Amazon Connect へのユーザーの追加 - Amazon Connect

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Connect へのユーザーの追加

Amazon Connect にユーザーを追加すると、そのロールに適した情報を使用してユーザーを設定できます。例えば、Amazon Connect 管理ウェブサイトで実行できるタスクを示すセキュリティプロファイルを指定します。エージェントの場合は、ルーティングプロファイルを指定します。これは、そのエージェントにルーティングできる問い合わせを示します。

このトピックでは、Amazon Connect 管理ウェブサイトを使用してユーザーを追加する方法について説明します。ユーザーをプログラムで追加するには、「Amazon Connect API リファレンスガイド」の「CreateUser」を参照してください。CLI を使用するには、「create-user」を参照してください。

ユーザーの個別での追加

  1. https://instance name.my.connect.aws/ で Amazon Connect 管理者ウェブサイトにログインします。[管理者] アカウント、あるいは [ユーザー - 作成] 許可を持つセキュリティプロファイルに割り当てられたアカウントを使用します。

  2. Amazon Connect の左のナビゲーションメニューで、[ユーザー][ユーザー管理] の順に選択します。

  3. [新しいユーザーの追加] を選択します。

  4. [Create and set up a new user (新しいユーザーを作成してセットアップする)] および [次へ] を選択します。

  5. ユーザーの名前、メールアドレス、セカンダリメールアドレス、携帯電話番号、パスワードを入力します。

    注記

    以下の注意事項は、SAML 用に設定されていない Amazon Connect インスタンス、つまり、インスタンスの ID 管理の設定時に [Amazon Connect にユーザーを保存] を選択したインスタンスにのみ適用されます。

    • セカンダリメールアドレスを指定すると、ユーザーは、パスワードリセット通知以外のメール通知を、メインのメールアドレスではなく、このメールアドレス宛てに受け取ります。

    ヒント

    携帯電話番号は Amazon Connect では現在使用されていません。

  6. ルーティングプロファイルとセキュリティプロファイルを選択します。

  7. 必要に応じてタグを追加して、このオペレーション時間のレコードにアクセスできるユーザーを識別、整理、検索、フィルタリング、制御します。詳細については、「Amazon Connect のリソースにタグ付けする」を参照してください。

  8. [保存] を選択します。[Save] (ボタン) ボタンが有効でない場合、必要なセキュリティプロファイルのアクセス許可を持たない Amazon Connect アカウントでログインしていることを意味します。

    この問題を解決するには、Amazon Connect 管理者セキュリティプロファイルに割り当てられているアカウントでログインしてください。または、別の管理者にサポートを依頼してください。

  9. エージェントの追加については、「エージェント設定の構成:ルーティングプロファイル、電話タイプ、自動着信通話」を参照してください。

.csv ファイルからユーザーを一括で追加する

注記

.csv ファイルに固有のリソースを追加しすぎないようにしてください。例えば、100 種類を超える異なるルーティングプロファイルを追加しないでください。これにより、検証プロセス中にタイムアウトまたは失敗が発生する可能性があります。

一括アップロードは、既存のレコードを編集するためのものではなく、新しいレコードを追加するためのものです。ユーザレコードを一括編集するには、「ユーザーの一括編集」を参照してください。

次の手順に従って、Excel スプレッドシートなどの .csv ファイルから複数のユーザーを追加します。

  1. [管理者] アカウント、あるいは [ユーザー - 作成] 許可を持つセキュリティプロファイルに割り当てられたアカウントを使って、Amazon Connect にログインします。

  2. Amazon Connect の左のナビゲーションメニューで、[ユーザー][ユーザー管理] の順に選択します。

  3. [新しいユーザーの追加] を選択します。

  4. [.csv テンプレートを使用してユーザーをインポートする] を選択してから、[.csv テンプレート] を選択します。

    .csv テンプレートの最初の行には次の列があります。

    • E メールアドレス

    • セカンダリメールアドレス

    • 携帯電話: Amazon Connect では現在使用されていません。

    • password

    • ユーザーログイン

    • エージェント階層

    • ルーティングプロファイル名

    • security_profile_name_1|security_profile_name_2

    • user_hierarchy_1|user_hierarchy_2

    • 電話の種類 (ソフト/机上)

    • 電話番号

    • ソフトフォンの自動受け入れ (はい/いいえ)

    • ACW タイムアウト (秒)

    • タグ

    次の画像は、Excel のスプレッドシートで .csv テンプレートがどのように表示されるかの例を示しています。スプレッドシートの最初の行には列見出しがあり、2 番目の行にはサンプルのユーザーデータが含まれています。

    Excel スプレッドシートの CSV テンプレート。
  5. テンプレートにユーザーを追加して、Amazon Connect にアップロードします。[ファイルをアップロードして検証] を選択します。

  6. Amazon Connect がファイル内のデータを検証します。[保存] を選択して、新しいユーザーレコードを作成します。

    アップロードされたユーザーと [保存] ボタン。

    検証エラーメッセージが表示される場合は、通常、必要な列のいずれかの情報が不足しているか、いずれかのセルにタイプミスがあることを示しています。

    以下の画像は、検証エラーメッセージの例を示しています。このケースでは、セキュリティプロファイルのスペルが間違っていて、パスワードが要件を満たしていません。

    CSV ファイルが有効でない場合のサンプルエラーメッセージ。
  7. 検証済みのユーザーレコードのみをアップロードするには、[保存] を選択します。確認を求めるダイアログボックスが表示されます。

    ユーザーを作成するためのダイアログボックス。
  8. バナーにアップロードのステータスが表示され、完了すると確認されます。

    ヒント

    一連の追加が処理されている間も、引き続き [ユーザー管理] ページで作業を進め、ユーザーレコードの別のバッチを選択して、一括で、もしくは個別に作成、編集、または削除できます。これは、エージェントグループのルーティングプロファイルなどの設定をすばやく更新するのに便利です。

    Amazon Connect はレコードを順番に一括処理します。

  9. [更新] を選択して、作成したユーザーで [ユーザー管理] ページを更新します。

    ユーザーが作成されたバナー。

ユーザーの追加に必要なアクセス許可

Amazon Connect にユーザーを追加するには、セキュリティプロファイルに [Users - Create] (ユーザー - 作成) のアクセス許可が割り当てられている必要があります。次の画像は、このセキュリティプロファイルアクセス許可が [セキュリティプロファイルの追加/編集] ページの [ユーザーとアクセス許可] セクションにあることを示しています。

[セキュリティプロファイル] ページの [ユーザーとアクセス許可] セクション。

Amazon Connect [管理者] セキュリティプロファイルには、デフォルトでこれらのアクセス許可があります。

既存のセキュリティプロファイルにアクセス許可を追加する方法については、「セキュリティプロファイルの更新」を参照してください。