サンキー図の使用 - Amazon QuickSight

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

サンキー図の使用

サンキー図を使用して、あるカテゴリから別のカテゴリへのフロー、またはあるステージから次のステージへのパスを表示します。

例えば、サンキー図を使うと、ある国から別の国へ移住する人の数を示すことができます。また、サンキー図では、会社のウェブサイトへの訪問者が、あるページから別のページへ移動する際の経路を、途中の潜在的な立ち寄り場所を含めて表示することもできます。

サンキー図のデータ

でサンキー図を作成するには QuickSight、データセットにメジャーと 2 つのディメンション (1 つはソースカテゴリを含むディメンション、もう 1 つは送信先カテゴリを含むディメンション) が含まれている必要があります。

以下の表は、サンキー図のデータの簡単な例を示したものです。

ディメンション (ソース) ディメンション (宛先) 測定 (重量)

A

W

500

A

X

23

A

Y

147

次のサンキー図は、ディメンションと測定がフィールドウェルに追加されたときに作成されます。左側の A ノードは、右側の W、Y、X ノードにリンクしています。ノード間の各リンクの幅は、測定 (重量) 列の値によって決まります。ノードは自動的に順序付けられます。

サンキー図のアイコンのクローズアップ画像。

Amazon でマルチレベルサンキー図を作成するには QuickSight、データセットにメジャーと 2 つのディメンション (1 つはソース用、もう 1 つは送信先用) が含まれている必要がありますが、この場合はデータ値が異なります。

次の表は、2 つの段階を持つマルチレベルのサンキー図の、データの簡単な例です。

ディメンション (ソース) ディメンション (宛先) 測定 (重量)

A

W

500

A

X

23

A

Y

147

W

Z

300

X

Z

5

Y

Z

50

次のサンキー図は、ディメンションと測定がフィールドウェルに追加されたときに作成されます。ここでは、左側の A ノードは中央の W、Y、X ノードにリンクし、W、Y、X ノードは右側の Z ノードにリンクします。ノード間の各リンクの幅は、測定 (重量) 列の値によって決まります。

サンキー図のアイコンのクローズアップ画像。

周期的なデータの使用

場合によっては、サンキー図に使用するデータに、サイクルが含まれることがあります。例えば、Web サイトのページ間のユーザトラフィックのフローを視覚化しているとします。ページ A に来たユーザがページ E に移動し、ページ A に戻ることがわかります。全体の流れは、A-E-A-B-A-E-A のようになります。

データにサイクルが含まれている場合、各サイクルのノードは で繰り返されますQuickSight。例えば、データに A-E-A-B-A-E-A というフローが含まれる場合、次のサンキー図が作成されます。

循環ノードが反復されているサンキー図の画像。

サンキー図用のデータの準備

データセットにソース列または宛先列が含まれていない場合は、それらを含めるようにデータを準備します。新しいデータセットを作成するとき、または既存のデータセットを編集するときに、データを準備します。新しいデータセットの作成およびデータ準備の詳細については、データセットの作成を参照してください。既存のデータセットをデータ準備のために開く方法の詳細については、データセットの編集を参照してください。

次の手順では、サンプルテーブル (以下を参照) を使用して、 でサンキー図のデータを準備する方法を示します QuickSight。表には、カスタマー ID、時間、アクションの 3 つの列があります

カスタマー ID 時間 アクション

1

午前 9 時 5 分

ステップ 1

1

午前 9 時 6 分

ステップ 2

1

午前 9 時 8 分

ステップ 3

2

午前 11 時 44 分

ステップ 1

2

午前 11 時 47 分

ステップ 2

2

午前 11 時 48 分

ステップ 3

このデータ QuickSight を使用して でサンキー図を作成するには、まずソース列と宛先列をテーブルに追加します。次にその手順を説明します。

テーブルに Source (ソース) 列と Destination (宛先) 列を追加するには
  1. Step Number (ステップ番号) 列をテーブルに追加し、各行に番号またはランクを付けます。

    Step Number (ステップ番号) 列の計算方法は複数あります。データソースが SQL と互換性があり、データベースが ROW_NUMBERまたは RANK関数をサポートしている場合は、 でカスタム SQL QuickSight を使用して、ステップ番号列の行を順序付けることができます。でのカスタム SQL の使用の詳細については QuickSight、「」を参照してくださいデータをカスタマイズするための SQL の使用

    カスタマー ID 時間 アクション ステップ番号

    1

    午前 9 時 5 分

    ステップ 1

    1

    1

    午前 9 時 6 分

    ステップ 2

    2

    1

    午前 9 時 8 分

    ステップ 3

    3

    2

    午前 11 時 44 分

    ステップ 1

    1

    2

    午前 11 時 47 分

    ステップ 2

    2

    2

    午前 11 時 48 分

    ステップ 3

    3

  2. Next Row Number (次の行番号) 列を、Step Number (ステップ番号) に 1 を加えた値でテーブルに追加します。

    例えば、テーブルの最初のデータ行では、Step Number (ステップ番号) の値は 1 です。その行の Next Step Number (次のステップ番号) の値を計算するには、その値に 1 を追加します。

