ステップ 2: のセットアップAWS CLIおよびAWSSDK - Amazon Rekognition

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ステップ 2: のセットアップAWS CLIおよびAWSSDK

以下の手順では、以下の例で使用する AWS Command Line Interface (AWS CLI) と AWS SDK をインストールする方法を示します。AWS SDK の呼び出しは、さまざまな方法で認証できます。以下の例では、デフォルトの認証情報プロファイルを使用して AWS CLI コマンドと AWS SDK API オペレーションを呼び出します。

使用可能なのリストについてはAWSリージョン、」のリージョンとエンドポイント()Amazon Web Services 全般のリファレンス

AWS SDK をダウンロードして設定するには、以下の手順に従います。

AWS CLI と AWS SDK をセットアップするには

  1. 使用する AWS CLI と AWS SDK をダウンロードしてインストールします。このガイドでは、AWS CLI、Java、Python、Ruby、Node.js、PHP、.NET、JavaScript の例を示します。AWS SDK のインストールについては、「アマゾン ウェブ サービスのツール」を参照してください。

  2. IAM ユーザーを作成する」で作成したユーザーのアクセスキーを作成します。

    1. AWS Management Console にサインインして、https://console.aws.amazon.com/iam の IAM マネジメントコンソールを開きます。

    2. ナビゲーションペインで [Users] を選択します。

    3. IAM ユーザーを作成する」で作成したユーザーの名前を選択します。

    4. [Security credentials] タブを選択します。

    5. [アクセスキーの作成] を選択します。次に、[.csv ファイルのダウンロード] を選択して、ご使用のコンピュータにアクセスキー ID とシークレットアクセスキーをファイルに保存します。このファイルは安全な場所に保存してください。このダイアログボックスを閉じた後で、シークレットアクセスキーに再度アクセスすることはできません。CSV ファイルをダウンロードしたら、[Close] を選択します。

  3. インストールしている場合、AWS CLIでは、次の操作を行うことができます。ほとんどの認証情報とリージョンを構成するAWS「SDK」aws configureコマンドプロンプトで。それ以外の場合は、以下の手順をすべて行います。

  4. コンピュータでホームディレクトリに移動し .aws ディレクトリを作成します。Linux または macOS のような Unix ベースのシステムでは、次の場所になります。

    ~/.aws

    Windows では、次の場所になります。

    %HOMEPATH%\.aws
  5. .aws ディレクトリで credentials という名前の新しいファイルを作成します。

  6. ステップ 2 で作成した認証情報 CSV ファイルを開き、コンテンツを以下の形式を使用して credentials ファイルにコピーします。

    [default] aws_access_key_id = your_access_key_id aws_secret_access_key = your_secret_access_key

    アクセスキー ID とシークレットアクセスキーはyour_access_key_idおよびaccess_key

  7. Credentials ファイルを保存し、CSV ファイルを削除します。

  8. .aws ディレクトリで config という名前の新しいファイルを作成します。

  9. config ファイルを開き、リージョンを次の形式で入力します。

    [default] region = your_aws_region

    目的の AWS リージョン (例:us-west-2) のregion

    注記

    リージョンを選択しないと、デフォルトで us-east-1 が使用されます。

  10. config ファイルを保存します。

次のステップ

ステップ 3: を使用した開始方法AWS CLIおよびAWSSDKAPI