "317f8570EXAMPLE", "comments": [ { "authorArn": "arn:aws:iam::111111111111:user/Saanvi_Sarkar", "clientRequestToken": "", "commentId": "abcd1234EXAMPLEb5678efgh", "content": "These don't appear to be used anywhere. Can we remove them?", "creationDate": 1508369622.123, "deleted": false, "lastModifiedDate": 1508369622.123, "callerReactions": [], "reactionCounts": { "THUMBSUP" : 6, "CONFUSED" : 1 } }, { "authorArn": "arn:aws:iam::111111111111:user/Li_Juan", "clientRequestToken": "", "commentId": "442b498bEXAMPLE5756813", "content": "Good catch. I'll remove them.", "creationDate": 1508369829.104, "deleted": false, "lastModifiedDate": 150836912.273, "callerReactions": ["THUMBSUP"] "reactionCounts": { "THUMBSUP" : 14 } } ], "location": { "filePath": "ahs_count.py", "filePosition": 367, "relativeFileVersion": "AFTER" }, "repositoryName": "MyDemoRepo", "pullRequestId": "42" } ], "nextToken": "exampleToken" }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetCommentsForPullRequest」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-commit を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リポジトリ内のコミットに関する情報を表示するには

この例では、「」という名前の AWS CodeCommit リポジトリで、システム生成 ID が「7e9fd3091thisisanexamplethisisanexample1MyDemoRepo」のコミットに関する詳細を示します。

コマンド:

aws codecommit get-commit --repository-name MyDemoRepo --commit-id 7e9fd3091thisisanexamplethisisanexample1

出力:

{ "commit": { "additionalData": "", "committer": { "date": "1484167798 -0800", "name": "Mary Major", "email": "mary_major@example.com" }, "author": { "date": "1484167798 -0800", "name": "Mary Major", "email": "mary_major@example.com" }, "treeId": "347a3408thisisanexampletreeidexample", "parents": [ "7aa87a031thisisanexamplethisisanexample1" ], "message": "Fix incorrect variable name" } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetCommit」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-differences を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リポジトリ内のコミット指定子の違いに関する情報を取得するには

この例では、2 つのコミット指定子 (ブランチ、タグ、HEAD、またはコミット IDs) 間の変更に関するメタデータ情報を、 という名前の AWS CodeCommit リポジトリ内の名前変更フォルダに表示します MyDemoRepo。この例では、これらのオプションを使用して結果を制限する方法を明確にするために、--before-commit-specifier、-- before-path、--after-path など、必須ではないオプションがいくつか含まれています。レスポンスには、ファイルモードのアクセス許可が含まれます。

コマンド:

aws codecommit get-differences --repository-name MyDemoRepo --before-commit-specifier 955bba12thisisanexamplethisisanexample --after-commit-specifier 14a95463thisisanexamplethisisanexample --before-path tmp/example-folder --after-path tmp/renamed-folder

出力:

{ "differences": [ { "afterBlob": { "path": "blob.txt", "blobId": "2eb4af3b1thisisanexamplethisisanexample1", "mode": "100644" }, "changeType": "M", "beforeBlob": { "path": "blob.txt", "blobId": "bf7fcf281thisisanexamplethisisanexample1", "mode": "100644" } } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetDifferences」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-file を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

AWS CodeCommit リポジトリ内のファイルの base-64 でエンコードされたコンテンツを取得するには

次のget-file例は、 という名前のリポジトリ内の という名前のブランチREADME.mdから、 という名前のファイルの base-64 mainでエンコードされたコンテンツを取得する方法を示していますMyDemoRepo

aws codecommit get-file \ --repository-name MyDemoRepo \ --commit-specifier main \ --file-path README.md

出力:

{ "blobId":"559b44fEXAMPLE", "commitId":"c5709475EXAMPLE", "fileContent":"IyBQaHVzEXAMPLE", "filePath":"README.md", "fileMode":"NORMAL", "fileSize":1563 }

詳細については、 AWS CodeCommit API リファレンスガイドのGetFile「」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetFile」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-folder を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

AWS CodeCommit リポジトリ内のフォルダの内容を取得するには

次のget-folder例は、 という名前のリポジトリから最上位フォルダの内容を取得する方法を示していますMyDemoRepo

aws codecommit get-folder --repository-name MyDemoRepo --folder-path ""

出力:

{ "commitId":"c5709475EXAMPLE", "files":[ { "absolutePath":".gitignore", "blobId":"74094e8bEXAMPLE", "fileMode":"NORMAL", "relativePath":".gitignore" }, { "absolutePath":"Gemfile", "blobId":"9ceb72f6EXAMPLE", "fileMode":"NORMAL", "relativePath":"Gemfile" }, { "absolutePath":"Gemfile.lock", "blobId":"795c4a2aEXAMPLE", "fileMode":"NORMAL", "relativePath":"Gemfile.lock" }, { "absolutePath":"LICENSE.txt", "blobId":"0c7932c8EXAMPLE", "fileMode":"NORMAL", "relativePath":"LICENSE.txt" }, { "absolutePath":"README.md", "blobId":"559b44feEXAMPLE", "fileMode":"NORMAL", "relativePath":"README.md" } ], "folderPath":"", "subFolders":[ { "absolutePath":"public", "relativePath":"public", "treeId":"d5e92ae3aEXAMPLE" }, { "absolutePath":"tmp", "relativePath":"tmp", "treeId":"d564d0bcEXAMPLE" } ], "subModules":[], "symbolicLinks":[], "treeId":"7b3c4dadEXAMPLE" }

詳細については、 AWS CodeCommit API リファレンスガイドの GetFolder 「」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetFolder」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-merge-commit を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

マージコミットに関する詳細情報を取得するには

次のget-merge-commit例では、 という名前のリポジトリで THREE_WAY_MERGE 戦略mainを使用して、 という名前の送信元ブランチbugfix-bug1234と という名前の送信先ブランチのマージコミットに関する詳細を表示しますMyDemoRepo

aws codecommit get-merge-commit \ --source-commit-specifier bugfix-bug1234 \ --destination-commit-specifier main \ --merge-option THREE_WAY_MERGE \ --repository-name MyDemoRepo

出力:

