AWS IoT Core ハンズオンチュートリアルでサービスを調べる - AWS IoT Core

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS IoT Core ハンズオンチュートリアルでサービスを調べる

このチュートリアルでは、ソフトウェアをインストールし、デバイスが MQTT AWS IoT AWS IoT Core メッセージを送受信できるように接続するのに必要なリソースを作成します。 AWS IoT Coreコンソールの MQTT AWS IoT クライアントにメッセージが表示されます。

このチュートリアルは 20~30 分を要します。IoT デバイスまたは Raspberry Pi を使用している場合、例えばオペレーティングシステムをインストールしてデバイスを設定する必要があるときは、このチュートリアルには時間がかかることがあります。


                「はじめに AWS IoT Core 」ページ。

このチュートリアルは、 AWS IoT Core ルールエンジンやシャドウなどのより高度な機能を引き続き試せるように、使い始めたい開発者に最適です。このチュートリアルでは、クイックスタートチュートリアルよりも手順を詳しく説明することで、他のサービスについて、 AWS IoT CoreAWS また他のサービスとどのように相互作用するかを引き続き学習できるように準備します。簡単な Hello World 体験を探している場合は、AWS IoT クイックコネクトを試してください。 をお試しください。

AWS アカウント AWS IoT と本体の設定が完了したら、次の手順に従ってデバイスを接続し、にメッセージを送信させる方法を確認します。 AWS IoT Core

について詳しくは AWS IoT Core、「What Is AWS IoT Core?」を参照してください。

どのデバイスオプションが最適ですか?

どのオプションを選択すればよいかわからない場合は、どれが最適かを判断するために、次の各オプションのメリットとデメリットのリストを役立ててください。

オプション これは、次の場合には、良い選択肢である場合があります。 これは、次の場合には、良い選択肢ではない場合があります。
Amazon EC2 を使用して仮想デバイスを作成する
  • テストする独自のデバイスがない場合。

  • 自分のシステムにソフトウェアをインストールしたくない場合。

  • Linux OS でテストしたい場合。

  • コマンドラインのコマンドの使用に慣れていません。

  • 追加の AWS 料金を発生させたくない場合。

  • Linux OS ではテストしたくない場合。

Windows、Linux PC、または Mac をデバイスとして使用します。 AWS IoT
  • 追加の AWS 料金を発生させたくない場合。

  • 追加のデバイスを設定したくない場合。

  • パーソナルコンピュータにソフトウェアをインストールしたくない場合。

  • より代表的なテストプラットフォームを必要としている場合。

Raspberry Pi または他のデバイスを接続する
  • AWS IoT 実際のデバイスでテストしたい。

  • テストするデバイスが既にある場合。

  • ハードウェアをシステムに統合した経験がある場合。

  • 試してみるためだけにデバイスを購入したり設定したりしたくない場合。

  • 今のところ、 AWS IoT できるだけ簡単にテストしたい。