ステップ 1: Amazon EFS ファイルシステムを作成します。 - Amazon Elastic File System

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ステップ 1: Amazon EFS ファイルシステムを作成します。

このステップでは、Amazon EFS コンソールを使用して、サービス推奨設定を持つ Amazon EFS ファイルシステムを作成します。

Amazon EFS ファイルシステムを作成するには

  1. Amazon EFS マネジメントコンソール (https://console.aws.amazon.com/efs/

  2. 選択ファイルシステムを作成します。をクリックして、ファイルシステムを作成します。ダイアログボックス。

  3. (省略可能)名前ファイルシステムのために。

  4. を使用する場合Virtual Private Cloud (VPC)を選択し、VPC を選択するか、デフォルトの VPC に設定したままにします。

  5. を使用する場合可用性と耐久性で、以下のいずれかを選択します。

    • リージョン別使用するファイルシステムを作成するには標準ストレージクラス。標準ストレージクラスは、ファイルシステムのデータとメタデータを冗長に AWS リージョン 。リージョン別は、最高レベルの可用性と耐久性を実現します。

    • 1 ゾーン使用するファイルシステムを作成するには1 ゾーンストレージクラス。1 つのゾーンストレージクラスでは、ファイルシステムのデータとメタデータが冗長的に 1 つのアベイラビリティーゾーン内に格納されるため、Standard ストレージクラスよりもコストが低くなります。

      EFS 1 ゾーンストレージクラスは、データを単一のAWSアベイラビリティーゾーンでは、これらのストレージクラスに格納されているデータは、アベイラビリティーゾーン内のデータのすべてのコピーに影響する災害やその他の障害が発生した場合、または地震や洪水などの災害によってアベイラビリティーゾーンが破壊された場合に、失われる可能性があります。

    [1 ゾーン] を選択した場合は、アベイラビリティーゾーンに設定するか、デフォルト設定のままにします。

    注記

    1 ゾーンストレージクラスは、すべてのアベイラビリティーゾーンでを使用できないわけではありません。 AWS リージョン で、Amazon EFS が利用可能です。

    詳細については、「EFS ストレージクラスを管理する」を参照してください。

  6. 選択作成をクリックして、次のサービス推奨設定を使用するファイルシステムを作成します。

    • 自動バックアップがオンになっています。詳細については、を使用するAWS BackupAmazon EFS

    • マウントターゲット — Amazon EFS では、次の設定でマウントターゲットが作成されます。

      • Standard ストレージクラスを使用するファイルシステムの場合、マウントターゲットは AWS リージョン ファイルシステムが作成されます。1 ゾーンストレージクラスを使用するファイルシステムの場合、1 つのマウントターゲットが、指定したアベイラビリティーゾーンに作成されます。

      • 選択した VPC のデフォルトサブネットにあります。

      • VPC のデフォルトのセキュリティグループの使用 — ファイルシステムの作成後にセキュリティグループを管理できます。

      詳細については、「ファイルシステムのネットワークアクセシビリティの管理」を参照してください。

    • 汎用パフォーマンスモード — 詳細については、パフォーマンスモード

    • バーストスループットモード — 詳細については、を参照してください。スループットモード

    • Amazon EFS のデフォルトのキーを使用して、保管時のデータの暗号化が有効になりました (aws/elasticfilesystem) — 詳細については、次を参照してください。保管時のデータの暗号化

    • ライフサイクル管理 — Amazon EFS は、以下のライフサイクルポリシーを使用してファイルシステムを作成します。

      • IA への移行 set to 前回のアクセスから 30 日間

      • IA からの移行 set to 最初のアクセス時

      詳細については、「Amazon EFS ライフサイクル管理」を参照してください。

    ファイルシステムを作成したら、可用性と耐久性、暗号化、パフォーマンス・モードを除き、ファイルシステムの設定をカスタマイズできます。

    カスタマイズした構成でファイルシステムを作成する場合は、のカスタマイズ。カスタマイズした設定でファイルシステムの作成の詳細については、Amazon EFS コンソールを使用してカスタム設定でファイルシステムを作成する

  7. -ファイルシステムページの上部に、作成したファイルシステムのステータスを示すバナーが表示されます。ファイル・システムが使用可能になると、ファイル・システムの詳細ページにアクセスするためのリンクがバナーに表示されます。

    
            新しく作成されたファイルシステムとその構成の詳細を示すファイルシステムの詳細ページ。

    ファイルシステムの状態の詳細については、次を参照してください。ファイルシステムのステータス