MediaConvert
ユーザーガイド

AWS Elemental MediaConvert出力に SCTE-35 マーカーを含める

SCTE-35 マーカーは、ダウンストリームシステムが他のコンテンツ (通常は広告またはローカルプログラム) を挿入できる場所を示します。SCTE-35 マーカーをトランスポートストリームと HLS 出力に含めることができます。

AWS Elemental MediaConvert は以下の 2 つの方法のいずれかで SCTE-35 マーカーを出力に含めます。

SCTE-35 マーカーの挿入方法にかかわらず、それらのマーカーが含まれる出力に対して、オプションで以下のことが可能です。

  • SCTE-35 マーカーで示されている広告表示先が示されている間にオーディオと動画がブランクアウトされるようにする。詳細については、「広告表示のブランキングの有効化」を参照してください。

  • HLS 出力の場合は、出力 HLS マニフェストに SCTE-35 の情報が含まれるようにする。詳細については、「SCTE-35 の情報を HLS マニフェストに含める」を参照してください。

    注記

    MediaConvert は、入力マニフェストの情報を処理しません。

デフォルトでは、入力からの SCTE-35 マーカーはパススルーされません。入力または ESAM ドキュメントからのマーカーをパススルーするようにジョブを設定した場合、デフォルトでは、SCTE-35 の情報が HLS マニフェストに含まれたり、広告表示先のブランキングが行われることはありません。

機能の制限

SCTE-35 サポートの制限は以下のとおりです。

  • ESAM XML を使用して挿入ポイントを指定するか、入力からの SCTE-35 メッセージをパススルーできます。両方を行うことはできません。

  • AWS Elemental MediaConvert は time_signal メッセージのみをサポートし、splice_insert メッセージはサポートしていません。

  • SCTE-35 メッセージは以下の出力にのみ挿入されます。

    • [Apple HLS] 出力グループの出力。

    • [コンテナ] に [MPEG-2 Transport Stream (MPEG-2 トランスポートストリーム)] を設定した [File group (ファイルグループ)] 出力グループの出力。

      [Output settings (出力設定)]、[コンテナ] で各出力のコンテナを設定します。

  • MPEG-2、MPEG-4 AVC (H.264)、または HEVC (H.265) のいずれかのコーデックでエンコードされた出力で、ESAM XML ドキュメントで指定した挿入ポイントにのみ、IDR (Instantaneous Decoder Refresh) フレームが適用されます。

    各出力のコーデックを [Encoding settings (エンコード設定)]、[Video (動画)]、[Video codec (動画コーデック)] で設定します。