Git 認証情報を使用して開発ツールからの接続を設定する - AWS CodeCommit

Git 認証情報を使用して開発ツールからの接続を設定する

IAM コンソールで AWS CodeCommit 用の Git 認証情報を設定したら、これらの認証情報を Git 認証情報をサポートする開発ツールで使用できます。例えば、AWS Cloud9、Visual Studio、Eclipse、Xcode、IntelliJ、または Git 認証情報を統合する統合開発環境 (IDE) の CodeCommit リポジトリへのアクセスを設定できます。アクセスを設定した後は、コードを編集し、変更をコミットし、IDE や他の開発ツールから直接プッシュすることができます。

注記

フェデレーションアクセス、一時的な認証情報、またはウェブ ID プロバイダーを使用して CodeCommit リポジトリにアクセスする場合は、Git 認証情報を使用できません。git-remote-codecommit コマンドを使用してローカルコンピュータを設定することをお勧めします。ただし、すべての IDE が git-remote-codecommit などの Git リモートヘルパーと完全に互換性があるわけではありません。問題が発生した場合は、git-remote-codecommit および のトラブルシューティングAWS CodeCommit を参照してください。

CodeCommit リポジトリに接続するために使用するユーザー名とパスワードを IDE または開発ツールから求められたら、IAM で作成した [User name] (ユーザー名) と [Password] (パスワード) の Git 認証情報を入力します。例えば、Eclipse でユーザー名とパスワードを求められた場合、次のように Git の認証情報を指定できます。


            Eclipse における CodeCommit リポジトリの Git 認証情報の提供

CodeCommit の AWS リージョン とエンドポイントの詳細については、リージョンと Git 接続エンドポイント を参照してください。

ユーザー名とパスワードを保存するためのオペレーティングシステムからのプロンプトが表示される場合もあります。例えば、Windows では、次のように Git 認証情報を入力します。


            Windows のセキュリティプロンプト

特定のソフトウェアプログラムまたは開発ツール用の Git 認証情報の設定の詳細については、製品ドキュメントを参照してください。

以下は、IDE の包括的なリストではありません。リンクは、ツールの詳細を知るのに役立てることのみを目的として提供されています。AWS は、これらのトピックの内容については責任を負いません。