リージョンと Amazon SES - Amazon Simple Email Service

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

リージョンと Amazon SES

Amazon SES は、世界中のいくつかの AWS リージョンで利用できます。各リージョンで、AWS は複数のアベイラビリティーゾーンを維持しています。これらのアベイラビリティーゾーンは物理的に相互に分離されていますが、低レイテンシーで高スループットの冗長性に優れたプライベートネットワーク接続で統合されています。これらのアベイラビリティーゾーンにより、非常に高いレベルの可用性と冗長性を提供しながら、レイテンシーを最小限に抑えています。

すべての Amazon SES 局所エンドポイント、を参照 Amazon Simple Email Service エンドポイントとクォータアマゾン ウェブ サービス全般のリファレンス. 各リージョンで利用できるアベイラビリティーゾーンの数の詳細については、「AWS グローバルインフラストラクチャ」を参照してください。

このセクションには、複数の AWS リージョンで Amazon SES を使用する場合に知っている必要がある情報が含まれています。必要事項は以下のとおりです。

以下に関する一般的な情報: AWS 地域、を参照 AWS 領域とエンドポイントAWS General Reference。

Amazon SES 領域とエンドポイント

Amazon Simple Email Service (Amazon SES) を使用して E メールを送信する場合は、Amazon SES API または SMTP インターフェイス用のエンドポイントを提供する URL に接続します。AWS General Referenceには、Amazon SES 経由でメールを送受信するために使用するエンドポイントの完全なリストが含まれています。詳細については、『Amazon Simple Email ServiceAmazon SES』の「 (AWS General Reference)」を参照してください。

Amazon SES 経由で E メールを送信する際に、API (HTTPS) エンドポイント列の URL を使用して Amazon SES API に対して HTTPS リクエストを行うことができます。また、SMTP エンドポイント列の URL を使用して、SMTP インターフェイスを使用して E メールを送信することもできます。

ドメインに送信された E メールを受信するように Amazon SES を設定している場合は、ドメインの DNS 設定でメールエクスチェンジャ (MX) レコードをセットアップする際に、インバウンド SMTP エンドポイント URL (「inbound-smtp」で始まる URL) を使用できます。

注記

インバウンド SMTP URL は、IMAP サーバーアドレスではありません。つまり、Outlook などのアプリケーションを使用した E メールの受信に使用することはできません。受信メール用の IMAP サーバーを提供するサービスについては、「Amazon WorkMail」を参照してください。

サンドボックスと送信制限が増加

アカウントのサンドボックスステータスは AWS リージョン間で異なる状態にできます。つまり、アカウントが 米国西部 (オレゴン) リージョンのサンドボックスから削除されても、米国東部(バージニア北部) リージョンのサンドボックスには、そのリージョンのサンドボックスからも削除しない限り残っています。

送信制限も、AWS リージョンごとに別のものにすることができます。たとえば、欧州 (アイルランド) リージョンではアカウントが 1 秒あたり 10 件のメッセージを送信できる場合に、別のリージョンでは送信できるメッセージをそれよりも多くすることも少なくすることもできます。

サンドボックスからアカウントを削除するリクエストを送信する場合、またはアカウントの送信クォータを増やすリクエストを送信する場合、リクエストが適用されるすべての AWS リージョンを選択していることを確認してください。単一のサポートセンターのケースで複数のリクエストを送信できます。

メールアドレスとドメインの確認

Amazon SES を使用してメールを送信する前に、E メールの送信元となるアドレスまたはドメインを所有していることを検証する必要があります。E メールアドレスおよびドメインの検証ステータスも、AWS リージョン間で異なります。たとえば、米国西部 (オレゴン) リージョンでドメインを検証する場合、米国東部(バージニア北部) リージョンでドメインの検証プロセスを再び完了するまで、そのリージョンではそのドメインを E メールの送信に使用することはできません。E メールアドレスとドメインの検証については、「Amazon SES の ID の検証」を参照してください。

Easy DKIM

Easy DKIM を使用する各リージョンで、Easy DKIM のセットアッププロセスを実行する必要があります。つまり、各リージョンで、Amazon SES コンソールまたは Amazon SES API を使用して TXT レコードを生成する必要があります。次に、すべての TXT レコードを、ドメインの DNS 設定に追加する必要があります。Easy DKIM のセットアップの詳細については、「Amazon SES の Easy DKIM」を参照してください。

サプレッションリスト

各地域には個別のグローバル抑制リストがありますが、1つの地域のグローバル抑制リストからアドレスを削除すると、 Amazon SES は、すべての地域のグローバル抑制リストからアドレスを削除します。サプレッションリストからアドレスを削除するには、Amazon SES コンソールを使用します。サプレッションリストからアドレスを削除する方法の詳細については、「Amazon SES グローバルサプレッションリストの使用」を参照してください。

フィードバック通知

複数のリージョンでのフィードバック通知のセットアップについては、重要な点が 2 つあります。

  • フィードバックを E メールで受信するか Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) を通じて受信するかなど、検証されたアイデンティティ設定は、それを設定したリージョンのみに適用されます。たとえば、user@example.com を 米国西部 (オレゴン) および 米国東部(バージニア北部) リージョンで検証し、バウンスメールを Amazon SNS 通知によって受信する場合、Amazon SES API または Amazon SES コンソールを使用して、user@example.com の Amazon SNS フィードバック通知を両方のリージョンで設定する必要があります。

