AWS DMS ソースとしての PostgreSQL データベースの使用 - AWS Database Migration Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS DMS ソースとしての PostgreSQL データベースの使用

を使用して、1 つまたは複数の PostgreSQL データベースからデータを移行できます AWS DMS。PostgreSQL データベースをソースとして使用する場合、別の PostgreSQL データベースまたはサポートされているその他の データベースのいずれかにデータを移行できます。

がソースとして AWS DMS サポートする PostgreSQL のバージョンについては、「」を参照してくださいのソース AWS DMS

AWS DMS は、次のタイプのデータベースに対して PostgreSQL をサポートしています。

  •  オンプレミスのデータベース

  • Amazon EC2 インスタンスでのデータベース

  • Amazon RDS DB インスタンス上のデータベース

  • Amazon Aurora PostgreSQL 互換エディションに基づく DB インスタンス上のデータベース

  • Amazon Aurora PostgreSQL 互換 Serverless エディションを基盤とする DB インスタンス上のデータベース

注記

DMS は Amazon Aurora PostgreSQL—Serverless V1 についてはフルロードのソースとしてのみサポートしています。ただし、Amazon Aurora PostgreSQL—Serverless V2 は、フルロード、フルロード + CDC、CDC のみのタスクのソースとして使用することができます。

PostgreSQL ソースバージョン

AWS DMS 使用する バージョン

9.x、10.x、11.x、12.x

使用可能なバージョンを使用します AWS DMS 。

13.x

AWS DMS バージョン 3.4.3 以降を使用します。

14.x

AWS DMS バージョン 3.4.7 以降を使用します。

15.x

AWS DMS バージョン 3.5.1 以降を使用します。

16.x

AWS DMS バージョン 3.5.3 以降を使用します。

Secure Sockets Layer (SSL) を使用して、PostgreSQL エンドポイントとレプリケーション インスタンスとの接続を暗号化できます。PostgreSQL エンドポイントで SSL を使用する方法の詳細については、「での SSL の使用 AWS Database Migration Service」をご参照ください。

ソースとして PostgreSQL を使用する場合の追加セキュリティ要件として、指定されるユーザーアカウントは PostgreSQL データベースの登録済みユーザーでなければなりません。

PostgreSQL データベースを AWS DMS ソースエンドポイントとして設定するには、次の手順を実行します。

でのソースとしてのセルフマネージド PostgreSQL データベースの使用 AWS DMS

セルフマネージド型の PostgreSQL データベースをソースとして使用すると、別の PostgreSQL データベース、または でサポートされている他のターゲットデータベースのいずれかにデータを移行できます AWS DMS。データベースソースには、オンプレミスのデータベースまたは Amazon EC2 インスタンスで実行されているセルフ管理エンジンを使用できます。DB インスタンスは、全ロードタスクと継続的レプリケーションの変更データキャプチャ (CDC) タスクの両方に使用できます。

セルフマネージド PostgreSQL データベースを AWS DMS ソースとして使用する前提条件

自己管理 PostgreSQL ソースデータベースからデータを移行する前に、次の操作を行います:

  • バージョン 9.4.x 以降の PostgreSQL データベースを使用していることを確認する。

  • 全ロードと CDC タスクまたは CDC のみのタスクの場合は、PostgreSQL ソースデータベースに指定されたユーザーアカウントにスーパーユーザー許可を付与します。ユーザー アカウントはソース内のレプリケーション固有機能にアクセスするには、スーパーユーザー許可が必要です。全ロードのみのタスクの場合、それらを移行するには、ユーザー アカウントはテーブルで SELECT 許可が必要です。

  • AWS DMS レプリケーションサーバーの IP アドレスを設定pg_hba.confファイルに追加し、レプリケーションとソケット接続を有効にします。以下に例を示します。

    # Replication Instance host all all 12.3.4.56/00 md5 # Allow replication connections from localhost, by a user with the # replication privilege. host replication dms 12.3.4.56/00 md5

    PostgreSQL の pg_hba.conf の設定ファイルはクライアント認証を制御します。(HBA はホストベースの認証を表します) ファイルは従来、データベースクラスターのデータディレクトリに保存されています。

  • を使用して論理レプリケーションのソースとしてデータベースを設定する場合は、 AWS DMS 「」を参照してください。 セルフマネージド PostgreSQL データベースをソースとして使用して CDC を有効にする AWS DMS

注記

一部の AWS DMS トランザクションは、DMS エンジンが再度使用するまでしばらくアイドル状態になっています。PostgreSQL バージョン 9.6 以降で idle_in_transaction_session_timeout パラメータを使用すると、アイドル状態のトランザクションでタイムアウトやエラーが生じる場合があります。 AWS DMSを使用する際、アイドル状態のトランザクションを終了しないでください。

セルフマネージド PostgreSQL データベースをソースとして使用して CDC を有効にする AWS DMS

AWS DMS は、論理レプリケーションを使用した変更データキャプチャ (CDC) をサポートします。セルフ管理 PostgreSQL ソースデータベースの論理レプリケーションを有効にするには、postgresql.conf の設定ファイルで以下のパラメータと値を設定します:

  • wal_level = logical を設定します。

  • max_replication_slots を 1 より大きい値に設定します。

    max_replication_slots 値は、実行するタスクの数に従って設定してください。たとえば、5 つのタスクを実行するには、少なくとも 5 つのスロットを設定する必要があります。スロットは、タスクが開始するとすぐに自動的に開き、タスクが実行されなくなった場合でも開いたままです。開いているスロットは手動で削除してください。DMS でレプリケーションスロットを作成した場合、タスクを削除すると、DMS は自動的にレプリケーションスロットを削除することに注意してください。

  • max_wal_senders を 1 より大きい値に設定します。

    max_wal_senders パラメータは、実行可能な同時タスクの数を設定します。

  • wal_sender_timeout パラメータは、指定されたミリ秒数が過ぎても非アクティブなレプリケーション接続を終了します。オンプレミスの PostgreSQL データベースのデフォルトは 60,000 ミリ秒 (60 秒)。値を 0 (ゼロ) に設定するとタイムアウトメカニズムが無効になる。この設定は DMS では有効。

    wal_sender_timeout をゼロ以外の値に設定すると、CDC での DMS タスクには最低 10,000 ミリ秒 (10 秒) が必要となり、値が 10,000 ミリ秒未満になると失敗する。DMS レプリケーションインスタンスのマルチ AZ フェイルオーバー中に遅延が発生しないように、この値は 5 分未満にする。

一部のパラメータは静的であり、サーバースタート時にのみ設定できます。設定ファイル (セルフマネージドデータベースの場合) または DB パラメータグループ (RDS for PostgreSQL データベース) への変更は、サーバーが再起動されるまで無視されます。詳細については、PostgreSQL ドキュメントをご参照ください。

CDC を有効にすることに関する詳細については、「論理レプリケーションを使用した変更データ キャプチャ (CDC) の有効化」をご参照ください。

DMS ソースとしての AWSマネージド PostgreSQL データベースの使用

AWSマネージド PostgreSQL DB インスタンスを のソースとして使用できます AWS DMS。 AWSが管理する PostgreSQL ソースを使用して、全ロードタスクと変更データキャプチャ (CDC) タスクの両方を実行できます。

