Lambda でのコンテナイメージの使用 - AWS Lambda

Lambda でのコンテナイメージの使用

Docker コマンドラインインターフェイス (CLI) などのツールを使用すると、コードと依存関係をコンテナーイメージとしてパッケージ化することができます。その後、Amazon Elastic Container Registry (Amazon ECR) でホストされているコンテナレジストリに、イメージをアップロードできます。

AWSには、関数のコードをコンテナーイメージとしてビルドする際にベースとして使用できるイメージのセットが、オープンソースとして用意されています。また、他のコンテナレジストリから代わりのベースイメージを取得して使用することもできます。AWS には、代わりのベースイメージに追加して Lambda サービスとの互換性を確保するための、オープンソースのランタイムクライアントも用意されています。

さらに AWS では、Docker CLI などのツールを使用して関数をローカルでテストするための、ランタイムインターフェイスエミュレーターも利用できます。

関数をコンテナイメージとしてパッケージ化してデプロイした場合でも、追加料金は発生しません。コンテナーイメージとしてデプロイした関数を呼び出した際に、その呼び出しリクエストと実行時間の長さに応じた課金が行われます。Amazon ECR にコンテナイメージを保存した場合にも料金が発生します。詳細については、Amazon ECR の料金を参照してください。