IDT を使用してAWS IoT Greengrass資格スイート - AWS IoT Greengrass

のドキュメントを表示していますAWS IoT Greengrass Version 1。AWS IoT Greengrass Version 2の最新のメジャーバージョンです。AWS IoT Greengrass。の使用方法の詳細については、「」を参照してください。AWS IoT Greengrass V2の詳細については、AWS IoT Greengrass Version 2開発者ガイド

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

IDT を使用してAWS IoT Greengrass資格スイート

「」を使用できます。AWS IoTDevice Tester (IDT) for forAWS IoT Greengrassになっていることを確認します。AWS IoT Greengrassコアソフトウェアは、ハードウェア上で実行され、AWS クラウド。また、エンドツーエンドのテストが AWS IoT Core で実行されます。たとえば、デバイスで MQTT メッセージを送受信して正しく処理できることを確認します。

ハードウェアをに追加するにはAWS Partnerデバイスカタログを使用するには、AWS IoT Greengrass認定スイートを使用して、テストレポートを生成し、AWS IoT。詳細については、「AWS デバイス認定プログラム」を参照してください。

テストデバイスに加えて、AWS IoT Greengrassリソースを作成します (たとえば、AWS IoTのモノ,AWS IoT Greengrassグループ、Lambda 関数など)をAWS アカウント認定プロセスを容易にします。

これらのリソースを作成するには、AWS IoT Greengrassの使用AWSで設定したクレデンシャルをconfig.jsonファイルを使って API コールを実行してください。これらのリソースは、テスト中にさまざまなタイミングでプロビジョニングされます。

IDT をAWS IoT Greengrassを実行するには、次の手順を実行しますAWS IoT Greengrass認定スイートでは、IDT は以下のステップを実行します。

  1. デバイスおよび認証情報の設定をロードして検証します。

  2. 必要なローカルリソースとクラウドリソースを使用して選択したテストを実行します。

  3. ローカルリソースとクラウドリソースをクリーンアップします。

  4. デバイスが資格に必要なテストに合格したかどうかを示すテストレポートを生成します。

テストスイートのバージョン

IDT for AWS IoT Greengrass は、テストをテストスイートとテストグループに整理します。

  • テストスイートは、デバイスが AWS IoT Greengrass の特定のバージョンで動作することを確認するために使用されるテストグループのセットです。

  • テストグループは、Greengrass グループデプロイや MQTT メッセージングなど、特定の機能に関連する個々のテストのセットです。

IDT v3.0.0 以降、テストスイートは major.minor.patch 形式を使用してバージョン管理されます (例: GGQ_1.0.0)。IDT をダウンロードすると、パッケージに最新のテストスイートのバージョンが含まれます。

重要

IDT では、デバイスの認定のために 3 つの最新のテストスイートバージョンをサポートしています。詳細については、「AWS IoT Device Tester for AWS IoT Greengrass のサポートポリシー」を参照してください。

list-supported-products を実行して、現在のバージョンの IDT でサポートされている AWS IoT Greengrass およびテストスイートのバージョンを一覧表示できます。サポートされていないテストスイートのバージョンからのテストは、デバイスの認定には有効ではありません。IDT では、サポートされていないバージョンの認定レポートは印刷されません。

IDT 構成設定の更新

新しいテストでは、新しい IDT 構成設定が導入される可能性があります。

  • その設定がオプションの場合は、IDT は引き続きテストを実行します。

  • その設定が必要な場合は、IDT から通知され、実行が停止します。設定を構成したら、テストの実行を再開します。

    構成設定は、<device-tester-extract-location>/configs フォルダにあります。詳細については、「IDT 設定を構成してAWS IoT Greengrass資格スイート」を参照してください。

更新されたテストスイートのバージョンによって構成設定が追加されると、IDT は <device-tester-extract-location>/configs に元の設定ファイルのコピーを作成します。

テストグループの説明

IDT v2.0.0 and later
コア資格に必要なテストグループ

これらのテストグループは、AWS IoT GreengrassデバイスのAWS Partnerデバイスカタログ。

AWS IoT Greengrass Core 依存関係

デバイスが AWS IoT Greengrass Core ソフトウェアのすべてのソフトウェア要件とハードウェア要件を満たしていることを確認します。

このテストグループの Software Packages Dependencies テストケースは、Docker コンテナでテストする場合は適用されません。

デプロイメント

Lambda 関数をデバイスにデプロイできることを検証します。

MQTT

Greengrass コアと AWS IoT デバイス間のローカル通信をチェックすることで、AWS IoT Greengrass メッセージルーターの機能を検証します。

無線 (OTA)

デバイスが AWS IoT Greengrass Core ソフトウェアの OTA 更新を正常に実行できることを検証します。

このテストグループは、Docker コンテナでテストするときには適用されません。

バージョン

提供されているバージョンの AWS IoT Greengrass が、使用しているバージョンの AWS IoT Device Tester と互換性があることを確認します。

オプションのテストグループ

これらのテストグループはオプションです。オプションのテストの資格を選択すると、デバイスがAWS Partnerデバイスカタログ。

コンテナの依存関係

Greengrass コアのコンテナモードで Lambda 関数を実行するためのすべてのソフトウェア要件とハードウェア要件を満たしているかどうかを検証します。

このテストグループは、Docker コンテナでテストするときには適用されません。

デプロイコンテナ

Lambda 関数をデバイスにデプロイし、Greengrass コアのコンテナモードで実行できることを検証します。

このテストグループは、Docker コンテナでテストするときには適用されません。

Docker 依存関係 (IDT v2.2.0 以降でサポートされています)