{ "sourceCommitId": "c5709475EXAMPLE", "destinationCommitId": "317f8570EXAMPLE", "baseCommitId": "fb12a539EXAMPLE", "mergeCommitId": "ffc4d608eEXAMPLE" }

詳細については、「 AWS CodeCommit ユーザーガイド」の「コミットの詳細の表示」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetMergeCommit」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-merge-conflicts を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

プルリクエストにマージ競合があるかどうかを表示するには

次のget-merge-conflicts例では、 という名前の送信元ブランチのヒントfeature-randomizationfeatureと、 という名前のリポジトリ内の「main」という名前の送信先ブランチの間にマージ競合があるかどうかを示しますMyDemoRepo

aws codecommit get-merge-conflicts \ --repository-name MyDemoRepo \ --source-commit-specifier feature-randomizationfeature \ --destination-commit-specifier main \ --merge-option THREE_WAY_MERGE

出力:

{ "mergeable": false, "destinationCommitId": "86958e0aEXAMPLE", "sourceCommitId": "6ccd57fdEXAMPLE", "baseCommitId": "767b6958EXAMPLE", "conflictMetadataList": [ { "filePath": "readme.md", "fileSizes": { "source": 139, "destination": 230, "base": 85 }, "fileModes": { "source": "NORMAL", "destination": "NORMAL", "base": "NORMAL" }, "objectTypes": { "source": "FILE", "destination": "FILE", "base": "FILE" }, "numberOfConflicts": 1, "isBinaryFile": { "source": false, "destination": false, "base": false }, "contentConflict": true, "fileModeConflict": false, "objectTypeConflict": false, "mergeOperations": { "source": "M", "destination": "M" } } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetMergeConflicts」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-merge-options を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

2 つの指定されたブランチをマージするために使用できるマージオプションに関する情報を取得するには

次のget-merge-options例では、 という名前の送信元ブランチbugfix-bug1234と という名前のリポジトリmain内の という名前の送信先ブランチをマージするために使用できるマージオプションを決定しますMyDemoRepo

aws codecommit get-merge-options \ --source-commit-specifier bugfix-bug1234 \ --destination-commit-specifier main \ --repository-name MyDemoRepo

出力:

{ "mergeOptions": [ "FAST_FORWARD_MERGE", "SQUASH_MERGE", "THREE_WAY_MERGE" ], "sourceCommitId": "18059494EXAMPLE", "destinationCommitId": "ffd3311dEXAMPLE", "baseCommitId": "ffd3311dEXAMPLE" }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「プルリクエストの競合を解決する」を参照してください。 AWS CodeCommit

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetMergeOptions」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-pull-request-approval-states を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

プルリクエストの承認を表示するには

次のget-pull-request-approval-states例では、指定されたプルリクエストの承認を返します。

aws codecommit get-pull-request-approval-states \ --pull-request-id 8 \ --revision-id 9f29d167EXAMPLE

出力:

{ "approvals": [ { "userArn": "arn:aws:iam::123456789012:user/Mary_Major", "approvalState": "APPROVE" } ] }

詳細については、「 AWS CodeCommit ユーザーガイド」の「プルリクエストの表示」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetPullRequestApprovalStates」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-pull-request-override-state を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

プルリクエストの上書きステータスに関する情報を取得するには

次のget-pull-request-override-state例では、指定されたプルリクエストのオーバーライド状態を返します。この例では、プルリクエストの承認ルールが Mary Major という名前のユーザーによって上書きされたため、出力は の値を返しますtrue

aws codecommit get-pull-request-override-state \ --pull-request-id 34 \ --revision-id 9f29d167EXAMPLE

出力:

{ "overridden": true, "overrider": "arn:aws:iam::123456789012:user/Mary_Major" }

詳細については、「 AWS CodeCommit ユーザーガイド」の「プルリクエストの承認ルールを上書きする」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetPullRequestOverrideState」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-pull-request を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

プルリクエストの詳細を表示するには

この例では、 の ID を持つプルリクエストに関する情報を表示する方法を示します27

aws codecommit get-pull-request \ --pull-request-id 27

出力:

{ "pullRequest": { "approvalRules": [ { "approvalRuleContent": "{\"Version\": \"2018-11-08\",\"Statements\": [{\"Type\": \"Approvers\",\"NumberOfApprovalsNeeded\": 2,\"ApprovalPoolMembers\": [\"arn:aws:sts::123456789012:assumed-role/CodeCommitReview/*\"]}]}", "approvalRuleId": "dd8b17fe-EXAMPLE", "approvalRuleName": "2-approver-rule-for-main", "creationDate": 1571356106.936, "lastModifiedDate": 571356106.936, "lastModifiedUser": "arn:aws:iam::123456789012:user/Mary_Major", "ruleContentSha256": "4711b576EXAMPLE" } ], "lastActivityDate": 1562619583.565, "pullRequestTargets": [ { "sourceCommit": "ca45e279EXAMPLE", "sourceReference": "refs/heads/bugfix-1234", "mergeBase": "a99f5ddbEXAMPLE", "destinationReference": "refs/heads/main", "mergeMetadata": { "isMerged": false }, "destinationCommit": "2abfc6beEXAMPLE", "repositoryName": "MyDemoRepo" } ], "revisionId": "e47def21EXAMPLE", "title": "Quick fix for bug 1234", "authorArn": "arn:aws:iam::123456789012:user/Nikhil_Jayashankar", "clientRequestToken": "d8d7612e-EXAMPLE", "creationDate": 1562619583.565, "pullRequestId": "27", "pullRequestStatus": "OPEN" } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetPullRequest」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-repository-triggers を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リポジトリ内のトリガーに関する情報を取得するには

この例では、 という名前の AWS CodeCommit リポジトリ用に設定されたトリガーの詳細を示しますMyDemoRepo

aws codecommit get-repository-triggers \ --repository-name MyDemoRepo

出力:

{ "configurationId": "f7579e13-b83e-4027-aaef-650c0EXAMPLE", "triggers": [ { "destinationArn": "arn:aws:sns:us-east-1:111111111111:MyCodeCommitTopic", "branches": [ "main", "preprod" ], "name": "MyFirstTrigger", "customData": "", "events": [ "all" ] }, { "destinationArn": "arn:aws:lambda:us-east-1:111111111111:function:MyCodeCommitPythonFunction", "branches": [], "name": "MySecondTrigger", "customData": "EXAMPLE", "events": [ "all" ] } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetRepositoryTriggers」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-repository を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リポジトリに関する情報を取得するには

