CodePipeline との一般的な統合 - AWS CodePipeline

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

CodePipeline との一般的な統合

以下のようになりますAWSのサービス統合は、CodePipeline アクションの種類に基づいていません。

Amazon CloudWatch

Amazon CloudWatchのモニタリングAWSリソースの使用料金を見積もることができます。

詳細はこちら:

Amazon CloudWatch Events Amazon CloudWatch Eventsは、AWS定義したルールに基づいて、指定された 1 つ以上のAWSサービスに変更が発生したときに発生します。
AWS Cloud9

AWS Cloud9は、ウェブブラウザからアクセスできるオンライン IDE です。この IDE では、リッチなコード編集エクスペリエンスを実現しており、複数のプログラミング言語、ランタイムデバッガ、組み込みターミナルがサポートされています。Amazon EC2 インスタンスは、バックグラウンドでAWSCloud9 開発環境。詳細については、AWS Cloud9 ユーザーガイドを参照してください。

詳細はこちら:

AWS CloudTrail

CloudTrailキャプチャAWSによって行われた、またはその代わりに行われた API コールとそれに関連するイベントAWSアカウントを作成し、ログファイルを、指定した Amazon S3 バケットに渡します。CloudTrail は、CodePipeline コンソールからの API 呼び出しをキャプチャするように、AWS CLI、および CodePipeline API からアクセスできます。

詳細はこちら:

AWS CodeStar 通知 パイプラインの実行開始時など、重要な変更をユーザーに知らせるための通知を設定できます。詳細については、「通知ルールの作成」を参照してください。
AWS Key Management Service

AWS KMS は、データの暗号化に使用される暗号化キーの作成と管理を容易にするマネージド型サービスです。デフォルトでは、CodePipeline はAWS KMSAmazon S3 バケットに保存されているパイプラインのアーティファクトを暗号化します。

詳細はこちら:

以下のためにAWSKMS キーの場合、キー ID、キー ARN、またはエイリアス ARN を使用できます。

注記

エイリアスは、カスタマーマスターキー (CMK) を作成したカウントでのみ認識されます。クロスアカウントアクションの場合、キー ID またはキー ARN のみを使用してキーを識別できます。