Amazon SES API を使用して E メールを送信する - Amazon Simple Email Service

Amazon SES API を使用して E メールを送信する

Amazon SES を介して本稼働 E メールを送信する場合には、Simple Mail Transfer Protocol(SMTP)インターフェイスまたは Amazon SES API を使用できます。SMTP インターフェイスの詳細については、「Amazon SES SMTP インターフェイスを使用した E メールの送信」を参照してください。このセクションでは、API を使用して E メールを送信する方法について説明します。

また、Amazon SES API を使用して E メールを送信することもできます。API を使用して E メールを送信する場合は、メッセージの内容を指定し、Amazon SES は MIME E メールを組み立てます。また、メッセージの内容を完全に制御できるように、E メールを自分で構成することもできます。API の詳細については、「Amazon Simple Email Service API Reference」を参照してください。Amazon SES が使用可能な AWS リージョンのエンドポイント URL のリストについては、AWS General Reference の「Amazon Simple Email Service エンドポイントとクォータ」を参照してください。

以下の方法で API を呼び出すことができます。

  • 直接 HTTPS リクエストを作成する—これは、リクエストの認証と署名を手動で処理し、リクエストを手動で作成する必要があるため、最も高度な方法です。リクエストの実行方法の詳細については、「Amazon SES API の使用」を参照してください。

  • AWS SDK を使用する — AWSSDK を使用して、Amazon SES を含む複数の AWS サービスの API にアクセスできます。SDK を使用すると、認証、リクエスト署名、再試行ロジック、エラー処理などの低レベルの機能が自動的に実行されるため、充実したアプリケーションの構築に専念できます。

  • コマンドラインインターフェイスを使用する — AWS Command Line Interface は、Amazon SES 用のコマンドラインツールです。さらに、PowerShell 環境でのスクリプト作成用に AWS Tools for Windows PowerShell も用意しています。

Amazon SES API に直接アクセスする場合であれ、AWS SDK、AWS Command Line Interface、または AWS Tools for Windows PowerShell を介して間接的にアクセスする場合であれ、Amazon SES API では、E メールメッセージの構成に対する制御の程度に応じて、2 つの方法で E メールを送信できます。

  • フォーマット済み — Amazon SES は、正しくフォーマットされた E メールメッセージを構成して送信します。ユーザーは、送信元と宛先のアドレス、件名、メッセージ本文を入力するだけです。その他はすべて Amazon SES が処理します。詳細については、「Amazon SES API を使用してフォーマット済み E メールを送信する」を参照してください。

  • Raw — E メールメッセージを手動で構成して送信します。自分で E メールヘッダーおよび MIME の種類を指定します。E メールのフォーマット作業を自分で行った経験があれば、raw インターフェイスにより、メッセージの構成をより詳細に制御できます。詳細については、「Amazon SES API を使用して raw E メールを送信する」を参照してください。