AWSが管理する PostgreSQL データベースを DMS ソースとして使用するための前提条件

AWS管理の PostgreSQL ソースデータベースからデータを移行する前に、次の操作を行います。

  • の PostgreSQL ソースエンドポイントの AWS ユーザーアカウントとして、PostgreSQL DB インスタンスに必要な最小限のアクセス許可を持つユーザーアカウントを使用することをお勧めします AWS DMS。管理アカウントの使用はお勧めしません。このアカウントには rds_superuser ロールと rds_replication ロールが必要です。rds_replication ロールは、論理スロットを管理し、論理スロットを使用してデータをストリーミングするアクセス権許可付与します。

    使用するアカウントの管理ユーザーアカウントで複数のオブジェクトを作成します。その作成についての詳細は、「マスター ユーザーアカウントを使用せず Amazon RDS for PostgreSQL データベースの移行」をご参照ください。

  • ソースデータベースが仮想プライベートクラウド (VPC) にある場合は、データベースが常駐する DB インスタンスへのアクセス権を提供する VPC セキュリティグループを選択します。これは、DMS レプリケーション インスタンスがソース DB インスタンスに正常に接続するために必要です。データベースと DMS レプリケーション インスタンスが同じ VPC 内にある場合は、適切なセキュリティグループを独自のインバウンド ルールに追加します。

注記

一部の AWS DMS トランザクションは、DMS エンジンが再度使用するまでしばらくアイドル状態になっています。PostgreSQL バージョン 9.6 以降で idle_in_transaction_session_timeout パラメータを使用すると、アイドル状態のトランザクションでタイムアウトやエラーが生じる場合があります。 AWS DMSを使用する際、アイドル状態のトランザクションを終了しないでください。

で AWSマネージド PostgreSQL DB インスタンスで CDC を有効にする AWS DMS

AWS DMS DB インスタンスが論理レプリケーションを使用するように設定されている場合、 は Amazon RDS PostgreSQL データベースで CDC をサポートします。次の表は、 が AWS管理する各 PostgreSQL バージョンの論理レプリケーションの互換性をまとめたものです。

CDC (継続的レプリケーション) には RDS for PostgreSQL リードレプリカを使用できません。

PostgreSQL バージョン

AWS DMS フルロードサポート

AWS DMS CDC サポート

Aurora PostgreSQL バージョン 2.1 (PostgreSQL 10.5 以前と互換)

はい

いいえ

PostgreSQL 10.6 と互換性のある Aurora PostgreSQL バージョン 2.2 (またはそれ以降)

はい

はい

PostgreSQL 10.21 と互換性のある RDS for PostgreSQL (またはそれ以降)

はい

はい

RDS PostgreSQL DB インスタンスに対して論理レプリケーションを有効にするには
  1. PostgreSQL DB インスタンスの AWS マスターユーザーアカウントを PostgreSQL ソースエンドポイントのユーザーアカウントとして使用します。マスターユーザーアカウントには、CDC を設定するために必要なロールがあります。

    マスター ユーザーアカウント以外のアカウントを使用する場合は、使用するアカウントのマスター ユーザーアカウントから複数のオブジェクトを作成する必要があります。詳細については、「マスター ユーザーアカウントを使用せず Amazon RDS for PostgreSQL データベースの移行」を参照してください。

  2. DB CLUSTER パラメータグループの rds.logical_replication パラメータを 1 に設定します。この静的パラメータを有効にするには、DB インスタンスを再起動する必要があります。このパラメータを適用する一環として、 AWS DMS は wal_levelmax_wal_sendersmax_replication_slotsmax_connections の各パラメータを設定します。これらのパラメータの変更によって先書きログ (WAL) の生成が増える可能性があるため、論理レプリケーションスロットを使用する場合にのみ rds.logical_replication を設定してください。

  3. wal_sender_timeout パラメータは、指定されたミリ秒数が過ぎても非アクティブなレプリケーション接続を終了します。 AWSマネージド PostgreSQL データベースのデフォルトは 30000 ミリ秒 (30 秒) です。値を 0 (ゼロ) に設定するとタイムアウトメカニズムが無効になる。この設定は DMS では有効です。

    wal_sender_timeout をゼロ以外の値に設定すると、CDC での DMS タスクには最低 10,000 ミリ秒 (10 秒) が必要となり、値が 0~10,000 ミリ秒の場合は失敗します。DMS レプリケーションインスタンスのマルチ AZ フェイルオーバー中に遅延が発生しないように、この値は 5 分未満にします。

  4. DB クラスター パラメータグループで max_worker_processes パラメータの値が、max_logical_replication_workersautovacuum_max_workersmax_parallel_workersの合計値以上となるようにしてください。多数のバックグラウンド ワーカー プロセスが、スモールインスタンスではアプリケーション ワークロードに影響を与える可能性があります。したがって、max_worker_processes をデフォルト値より大きく設定した場合は、データベースのパフォーマンスをモニタリングしてください。

  5. Aurora PostgreSQL を CDC のソースとして使用する場合は、 synchronous_commitを に設定しますON

マスター ユーザーアカウントを使用せず Amazon RDS for PostgreSQL データベースの移行

場合によっては、ソースとして使用している Amazon RDS PostgreSQL DB インスタンス用マスター ユーザーアカウントを使用しない場合があります。このような場合は、データ定義言語 (DDL) イベントをキャプチャするために複数のオブジェクトを作成します。マスターアカウント以外のアカウントでこれらのオブジェクトを作成し、マスターユーザーアカウントでトリガーを作成します。

注記

ソースエンドポイントで captureDDLs エンドポイント設定を false に設定すると、ソースデータベース上で次のテーブルおよびトリガーを作成する必要はありません。

これらのオブジェクトを作成するには、以下の手順を実行します。

オブジェクトを作成するには
  1. オブジェクトが作成されるスキーマを選択します。デフォルトのスキーマは public です。スキーマが存在し、OtherThanMaster アカウントからアクセス可能であることを確認します。

  2. マスターアカウント以外のユーザーアカウントを使用して PostgreSQL DB インスタンス、ここでは OtherThanMaster アカウントにログインします。

  3. 以下のコマンドを実行し、以下のコード内の objects_schema を使用するスキーマの名前に置き換えて awsdms_ddl_audit テーブルを作成します。

    CREATE TABLE objects_schema.awsdms_ddl_audit ( c_key bigserial primary key, c_time timestamp, -- Informational c_user varchar(64), -- Informational: current_user c_txn varchar(16), -- Informational: current transaction c_tag varchar(24), -- Either 'CREATE TABLE' or 'ALTER TABLE' or 'DROP TABLE' c_oid integer, -- For future use - TG_OBJECTID c_name varchar(64), -- For future use - TG_OBJECTNAME c_schema varchar(64), -- For future use - TG_SCHEMANAME. For now - holds current_schema c_ddlqry text -- The DDL query associated with the current DDL event );
  4. 以下のコマンドを実行して awsdms_intercept_ddl 関数を作成します。コード内の objects_schema は、使用するスキーマの名前に置き換えてください。

    CREATE OR REPLACE FUNCTION objects_schema.awsdms_intercept_ddl() RETURNS event_trigger LANGUAGE plpgsql SECURITY DEFINER AS $$ declare _qry text; BEGIN if (tg_tag='CREATE TABLE' or tg_tag='ALTER TABLE' or tg_tag='DROP TABLE' or tg_tag = 'CREATE TABLE AS') then SELECT current_query() into _qry; insert into objects_schema.awsdms_ddl_audit values ( default,current_timestamp,current_user,cast(TXID_CURRENT()as varchar(16)),tg_tag,0,'',current_schema,_qry ); delete from objects_schema.awsdms_ddl_audit; end if; END; $$;
  5. OtherThanMaster アカウントからログアウトし、rds_superuser ロールが割り当てられたアカウントを使用してログインします。