この例では、 AWS CodeCommit リポジトリの詳細を示します。

aws codecommit get-repository \ --repository-name MyDemoRepo

出力:

{ "repositoryMetadata": { "creationDate": 1429203623.625, "defaultBranch": "main", "repositoryName": "MyDemoRepo", "cloneUrlSsh": "ssh://git-codecommit.us-east-1.amazonaws.com/v1/repos/v1/repos/MyDemoRepo", "lastModifiedDate": 1430783812.0869999, "repositoryDescription": "My demonstration repository", "cloneUrlHttp": "https://codecommit.us-east-1.amazonaws.com/v1/repos/MyDemoRepo", "repositoryId": "f7579e13-b83e-4027-aaef-650c0EXAMPLE", "Arn": "arn:aws:codecommit:us-east-1:80398EXAMPLE:MyDemoRepo "accountId": "111111111111" } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetRepository」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-approval-rule-templates を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

AWS リージョンのすべての承認ルールテンプレートを一覧表示するには

次のlist-approval-rule-templates例では、指定したリージョンのすべての承認ルールテンプレートを一覧表示します。 AWS リージョンがパラメータとして指定されていない場合、コマンドは、コマンドの実行に使用される AWS CLI プロファイルで指定されたリージョンの承認ルールテンプレートを返します。

aws codecommit list-approval-rule-templates \ --region us-east-2

出力:

{ "approvalRuleTemplateNames": [ "2-approver-rule-for-main", "1-approver-rule-for-all-pull-requests" ] }

詳細については、「 AWS CodeCommit ユーザーガイド」の「承認ルールテンプレートの管理」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListApprovalRuleTemplates」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-associated-approval-rule-templates-for-repository を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リポジトリに関連付けられているすべてのテンプレートを一覧表示するには

次のlist-associated-approval-rule-templates-for-repository例では、 という名前のリポジトリに関連付けられているすべての承認ルールテンプレートを一覧表示しますMyDemoRepo

aws codecommit list-associated-approval-rule-templates-for-repository \ --repository-name MyDemoRepo

出力:

{ "approvalRuleTemplateNames": [ "2-approver-rule-for-main", "1-approver-rule-for-all-pull-requests" ] }

詳細については、「 AWS CodeCommit ユーザーガイド」の「承認ルールテンプレートの管理」を参照してください。

次の例は、list-branches を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ブランチ名のリストを表示するには

この例では、 AWS CodeCommit リポジトリ内のすべてのブランチ名を一覧表示します。

aws codecommit list-branches \ --repository-name MyDemoRepo

出力:

{ "branches": [ "MyNewBranch", "main" ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListBranches」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-pull-requests を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リポジトリ内のプルリクエストのリストを表示するには

この例では、「」という名前の AWS CodeCommit リポジトリで、ARN「arn:aws:iam::111111111111:user/Li_Juan」と「CLOSEDMyDemoRepo」のステータスを持つ IAM ユーザーによって作成されたプルリクエストを一覧表示する方法を示します。

aws codecommit list-pull-requests --author-arn arn:aws:iam::111111111111:user/Li_Juan --pull-request-status CLOSED --repository-name MyDemoRepo

出力:

{ "nextToken": "", "pullRequestIds": ["2","12","16","22","23","35","30","39","47"] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListPullRequests」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-repositories-for-approval-rule-template を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

テンプレートに関連付けられているすべてのリポジトリを一覧表示するには

次のlist-repositories-for-approval-rule-template例では、指定した承認ルールテンプレートに関連付けられているすべてのリポジトリを一覧表示します。

aws codecommit list-repositories-for-approval-rule-template \ --approval-rule-template-name 2-approver-rule-for-main

出力:

{ "repositoryNames": [ "MyDemoRepo", "MyClonedRepo" ] }

詳細については、「 AWS CodeCommit ユーザーガイド」の「承認ルールテンプレートの管理」を参照してください。

次の例は、list-repositories を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リポジトリのリストを表示するには

この例では、ユーザーの AWS アカウントに関連付けられているすべての AWS CodeCommit リポジトリを一覧表示します。

コマンド:

aws codecommit list-repositories

出力:

{ "repositories": [ { "repositoryName": "MyDemoRepo" "repositoryId": "f7579e13-b83e-4027-aaef-650c0EXAMPLE", }, { "repositoryName": "MyOtherDemoRepo" "repositoryId": "cfc29ac4-b0cb-44dc-9990-f6f51EXAMPLE" } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListRepositories」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-tags-for-resource を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リポジトリの AWS タグを表示するには

次のlist-tags-for-resource例では、指定したリポジトリのタグキーとタグ値を一覧表示します。

aws codecommit list-tags-for-resource \ --resource-arn arn:aws:codecommit:us-west-2:111111111111:MyDemoRepo

出力:

{ "tags": { "Status": "Secret", "Team": "Saanvi" } }

詳細については、「 AWS CodeCommit ユーザーガイド」の「リポジトリのタグを表示する」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListTagsForResource」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、merge-branches-by-fast-forward を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

早送りマージ戦略を使用して 2 つのブランチをマージするには

次のmerge-branches-by-fast-forward例では、指定された送信元ブランチを、 という名前のリポジトリ内の指定された送信先ブランチとマージしますMyDemoRepo

aws codecommit merge-branches-by-fast-forward \ --source-commit-specifier bugfix-bug1234 \ --destination-commit-specifier bugfix-bug1233 \ --repository-name MyDemoRepo

出力:

{ "commitId": "4f178133EXAMPLE", "treeId": "389765daEXAMPLE" }

詳細については、「 AWS CodeCommit ユーザーガイド」の「ブランチの比較とマージ」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスMergeBranchesByFastForward」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、merge-branches-by-squash を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