  • フィードバック転送に使用する Amazon SNS トピックは、Amazon SES を使用するのと同じリージョンにある必要があります。

SMTP 認証情報

Amazon SES SMTP インターフェイスを介して E メールを送信するために使用する認証情報は、各 AWS リージョンに固有のものです。Amazon SES SMTP インターフェイスを使用して複数のリージョンに E メールを送信する場合は、各リージョンで SMTP 認証情報のセットを生成する必要があります。

注記

2019年1月10日以前にSMTP認証情報を作成した場合は、 AWS 署名。セキュリティ上の理由から、この日付より前に作成した資格情報を削除し、新しい資格情報に置き換える必要があります。古い認証情報は、IAM コンソールを使用して削除できます。

ドメインからのカスタムメール

異なる複数の AWS リージョン内の検証済みのアイデンティティに対して、同じカスタムの MAIL FROM ドメインを使用することができます。このように使用する場合も、MAIL FROM ドメインの DNS サーバーに MX レコードを 1 件のみ公開する必要があります。このような状況では、バウンス通知は MX レコードで最初に指定されたリージョンの Amazon SES フィードバックエンドポイントに送信されます。次に、Amazon SES はバウンスを E メールの送信元のリージョン内の検証済みアイデンティティにリダイレクトします。

いずれかのリージョン内のアイデンティティに対して、カスタムの MAIL FROM の設定プロセス中に Amazon SES から提供される MX レコード設定を使用します。カスタム MAIL FROM のセットアッププロセスについては、「カスタムの MAIL FROM ドメインの設定」を参照してください。参照用として、すべてのリージョンのフィードバックエンドポイントを次の表に示します。

リージョン名 カスタム MAIL FROM 送信設定のフィードバックエンドポイント

米国東部 (オハイオ)

feedback-smtp.us-east-2.amazonses.com

米国東部(バージニア北部)

feedback-smtp.us-east-1.amazonses.com

米国西部 (オレゴン)

feedback-smtp.us-west-2.amazonses.com

アジアパシフィック (ムンバイ)

feedback-smtp.ap-south-1.amazonses.com

アジアパシフィック (ソウル)

feedback-smtp.ap-northeast-2.amazonses.com

アジアパシフィック (シンガポール)

feedback-smtp.ap-southeast-1.amazonses.com

アジアパシフィック (シドニー)

feedback-smtp.ap-southeast-2.amazonses.com

アジアパシフィック (東京)

feedback-smtp.ap-northeast-1.amazonses.com

カナダ (中部)

feedback-smtp.ca-central-1.amazonses.com

欧州 (フランクフルト)

feedback-smtp.eu-central-1.amazonses.com

欧州 (アイルランド)

feedback-smtp.eu-west-1.amazonses.com

欧州 (ロンドン)

feedback-smtp.eu-west-2.amazonses.com

南米 (サンパウロ)

feedback-smtp.sa-east-1.amazonses.com

AWS GovCloud (US)

feedback-smtp.us-gov-west-1.amazonses.com

承認を送信中

代理送信者は、アイデンティティ所有者のアイデンティティが検証された AWS リージョンからのみ、E メールを送信できます。代理送信者にアクセス許可を付与する承認の送信ポリシーは、そのリージョンのアイデンティティにアタッチする必要があります。送信承認の詳細については、「Amazon SES での送信承認の使用」を参照してください。

E メールの受信

Amazon S3 バケットを除き、Amazon SES で E メールの受信に使用するすべての AWS リソースは、Amazon SES エンドポイントと同じ AWS リージョンに存在する必要があります。たとえば、米国西部 (オレゴン) リージョンで Amazon SES を使用する場合、使用する Amazon SNS トピック、AWS KMS キー、Lambda 関数も 米国西部 (オレゴン) リージョン内に存在する必要があります。同様に、リージョン内で Amazon SES により E メールを受信するには、そのリージョン内にアクティブな受信ルールセットを作成する必要があります。

次の表は、E メールの受信が Amazon SES でサポートされているすべての AWS リージョンでの E メール受信エンドポイントの一覧です。

リージョン名 E メール受信エンドポイント

米国東部(バージニア北部)

inbound-smtp.us-east-1.amazonaws.com

米国西部 (オレゴン)

inbound-smtp.us-west-2.amazonaws.com

欧州 (アイルランド)

inbound-smtp.eu-west-1.amazonaws.com

注記

Amazon SES は、次の地域での電子メール受信をサポートしていません: 米国東部 (オハイオ)、 アジアパシフィック (ムンバイ)、 アジアパシフィック (ソウル)、 アジアパシフィック (シンガポール)、 アジアパシフィック (シドニー)、 アジアパシフィック (東京)、 カナダ (中部)、 欧州 (フランクフルト)、 欧州 (ロンドン)、 南米 (サンパウロ)、および AWS GovCloud (US).

Amazon SES に関するさまざまなトピックについての情報やディスカッションについては、AWS メッセージングおよびターゲティングブログ を参照してください。お問い合わせを参照あるいは発信するには「Amazon SES フォーラム」をご覧ください。