  6. 以下のコマンドを実行してイベントトリガー awsdms_intercept_ddl を作成します。

    CREATE EVENT TRIGGER awsdms_intercept_ddl ON ddl_command_end EXECUTE PROCEDURE objects_schema.awsdms_intercept_ddl();
  7. これらのイベントにアクセスするすべてのユーザーおよびロールに必要な DDL 許可があることを確認します。例:

    grant all on public.awsdms_ddl_audit to public; grant all on public.awsdms_ddl_audit_c_key_seq to public;

前の手順を完了したら、OtherThanMaster アカウントを使用して AWS DMS ソースエンドポイントを作成できます。

注記

これらのイベントは、CREATE TABLEALTER TABLE、および DROP TABLE ステートメントによってトリガーされます。

論理レプリケーションを使用した変更データ キャプチャ (CDC) の有効化

PostgreSQL のネイティブ論理レプリケーション機能を使用して、PostgreSQL DB ソース用データベース移行中に変更データ キャプチャ (CDC) を有効にすることができます。この機能は、セルフ管理 PostgreSQL および Amazon RDS for PostgreSQL SQL DB インスタンスで使用できます。この方法では、ダウンタイムが短縮され、ターゲットデータベースがソース PostgreSQL データベースと同期しやすくなります。

AWS DMS は、プライマリキーを持つ PostgreSQL テーブルの CDC をサポートします。テーブルにプライマリ キーがない場合、先書きログ (WAL) にはデータベース行の前イメージが含まれません。この場合、DMS はテーブルを更新できません。ここでは、追加の構成設定を使用し、回避策としてテーブルレプリカ アイデンティティを使用できます。ただし、この方法では追加のログが生成される可能性があります。注意深いテストの後にのみ、回避策としてテーブルレプリカ アイデンティティ を使用することをお勧めします。詳細については、「DMS ソースとして PostgreSQL データベースを使用する場合の追加設定」を参照してください。

注記

REPLICA IDENTITY FULL は論理デコードプラグインではサポートされていますが、pglogical プラグインではサポートされていません。詳細については、「pglogical ドキュメント」を参照してください。

全ロード、CDC、CDC のみのタスクの場合、 は論理レプリケーションスロット AWS DMS を使用して、ログがデコードされるまで、レプリケーション用の WAL ログを保持します。全ロードおよび CDC タスクまたは CDC タスクの再起動(再開ではない)によって、レプリケーション スロットが再作成されます。

注記

論理デコードの場合、DMS は test_decoding または pglogical プラグインのいずれかを使用します。pglogical プラグインがソース PostgreSQL データベースで使用できる場合、DMS は pglogical を使用してレプリケーション スロットを作成し、それ以外の場合は test_decoding プラグインが使用されます。test_decoding プラグインの詳細については、「PostgreSQL のドキュメント」を参照してください。

データベースパラメータ max_slot_wal_keep_size がデフォルト以外の値に設定されており、レプリケーションスロットの restart_lsn の値が現在の LSN よりも大きい場合、必要な WAL ファイルが削除されるため、DMS タスクは失敗します。

pgglogical プラグインの設定

PostgreSQL 拡張機能として実装された pglogical プラグインは、選択的データ レプリケーション用論理レプリケーションシステムとモデルです。次の表に、pglogical プラグインをサポートするソース PostgreSQL データベースバージョンを挙げます。

PostgreSQL ソース

plogical のサポート

セルフ管理 PostgreSQL 9.4 以降

はい

Amazon RDS PostgreSQL 9.5 以降

いいえ

Amazon RDS PostgreSQL 9.6 以降

はい

Aurora PostgreSQL 1.x から 2.5.x まで

いいえ

Aurora PostgreSQL 2.6 以上

はい

Aurora PostgreSQL 3.3 以上

はい

で使用するように pglogical を設定する前に AWS DMS、まず PostgreSQL ソースデータベースで変更データキャプチャ (CDC) の論理レプリケーションを有効にします。

PostgreSQL ソースデータベースで論理レプリケーションを有効にした後、次のステップに従って、DMS で使用する pglogical を設定します。

で PostgreSQL ソースデータベースの論理レプリケーションに pglogical プラグインを使用するには AWS DMS
  1. PostgreSQL ソースデータベースに pglogical 拡張機能を作成します:

    1. 正しいパラメータを設定します:

      • セルフ管理 PostgreSQL データベースの場合は、データベースパラメータ shared_preload_libraries= 'pglogical' を設定します。

      • Amazon RDS と Amazon Aurora PostgreSQL 互換エディションの PostgreSQL で、パラメーター shared_preload_libraries を同じ RDS パラメーターグループ内の pglogical に設定します。

    2. PostgreSQL ソースデータベースを再起動します。

    3. PostgreSQL データベースで、コマンド create extension pglogical; を実行します。

  2. pglogical が正常にインストールされたことを確認するには、次のコマンドを実行します:

    select * FROM pg_catalog.pg_extension

PostgreSQL ソースデータベースエンドポイントの変更データキャプチャを実行する AWS DMS タスクを作成できるようになりました。

注記

PostgreSQL ソースデータベースで pglogical を有効にしないとき、 AWS DMS はデフォルトで test_decoding プラグインを使用します。pglogical が論理デコードに対して有効になっている場合、 はデフォルトで pglogical AWS DMS を使用します。ただし、代わりに test_decoding のプラグインを使用する追加の接続属性 PluginName を設定することもできます。

ネイティブ CDC スタートポイントを使用して PostgreSQL ソース エンドポイントの CDC ロードを設定するには

エンドポイントを作成するときに、slotName の追加の接続属性を既存の論理レプリケーション スロットの名前に設定することで、ソースとして PostgreSQL によりネイティブ CDC スタートポイントを有効にします。この論理レプリケーションスロットは、エンドポイントの作成時点からの継続的な変更を保持するため、以前の時点からのレプリケーションをサポートします。

PostgreSQL は、 AWS DMS が論理レプリケーションスロットから変更を正常に読み取った後にのみ破棄される WAL ファイルにデータベースの変更を書き込みます。論理レプリケーションスロットを使用すると、ログに記録された変更がレプリケーションエンジンによって消費される前に削除されないように保護できます。

ただし、変更率と消費率によっては、論理レプリケーションスロットに保持されている変更により、ディスク使用率が高くなることがあります。論理レプリケーション スロットを使用する場合は、ソース PostgreSQL インスタンスにスペース使用アラームを設定することをお勧めします。追加の slotName 接続属性の設定についての詳細は、「PostgreSQL を DMS ソースとして使用する場合のエンドポイント設定と追加の接続属性 (ECAs)」をご参照ください。

次の手順では、このアプローチについて詳しく説明します。

ネイティブ CDC 開始ポイントを使用して PostgreSQL ソースエンドポイントの CDC ロードを設定するには
  1. 開始点として使用する以前のレプリケーションタスク (親タスク) によって使用されていた論理レプリケーションスロットを特定します。次に、ソースデータベースの pg_replication_slots ビューにクエリを実行して、このスロットにアクティブな接続がないことを確認します。その場合は、先に進む前に解決して終了します。