スカッシュマージ戦略を使用して 2 つのブランチをマージするには

次のmerge-branches-by-squash例では、指定された送信元ブランチを、 という名前のリポジトリ内の指定された送信先ブランチとマージしますMyDemoRepo

aws codecommit merge-branches-by-squash \ --source-commit-specifier bugfix-bug1234 \ --destination-commit-specifier bugfix-bug1233 \ --author-name "Maria Garcia" \ --email "maria_garcia@example.com" \ --commit-message "Merging two fix branches to prepare for a general patch." \ --repository-name MyDemoRepo

出力:

{ "commitId": "4f178133EXAMPLE", "treeId": "389765daEXAMPLE" }

詳細については、「 AWS CodeCommit ユーザーガイド」の「ブランチの比較とマージ」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスMergeBranchesBySquash」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、merge-branches-by-three-way を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

3 方向マージ戦略を使用して 2 つのブランチをマージするには

次のmerge-branches-by-three-way例では、指定された送信元ブランチを、 という名前のリポジトリ内の指定された送信先ブランチとマージしますMyDemoRepo

aws codecommit merge-branches-by-three-way \ --source-commit-specifier main \ --destination-commit-specifier bugfix-bug1234 \ --author-name "Jorge Souza" --email "jorge_souza@example.com" \ --commit-message "Merging changes from main to bugfix branch before additional testing." \ --repository-name MyDemoRepo

出力:

{ "commitId": "4f178133EXAMPLE", "treeId": "389765daEXAMPLE" }

詳細については、「 AWS CodeCommit ユーザーガイド」の「ブランチの比較とマージ」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスMergeBranchesByThreeWay」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、merge-pull-request-by-fast-forward を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

プルリクエストをマージしてクローズするには

この例では、 という名前のリポジトリで、ID が「47」、ソースコミット ID が「99132ab0EXAMPLE」のプルリクエストをマージしてクローズする方法を示しますMyDemoRepo

aws codecommit merge-pull-request-by-fast-forward \ --pull-request-id 47 \ --source-commit-id 99132ab0EXAMPLE \ --repository-name MyDemoRepo

出力:

{ "pullRequest": { "approvalRules": [ { "approvalRuleContent": "{\"Version\": \"2018-11-08\",\"Statements\": [{\"Type\": \"Approvers\",\"NumberOfApprovalsNeeded\": 1,\"ApprovalPoolMembers\": [\"arn:aws:sts::123456789012:assumed-role/CodeCommitReview/*\"]}]}", "approvalRuleId": "dd8b17fe-EXAMPLE", "approvalRuleName": "I want one approver for this pull request", "creationDate": 1571356106.936, "lastModifiedDate": 571356106.936, "lastModifiedUser": "arn:aws:iam::123456789012:user/Mary_Major", "ruleContentSha256": "4711b576EXAMPLE" } ], "authorArn": "arn:aws:iam::123456789012:user/Li_Juan", "clientRequestToken": "", "creationDate": 1508530823.142, "description": "Review the latest changes and updates to the global variables", "lastActivityDate": 1508887223.155, "pullRequestId": "47", "pullRequestStatus": "CLOSED", "pullRequestTargets": [ { "destinationCommit": "9f31c968EXAMPLE", "destinationReference": "refs/heads/main", "mergeMetadata": { "isMerged": true, "mergedBy": "arn:aws:iam::123456789012:user/Mary_Major" }, "repositoryName": "MyDemoRepo", "sourceCommit": "99132ab0EXAMPLE", "sourceReference": "refs/heads/variables-branch" } ], "title": "Consolidation of global variables" } }

詳細については、「 AWS CodeCommit ユーザーガイド」の「プルリクエストをマージする」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスMergePullRequestByFastForward」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、merge-pull-request-by-squash を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

スカッシュマージ戦略を使用してプルリクエストをマージするには

次のmerge-pull-request-by-squash例では、 という名前のリポジトリで ACCEPT_SOURCE の競合解決戦略を使用して、指定されたプルリクエストをマージおよびクローズしますMyDemoRepo

aws codecommit merge-pull-request-by-squash \ --pull-request-id 47 \ --source-commit-id 99132ab0EXAMPLE \ --repository-name MyDemoRepo \ --conflict-detail-level LINE_LEVEL \ --conflict-resolution-strategy ACCEPT_SOURCE \ --name "Jorge Souza" --email "jorge_souza@example.com" \ --commit-message "Merging pull request 47 by squash and accepting source in merge conflicts"

出力:

{ "pullRequest": { "approvalRules": [ { "approvalRuleContent": "{\"Version\": \"2018-11-08\",\"DestinationReferences\": [\"refs/heads/main\"],\"Statements\": [{\"Type\": \"Approvers\",\"NumberOfApprovalsNeeded\": 2,\"ApprovalPoolMembers\": [\"arn:aws:sts::123456789012:assumed-role/CodeCommitReview/*\"]}]}", "approvalRuleId": "dd8b17fe-EXAMPLE", "approvalRuleName": "2-approver-rule-for-main", "creationDate": 1571356106.936, "lastModifiedDate": 571356106.936, "lastModifiedUser": "arn:aws:iam::123456789012:user/Mary_Major", "originApprovalRuleTemplate": { "approvalRuleTemplateId": "dd8b17fe-EXAMPLE", "approvalRuleTemplateName": "2-approver-rule-for-main" }, "ruleContentSha256": "4711b576EXAMPLE" } ], "authorArn": "arn:aws:iam::123456789012:user/Li_Juan", "clientRequestToken": "", "creationDate": 1508530823.142, "description": "Review the latest changes and updates to the global variables", "lastActivityDate": 1508887223.155, "pullRequestId": "47", "pullRequestStatus": "CLOSED", "pullRequestTargets": [ { "destinationCommit": "9f31c968EXAMPLE", "destinationReference": "refs/heads/main", "mergeMetadata": { "isMerged": true, "mergedBy": "arn:aws:iam::123456789012:user/Mary_Major" }, "repositoryName": "MyDemoRepo", "sourceCommit": "99132ab0EXAMPLE", "sourceReference": "refs/heads/variables-branch" } ], "title": "Consolidation of global variables" } }

詳細については、「 AWS CodeCommit ユーザーガイド」の「プルリクエストをマージする」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスMergePullRequestBySquash」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、merge-pull-request-by-three-way を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

