静的な認証情報 - AWSSDK とツール

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

静的な認証情報

静的クレデンシャルの基本については、を参照してください。AWS アカウントルートユーザーの認証情報と IAM ユーザーの認証情報そしての理解と取得AWS資格情報Amazon Web Services 全般リファレンス

-AWSSDK は自動的にこれらを使用しますAWSAPI リクエストに署名するための認証情報AWS。これにより、ワークロードがAWSリソースとデータを安全かつ便利に。IAM ロールを使用する場合、これらの一時的なAWS認証情報は、1 日に複数回更新されます。

注記

もしAWSこれらの一時的な認証情報を更新できなくなり、AWSは、ワークロードに影響を与えないように、認証情報の有効性を拡張する場合があります。

の共有AWS credentialsファイルは、アプリケーションのソースディレクトリ外にあり、共有の SDK 固有の設定とは分離されているため、認証情報情報を格納するための推奨場所です。configファイルを開きます。

この機能を設定するには、以下を使用します。

aws_access_key_id-共有AWS configファイルの設定
aws_access_key_id-共有AWS credentialsファイルの設定(推奨方法)
AWS_ACCESS_KEY_ID-環境変数

を指定します。AWSユーザーを認証するための認証情報の一部として使用するアクセスキー。

aws_secret_access_key-共有AWS configファイルの設定
aws_secret_access_key-共有AWS credentialsファイルの設定(推奨方法)
AWS_SECRET_ACCESS_KEY-環境変数

を指定します。AWSユーザーを認証するための認証情報の一部として使用するシークレットキー。

aws_session_token-共有AWS configファイルの設定
aws_session_token-共有AWS credentialsファイルの設定(推奨方法)
AWS_SESSION_TOKEN-環境変数

を指定します。AWSユーザーを認証するための認証情報の一部として使用するセッショントークン。セッショントークンは、一時的なセキュリティ認証情報を手動で指定する場合にのみ必要です。この値は、ロールを引き受けるための正常なリクエストによって返された一時的な認証情報の一部として受け取ります。

でこれらの必須値を設定する例configまたはcredentialsfile:

[default] aws_access_key_id = AKIAIOSFODNN7EXAMPLE aws_secret_access_key = wJalrXUtnFEMI/K7MDENG/bPxRfiCYEXAMPLEKEY aws_session_token = AQoEXAMPLEH4aoAH0gNCAPy...truncated...zrkuWJOgQs8IZZaIv2BXIa2R4Olgk

コマンドラインで環境変数を設定するLinux/macOS の例:

export AWS_ACCESS_KEY_ID=AKIAIOSFODNN7EXAMPLE export AWS_SECRET_ACCESS_KEY=wJalrXUtnFEMI/K7MDENG/bPxRfiCYEXAMPLEKEY export AWS_SESSION_TOKEN=AQoEXAMPLEH4aoAH0gNCAPy...truncated...zrkuWJOgQs8IZZaIv2BXIa2R4Olgk

コマンドラインで環境変数を設定するWindowsの例:

setx AWS_ACCESS_KEY_ID AKIAIOSFODNN7EXAMPLE setx AWS_SECRET_ACCESS_KEY wJalrXUtnFEMI/K7MDENG/bPxRfiCYEXAMPLEKEY setx AWS_SESSION_TOKEN AQoEXAMPLEH4aoAH0gNCAPy...truncated...zrkuWJOgQs8IZZaIv2BXIa2R4Olgk

との互換性AWSSDK

次の SDK は、このページで説明されている機能と設定をサポートしています。一部の例外が記載されています。

SDK サポート対象 メモまたは詳細情報
AWS CLI v2 はい
SDK for C++ はい 共有したconfigファイルはサポートされていません。
SDK for Go V2 (1.x) はい
SDK for Go 1.x (V1) はい
SDK for Java 2.x はい
SDK for Java 1.x はい
向け SDKJavaScript3.x はい
向け SDKJavaScript2.x はい
SDK for .NET 3.x はい 環境変数はサポートされていません。
SDK for PHP 3.x はい
SDK for Python (Boto3) はい
SDK for Ruby 3.x はい