    次のステップでは、論理レプリケーションスロットが abc1d2efghijk_34567890_z0yx98w7_6v54_32ut_1srq_1a2b34c5d67ef であると仮定します。

  2. 次の追加接続属性設定を含む新しいソースエンドポイントを作成します。

    slotName=abc1d2efghijk_34567890_z0yx98w7_6v54_32ut_1srq_1a2b34c5d67ef;
  3. コンソール AWS CLI または AWS DMS API を使用して、新しい CDC 専用タスクを作成します。たとえば、CLI を使用して、次の create-replication-task コマンドを実行できます。

    aws dms create-replication-task --replication-task-identifier postgresql-slot-name-test --source-endpoint-arn arn:aws:dms:us-west-2:012345678901:endpoint:ABCD1EFGHIJK2LMNOPQRST3UV4 --target-endpoint-arn arn:aws:dms:us-west-2:012345678901:endpoint:ZYX9WVUTSRQONM8LKJIHGF7ED6 --replication-instance-arn arn:aws:dms:us-west-2:012345678901:rep:AAAAAAAAAAA5BB4CCC3DDDD2EE --migration-type cdc --table-mappings "file://mappings.json" --cdc-start-position "4AF/B00000D0" --replication-task-settings "file://task-pg.json"

    前述のコマンドでは、次のオプションが設定されています。

    • source-endpoint-arn は、ステップ 2 で作成した新しい値に設定されます。

    • replication-instance-arn オプションは、ステップ 1 の親タスクと同じ値に設定されます。

    • table-mappings および replication-task-settings オプションは、ステップ 1 の親タスクと同じ値に設定されます。

    • cdc-start-position はオプションはスタート位置の値に設定されます。この開始位置を調べるには、ソースデータベースの pg_replication_slots ビューにクエリを実行するか、ステップ 1 で親タスクのコンソール詳細を表示します。詳細については、「CDC ネイティブ開始点の決定」を参照してください。

    AWS DMS コンソールを使用して新しい CDC 専用タスクを作成するときにカスタム CDC 開始モードを有効にするには、次の手順を実行します。

    • [タスク設定] セクションの [ソーストランザクションの CDC 開始モード] では、[カスタム CDC 開始モードを有効にする] を選択する。

    • [ソーストランザクションのカスタム CDC 開始点] では、[ログシーケンス番号を指定する] を選択する。システム変更番号を指定するか、[復旧チェックポイントを指定する] を選択して、復旧チェックポイントを指定する。

    この CDC タスクが実行されると、指定された論理レプリケーションスロットが存在しない場合、 はエラーを AWS DMS 解決します。また、cdc-start-position の有効な設定を使用してタスクが作成されていない場合、エラーを返します。

pglogical プラグインでネイティブ CDC スタートポイントを使用し、新しいレプリケーション スロットを使用する場合は、CDC タスクを作成する前に、次のステップを実行してください。

別の DMS タスクの一部として以前に作成されていない新しいレプリケーション スロットを使用するには
  1. 次に示すように、レプリケーション スロットを作成します:

    SELECT * FROM pg_create_logical_replication_slot('replication_slot_name', 'pglogical');
  2. データベースがレプリケーションスロットを作成した後、次のとおりスロットの restart_lsnconfirmed_flush_lsn の値を取得してメモしておきます。

    select * from pg_replication_slots where slot_name like 'replication_slot_name';

    レプリケーションスロットの後に作成された CDC タスクのネイティブな CDC 開始点は、confirmed_flush_lsn 値以前にできないことに注意します。

    restart_lsnconfirmed_flush_lsn の値の詳細については、「pg_replication_slots」を参照してください。

  3. pglogical ノードを作成します。

    SELECT pglogical.create_node(node_name := 'node_name', dsn := 'your_dsn_name');
  4. pglogical.create_replication_set 関数を使用して 2 つのレプリケーションセットを作成します。最初のレプリケーションセットは、プライマリキーを持つテーブルの更新と削除を追跡します。2 番目のレプリケーションセットは挿入のみを追跡し、最初のレプリケーションセットと同じ名前にプレフィックス「i」が追加されています。

    SELECT pglogical.create_replication_set('replication_slot_name', false, true, true, false); SELECT pglogical.create_replication_set('ireplication_slot_name', true, false, false, true);
  5. レプリケーション集合にテーブルを追加します。

    SELECT pglogical.replication_set_add_table('replication_slot_name', 'schemaname.tablename', true); SELECT pglogical.replication_set_add_table('ireplication_slot_name', 'schemaname.tablename', true);
  6. ソース エンドポイントを作成するときに、次の追加接続属性 (ECA) を設定します。

    PluginName=PGLOGICAL;slotName=slot_name;

新しいレプリケーション スロットを使用して PostgreSQL ネイティブのスタートポイントを使用して CDC のみのタスクを作成できるようになりました。pglogical プラグインの詳細については、「pglogical 3.7 ドキュメント」を参照してください。

を使用した PostgreSQL から PostgreSQL への移行 AWS DMS

PostgreSQL 以外のデータベースエンジンから PostgreSQL データベースに移行する場合、 AWS DMS はほとんどの場合、最適な移行ツールです。一方、PostgreSQL データベースから PostgreSQL データベースに移行する場合、PostgreSQL ツールがより効果的な場合があります。

PostgreSQL ネイティブ ツールを使用してデータを移行する

以下の条件では、pg_dump などの PostgreSQL データベース移行ツールを使用することをお勧めします。

  • ソース PostgreSQL データベースからターゲット PostgreSQL データベースに移行する同種移行である。

  • データベース全体を移行する。

  • ネイティブツールで最小のダウンタイムでデータを移行できる。

pg_dump ユーティリティでは、COPY コマンドを使用して、PostgreSQL データベースのスキーマとデータダンプを作成します。pg_dump によって生成されるダンプ スクリプトは、同じ名前のデータベースにデータをロードし、テーブル、インデックス、外部キーを再作成します。pg_restore コマンドと -d パラメータを使用して、データを別の名前でデータベースに復元できます。

EC2 で実行されている PostgreSQL ソースデータベースから Amazon RDS for PostgreSQL ターゲットにデータを移行する場合は、pglogical プラグインを使用できます。

PostgreSQL データベースを Amazon RDS for PostgreSQL や Amazon Aurora (PostgreSQL 互換エディション) にインポートする詳しい方法については、「https://docs.aws.amazon.com/AmazonRDS/latest/UserGuide/PostgreSQL.Procedural.Importing.html」をご参照ください。

DMS を使用した PostgreSQL から PostgreSQL へのデータの移行

AWS DMS は、例えば、オンプレミスのソース PostgreSQL データベースからターゲット Amazon RDS for PostgreSQL または Aurora PostgreSQL インスタンスにデータを移行できます。通常、PostgreSQL のコアまたは基本のデータ型は正常に移行されます。

注記

パーティションテーブルを PostgreSQL ソースから PostgreSQL ターゲットにレプリケーションする場合、DMS タスクの選択条件の一部として親テーブルを言及する必要はありません。親テーブルに言及すると、ターゲット上の子テーブルでデータが複製され、PK 違反が発生する可能性があります。テーブルマッピングの選択基準で子テーブルのみを選択すると、親テーブルに自動代入されます。