    1 + 1 = 2

    テーブルの 2 番目のデータ行の Step Number (ステップ番号) の値は 2 です。したがって、Next Step Number (次のステップ番号) の値は 3 です。

    2 + 1 = 3

    カスタマー ID 時間 アクション ステップ番号 次のステップ番号

    1

    午前 9 時 5 分

    ステップ 1

    1

    2

    1

    午前 9 時 6 分

    ステップ 2

    2

    3

    1

    午前 9 時 8 分

    ステップ 3

    3

    4

    2

    午前 11 時 44 分

    ステップ 1

    1

    2

    2

    午前 11 時 47 分

    ステップ 2

    2

    3

    2

    午前 11 時 48 分

    ステップ 3

    3

    4

  3. テーブルをそれ自体で結合します。

    1. [Join type (結合タイプ)] では、Inner を選択します。

    2. [Join clauses (結合句)] では、次の作業を行います。

      1. [Customer ID (カスタマー ID)] では、カスタマー ID を選択します。

      2. [Next Step Number (次のステップ番号)] では、ステップ番号を選択します。

    でのデータの結合の詳細については、 QuickSight「」を参照してくださいデータの結合

    2 つのテーブルを結合すると、カスタマー ID、時間、アクション、ステップ番号、次のステップ番号の 2 つの列が作成されます。結合の左側にあるテーブルの列は、[Source (ソース)] 列です。結合の右側にあるテーブルの列は、[Destination (宛先)] 列です。

  4. (オプション) ソースと宛先を示すために列名を変更します。

    次に例を示します。

    1. 左側のアクション列の名前をソースに変更します。

    2. 右側のアクション [コピー]列の名前を宛先に変更します。

    3. 左側の時間列の名前を開始時刻に変更します。

    4. 右側の時刻 [コピー]列の名前を終了時刻に変更します。

    これで、データの視覚化の準備が整いました。

サンキー図の作成

サンキー図を作成するには、次の手順に従います。

サンキー図を作成するには
  1. 分析ページで、左側のツールバーの [Visualize (視覚化する)] を選択します。

  2. アプリケーションバーで [Add (追加)] を選択し、[Add visual (ビジュアルを追加)] を選択します。

  3. [Visual types (ビジュアルタイプ)] ペインで、サンキー図のアイコンを選択します。

    サンキー図のアイコンのクローズアップ画像。
  4. ビジュアルの右上隅にあるメニューで、プロパティアイコンを選択します。

  5. プロパティペイン で、送信または送信先 セクションを選択します。

ノード数のカスタマイズ

サンキー図に表示されるノードの数をカスタマイズするには、次の手順に従います。 は最大 100 個の送信元/送信先ノード QuickSight をサポートします。

サンキー図に表示されるノード数をカスタマイズするには
  1. 分析ページで、書式を設定するサンキー図のビジュアルを選択します。

  2. ビジュアルの右上隅にあるメニューで、[Format Visual (ビジュアルのフォーマット)] アイコンを選択します。

  3. 開いているプロパティペインで、送信タブまたは送信先タブを選択します。

  4. [Number of nodes displayed (表示されたノード数)] に数値を入力します。

    サンキー図内のノードが、指定した数値に更新されます。最上位のノードが自動的に表示されます。他のノードは、すべてその他カテゴリに配置されます。

    注記

    ソースノードの数を指定すると、サンキー図全体に表示できるソースノードの数が制御されます。宛先ノードの数を指定すると、ソースノードごとに表示できる宛先ノードの数が制御されます。つまり、サンキー図に複数のソースノードがある場合、宛先ノードの全体数は指定した数よりも多くなります。

    QuickSight は、最大 100 個の送信元/送信先ノードをサポートします。

    例えば、次の サンキー図では、ソースノードが (5 つのうちの) 3 つに制限されるため、図には上位 3 つが表示されています。他の 2 つのソースノードは、[Other (その他)] カテゴリに配置されます。

    削除するには [Other (その他)] カテゴリを選択し、ビュー内でそのカテゴリを選択してから、[Hide “other” categories ([その他] カテゴリを非表示にする)] を選択します。

    サンキー図のアイコンのクローズアップ画像。

サンキー図の機能

以下の表を使って、サンキー図でサポートされている機能を確認します。

機能 サポート対象? 詳細情報
凡例表示の変更 No
タイトル表示の変更 Yes のビジュアルタイプのタイトルとサブタイトル QuickSight QuickSight
軸範囲の変更 No
ビジュアル色の変更 No
要素への注目または要素の除外 Yes

ビジュアル要素へのフォーカス

ビジュアル要素の除外

ソート No
フィールド集計の実行 Yes フィールド集計の変更
ドリルダウンの追加 No
条件付き書式 No