EFS マウントヘルパー - Amazon Elastic File System

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

EFS マウントヘルパー

Amazon EFS マウントヘルパーによりファイルシステムのマウントが簡素化されます。Amazon EFS 推奨のマウントオプションがデフォルトで含まれています。さらに、マウントヘルパーにはトラブルシューティングのためのログ記録が組み込まれています。Amazon EFS ファイルシステムに問題が発生した場合は、AWS サポートとこれらのログを共有することができます。

: 仕組み

マウントヘルパーは efs という新しいネットワークファイルシステムタイプを定義します。これには Linux の標準的な mount コマンドと完全な互換性があります。マウントヘルパーは、/etc/fstab 設定ファイルのエントリを使用して、インスタンスブート時に自動的にマウントする Amazon EFS ファイルシステムのマウントもサポートしています。

警告

ファイルシステムを自動的にマウントするときに、ネットワークファイルシステムを識別するために使用する _netdev オプションを使用します。_netdev が見つからない場合、EC2 インスタンスは応答を停止する可能性があります。この結果は、コンピューティングインスタンスがネットワーキングを開始後、ネットワークファイルシステムを初期化する必要があるためです。詳細については、自動マウントが失敗してインスタンスが応答しない を参照してください。

転送中のデータの暗号化がマウント オプションとして宣言されている場合、 Amazon EFS マウント ヘルパーはクライアントstunnelプロセスを初期化し、 amazon-efs-mount-watchdog。 stunnel は、オープンソースの多目的ネットワークリレーです。クライアント stunnel プロセスはインバウンドトラフィックのローカルポートをリッスンし、マウントヘルパーは NFS クライアントトラフィックをこのローカルポートにリダイレクトします。マウントヘルパーはファイルシステムとの通信に TLS バージョン 1.2 を使用します。

TLS の使用には、信頼された Amazon 認証機関によって署名された証明書が必要です。暗号化の動作の詳細については、Amazon EFS でのデータの暗号化 を参照してください。

EFS マウントヘルパーの使用

マウントヘルパーにより、Linux EC2 インスタンスに EFS ファイルシステムをマウントできます。詳細については、EFSファイル システムのマウント を参照してください。

サポートログの取得

マウントヘルパーには、Amazon EFS ファイルシステムのログ記録が組み込まれています。これらのログは、トラブルシューティングのために AWS サポートと共有できます。

このログは、マウントヘルパーがインストールされたシステムの /var/log/amazon/efs にあります。これらのログは、マウントヘルパー、stunnel プロセス自体、stunnel プロセスをモニタリングする amazon-efs-mount-watchdog プロセスのためのものです。

注記

ウォッチドッグプロセスは、各マウントの stunnel プロセスが実行されているかどうか、Amazon EFS ファイルシステムがアンマウントされたときに stunnel が停止されたかどうかを確認します。何らかの理由で、stunnel プロセスが予期せず終了した場合、ウォッチドッグプロセスにより再開されます。

ログインの構成を変更できます。 /etc/amazon/efs/efs-utils.conf。 ただし、変更を有効にするには、ファイル システムをマウント ヘルパーでアンマウントしてから再マウントする必要があります。マウントヘルパーおよびウォッチドッグログのログ容量は 20 MiB に制限されています。stunnel プロセスのログはデフォルトでは無効になっています。

重要

stunnel プロセスログのログ記録を有効にすることができます。ただし、stunnel ログを有効にするとファイルシステムのいくらかの容量が使用されます。

AWS Direct Connect と VPN で amazon-efs-utils を使用する

AWS Direct Connect を使用して VPC に接続する場合、Amazon EFS ファイルシステムをオンプレミスデータセンターサーバーにマウントできます。また、amazon-efs-utils を使用すると、マウントヘルパーでマウントをよりシンプルにでき、転送時のデータの暗号化を有効にすることができます。AWS Direct Connect で amazon-efs-utils を使用して Amazon EFS ファイルシステムをオンプレミス Linux クライアントにマウントする方法については、「ウォークスルー: AWS Direct Connect と VPN を使用してオンプレミスでファイルシステムを作成してマウントする」を参照してください。

Amazon EFS マウントヘルパーの詳細については、次の関連するトピックを参照してください。