ソースデータベースでサポートされているが、ターゲットでサポートされていないデータ型は、正常に移行されない場合があります。データ型が不明な場合、 は一部のデータ型を文字列として AWS DMS ストリーミングします。XML や JSON などの一部のデータ型は、小さなファイルの場合は正常に移行されますが、大きなドキュメントの場合は失敗することがあります。

データ型の移行を実行するときは、以下について注意してください:

  • 場合によっては、PostgreSQL NUMERIC (p, s) データ型で精度とスケールが指定されない場合があります。DMS バージョン 3.4.2 以前では、DMS はデフォルトでは 28 の精度と 6 のスケール (NUMERIC (28,6)) を使用します。たとえば、ソースからの値 0.611111104488373 は、PostgreSQL ターゲットの 0.611111 に変換されます。

  • ARRAY データ型を持つテーブルにはプライマリ キーが必要です。ARRAY データ型にプライマリ キーがないテーブルは、全ロード中に中断されます。

次の表は、ソース PostgreSQL のデータ型と、これらのデータ型が正常に移行されるかどうかを示しています。

データ型 正常に移行 部分的に移行 移行しない コメント
INTEGER X
SMALLINT X
BIGINT X
NUMERIC/DECIMAL(p,s) X この場合、0<p<39 と 0<s
NUMERIC/DECIMAL X この場合、p>38 または p=s=0
REAL X
DOUBLE X
SMALLSERIAL X
SERIAL X
BIGSERIAL X
MONEY X
CHAR X 精度の指定なし
CHAR(n) X
VARCHAR X 精度の指定なし
VARCHAR(n) X
TEXT X
BYTEA X
TIMESTAMP X 正と負の無限大値はそれぞれ '9999-12-31 23:59:59 'と '4713-01-01 00:00:00 BC' に切り捨てられます。
TIMESTAMP WITH TIME ZONE X
DATE X
TIME X
TIME WITH TIME ZONE X
INTERVAL X
BOOLEAN X
ENUM X
CIDR X
INET X
MACADDR X
TSVECTOR X
TSQUERY X
XML X
POINT X PostGIS 空間データ型
LINE X
LSEG X
BOX X
PATH X
POLYGON X PostGIS 空間データ型
CIRCLE X
JSON X
配列 X プライマリ キーが必要です
COMPOSITE X
RANGE X
LINESTRING X PostGIS 空間データ型
MULTIPOINT X PostGIS 空間データ型
MULTILINESTRING X PostGIS 空間データ型
MULTIPOLYGON X PostGIS 空間データ型
GEOMETRYCOLLECTION X PostGIS 空間データ型

PostGIS 空間データ型の移行

空間データは、空間内のオブジェクトまたは位置のジオメトリ情報を識別します。PostgreSQL オブジェクトリレーショナルデータベースは、PostGIS 空間データ型をサポートしています。

PostgreSQL 空間データオブジェクトを移行する前に、PostGIS プラグインがグローバルレベルで有効になっていることを確認してください。これにより、 は PostgreSQL ターゲット DB インスタンスの正確なソース空間データ列 AWS DMS を作成します。

PostgreSQL から PostgreSQL への同種移行の場合、 は PostGIS のジオメトリおよび地理的 (ジオデティック座標) データオブジェクトタイプとサブタイプの移行 AWS DMS をサポートします。

  • POINT

  • LINESTRING

  • POLYGON

  • MULTIPOINT

  • MULTILINESTRING

  • MULTIPOLYGON

  • GEOMETRYCOLLECTION

を使用した Babelfish for Amazon Aurora PostgreSQL からの移行 AWS DMS

Babelfish for Aurora PostgreSQL ソーステーブルは、 を使用してサポートされている任意のターゲットエンドポイントに移行できます AWS DMS。

DMS コンソール、API、または CLI コマンドを使用して AWS DMS ソースエンドポイントを作成する場合、ソースを Amazon Aurora PostgreSQL に設定し、データベース名を に設定しますbabelfish_dbエンドポイント設定セクションで、 DatabaseModeBabelfish に設定BabelfishDatabaseNameされ、ソース Babelfish T-SQL データベースの名前に設定されていることを確認します。Babelfish TCP ポート を使用する代わりに1433、Aurora PostgreSQL TCP ポート を使用します5432

DMS が正しいデータ型とテーブルメタデータを使用していることを確認するには、データを移行する前にテーブルを作成する必要があります。移行を実行する前にターゲットにテーブルを作成しない場合、DMS は誤ったデータ型とアクセス許可を持つテーブルを作成することがあります。

移行タスクへの変換ルールの追加

Babelfish ソースの移行タスクを作成するときは、DMS が事前に作成されたターゲットテーブルを使用するようにするための変換ルールを含める必要があります。

Babelfish for PostgreSQL クラスターを定義したときにマルチデータベース移行モードを設定する場合は、スキーマ名を T-SQL スキーマに変更する変換ルールを追加します。例えば、T-SQL スキーマ名が でdbo、Babelfish for PostgreSQL スキーマ名が の場合mydb_dbo、変換ルールdboを使用してスキーマの名前を に変更します。PostgreSQL スキーマ名を確認するには、「Amazon Aurora ユーザーガイド」の「Babelfish アーキテクチャ」を参照してください。

シングルデータベースモードを使用する場合、変換ルールを使用してデータベーススキーマの名前を変更する必要はありません。PostgreSQL スキーマ名には、T-SQL データベース内のスキーマ名への one-to-one マッピングがあります。

次の変換ルールの例は、スキーマ名を mydb_dbo から に戻す方法を示していますdbo

{ "rules": [ { "rule-type": "transformation", "rule-id": "566251737", "rule-name": "566251737", "rule-target": "schema", "object-locator": { "schema-name": "mydb_dbo" }, "rule-action": "rename", "value": "dbo", "old-value": null }, { "rule-type": "selection", "rule-id": "566111704", "rule-name": "566111704", "object-locator": { "schema-name": "mydb_dbo", "table-name": "%" }, "rule-action": "include", "filters": [] } ] }

Babelfish テーブルで PostgreSQL ソースエンドポイントを使用するための制限事項

Babelfish テーブルで PostgreSQL ソースエンドポイントを使用する場合、次の制限が適用されます。

  • DMS は、Babelfish バージョン 16.2/15.6 以降、および DMS バージョン 3.5.3 以降の移行のみをサポートします。

  • DMS は、Babelfish テーブル定義の変更をターゲットエンドポイントにレプリケートしません。この制限の回避策は、まずターゲットにテーブル定義の変更を適用し、次に Babelfish ソースのテーブル定義を変更することです。

  • BYTEA データ型を使用して Babelfish テーブルを作成すると、DMS は SQL Server をターゲットとして移行するときに、テーブルをvarbinary(max)データ型に変換します。

  • DMS は、バイナリデータ型のフル LOB モードをサポートしていません。バイナリデータ型には制限付き LOB モードを使用してください。

  • DMS は、ソースとしての Babelfish のデータ検証をサポートしていません。

  • ターゲットテーブル準備モードのタスク設定では、何もしないモードまたは切り捨てモードのみを使用します。[ターゲット上のテーブルを削除] モードは使用しないでください。ターゲット でドロップテーブルを使用する場合、DMS は誤ったデータ型でテーブルを作成することがあります。

  • 継続的なレプリケーション (CDC または全ロードと CDC) を使用する場合は、PluginName追加の接続属性 (ECA) を に設定しますTEST_DECODING

