データソースの設定 - AWS IoT SiteWise

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

データソースの設定

AWS IoT SiteWise Edge ゲートウェイを設定したら、 SiteWise エッジゲートウェイがローカル産業機器から にデータを取り込むことができるようにデータソースを設定できます AWS IoT SiteWise。各ソースは、 SiteWise エッジゲートウェイが接続して産業用データストリームを取得する OPC-UA サーバーなどのローカルサーバーを表します。 SiteWise Edge ゲートウェイの設定の詳細については、「」を参照してくださいAWS IoT Greengrass V1 SiteWise Edge ゲートウェイの設定

注記

AWS IoT SiteWise は、ソースを追加または編集するたびに SiteWise Edge ゲートウェイを再起動します。 SiteWise Edge ゲートウェイは、再起動中にデータを取り込みません。 SiteWise Edge ゲートウェイを再起動する時間は、 SiteWise Edge ゲートウェイのソースのタグの数によって異なります。再起動時間の範囲は、数秒 (タグ数が少ない SiteWise Edge ゲートウェイの場合) から数分 (タグ数が多い SiteWise Edge ゲートウェイの場合) です。

ソースを作成したら、データストリームをアセットプロパティに関連付けることができます。アセットの作成および使用方法の詳細については、産業用アセットのモデリングアセットプロパティへの産業データストリームのマッピング を参照してください。

CloudWatch メトリクスを表示して、データソースが に接続されていることを確認できます AWS IoT SiteWise。詳細については、「AWS IoT Greengrass Version 2 ゲートウェイメトリクス」を参照してください。

現在、 は、次のデータソースプロトコル AWS IoT SiteWise をサポートしています。

  • OPC-UA – 産業オートメーション用の machine-to-machine (M2M) 通信プロトコル。

注記

SiteWise AWS IoT Greengrass V2 現在、 で実行されているエッジゲートウェイは、Modbus TCP およびイーサネット IP ソースをサポートしていません。