Greengrass Docker アプリケーションデプロイコネクタを使用してコンテナを実行するために必要なすべての技術的依存関係をデバイスが満たしていることを検証します。

このテストグループは、Docker コンテナでテストするときには適用されません。

ハードウェアセキュリティ統合 (HSI)

提供された HSI 共有ライブラリがハードウェアセキュリティモジュール (HSM) とやり取りでき、必要な PKCS#11 API を正しく実装することを検証します。HSM および共有ライブラリは、CSR に署名し、TLS オペレーションを実行して、正しいキー長と公開キーアルゴリズムを提供できる必要があります。

ストリームマネージャーの依存関係 (IDT v2.2.0 以降でサポート)

AWS IoT Greengrass ストリームマネージャーを実行するために必要なすべての技術的依存関係をデバイスが満たしていることを検証します。

機械学習の依存関係 (IDT v3.1.0 以降でサポート)

ML 推論をローカルで実行するために必要なすべての技術的依存関係をデバイスが満たしていることを検証します。

機械学習の推論テスト (IDT v3.1.0 以降でサポート)

テスト中の特定のデバイスで ML 推論を実行できることを検証します。詳細については、「オプション: ML 認定のためのデバイスの設定」を参照してください。

機械学習の推論コンテナテスト (IDT v3.1.0 以降でサポート)

テスト中の特定のデバイスで ML 推論を実行でき、Greengrass コアのコンテナモードで実行できることを検証します。詳細については、「オプション: ML 認定のためのデバイスの設定」を参照してください。

IDT v1.3.3 and earlier
コア資格に必要なテストグループ

これらのテストは、AWS IoT GreengrassデバイスのAWS Partnerデバイスカタログ。

AWS IoT Greengrass Core 依存関係

デバイスが AWS IoT Greengrass Core ソフトウェアのすべてのソフトウェア要件とハードウェア要件を満たしていることを確認します。

コンビネーション (デバイスのセキュリティ操作)

クラウド内の Greengrass グループの接続情報を変更することで、Greengrass コアの Device Certificate Manager と IP 検出の動作を検証します。テストグループは、AWS IoT Greengrass サーバー証明書をローテーションし、AWS IoT Greengrass で接続が許可されることを確認します。

デプロイ(IDT v1.2 以前のバージョンで必要)

Lambda 関数をデバイスにデプロイできることを検証します。

Device Certificate Manager (DCM)

AWS IoT Greengrass Device Certificate Manager が起動時にサーバー証明書を生成し、期限切れが近い証明書を更新できることを検証します。

IP 検出 (IPD)

Greengrass コアデバイスでの IP アドレスの変更に応じてコア接続情報が更新されることを検証します。詳細については、「自動 IP 検出をアクティブ化する」を参照してください。

ログ記録

になっていることを確認します。AWS IoT Greengrassログ記録サービスは、Python で記述されたユーザー Lambda 関数を使用してログファイルに書き込むことができます。

MQTT

2 つの Lambda 関数にルーティングされるトピックでメッセージを送信することで、AWS IoT Greengrass メッセージルーターの機能を検証します。

ネイティブ

AWS IoT Greengrass がネイティブの (コンパイルされた) Lambda 関数を実行できることを検証します。

無線 (OTA)

デバイスが AWS IoT Greengrass Core ソフトウェアの OTA 更新を正常に実行できることを検証します。

侵入

検証します。AWS IoT Greengrassハードリンク/ソフトリンクの保護とseccompは有効になっていません。また、他のセキュリティ関連の機能も検証するために使用されます。

シャドウ

ローカルのシャドウとシャドウのクラウド同期機能を検証します。

スプーラー

スプーラーのデフォルト設定を使用して MQTT メッセージをキューに挿入できることを検証します。

Token Exchange Service (TES)

になっていることを確認します。AWS IoT Greengrassそのコア証明書を有効なAWS認証情報。

バージョン

提供されているバージョンの AWS IoT Greengrass が、使用しているバージョンの AWS IoT Device Tester と互換性があることを確認します。

オプションのテストグループ

これらのテストはオプションです。オプションのテストの資格を選択すると、デバイスがAWS Partnerデバイスカタログ。

コンテナの依存関係

コンテナモードで Lambda 関数を実行するために必要なすべての依存関係をデバイスが満たしていることを確認します。

ハードウェアセキュリティ統合 (HSI)

提供された HSI 共有ライブラリがハードウェアセキュリティモジュール (HSM) とやり取りでき、必要な PKCS#11 API を正しく実装することを検証します。HSM および共有ライブラリは、CSR に署名し、TLS オペレーションを実行して、正しいキー長と公開キーアルゴリズムを提供できる必要があります。

ローカルリソースアクセス

のローカルリソースアクセス (LRA) 機能を検証します。AWS IoT Greengrassコンテナ化された Lambda 関数に対して、さまざまな Linux ユーザーやグループが所有するローカルファイルやディレクトリへのアクセスを提供します。AWS IoT GreengrassLRA API。Lambda 関数は、ローカルリソースアクセス設定に基づいて、ローカルリソースへのアクセスを Lambda 関数に許可または拒否する必要があります。

ネットワーク

Lambda 関数からソケット接続を確立できることを検証します。Greengrass コア設定に基づいて、これらのソケット接続を許可または拒否する必要があります。