PostgreSQL ソースデータベースからの AWS DMS アーティファクトの削除

DDL イベントをキャプチャするために、 は移行タスクの開始時に PostgreSQL データベースにさまざまなアーティファクト AWS DMS を作成します。タスクが完了したら、これらのアーティファクトを削除できます。

アーティファクトを削除するには、以下のステートメントを発行します (示されている順序で)。ここに、{AmazonRDSMigration} は、アーティファクトが作成されたスキーマです。スキーマを削除する場合でも、細心の注意を払ってください。運用中のスキーマ (特に公開スキーマ) は絶対に削除しないでください。

drop event trigger awsdms_intercept_ddl;

イベントトリガーは特定のスキーマに属していません。

drop function {AmazonRDSMigration}.awsdms_intercept_ddl() drop table {AmazonRDSMigration}.awsdms_ddl_audit drop schema {AmazonRDSMigration}

DMS ソースとして PostgreSQL データベースを使用する場合の追加設定

PostgreSQL データベースからデータを移行するときは、2 つの方法で詳細設定を追加できます。

  • 追加接続属性に値を追加して、DDL イベントをキャプチャし、運用中の DDL データベースアーティファクトが作成されたスキーマを指定します。詳細については、「PostgreSQL を DMS ソースとして使用する場合のエンドポイント設定と追加の接続属性 (ECAs)」を参照してください。

  • 接続文字列パラメータを上書きできます。これを行うには、次のいずれかのオプションを選択します:

    • 内部 AWS DMS パラメータを指定します。このようなパラメータが必要になることはめったにないため、ユーザー インターフェイスには表示されません。

    • 特定のデータベースクライアントのパススルー (パススルー) 値を指定します。データベースクライアントに渡される接続スティングにパススルーパラメータ AWS DMS を含めます。

  • PostgreSQL バージョン 9.4 以降でテーブルレベルのパラメータ REPLICA IDENTITY を使用すると、ログ先行書き込み (WAL) に書き込まれる情報を制御できる。特に、更新または削除される行を識別する WAL に対してそうします。REPLICA IDENTITY FULL は行のすべての列の古い値を記録します。不必要に余分な量の WAL が FULL により生成されるため、REPLICA IDENTITY FULL はテーブルごとに慎重に使用してください。詳細については、「ALTER TABLE-REPLICA IDENTITY」を参照。

MapBooleanAsBoolean PostgreSQL エンドポイント設定の使用

PostgreSQL エンドポイント設定を使用して、ブール値を PostgreSQL ソースから Amazon Redshift ターゲットにブール値としてマッピングできます。ブール型はデフォルトで varchar (5) として移行されます。次の例のとおり、MapBooleanAsBoolean を指定すると、PostgreSQL がブール型をブール型として移行できるようになります。

--postgre-sql-settings '{"MapBooleanAsBoolean": true}'

この設定を有効にするには、ソースエンドポイントとターゲットエンドポイントの両方でこの設定を設定する必要があることに注意します。

MySQL には BOOLEAN 型がないため、BOOLEAN データを MySQL に移行する場合は、この設定ではなく変換ルールを使用します。

PostgreSQL を DMS ソースとして使用する場合のエンドポイント設定と追加の接続属性 (ECAs)

エンドポイント設定と追加の接続属性 (ECAs) を使用して、PostgreSQL ソースデータベースを設定できます。ソースエンドポイントの作成時に AWS DMS 、コンソールを使用するか、--postgre-sql-settings '{"EndpointSetting": "value", ...}'JSON 構文で の create-endpoint コマンドを使用してAWS CLIエンドポイント設定を指定します。

次の表は、PostgreSQL をソースとして使用できるエンドポイント設定と ECAs を示しています。

属性名 説明

CaptureDDLs

DDL イベントをキャプチャするために、 はタスクの開始時に PostgreSQL データベースにさまざまなアーティファクト AWS DMS を作成します。PostgreSQL ソースデータベースからの AWS DMS アーティファクトの削除に記載されているように、これらのアーティファクトは後で削除できます。

この値が false に設定されている場合、ソースデータベースにテーブルやトリガーを作成する必要はない。

ストリーミングされた DDL イベントがキャプチャされます。

デフォルト値: true

有効な値: true/false

例: --postgre-sql-settings '{"CaptureDDLs": true}'

ConsumeMonotonicEvents

重複するログシーケンス番号 (LSN) を持つモノリシック・トランザクションのレプリケーション方法を制御するために使用します。このパラメータが false の場合、重複した LSN を持つイベントが消費され、ターゲット上でレプリケーションされます。このパラメータが true の場合、最初のイベントのみレプリケーションされ、重複する LSN を持つイベントはターゲット上で消費もレプリケーションもされません。

デフォルト値: false

有効な値: false/true

例: --postgre-sql-settings '{"ConsumeMonotonicEvents": true}'

DdlArtifactsSchema

運用中の DDL データベース アーティファクトが作成されるスキーマを設定します。

デフォルト値: public

有効な値: 文字列

例: --postgre-sql-settings '{"DdlArtifactsSchema": "xyzddlschema"}'

ExecuteTimeout

PostgreSQL インスタンスのクライアントステートメントタイムアウト (秒単位) を設定します。デフォルト値は 60 秒です。

例: --postgre-sql-settings '{"ExecuteTimeout": 100}'

FailTasksOnLobTruncation

true に設定されている場合、LOB 列の実際のサイズが、指定された LobMaxSize を上回ると、この値によりタスクは失敗します。

タスクが制限付き LOB モードに設定され、このオプションが true に設定されている場合、LOB データを切り捨てるのではなくタスクが失敗します。

デフォルト値: false

有効な値: ブール値

例: --postgre-sql-settings '{"FailTasksOnLobTruncation": true}'

fetchCacheSize

この追加の接続属性 (ECA) は、フルロード実行中にカーソルがフェッチする行数を設定する。レプリケーションインスタンスで利用可能なリソースに応じて、この値を増減して調整できる。

デフォルト値: 10000

有効な値: 数値

ECA の例:fetchCacheSize=10000;

HeartbeatFrequency

WAL ハートビートの頻度を設定します (分)。

デフォルト値: 5

有効な値: 数値

例: --postgre-sql-settings '{"HeartbeatFrequency": 1}'

HeartbeatSchema

ハートビート アーティファクトが作成されるスキーマを設定します。

デフォルト値: public

有効な値: 文字列

例: --postgre-sql-settings '{"HeartbeatSchema": "xyzheartbeatschema"}'

MapJsonbAsClob

デフォルトでは、 は JSONB を NCLOB に AWS DMS マッピングします。MapJsonbAsClob を指定すると、PostgreSQL で JSONB 型を CLOB として移行できるようになる。

例: --postgre-sql-settings='{"MapJsonbAsClob": "true"}'

MapLongVarcharAs

デフォルトでは、 は VARCHAR を WSTRING に AWS DMS マッピングします。MapLongVarcharAs を指定すると、PostgreSQL が VARCHAR (N) 型 (N は 16,387 より大きい) を次のタイプに移行するように指定できる。

  • WSTRING

  • CLOB

  • NCLOB

例: --postgre-sql-settings='{"MapLongVarcharAs": "CLOB"}'

MapUnboundedNumericAsString

このパラメータは、数値の精度を失うことなく正常に移行するために、境界なしの NUMERIC データ型の列を文字列として扱います。このパラメーターは、PostgreSQL ソースから PostgreSQL ターゲットへのレプリケーション、または PostgreSQL 互換のデータベースにのみ使用します。

