サービスエンドポイントを選択するAWS DataSync - AWS DataSync

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

サービスエンドポイントを選択するAWS DataSync

次のエンドポイントを指定する必要があります。AWS DataSyncエージェントが通信に使用するAWS。エージェントは次のタイプのエンドポイントに接続できます。

  • パブリックサービスエンドポイント設定— データはパブリックインターネット経由で転送されます。

  • Virtual private cloud (VPC) エンドポイント— データはパブリックインターネット経由で転送されるのではなく、VPC 内で転送されるため、コピーされたデータのセキュリティが向上します。

    プライベート VPC エンドポイントを使用したエージェントのアクティブ化の詳細については、「仮想プライベートクラウドでの AWS DataSync の使用」を参照してください。

  • 連邦情報処理規格 (FIPS) エンドポイント— データは、FIPS に準拠したプロセスを使用して、パブリックインターネット経由で転送されます。

注記

サービスエンドポイントタイプを選択し、エージェントをアクティブ化したら、後で別のサービスエンドポイントタイプを使用するように変更することはできません。複数のエンドポイントタイプにデータを転送する必要がある場合は、 DataSync 使用する各エンドポイントタイプのエージェント。

サービスエンドポイントの詳細については、「AWS 全般のリファレンス」AWS DataSync を参照してください。

パブリックエンドポイントを使用する

パブリックエンドポイントを使用する場合、 DataSync エージェントへAWSパブリックインターネット経由で発生します。

パブリックサービスエンドポイントを選択するには

  1. を開くAWS DataSyncコンソールhttps://console.aws.amazon.com/datasync/

  2. に移動します。[エージェント]ページを開き、エージェントを作成する

  3. サービスエンドポイント セクションで、AWS リージョン 名前のパブリックサービスエンドポイントを選択します。サポートされている AWS リージョンのリストは、AWS 全般のリファレンスAWS DataSync を参照してください。

次のステップ :をアクティブ化するAWS DataSyncエージェント

VPC エンドポイントの使用

君の DataSync エージェントは通信できるAWSVPC エンドポイントの使用 (Powered by)AWS PrivateLink). このアプローチでは、ストレージシステム、VPC、およびAWSのサービス。

VPC の外部の VPC エンドポイントを使用するには、仮想プライベートネットワーク (VPN) またはAWS Direct Connect。この場合、VPC エンドポイントを使用してサービスにアクセスするようにルートテーブルを設定します。詳細については、次を参照してください。ゲートウェイエンドポイントのルーティングAWS PrivateLinkGuide

VPC エンドポイントを使用するには

  1. VPC エンドポイントの作成

    VPC エンドポイントはAWS リージョンを既に持っている場合。

  2. を開くAWS DataSyncコンソールhttps://console.aws.amazon.com/datasync/

  3. に移動します。[エージェント]ページを開き、エージェントを作成する

  4. を使用する場合Hypervisor、選択Amazon EC2

  5. サービスエンドポイント セクションで、AWS PrivateLinkを使用してVPC エンドポイントを選択します。

    これは、エージェントがアクセスできる VPC エンドポイントです。

  6. [VPC エンドポイント] で、エージェントが接続するプライベート VPC エンドポイントを選択します。

    VPC エンドポイントの作成時にエンドポイント ID を記録しました。

    重要

    を含む VPC エンドポイントを選択する必要があります DataSync サービス名 (たとえば、com.amazonaws.us-east-2.datasync).

  7. を使用する場合サブネット、を実行するサブネットを選択します DataSync 仕事。

    これは、ネットワークインターフェイスが作成されます。

  8. [セキュリティグループ] で、タスクのセキュリティグループを選択します。

    これは、エージェントで実行されるタスクのネットワークインターフェイスを保護するセキュリティグループです。

の使用に関するその他の情報 DataSync VPC では、「」を参照してください。仮想プライベートクラウドでの AWS DataSync の使用

次のステップ :をアクティブ化するAWS DataSyncエージェント

FIPS エンドポイントの使用

FIPS サービスエンドポイントを使用する場合 DataSync と通信しますAWS GovCloud (US)またはカナダ (中部) リージョン。

FIPS サービスエンドポイントを選択するには

  1. を開くAWS DataSyncコンソールhttps://console.aws.amazon.com/datasync/

  2. を使用する場合Hypervisorで、展開したエージェントのタイプを選択します。

  3. [サービスエンドポイント] セクションで、目的の FIPS エンドポイントを選択します。サポートされている FIPS エンドポイントについては、AWS 全般のリファレンスAWS DataSync を参照してください。

次のステップ :をアクティブ化するAWS DataSyncエージェント