Amazon Simple Email Service
開発者ガイド

専用 IP プールの作成

Amazon SES で使用する複数の専用 IP アドレスを購入した場合、それらのアドレスのグループを作成できます。これらのグループは専用 IP プールと呼ばれます。一般的なシナリオは、マーケティング E メール送信用と取引 E メール送信用に専用 IP アドレスのプールをそれぞれ作成することです。取引 E メールの送信者の評価はマーケティング E メールの送信者の評価とは切り離されています。このシナリオでは、マーケティングキャンペーンで多数の苦情が発生した場合、取引 E メールの配信には影響しません。

このセクションでは、専用 IP プールを作成する手順について説明します。

注記

すべての Amazon SES 顧客が共有する IP アドレスのプールを使用する設定セットを作成することもできます。共有 IP プールは、通常の送信動作と異なる E メールを送信する必要がある場合に便利です。設定セットで共有 IP プールを使用する方法については、「IP プールの管理」を参照してください。

Amazon SES コンソールを使用して専用 IP プールを作成する

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインして、Amazon SES コンソール (https://console.aws.amazon.com/ses/) を開きます。

  2. 画面左側のナビゲーションペインで、[Email Sending] の下の [Dedicated IPs] を選択します。

  3. [Create a New IP Pool] を選択します。

  4. [IP Pool Name] ページの [Pool name] で、専用 IP プールを表す名前を入力し、[Next] を選択します。

  5. [Add Dedicated IPs] ページで、プールに追加する各 IP アドレスの横にあるチェックボックスをオンにして、[Next] を選択します。

    注記

    プールにまだ割り当てられていない専用 IP アドレスは、[ses-default-dedicated-pool] に表示されます。

    各専用 IP アドレスが属することができるのは、1 つのプールのみです。選択した専用 IP アドレスが別のプールに関連付けられている場合は、その設定は上書きされ、アドレスは作成中のプールに関連付けられます。

  6. [Assign to a configuration set] ページで、次のいずれかを実行します。

    • [Add this pool to an existing configuration set] を選択して、専用 IP プールを既存の設定セットに関連付けます。次に、[Existing configuration sets] で、IP プールを関連付ける設定セットを選択します。

    • [Create a new configuration set] を選択して設定セットを作成し、これに専用 IP プールを関連付けます。[Configuration set name] に、設定セットを表す名前を入力します。

    終了したら、[Next] を選択します。

  7. [Review] ページで、専用 IP プールの設定を確認します。IP プールを作成する準備ができたら、[Create] を選択します。