3 方向マージ戦略を使用してプルリクエストをマージするには

次のmerge-pull-request-by-three-way例では、 という名前のリポジトリで、競合の詳細と競合解決戦略のデフォルトオプションを使用して、指定されたプルリクエストをマージおよびクローズしますMyDemoRepo

aws codecommit merge-pull-request-by-three-way \ --pull-request-id 47 \ --source-commit-id 99132ab0EXAMPLE \ --repository-name MyDemoRepo \ --name "Maria Garcia" \ --email "maria_garcia@example.com" \ --commit-message "Merging pull request 47 by three-way with default options"

出力:

{ "pullRequest": { "approvalRules": [ { "approvalRuleContent": "{\"Version\": \"2018-11-08\",\"DestinationReferences\": [\"refs/heads/main\"],\"Statements\": [{\"Type\": \"Approvers\",\"NumberOfApprovalsNeeded\": 2,\"ApprovalPoolMembers\": [\"arn:aws:sts::123456789012:assumed-role/CodeCommitReview/*\"]}]}", "approvalRuleId": "dd8b17fe-EXAMPLE", "approvalRuleName": "2-approver-rule-for-main", "creationDate": 1571356106.936, "lastModifiedDate": 571356106.936, "lastModifiedUser": "arn:aws:iam::123456789012:user/Mary_Major", "originApprovalRuleTemplate": { "approvalRuleTemplateId": "dd8b17fe-EXAMPLE", "approvalRuleTemplateName": "2-approver-rule-for-main" }, "ruleContentSha256": "4711b576EXAMPLE" } ], "authorArn": "arn:aws:iam::123456789012:user/Li_Juan", "clientRequestToken": "", "creationDate": 1508530823.142, "description": "Review the latest changes and updates to the global variables", "lastActivityDate": 1508887223.155, "pullRequestId": "47", "pullRequestStatus": "CLOSED", "pullRequestTargets": [ { "destinationCommit": "9f31c968EXAMPLE", "destinationReference": "refs/heads/main", "mergeMetadata": { "isMerged": true, "mergedBy": "arn:aws:iam::123456789012:user/Mary_Major" }, "repositoryName": "MyDemoRepo", "sourceCommit": "99132ab0EXAMPLE", "sourceReference": "refs/heads/variables-branch" } ], "title": "Consolidation of global variables" } }

詳細については、「 AWS CodeCommit ユーザーガイド」の「プルリクエストをマージする」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスMergePullRequestByThreeWay」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、override-pull-request-approval-rules を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

プルリクエストの承認ルール要件を上書きするには

次のoverride-pull-request-approval-rules例では、指定されたプルリクエストの承認ルールを上書きします。代わりにオーバーライドを取り消すには、 --override-statusパラメータ値を に設定しますREVOKE

aws codecommit override-pull-request-approval-rules \ --pull-request-id 34 \ --revision-id 927df8d8EXAMPLE \ --override-status OVERRIDE

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「 AWS CodeCommit ユーザーガイド」の「プルリクエストの承認ルールを上書きする」を参照してください。

次の例は、post-comment-for-compared-commit を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コミットにコメントを作成するには

この例では、 という名前のリポジトリ内の 2 つのコミット間の比較で、変更"Can you add a test case for this?"に対するコメントを cl_sample.js ファイルに追加する方法を示しますMyDemoRepo

aws codecommit post-comment-for-compared-commit \ --repository-name MyDemoRepo \ --before-commit-id 317f8570EXAMPLE \ --after-commit-id 5d036259EXAMPLE \ --client-request-token 123Example \ --content "Can you add a test case for this?" \ --location filePath=cl_sample.js,filePosition=1232,relativeFileVersion=AFTER

出力:

{ "afterBlobId": "1f330709EXAMPLE", "afterCommitId": "317f8570EXAMPLE", "beforeBlobId": "80906a4cEXAMPLE", "beforeCommitId": "6e147360EXAMPLE", "comment": { "authorArn": "arn:aws:iam::111111111111:user/Li_Juan", "clientRequestToken": "", "commentId": "553b509bEXAMPLE56198325", "content": "Can you add a test case for this?", "creationDate": 1508369612.203, "deleted": false, "commentId": "abc123-EXAMPLE", "lastModifiedDate": 1508369612.203, "callerReactions": [], "reactionCounts": [] }, "location": { "filePath": "cl_sample.js", "filePosition": 1232, "relativeFileVersion": "AFTER" , "repositoryName": "MyDemoRepo" } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスPostCommentForComparedCommit」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、post-comment-for-pull-request を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

プルリクエストにコメントを追加するには

次のpost-comment-for-pull-request例では、「これらはどこにも使用されていないように見えます。削除できますか。」 という名前のリポジトリで ID が のプルリクエスト47ahs_count.py ファイルへの変更MyDemoRepo

aws codecommit post-comment-for-pull-request \ --pull-request-id "47" \ --repository-name MyDemoRepo \ --before-commit-id 317f8570EXAMPLE \ --after-commit-id 5d036259EXAMPLE \ --client-request-token 123Example \ --content "These don't appear to be used anywhere. Can we remove them?" \ --location filePath=ahs_count.py,filePosition=367,relativeFileVersion=AFTER

出力:

{ "afterBlobId": "1f330709EXAMPLE", "afterCommitId": "5d036259EXAMPLE", "beforeBlobId": "80906a4cEXAMPLE", "beforeCommitId": "317f8570EXAMPLE", "comment": { "authorArn": "arn:aws:iam::111111111111:user/Saanvi_Sarkar", "clientRequestToken": "123Example", "commentId": "abcd1234EXAMPLEb5678efgh", "content": "These don't appear to be used anywhere. Can we remove them?", "creationDate": 1508369622.123, "deleted": false, "CommentId": "", "lastModifiedDate": 1508369622.123, "callerReactions": [], "reactionCounts": [] }, "location": { "filePath": "ahs_count.py", "filePosition": 367, "relativeFileVersion": "AFTER" }, "repositoryName": "MyDemoRepo", "pullRequestId": "47" }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスPostCommentForPullRequest」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、post-comment-reply を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コミットまたはプルリクエストに対するコメントに返信するには

