Amazon Rekognition Video の設定 - Amazon Rekognition

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Rekognition Video の設定

保存したビデオで Amazon Rekognition Video API を使用するには、IAM ユーザーと IAM サービスロールを設定して Amazon SNS トピックにアクセスする必要があります。また、Amazon SNS トピックに Amazon SQS キューをサブスクライブする必要があります。

注記

これらの手順を使用して Java または Python を使用した、Amazon S3 バケットに保存されているビデオの分析 (SDK) の例を設定する場合は、ステップ 3、4、5、6 を実行する必要はありません。この例には、Amazon SNS トピックと Amazon SQS キューを作成して設定するコードが含まれています。

このセクションの例では、新しい Amazon SNS トピックを作成します。そのために、複数のトピックへのアクセス権を Amazon Rekognition Video に付与する手順を使用します。既存の Amazon SNS トピックを使用する場合は、既存の Amazon SNS トピックへのアクセス権限の付与ステップ 3 の.

Amazon Rekognition Video を設定するには

  1. をセットアップするAWSAmazon Rekognition Video にアクセスするためのアカウント。詳細については、「ステップ 1: AWS アカウントをセットアップし、IAM ユーザーを作成します。」を参照してください。

    ユーザーに少なくとも以下のアクセス許可があることを確認します。

    • AmazonSQSFullAccess

    • AmazonRekognitionFullAccess

    • AmazonS3FullAccess

    • AmazonSNSFullAccess

  2. 必要な AWS SDK をインストールして設定します。詳細については、「ステップ 2: をセットアップするAWS CLIそしてAWSSDK」を参照してください。

  3. Amazon SNS トピックを作成するを使用してAmazon SNS コンソール。トピック名の先頭に AmazonRekognition を追加します。その Amazon リソースネーム (ARN) をメモします。このトピックが、使用している AWS エンドポイントと同じリージョンにあることを確認します。

  4. Amazon SQS 標準キューを作成するを使用してAmazon SQS コンソール。キューの ARN をメモします。

  5. ステップ 3 で作成したトピックにキューをサブスクライブします。

  6. Amazon SQS キューにメッセージを送信する許可を Amazon SNS トピックに付与する

  7. IAM サービスロールを作成して、Amazon Rekognition Video に Amazon SNS トピックへのアクセス権を付与します。このサービスロールの Amazon リソースネーム (ARN) をメモします。詳細については、「複数の Amazon SNS トピックへのアクセスを許可する」を参照してください。

  8. 次のインラインポリシーを追加します。ステップ 1 で作成した IAM ユーザーに指定します。

    { "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Sid": "MySid", "Effect": "Allow", "Action": "iam:PassRole", "Resource": "arn:Service role ARN from step 7" } ] }

    インラインポリシーに任意の名前を付けます。

  9. これで、「Java または Python を使用した、Amazon S3 バケットに保存されているビデオの分析 (SDK)」と「を使用したビデオの分析AWS Command Line Interface」の例を実行できます。

複数の Amazon SNS トピックへのアクセスを許可する

IAM サービスロールを使用し、作成した Amazon SNS トピックへのアクセス権限を Amazon Rekognition Video に付与します。IAM はRekognitionAmazon Rekognition Video サービスロール作成ユースケース。

Amazon Rekognition Video に複数の Amazon SNS トピックへのアクセスを許可するには、AmazonRekognitionServiceRoleアクセス権限ポリシーとトピック名の先頭にAmazonRekognition— たとえば、AmazonRekognitionMyTopicName

Amazon Rekognition Video を複数の Amazon SNS トピックにアクセスできるようにするには

  1. IAM サービスロールを作成する。以下の情報に従って IAM サービスロールを作成します。

    1. サービス名の Rekognition を選択します。

    2. サービスロールのユースケースの Rekognition を選択します。AmazonRekognitionServiceRole アクセス権限ポリシーが表示されます。AmazonrekognitionServiceRoleは、Amazon Rekognition Video に Amazon SNS トピックへのアクセス権をに付与します。AmazonRekognition

    3. サービスロールに任意の名前を付けます。

  2. サービスロールの ARN をメモしておきます。これは、ビデオ分析のオペレーションを開始する際に必要です。

既存の Amazon SNS トピックへのアクセス権限の付与

既存の Amazon SNS トピックへの Amazon Rekognition Video アクセスを許可するアクセス権限ポリシーを作成できます。

Amazon Rekognition Video に既存の Amazon SNS トピックへのアクセス権を付与するには

  1. IAM JSON ポリシーエディターを使用して新しいアクセス権限ポリシーを作成します。を選択し、以下のポリシーを使用します。置換topicarnは、目的の Amazon SNS トピックの Amazon リソースネーム (ARN) です。

    { "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": [ "sns:Publish" ], "Resource": "topicarn" } ] }
  2. IAM サービスロールを作成する、既存の IAM サービスロールを更新します。以下の情報に従って IAM サービスロールを作成します。

    1. サービス名の Rekognition を選択します。

    2. サービスロールのユースケースの Rekognition を選択します。

    3. 手順 1 で作成したアクセス権ポリシーを添付します。

  3. サービスロールの ARN をメモしておきます。これは、ビデオ分析のオペレーションを開始する際に必要です。