ステップ 2. 作成 Amazon SageMaker ノートブック インスタンス - Amazon SageMaker

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

ステップ 2. 作成 Amazon SageMaker ノートブック インスタンス

Amazon SageMaker ノートブックインスタンスは、Jupyter ノートブックアプリを実行している完全マネージド型機械学習 (ML) Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) コンピューティングインスタンスです。Notebook インスタンスを使用して、データの準備および処理や、機械学習モデルのトレーニングとデプロイに使用できる Jupyter ノートブックを作成および管理します。詳細については、データの調査、分析、処理 を参照してください。

注記

必要に応じて、後で ML コンピューティングインスタンスタイプを含むノートブックインスタンス設定を変更できます。

SageMaker ノートブックインスタンスを作成するには

  1. Amazon SageMaker コンソール (https://console.aws.amazon.com/sagemaker/) を開きます。

  2. [ノートブックインスタンス] を選択して、[ノートブックインスタンスの作成] を選択します。

  3. [ノートブックインスタンスの作成] ページに、以下の情報を入力します (フィールドが記載されていない場合は、デフォルト値のままにします)。

    1. [ノートブックインスタンス名] に、ノートブックインスタンスの名前を入力します。

    2. 対象: インスタンスタイプ、選択 ml.t2.medium。 これは、ノートブック・インスタンスがサポートする最も安価なインスタンス・タイプであり、この演習で十分です。

    3. [IAM ロール] で、[新しいロールの作成]、[ロールの作成] の順に選択します。

    4. ノートブックインスタンスの作成を選択します。

      数分で Amazon SageMaker は ML コンピューティングインスタンス (この場合は、ノートブックインスタンス) を起動し、ML ストレージボリュームをアタッチします。ノートブックインスタンスには、事前設定された Jupyter ノートブックサーバと一連の Anaconda ライブラリがあります。

次のステップ

ステップ 3. Jupyter ノートブックの作成.