ステップ 1:Amazon EFS ファイルシステムを作成する - Amazon Elastic File System

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ステップ 1:Amazon EFS ファイルシステムを作成する

このステップでは、Amazon EFS コンソールを使用して、サービスの推奨設定を持つ Amazon EFS ファイルシステムを作成します。

カスタマイズされた構成でファイルシステムを作成する場合、「Amazon EFS コンソールを使用してカスタム設定でファイルシステムを作成する」を参照してください。

Amazon EFS ; ファイルシステムを作成するには
  1. AWS Management Console にサインインして Amazon EFS コンソール ( https://console.aws.amazon.com/efs/) を開きます。

  2. [ファイルシステムの作成] を選択して、[ファイルシステムの作成] ダイアログボックスを開きます。

  3. (オプション) ファイルシステムに [名前] を入力します。

  4. Virtual Private Cloud (VPC) では、VPC を選択するか、デフォルトの VPC に設定したままにします。

  5. [作成] を選択し、以下のサービス推奨設定を使用するファイルシステムを作成します。

    • 自動バックアップを有効化します。詳細については、「Amazon EFS ファイルシステムのバックアップ」を参照してください。

    • マウントターゲットを次の設定で設定します。

      • ファイルシステムが作成された AWS リージョン の各アベイラビリティーゾーンに作成されます。

      • 選択した VPC のデフォルトサブネットにあります。

      • VPC のデフォルトのセキュリティグループを使用する — ファイルシステムの作成後にセキュリティグループを管理できます。

      詳細については、「ファイルシステムのネットワークアクセシビリティの管理」を参照してください。

    • リージョンファイルシステムのタイプ — 詳細については、「EFS ファイルシステムのタイプ」を参照してください。

    • 汎用パフォーマンス — 詳細については、「パフォーマンスモード」を参照してください。

    • エラスティックスループット - 詳細については、「スループットモード」を参照してください。

    • Amazon EFS(aws/elasticfilesystem) のデフォルトのキーを使用して、保管中のデータの暗号化が有効になりました - 詳細については、「保管中のデータの暗号化」を参照してください。

    • ライフサイクル管理 – Amazon EFS は、次のライフサイクルポリシーを使用してファイルシステムを作成します。

      • IA への移行前回のアクセスから 30 日間 に設定されています。

      • TransitionToArchive は、前回のアクセスから 90 日間に設定されています。

      • [標準への移行][なし] に設定されています。

      詳細については、「ファイルシステムのストレージの管理」を参照してください。

    ファイルシステムを作成したら、可用性と耐久性、暗号化、およびパフォーマンスモードを除き、ファイルシステムの設定をカスタマイズできます。

    ファイルシステム ページが表示され、作成したファイルシステムのステータスを示すバナーが上部に表示されます。ファイルシステムが使用可能になると、バナーにファイルシステムの詳細ページにアクセスするためのリンクが表示されます。

    ファイルシステムの状態の詳細については、「ファイルシステムのステータス」を参照してください。