入力データ - アマゾン SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

入力データ

入力データは、ワークフォースに送信してラベル付けされるデータオブジェクトです。ラベル付けのためにデータオブジェクトをGround Truth に送信する方法には、次の 2 つがあります。

  • 入力マニフェストファイルを使用して、ラベル付けが必要なデータオブジェクトのリストを送信する。

  • 個々のデータオブジェクトを、永続的に実行されているストリーミングラベル付けジョブにリアルタイムで送信する。

一度だけラベル付けする必要があるデータセットがあり、継続的なラベル付けジョブを必要としない場合は、入力マニフェストファイルを使用して標準のラベル付けジョブを作成します。

開始後に新しいデータオブジェクトをラベル付けジョブに定期的に送信する場合は、ストリーミングラベル付けジョブを作成します。ストリーミングラベル付けジョブを作成する場合、必要に応じて、入力マニフェストファイルを使用し、ジョブの開始時にすぐにラベル付けするデータのグループを指定できます。新しいデータオブジェクトは、アクティブである限り、ストリーミングラベル付けジョブに継続的に送信できます。

注記

ストリーミングラベル付けジョブは、SageMaker API を通じてのみサポートされます。SageMaker コンソールを使用してストリーミングラベル付けジョブを作成することはできません。

次のタスクタイプには、特別な入力データの要件とオプションがあります。