AWS 認証情報のセットアップ - AWS Serverless Application Model

AWS 認証情報のセットアップ

AWS SAM コマンドラインインターフェイス (CLI) では、CLI がユーザーに代わって AWS のサービスを呼び出すことができるように、AWS 認証情報を設定する必要があります。例えば、AWS SAM CLI は Amazon S3 と AWS CloudFormation を呼び出します。

AWS のツール (AWS SDK の 1 つ、または AWS CLI など) での作業のために、AWS 認証情報がすでに設定されている場合もありますが、まだ設定されていない場合は、このトピックが AWS 認証情報を設定するために推奨されるアプローチを説明します。

AWS 認証情報を設定するには、設定する IAM ユーザーのアクセスキー IDシークレットアクセスキーが必要です。アクセスキー ID とシークレットアクセスキーについては、IAM ユーザーガイドの「IAM ユーザーのアクセスキーの管理」を参照してください。

次に、AWS CLI がインストール済みかどうかを判断します。その後、以下のいずれかのセクションに記載されている手順を実行します。

AWS CLI を使用する場合

AWS CLI がインストール済みの場合は、aws configure コマンドを実行して、プロンプトに従います。

$ aws configure AWS Access Key ID [None]: your_access_key_id AWS Secret Access Key [None]: your_secret_access_key Default region name [None]: Default output format [None]:

aws configure コマンドの詳細については、AWS Command Line Interface ユーザーガイドAWS CLI の素早い設定を参照してください。

AWS CLI を使用しない場合

AWS CLI がインストールされていない場合は、認証情報ファイルを作成する、または環境変数を設定することができます。

  • 認証情報ファイル - ローカルシステムの AWS 認証情報ファイルに認証情報を設定できます。このファイルは、以下の場所のいずれかにある必要があります。

    • Linux または macOS の ~/.aws/credentials

    • Windows の C:\Users\USERNAME\.aws\credentials

    このファイルには以下の形式の行が含まれている必要があります。

    [default] aws_access_key_id = your_access_key_id aws_secret_access_key = your_secret_access_key

     

  • 環境変数 - AWS_ACCESS_KEY_IDAWS_SECRET_ACCESS_KEY の環境変数を設定できます。

    Linux または macOS でこれらの変数を設定するには、export コマンドを使用します。

    export AWS_ACCESS_KEY_ID=your_access_key_id export AWS_SECRET_ACCESS_KEY=your_secret_access_key

    Windows でこれらの変数を設定するには、set コマンドを使用します。

    set AWS_ACCESS_KEY_ID=your_access_key_id set AWS_SECRET_ACCESS_KEY=your_secret_access_key