この例では、システムによって生成された ID が のコメント"Good catch. I'll remove them."に返信を追加する方法を示しますabcd1234EXAMPLEb5678efgh

aws codecommit post-comment-reply \ --in-reply-to abcd1234EXAMPLEb5678efgh \ --content "Good catch. I'll remove them." \ --client-request-token 123Example

出力:

{ "comment": { "authorArn": "arn:aws:iam::111111111111:user/Li_Juan", "clientRequestToken": "123Example", "commentId": "442b498bEXAMPLE5756813", "content": "Good catch. I'll remove them.", "creationDate": 1508369829.136, "deleted": false, "CommentId": "abcd1234EXAMPLEb5678efgh", "lastModifiedDate": 150836912.221, "callerReactions": [], "reactionCounts": [] } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスPostCommentReply」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、put-comment-reaction を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コミットに対するコメントに絵文字で返信するには

次のput-comment-reaction例では、絵文字リアクション値が の ID abcd1234EXAMPLEb5678efghのコメントに返信します:thumbsup:

aws codecommit put-comment-reaction \ --comment-id abcd1234EXAMPLEb5678efgh \ --reaction-value :thumbsup:

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「 ユーザーガイド」の「 のコミットにコメント AWS CodeCommitAWS CodeCommit する」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスPutCommentReaction」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、put-file を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リポジトリにファイルを追加するには

次のput-file例では、ExampleSolution「.py」という名前のリポジトリMyDemoRepoを「feature-randomizationfeature」という名前のブランチに追加します。最新のコミットの ID は「4c925148EXAMPLE」です。

aws codecommit put-file \ --repository-name MyDemoRepo \ --branch-name feature-randomizationfeature \ --file-content file://MyDirectory/ExampleSolution.py \ --file-path /solutions/ExampleSolution.py \ --parent-commit-id 4c925148EXAMPLE \ --name "Maria Garcia" \ --email "maria_garcia@example.com" \ --commit-message "I added a third randomization routine."

出力:

{ "blobId": "2eb4af3bEXAMPLE", "commitId": "317f8570EXAMPLE", "treeId": "347a3408EXAMPLE" }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスPutFile」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、put-repository-triggers を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リポジトリでトリガーを追加または更新するには

この例では、 という名前のリポジトリのすべてのトリガーの構造を含む、作成済みの JSON ファイル (ここでは MyTriggers.json) を使用して、MySecondTriggerMyFirstTrigger「」と「」という名前のトリガーを更新する方法を示します MyDemoRepo。既存のトリガーの JSON を取得する方法については、 get-repository-triggers コマンドを参照してください。

aws codecommit put-repository-triggers \ --repository-name MyDemoRepo file://MyTriggers.json

MyTriggers.json の内容:

{ "repositoryName": "MyDemoRepo", "triggers": [ { "destinationArn": "arn:aws:sns:us-east-1:80398EXAMPLE:MyCodeCommitTopic", "branches": [ "main", "preprod" ], "name": "MyFirstTrigger", "customData": "", "events": [ "all" ] }, { "destinationArn": "arn:aws:lambda:us-east-1:111111111111:function:MyCodeCommitPythonFunction", "branches": [], "name": "MySecondTrigger", "customData": "EXAMPLE", "events": [ "all" ] } ] }

出力:

{ "configurationId": "6fa51cd8-35c1-EXAMPLE" }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスPutRepositoryTriggers」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、tag-resource を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

既存のリポジトリに AWS タグを追加するには

次のtag-resource例では、指定したリポジトリに 2 つのタグを付けます。

aws codecommit tag-resource \ --resource-arn arn:aws:codecommit:us-west-2:111111111111:MyDemoRepo \ --tags Status=Secret,Team=Saanvi

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「 ユーザーガイド」の「リポジトリにタグを追加する」を参照してください。 AWS CodeCommit

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスTagResource」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、test-repository-triggers を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リポジトリでトリガーをテストするには

この例では、 という名前の AWS CodeCommit リポジトリでMyFirstTrigger「」という名前のトリガーをテストする方法を示します MyDemoRepo。この例では、 リポジトリ内のイベントは、Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) トピックからの通知をトリガーします。

コマンド:

aws codecommit test-repository-triggers --repository-name MyDemoRepo --triggers name=MyFirstTrigger,destinationArn=arn:aws:sns:us-east-1:111111111111:MyCodeCommitTopic,branches=mainline,preprod,events=all

出力:

{ "successfulExecutions": [ "MyFirstTrigger" ], "failedExecutions": [] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスTestRepositoryTriggers」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、untag-resource を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リポジトリから AWS タグを削除するには

次のuntag-resource例では、指定されたキーを持つタグを という名前のリポジトリから削除しますMyDemoRepo

aws codecommit untag-resource \ --resource-arn arn:aws:codecommit:us-west-2:111111111111:MyDemoRepo \ --tag-keys Status

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「 ユーザーガイド」の「リポジトリからタグを削除する」を参照してください。 AWS CodeCommit

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUntagResource」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-approval-rule-template-content を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

承認ルールテンプレートの内容を更新するには

次のupdate-approval-rule-template-content例では、指定された承認ルールテンプレートの内容を変更して、 のロールを引き受けるユーザーに承認プールを再定義しますCodeCommitReview

aws codecommit update-approval-rule-template-content \ --approval-rule-template-name 1-approver-rule \ --new-rule-content "{\"Version\": \"2018-11-08\",\"DestinationReferences\": [\"refs/heads/main\"],\"Statements\": [{\"Type\": \"Approvers\",\"NumberOfApprovalsNeeded\": 2,\"ApprovalPoolMembers\": [\"arn:aws:sts::123456789012:assumed-role/CodeCommitReview/*\"]}]}"

出力:

{ "approvalRuleTemplate": { "creationDate": 1571352720.773, "approvalRuleTemplateDescription": "Requires 1 approval for all pull requests from the CodeCommitReview pool", "lastModifiedDate": 1571358728.41, "approvalRuleTemplateId": "41de97b7-EXAMPLE", "approvalRuleTemplateContent": "{\"Version\": \"2018-11-08\",\"Statements\": [{\"Type\": \"Approvers\",\"NumberOfApprovalsNeeded\": 1,\"ApprovalPoolMembers\": [\"arn:aws:sts::123456789012:assumed-role/CodeCommitReview/*\"]}]}", "approvalRuleTemplateName": "1-approver-rule-for-all-pull-requests", "ruleContentSha256": "2f6c21a5EXAMPLE", "lastModifiedUser": "arn:aws:iam::123456789012:user/Li_Juan" } }

