レプリケーション インスタンスの変更 - AWS Database Migration Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

レプリケーション インスタンスの変更

インスタンスクラスの変更やストレージの増量など、レプリケーション インスタンスの設定を変更できます。

レプリケーション インスタンスを変更する際に、変更内容を即時に適用することができます。変更をすぐに適用するには、AWS Management Console で [Apply Immediately] (すぐに適用) オプションを選択します。または、--apply-immediately を呼び出すときに AWS CLI パラメータか DMS API を使用するときに ApplyImmediately パラメータを true に設定します。

変更の即時適用を選択しない場合、この変更は保留中の変更キューに保存されます。次のメンテナンスウィンドウ実行中に、キューのすべての保留中の変更が適用されます。

注記

変更の即時適用を選択した場合、保留中の変更キューにあるすべての変更も同様に適用されます。ダウンタイムを必要とする保留中の変更がある場合、[Apply changes immediately] を選択すると予想外のダウンタイムが発生することがあります。

AWS コンソールを使用してレプリケーション インスタンスを変更するには

  1. にサインインします。AWS Management ConsoleのオープンAWS DMSコンソールでのhttps://console.aws.amazon.com/dms/v2/

  2. ナビゲーションペインで [Replication instances] (レプリケーション インスタンス) を選択します。

  3. 変更するレプリケーション インスタンスを選択します。次の表は、行うことができる変更を示しています。

    使用するオプション この操作を行います

    名前

    レプリケーション インスタンスの名前を変更できます。8 ~ 16 の印刷可能な ASCII 文字 (/、"、@ を除く) を含むレプリケーション インスタンス名を入力します。名前は、選択した AWS リージョンのアカウントで一意でなければなりません。わかりやすい名前にするには、AWS リージョンや実行中のタスクなどの情報を名前に含めます (例: west2-mysql2mysql-instance1)。

    インスタンスクラス

    インスタンスクラスを変更できます。移行に必要な設定を使用してインスタンスのクラスを選択します。インスタンスクラスを変更すると、レプリケーション インスタンスが再起動されます。この再起動は、次のメンテナンス ウィンドウ中に行われます。または、[Apply changes immediately] (変更を直ちに適用)オプションを選択するとすぐに実行されます。

    移行に最適なインスタンスのクラスを決定する方法に関する詳細については、「AWS DMS レプリケーション インスタンスを使用する」をご参照ください。

    レプリケーションエンジンのバージョン

    レプリケーション インスタンスで使用されているエンジンバージョンをアップグレードできます。レプリケーションのエンジンバージョンをアップグレードすると、アップグレード中にレプリケーション インスタンスがシャットダウンされます。

    マルチ AZ

    このオプションを変更して、フェイルオーバーのサポート用に別のアベイラビリティーゾーンにレプリケーション インスタンスのスタンバイレプリカを作成するか、このオプションを削除できます。変更データキャプチャ (CDC) または継続的なレプリケーションを使用する場合は、このオプションを有効にする必要があります。

    割り当てられたストレージ (GiB)

    ストレージは主に、ログファイルと、キャッシュされたトランザクションで消費されます。キャッシュされたトランザクションでは、ストレージは、キャッシュされたトランザクションをディスクに書き込む必要がある場合にのみ使用されます。したがって、AWS DMS では大量のストレージを使用しません。例外には次のようなものがあります。

    • 膨大なトランザクションをロードする、サイズの大きなテーブル。サイズの大きなテーブルをロードするには時間がかかります。そのため、サイズの大きなテーブルをロードする間、キャッシュされたトランザクションが書き込まれる可能性が高くなります。

    • キャッシュされたトランザクションをロードする前に停止するよう設定されているタスク。この場合、すべてのテーブルのロードが完了するまで、すべてのトランザクションがキャッシュされます。この設定では、キャッシュされたトランザクションにより、かなりの量のストレージが消費されることがあります。

    • Amazon Redshift にロードされるテーブルを使用する設定になっているタスク。ただし、Amazon Aurora がターゲットのときは、この設定は問題にはなりません。

    ほとんどの場合、ストレージのデフォルトの割り当てで十分です。ただし、ストレージ関連のメトリクスに注意を払い、デフォルトの割り当てよりも消費量が多い場合はストレージを拡張することをおすすめします。

    VPC セキュリティグループ

    レプリケーションのインスタンスが VPC 内で作成されます。ソースデータベースが VPC にある場合は、データベースが常駐する DB インスタンスへのアクセス権を提供する VPC セキュリティグループを選択します。

    マイナーバージョン自動アップグレード

    このオプションを選択すると、メンテナンス ウィンドウ中にマイナー エンジン アップグレードを自動的にレプリケーション インスタンスに適用できるか、または[Apply changes immediately] (変更をすぐに適用) オプションを選択するとすぐに適用できます。

    メンテナンスウィンドウ

    週 1 回のシステムメンテナンスを実行できる時間帯 (世界標準時 (UTC)) を選択します。

    デフォルト: ごとに 8 時間の時間ブロックからランダムに選択された 30 分の時間枠AWSリージョン。ランダムな曜日で発生する。

    Apply changes immediately

    行った変更をすぐに適用するには、このオプションを選択します。選択した設定によっては、このオプションを選択すると、レプリケーション インスタンスが直ちに再起動される可能性があります。