AWS Lambda
開発者ガイド

AWS Lambda の制限

AWS Lambda では、関数の実行と保存に使用できるコンピューティングおよびストレージリソースの量が制限されます。以下の制限は、リージョンごとに適用され、引き上げることができます。引き上げをリクエストするには、サポートセンターコンソールを使用してください。

リソース デフォルトの制限

同時実行数

1000

関数とレイヤーストレージ

75 GB

Lambda がトラフィックに応じて関数の同時実行をスケーリングする方法の詳細については、「スケーリング動作について」を参照してください。

関数の設定、デプロイ、および実行には、以下の制限が適用されます。変更することはできません。

リソース 制限

関数のメモリ割り当て

128 MB から 3008 MB まで、64 MB ごとに増加できます。

関数タイムアウト

900 seconds (15 分)

関数の環境変数

4 KB

関数リソースベースのポリシー

20 KB

関数レイヤー

5 layers

呼び出しペイロード (リクエストとレスポンス)

6 MB (同期)

256 KB (非同期)

デプロイパッケージサイズ

50 MB (zip 圧縮済み、直接アップロード)

250 MB (解凍、例: レイヤー)

3 MB (コンソールエディタ)

テストイベント (コンソールエディタ)

10

/tmp ディレクトリのストレージ

512 MB

ファイルの説明

1024

実行プロセス/スレッド

1024

AWS Identity and Access Management、Amazon CloudFront (Lambda@Edge)、Amazon Virtual Private Cloud など、他のサービスの制限が Lambda 関数に影響を及ぼすことがあります。詳細については、「AWS のサービスの制限」および「他のサービスで AWS Lambda を使用する」を参照してください。