Step Functions を使用して Amazon SNS を呼び出す - AWS Step Functions

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Step Functions を使用して Amazon SNS を呼び出す

Step Functions、特定の制御することができますAWS『Amazon ステートメント言語』の「」を参照してください。の使用方法の詳細については、「」を参照してください。AWS Step Functionsとの統合に関する詳細については、以下を参照してください。

最適化された Amazon SNS 統合と Amazon SNS の違いAWSSDK統合

最適化はありません。リクエストレスポンスまたはタスクトークンのコールバックまで待機する統合パターン。

サポートされる Amazon SNS API:

注記

Step Functions には、タスクの最大の入力または結果データサイズのクォータがあります。これにより、別のサービスとの間でデータを送受信するときに、UTF-8 でエンコードされた文字列として 262,144 バイトのデータに制限されます。「ステートマシンの実行に関連するクォータ」を参照してください。

以下には、が含まれます。Task状態を Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) トピックに発行します。

{ "StartAt": "Publish to SNS", "States": { "Publish to SNS": { "Type": "Task", "Resource": "arn:aws:states:::sns:publish", "Parameters": { "TopicArn": "arn:aws:sns:us-east-1:123456789012:myTopic", "Message.$": "$.input.message", "MessageAttributes": { "my_attribute_no_1": { "DataType": "String", "StringValue": "value of my_attribute_no_1" }, "my_attribute_no_2": { "DataType": "String", "StringValue": "value of my_attribute_no_2" } } }, "End": true } } }

動的値を渡す。上記の例を変更して、この JSON ペイロードから属性を動的に渡すことができます。

{ "input": { "message": "Hello world" }, "SNSDetails": { "attribute1": "some value", "attribute2": "some other value", } }

追加するには.$StringValuefield:

"MessageAttributes": { "my_attribute_no_1": { "DataType": "String", "StringValue.$": "$.SNSDetails.attribute1" }, "my_attribute_no_2": { "DataType": "String", "StringValue.$": "$.SNSDetails.attribute2" }

以下には、が含まれます。Task状態は、Amazon SNS トピックに発行され、その後タスクトークンが返されるまで待機します。「タスクトークンのコールバックまで待機する」を参照してください。

{ "StartAt":"Send message to SNS", "States":{ "Send message to SNS":{ "Type":"Task", "Resource":"arn:aws:states:::sns:publish.waitForTaskToken", "Parameters":{ "TopicArn":"arn:aws:sns:us-east-1:123456789012:myTopic", "Message":{ "Input.$":"$", "TaskToken.$":"$$.Task.Token" } }, "End":true } } }

他のででを使用してを設定する方法については、「Step Functions」を設定する方法の詳細については、AWSサービスの詳細については、」統合サービスの IAM ポリシー