デフォルト値: false

有効な値: false/true

例: --postgre-sql-settings '{"MapUnboundedNumericAsString": true}'

このパラメータを使用すると、数値から文字列への変換、および数値への変換により、レプリケーションのパフォーマンスが低下する可能性があります。このパラメータは、DMS バージョン 3.4.4 以降で使用するためにサポートされています

注記

PostgreSQL のソースとターゲット エンドポイントを一緒にのみ MapUnboundedNumericAsString を使用します。

ソース PostgreSQL エンドポイントで MapUnboundedNumericAsString を使用すると、CDC 中に精度が 28 に制限されます。ターゲット エンドポイントで MapUnboundedNumericAsString を使用すると、精度 28 スケール 6 でデータを移行します。

PostgreSQL 以外のターゲットとは MapUnboundedNumericAsString を使用しません。

PluginName

レプリケーション スロットの作成に使用するプラグインを指定します。

有効な値: pglogicaltest_decoding

例: --postgre-sql-settings '{"PluginName": "test_decoding"}'

SlotName

PostgreSQL ソースインスタンスの CDC ロード用に以前に作成された論理レプリケーションスロットの名前を設定します。

AWS DMS API CdcStartPositionリクエストパラメータとともに使用すると、この属性はネイティブ CDC 開始ポイントの使用も有効にします。DMS は、CDC ロードタスクを開始する前に、指定された論理レプリケーションスロットが存在することを確認します。また、タスクが有効な CdcStartPosition 設定を使用して作成されたことも確認します。指定されたスロットが存在しないか、タスクに有効な CdcStartPosition 設定がない場合、DMS によりエラーが発生します。

CdcStartPosition リクエストパラメータの設定の詳細については、「CDC ネイティブ開始点の決定」をご参照ください。CdcStartPosition の使用方法の詳細については、AWS Database Migration Service API リファレンスCreateReplicationTaskStartReplicationTaskModifyReplicationTask での API オペレーションについてのドキュメントをご参照ください。

有効な値: 文字列

例: --postgre-sql-settings '{"SlotName": "abc1d2efghijk_34567890_z0yx98w7_6v54_32ut_1srq_1a2b34c5d67ef"}'

unboundedVarcharMaxSize

この追加接続属性 (ECA) は、最大長指定子 VarChar のないタイプとして定義されたデータ列の最大サイズを定義します。デフォルトは 8000 バイトです。最大値は 10485760 バイトです。

DMS のソースとして PostgreSQL データベースを使用する場合の制限

PostgreSQL を AWS DMSのソースとして使用する場合は、以下の制限が適用されます。

  • AWS DMS は、Amazon RDS for PostgreSQL 10.4 または Amazon Aurora PostgreSQL 10.4 をソースまたはターゲットとして使用することはできません。

  • キャプチャされたテーブルにはプライマリキーが必要です。テーブルにプライマリキーがない場合、 はそのテーブルの DELETE および UPDATE レコードオペレーション AWS DMS を無視します。回避策については、「Enabling change data capture (CDC) using logical replication」を参照してください。

    注: プライマリキーまたは一意のインデックスなしでの移行はお勧めしません。この場合、「いいえ」Batch 適用機能、フル LOB 機能、データ検証、Redshift ターゲットへの効率的なレプリケートができないなどの追加の制限が適用されます。

  • AWS DMS は、プライマリキーセグメントを更新しようとする試みを無視します。この場合、ターゲットは、その更新によってどの行も更新されないと識別します。ただし、PostgreSQL でのプライマリキーの更新結果は予測できないため、どのレコードも例外テーブルには書き込まれません。

  • AWS DMS は、タイムスタンプからプロセス変更を開始する実行オプションをサポートしていません。

  • AWS DMS は、パーティションまたはサブパーティションオペレーション (ADD、、または ) に起因する変更をレプリケートしませんDROPTRUNCATE

  • 大文字と小文字の組み合わせが異なる同じ名前 (table1、TABLE1、Table1) を持つ複数のテーブルをレプリケートすると、予測できない動作が生じることがあります。この問題のため、 AWS DMS はこの種のレプリケーションをサポートしていません。

  • ほとんどの場合、 は tables. AWS DMS does の CREATE、ALTER、DROP DDL ステートメントの変更処理 AWS DMS をサポートします。テーブルが内部関数またはプロシージャ本文ブロック、または他のネストされたコンストラクトに保持されている場合、この変更処理はサポートされません。

    たとえば、以下の変更はキャプチャされません。

    CREATE OR REPLACE FUNCTION attu.create_distributors1() RETURNS void LANGUAGE plpgsql AS $$ BEGIN create table attu.distributors1(did serial PRIMARY KEY,name varchar(40) NOT NULL); END; $$;
  • 現在のところ、PostgreSQL ソースの boolean データ型は、一貫性のない値を持つ bit データ型として SQLServer ターゲットに移行されます。回避策として、列VARCHAR(1)のデータ型を使用してテーブルを事前に作成します (または AWS DMS でテーブルを作成します)。次に、ダウンストリーム処理で「F」を False、「T」を True として扱います。

  • AWS DMS は TRUNCATE オペレーションの変更処理をサポートしていません。

  • OID LOB データ型は、ターゲットに移行されません。

  • AWS DMS は、同種移行のみの PostGIS データ型をサポートします。

  • 使用するソースがオンプレミスあるいは Amazon EC2 インスタンス上の PostgreSQL データベースの場合、test_decoding 出力プラグインがソースのエンドポイントにインストールされていることを確認してください。このプラグインは、PostgreSQL contrib パッケージで提供されています。test-decoding プラグインの詳細については、「PostgreSQL のドキュメント」をご参照ください。

  • AWS DMS では、列のデフォルト値を設定および設定解除する変更処理はサポートされていません (ALTER TABLE ステートメントの ALTER COLUMN SET DEFAULT 句を使用)。

  • AWS DMS は、列の nullability を設定する変更処理をサポートしていません (ALTER TABLE ステートメントで ALTER COLUMN [SET|DROP] NOT NULL 句を使用)。

  • 論理レプリケーションが有効な場合、トランザクションあたりのメモリに保持される変更の最大数は 4 MB です。その後、変更がディスクにこぼれます。その結果、ReplicationSlotDiskUsageが増加し、トランザクションが完了または停止し、ロールバックが完了するまで restart_lsn は進みません。長いトランザクションであるため、ロールバックに時間がかかることがあります。そのため、論理レプリケーションが有効になっている場合は、長時間実行されるトランザクションや多数のサブトランザクションは避けてください。代わりに、トランザクションをいくつかの小さなトランザクションに分割します。

    Aurora PostgreSQL バージョン 13 以降では、DMS が変更データをディスクにスピルするタイミングを制御するために logical_decoding_work_memパラメータを調整できます。詳細については、「Aurora PostgreSQL のスピルファイル」を参照してください。

  • ARRAY データ型を持つテーブルにはプライマリ キーが必要です。ARRAY データ型にプライマリ キーがないテーブルは、全ロード中に中断されます。

  • AWS DMS は、パーティションテーブルのレプリケーションをサポートしていません。パーティション分割されたテーブルが検出された場合、以下の状況が発生します。

