Amazon Simple Email Service
開発者ガイド

Amazon SES によるメール受信のメトリクスの表示

Amazon CloudWatch (CloudWatch) を使用して、受信ルールの失敗に関するメトリクスを表示できます。メトリクスは [SES/Rule Metrics] で確認できます。

失敗に関するメトリクスは 2 つあります。

  • PublishFailure – 構成されたアクションを Amazon SES が実行しようとしたときにエラーが発生しました。

  • PublishExpired – 構成されたアクションを Amazon SES が実行しようとしたときにエラーが発生し、Amazon SES は当該 E メールの配信をそれ以上再試行しません。この失敗は、永続的な場合もあれば一時的な場合もあります。4 時間以内にアクションが成功しなかったため、Amazon SES はこれ以上再試行しません。

これらのエラーは、たとえば、いずれかの受信ルールのアクションで使用するよう設定されている Amazon S3 バケット、Amazon SNS トピック、Lambda 関数に対するアクセス許可を削除したか取り消した場合に、発生することがあります。

重要

受信ルールセットを修正するために行う変更は、更新後に Amazon SES が受信する E メールにのみ適用されます。E メールの評価は常に、その E メールが受信された時点で有効な受信ルールセットに対して行われます。

次の図は、CloudWatch コンソールに表示されたメトリクスを示します。


			CloudWatch で表示した受信ルールのエラー。