詳細については、「 AWS CodeCommit ユーザーガイド」の「承認ルールテンプレートの管理」を参照してください。

次の例は、update-approval-rule-template-description を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

承認ルールテンプレートの説明を更新するには

次のupdate-approval-rule-template-description例では、指定された承認ルールテンプレートの説明を に変更しますRequires 1 approval for all pull requests from the CodeCommitReview pool

aws codecommit update-approval-rule-template-description \ --approval-rule-template-name 1-approver-rule-for-all-pull-requests \ --approval-rule-template-description "Requires 1 approval for all pull requests from the CodeCommitReview pool"

出力:

{ "approvalRuleTemplate": { "creationDate": 1571352720.773, "approvalRuleTemplateDescription": "Requires 1 approval for all pull requests from the CodeCommitReview pool", "lastModifiedDate": 1571358728.41, "approvalRuleTemplateId": "41de97b7-EXAMPLE", "approvalRuleTemplateContent": "{\"Version\": \"2018-11-08\",\"Statements\": [{\"Type\": \"Approvers\",\"NumberOfApprovalsNeeded\": 1,\"ApprovalPoolMembers\": [\"arn:aws:sts::123456789012:assumed-role/CodeCommitReview/*\"]}]}", "approvalRuleTemplateName": "1-approver-rule-for-all-pull-requests", "ruleContentSha256": "2f6c21a5EXAMPLE", "lastModifiedUser": "arn:aws:iam::123456789012:user/Li_Juan" } }

詳細については、「 AWS CodeCommit ユーザーガイド」の「承認ルールテンプレートの管理」を参照してください。

次の例は、update-approval-rule-template-name を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

承認ルールテンプレートの名前を更新するには

次のupdate-approval-rule-template-name例では、承認ルールテンプレートの名前を から 1-approver-rule 1approver-rule-for-all-pull-requests` に変更します。

aws codecommit update-approval-rule-template-name \ --old-approval-rule-template-name 1-approver-rule \ --new-approval-rule-template-name 1-approver-rule-for-all-pull-requests

出力:

{ "approvalRuleTemplate": { "approvalRuleTemplateName": "1-approver-rule-for-all-pull-requests", "lastModifiedDate": 1571358241.619, "approvalRuleTemplateId": "41de97b7-EXAMPLE", "approvalRuleTemplateContent": "{\"Version\": \"2018-11-08\",\"Statements\": [{\"Type\": \"Approvers\",\"NumberOfApprovalsNeeded\": 1,\"ApprovalPoolMembers\": [\"arn:aws:sts::123456789012:assumed-role/CodeCommitReview/*\"]}]}", "creationDate": 1571352720.773, "lastModifiedUser": "arn:aws:iam::123456789012:user/Mary_Major", "approvalRuleTemplateDescription": "All pull requests must be approved by one developer on the team.", "ruleContentSha256": "2f6c21a5cEXAMPLE" } }

詳細については、「 AWS CodeCommit ユーザーガイド」の「承認ルールテンプレートの管理」を参照してください。

次の例は、update-comment を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コミットに対するコメントを更新するには

この例では、ID が のコメント"Fixed as requested. I'll update the pull request."にコンテンツを追加する方法を示します442b498bEXAMPLE5756813

aws codecommit update-comment \ --comment-id 442b498bEXAMPLE5756813 \ --content "Fixed as requested. I'll update the pull request."

出力:

{ "comment": { "authorArn": "arn:aws:iam::111111111111:user/Li_Juan", "clientRequestToken": "", "commentId": "442b498bEXAMPLE5756813", "content": "Fixed as requested. I'll update the pull request.", "creationDate": 1508369929.783, "deleted": false, "lastModifiedDate": 1508369929.287, "callerReactions": [], "reactionCounts": { "THUMBSUP" : 2 } } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateComment」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-default-branch を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リポジトリのデフォルトブランチを変更するには

この例では、 AWS CodeCommit リポジトリのデフォルトブランチを変更します。このコマンドは、エラーがある場合にのみ出力を生成します。

コマンド:

aws codecommit update-default-branch --repository-name MyDemoRepo --default-branch-name MyNewBranch

出力:

None.
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateDefaultBranch」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-pull-request-approval-rule-content を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

プルリクエストの承認ルールを編集するには

次のupdate-pull-request-approval-rule-content例では、承認ルールを指定して、123456789012 AWS アカウント内の任意の IAM ユーザーを含む承認プールから 1 人のユーザー承認を要求します。

aws codecommit update-pull-request-approval-rule-content \ --pull-request-id 27 \ --approval-rule-name "Require two approved approvers" \ --approval-rule-content "{Version: 2018-11-08, Statements: [{Type: \"Approvers\", NumberOfApprovalsNeeded: 1, ApprovalPoolMembers:[\"CodeCommitApprovers:123456789012:user/*\"]}]}}"

出力:

{ "approvalRule": { "approvalRuleContent": "{Version: 2018-11-08, Statements: [{Type: \"Approvers\", NumberOfApprovalsNeeded: 1, ApprovalPoolMembers:[\"CodeCommitApprovers:123456789012:user/*\"]}]}}", "approvalRuleId": "aac33506-EXAMPLE", "originApprovalRuleTemplate": {}, "creationDate": 1570752871.932, "lastModifiedDate": 1570754058.333, "approvalRuleName": Require two approved approvers", "lastModifiedUser": "arn:aws:iam::123456789012:user/Mary_Major", "ruleContentSha256": "cd93921cEXAMPLE", } }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「承認ルールの編集または削除AWS CodeCommit 」を参照してください。

次の例は、update-pull-request-approval-state を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

プルリクエストの承認を承認または取り消すには

次のupdate-pull-request-approval-state例では、 の ID 27と のリビジョン ID を持つプルリクエストを承認します9f29d167EXAMPLE。代わりに承認を取り消す場合は、--approval-stateパラメータ値を に設定しますREVOKE

aws codecommit update-pull-request-approval-state \ --pull-request-id 27 \ --revision-id 9f29d167EXAMPLE \ --approval-state "APPROVE"

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「 ユーザーガイド」の「プルリクエストの確認」を参照してください。 AWS CodeCommit

次の例は、update-pull-request-description を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

プルリクエストの説明を変更するには

この例では、ID が のプルリクエストの説明を変更する方法を示します47

aws codecommit update-pull-request-description \ --pull-request-id 47 \ --description "Updated the pull request to remove unused global variable."