    • エンドポイントは、親テーブルと子テーブルのリストを報告します。

    • AWS DMS は、選択したテーブルと同じプロパティを持つ通常のテーブルとしてターゲット上にテーブルを作成します。

    • ソースデータベースの親テーブルに子テーブルと同じプライマリキー値がある場合、「重複するキー」エラーが生成されます。

  • パーティション分割されたテーブルを PostgreSQL ソースから PostgreSQL ターゲットにレプリケーションする場合、まずターゲットで親テーブルと子テーブルを手動で作成する必要があります。次に、それらのテーブルにレプリケーションする別個のタスクを定義します。その場合、タスク設定を [Truncate before loading] (読み取り前切り捨て) に設定します。

  • PostgreSQL NUMERIC データ型はサイズが固定されていません。NUMERIC データ型ですが、精度とスケールがないデータを転送する場合、DMS はデフォルトで NUMERIC(28,6) (精度が 28、スケールが 6) を使用します。たとえば、ソースからの値 0.611111104488373 は、PostgreSQL ターゲットの 0.611111 に変換されます。

  • AWS DMS は、Aurora PostgreSQL Serverless V1 をフルロードタスクのソースとしてのみサポートします。 は、Aurora PostgreSQL Serverless V2 をフルロード、フルロード、CDC、CDC のみのタスクのソースとして AWS DMS サポートします。

  • AWS DMS は、coalesce 関数で作成された一意のインデックスを持つテーブルのレプリケーションをサポートしていません。

  • LOB モードを使用する場合、ソーステーブルと対応するターゲットテーブルの両方に同一のプライマリキーが必要です。いずれかのテーブルにプライマリキーがない場合、DELETE および UPDATE レコード操作は予測できない結果となります。

  • 並列ロード機能を使用する場合、パーティションまたはサブパーティションに基づくテーブルのセグメント化はサポートされません。並列ロードの詳細については、「選択したテーブルおよびビューさらにコレクションで並列ロードを使用する」を参照してください。

  • AWS DMS は遅延制約をサポートしていません。

  • AWS DMS バージョン 3.4.7 ではPostgreSQL 14.x をソースとしてサポートしていますが、次の制限があります。

    • AWS DMS は、2 フェーズコミットの変更処理をサポートしていません。

    • AWS DMS は、進行中の長いトランザクションをストリーミングするための論理レプリケーションをサポートしていません。

  • AWS DMS は、ソースとして Amazon RDS Proxy for PostgreSQL の CDC をサポートしていません。

  • プライマリキー列を含まない ソースフィルター を使用する場合、DELETE 操作はキャプチャされません。

  • ソースデータベースが別のサードパーティーのレプリケーションシステムのターゲットでもある場合、CDC 中に DDL の変更が移行されない可能性があります。これは、このような状況では awsdms_intercept_ddl イベントトリガーが起動しなくなる可能性があるためです。この状況を回避するには、ソースデータベースでこのトリガーを次のとおり変更します。

    alter event trigger awsdms_intercept_ddl enable always;
  • AWS DMS RDS for PostgreSQL マルチ AZ データベースクラスターは論理レプリケーションをサポートしていないため、 はソースとして PostgreSQL 用の Amazon RDS マルチ AZ データベースクラスターの CDC をサポートしていません。

PostgreSQL のソースデータ型

次の表は、 の使用時にサポートされる PostgreSQL ソースデータ型 AWS DMS と、 AWS DMS データ型へのデフォルトのマッピングを示しています。

ターゲットにマッピングされるデータ型を表示する方法については、使用しているターゲットエンドポイントのセクションをご参照ください。

AWS DMS データ型の詳細については、「」を参照してくださいAWS Database Migration Service のデータ型

PostgreSQL のデータ型

DMS データ型

INTEGER

INT4

SMALLINT

INT2

BIGINT

INT8

NUMERIC (p,s)

精度が 0 ~ 38 の場合、NUMERIC を使用します。

精度が 39 以上の場合、STRING を使用します。

DECIMAL(P,S)

精度が 0 ~ 38 の場合、NUMERIC を使用します。

精度が 39 以上の場合、STRING を使用します。

REAL

REAL4

DOUBLE

REAL8

SMALLSERIAL

INT2

SERIAL

INT4

BIGSERIAL

INT8

MONEY

NUMERIC(38,4)

MONEY データ型は、SQL Server の FLOAT にマッピングされます。

CHAR

WSTRING (1)

CHAR(N)

WSTRING (n)

VARCHAR(N)

WSTRING (n)

TEXT

NCLOB

CITEXT

NCLOB

BYTEA

BLOB

TIMESTAMP

DATETIME

タイムスタンプ時間帯あり

DATETIME

DATE

DATE

TIME

TIME

TIME WITH TIME ZONE

TIME

INTERVAL

STRING (128)—1 YEAR、2 MONTHS、3 DAYS、4 HOURS、5 MINUTES、6 SECONDS

BOOLEAN

CHAR (5) false または true

ENUM

STRING (64)

CIDR

STRING (50)

INET

STRING (50)

MACADDR

STRING (18)

BIT (n)

STRING (n)

BIT VARYING (n)

STRING (n)

UUID

STRING

TSVECTOR

CLOB

TSQUERY

CLOB

XML

CLOB

POINT

STRING (255) "(x,y)"

LINE

STRING (255) "(x,y,z)"

LSEG

STRING (255) "((x1,y1),(x2,y2))"

BOX

STRING (255) "((x1,y1),(x2,y2))"

PATH

CLOB "((x1,y1),(xn,yn))"

POLYGON

CLOB "((x1,y1),(xn,yn))"

CIRCLE

STRING (255) "(x,y),r"

JSON

NCLOB

JSONB

NCLOB

配列

NCLOB

COMPOSITE

NCLOB

HSTORE

NCLOB

INT4RANGE

STRING (255)

INT8RANGE

STRING (255)

NUMRANGE

STRING (255)

STRRANGE

STRING (255)

PostgreSQL 用の LOB ソースデータ型での作業

PostgreSQL の列サイズは、PostgreSQL LOB データ型の AWS DMS データ型への変換に影響します。これを使用するには、次の AWS DMS データ型で以下の手順を実行します。

  • BLOB - タスク作成で [Limit LOB size to] (LOB サイズ制限) 値を [Maximum LOB Size (KB)] (最大 LOB サイズ (KB)) に設定します。

  • CLOB - レプリケーションは各文字を UTF8 文字として処理します。次に、列で最長の文字テキストの長さ (ここでは、max_num_chars_text) を見つけます。この長さを使用して、[Limit LOB size to] (LOB サイズを以下に制限する) の値を指定します。データに 4 バイト文字が含まれている場合には、2 倍にして [Limit LOB size to (LOB サイズ制限)] 値をバイト単位で指定します。この場合、[Limit LOB size to] (LOB サイズ制限) は max_num_chars_text の 2 乗と等しくなります。

  • NCLOB - レプリケーションは各文字を 2 バイト文字として処理します。次に、列で最長の文字テキストの長さ (max_num_chars_text) を見つけ、2 倍します。これは、[Limit LOB size to] (LOB サイズを以下に制限する) の値の値を指定するために行います。この場合、[Limit LOB size to] (LOB サイズ制限) は max_num_chars_text の 2 乗と等しくなります。データに 4 バイト文字が含まれている場合は、再度 2 倍にします。この場合、[Limit LOB size to (LOB サイズ制限)] は max_num_chars_text の 4 乗と等しくなります。