出力:

{ "pullRequest": { "authorArn": "arn:aws:iam::111111111111:user/Li_Juan", "clientRequestToken": "", "creationDate": 1508530823.155, "description": "Updated the pull request to remove unused global variable.", "lastActivityDate": 1508372423.204, "pullRequestId": "47", "pullRequestStatus": "OPEN", "pullRequestTargets": [ { "destinationCommit": "9f31c968EXAMPLE", "destinationReference": "refs/heads/main", "mergeMetadata": { "isMerged": false, }, "repositoryName": "MyDemoRepo", "sourceCommit": "99132ab0EXAMPLE", "sourceReference": "refs/heads/variables-branch" } ], "title": "Consolidation of global variables" } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdatePullRequestDescription」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-pull-request-status を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

プルリクエストのステータスを変更するには

この例では、ID が のプルリクエストのステータスを42、 という名前の AWS CodeCommit リポジトリCLOSEDの ステータスに変更する方法を示しますMyDemoRepo

aws codecommit update-pull-request-status \ --pull-request-id 42 \ --pull-request-status CLOSED

出力:

{ "pullRequest": { "approvalRules": [ { "approvalRuleContent": "{\"Version\": \"2018-11-08\",\"Statements\": [{\"Type\": \"Approvers\",\"NumberOfApprovalsNeeded\": 2,\"ApprovalPoolMembers\": [\"arn:aws:sts::123456789012:assumed-role/CodeCommitReview/*\"]}]}", "approvalRuleId": "dd8b17fe-EXAMPLE", "approvalRuleName": "2-approvers-needed-for-this-change", "creationDate": 1571356106.936, "lastModifiedDate": 571356106.936, "lastModifiedUser": "arn:aws:iam::123456789012:user/Mary_Major", "ruleContentSha256": "4711b576EXAMPLE" } ], "authorArn": "arn:aws:iam::123456789012:user/Li_Juan", "clientRequestToken": "", "creationDate": 1508530823.165, "description": "Updated the pull request to remove unused global variable.", "lastActivityDate": 1508372423.12, "pullRequestId": "47", "pullRequestStatus": "CLOSED", "pullRequestTargets": [ { "destinationCommit": "9f31c968EXAMPLE", "destinationReference": "refs/heads/main", "mergeMetadata": { "isMerged": false, }, "repositoryName": "MyDemoRepo", "sourceCommit": "99132ab0EXAMPLE", "sourceReference": "refs/heads/variables-branch" } ], "title": "Consolidation of global variables" } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdatePullRequestStatus」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-pull-request-title を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

プルリクエストのタイトルを変更するには

この例では、ID が のプルリクエストのタイトルを変更する方法を示します47

aws codecommit update-pull-request-title \ --pull-request-id 47 \ --title "Consolidation of global variables - updated review"

出力:

{ "pullRequest": { "approvalRules": [ { "approvalRuleContent": "{\"Version\": \"2018-11-08\",\"DestinationReferences\": [\"refs/heads/main\"],\"Statements\": [{\"Type\": \"Approvers\",\"NumberOfApprovalsNeeded\": 2,\"ApprovalPoolMembers\": [\"arn:aws:sts::123456789012:assumed-role/CodeCommitReview/*\"]}]}", "approvalRuleId": "dd8b17fe-EXAMPLE", "approvalRuleName": "2-approver-rule-for-main", "creationDate": 1571356106.936, "lastModifiedDate": 571356106.936, "lastModifiedUser": "arn:aws:iam::123456789012:user/Mary_Major", "originApprovalRuleTemplate": { "approvalRuleTemplateId": "dd8b26gr-EXAMPLE", "approvalRuleTemplateName": "2-approver-rule-for-main" }, "ruleContentSha256": "4711b576EXAMPLE" } ], "authorArn": "arn:aws:iam::123456789012:user/Li_Juan", "clientRequestToken": "", "creationDate": 1508530823.12, "description": "Review the latest changes and updates to the global variables. I have updated this request with some changes, including removing some unused variables.", "lastActivityDate": 1508372657.188, "pullRequestId": "47", "pullRequestStatus": "OPEN", "pullRequestTargets": [ { "destinationCommit": "9f31c968EXAMPLE", "destinationReference": "refs/heads/main", "mergeMetadata": { "isMerged": false, }, "repositoryName": "MyDemoRepo", "sourceCommit": "99132ab0EXAMPLE", "sourceReference": "refs/heads/variables-branch" } ], "title": "Consolidation of global variables - updated review" } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdatePullRequestTitle」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-repository-description を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リポジトリの説明を変更するには

この例では、 AWS CodeCommit リポジトリの説明を変更します。このコマンドは、エラーがある場合にのみ出力を生成します。

コマンド:

aws codecommit update-repository-description --repository-name MyDemoRepo --repository-description "This description was changed"

出力:

None.
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateRepositoryDescription」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-repository-name を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リポジトリの名前を変更するには

この例では、 AWS CodeCommit リポジトリの名前を変更します。このコマンドは、エラーがある場合にのみ出力を生成します。 AWS CodeCommit リポジトリの名前を変更すると、ユーザーがリポジトリに接続するために必要な SSH および HTTPS URLs が変更されます。ユーザーは、接続設定を更新するまでこのリポジトリに接続できなくなります。また、リポジトリの ARN が変更されるため、リポジトリ名を変更すると、このリポジトリの ARN に依存するすべての IAM ユーザーポリシーが無効になります。

コマンド:

aws codecommit update-repository-name --old-name MyDemoRepo --new-name MyRenamedDemoRepo

出力:

None.
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateRepositoryName」の「」を参照してください。 AWS CLI