AWS Step Functions
開発者ガイド

ご利用開始にあたって

このチュートリアルでは、AWS Step Functions の基本操作について説明します。独立して動作し、Pass 状態を使用する、シンプルなステートマシンを作成します。Pass 状態は no-op (オペレーションのない命令) を表します。

ステップ 1: ステートマシンを作成する

Step Functions には、さまざまな定義済みステートマシンがテンプレートとして用意されています。Hello World テンプレートを使用して、最初のステートマシンを作成します。

ステートマシンを作成するには

  1. Step Functions コンソールにサインインし、[Get Started] を選択します。

  2. [Create a state machine] (ステートマシンの作成) ページで、[Templates] (テンプレート)、[Hello world] の順に選択します。

    
              Hello world

    Step Functions によって、ステートマシンの名前が自動的に入力されます。また、[Code] ペインに、ステートマシンの Amazon ステートメント言語 記述が挿入されます。

    { "Comment": "A Hello World example of the Amazon States Language using a Pass state", "StartAt": "HelloWorld", "States": { "HelloWorld": { "Type": "Pass", "Result": "Hello World!", "End": true } } }

    この JSON テキストは HelloWorld という名前の Pass 状態を定義します。詳細については、「State Machine Structure」を参照してください。

  3. [Visual Workflow] のグラフを使用して、Amazon ステートメント言語 コードでステートマシンが正しく記述されていることを確認します。

    
              ビジュアルワークフロー

    グラフが表示されない場合は、[Visual Workflow] ペインの 
       refresh
    を選択します。

  4. IAM ロールを作成または入力します。

    • Step Functions 用の新しい IAM ロールを作成するには、[自分のロールの作成] を選択し、[I acknowledge that Step Functions will create an IAM role which allows access to my Lambda functions (Step Functions が Lambda 関数へのアクセスを許可する IAM ロールを作成することに同意します)] を選択します。

    • Step Functions 用の IAM ロールを以前に作成している場合は、[IAM ロール ARN を指定します] を選択し、既存の [IAM ロール ARN] を入力します。

    注記

    Step Functions によって作成された IAM ロールを削除すると、Step Functions で後で再作成することはできません。同様に、ロールを変更すると (たとえば、IAM ポリシーのプリンシパルから Step Functions を削除するなど)、後で Step Functions でそれを元の設定に復元することはできません。

  5. [Create State Machine] を選択します。

ステップ 2: 新しい実行の開始

ステートマシンを作成した後、実行を開始できます。

新しい実行を開始するには

  1. [Helloworld] ページで [新しい実行]、または、以前に実行を開始している場合に [実行の開始] を選択します。

    [New execution] ウィンドウが表示されます。

  2. (オプション) 実行を特定できるように、[Enter an execution name] (実行名を入力) ボックスでその ID を指定できます。ID を入力しない場合、Step Functions は自動的に一意の ID を生成します。

    注記

    Step Functions では、ASCII 以外の文字を含むステートマシン、実行、およびアクティビティの名前を作成することができます。これらの ASCII 以外の文字は Amazon CloudWatch では使用できません。CloudWatch メトリクスを追跡できるようにするには、ASCII 文字のみを使用する名前を選択します。

  3. [実行の開始] を選択します。

    ステートマシンの新しい実行が開始され、実行中の実行が表示されている新しいページが表示されます。

  4. (省略可能) [Execution Details] セクションで、[Info] タブを選択して [Execution Status] および [Started] と [Closed] のタイムスタンプを確認します。

  5. 実行結果を表示するには、[Output] タブを選択します。

    
              ステートマシンの結果

手順 3 : (オプション) ステートマシンを更新する

今後の実行用にステートマシンを更新できます。

注記

Step Functions でのステートマシンの更新は、結果的に整合します。数秒以内に行われるすべての実行で、更新された定義と roleArn が使用されます。ステートマシンを更新したすぐ後に開始された実行では、前のステートマシン定義と roleArn が使用されることがあります。

ステートマシンを更新するには

  1. [Helloworld] ページで、[Edit] (編集) を選択します。

    [Edit] ページが表示されます。

  2. [Code] ペインで、ステートマシンの Amazon ステートメント言語 記述を編集します。Result を更新して Hello World has been updated! と表示されるようにします。

    { "Comment": "A Hello World example of the Amazon States Language using a Pass state", "StartAt": "HelloWorld", "States": { "HelloWorld": { "Type": "Pass", "Result": "Hello World has been updated!", "End": true } } }
  3. (オプション) [IAM role for executions] リストで、新しい IAM ロールを選択します。

    注記

    [Create new role] を選択して、新しい IAM ロールを作成することもできます。詳細については、「AWS Step Functions の IAM ロールを作成する」を参照してください。

  4. [保存]、[実行の開始] の順に選択します。

  5. [New execution] (新しい実行) ページで、[Start Execution] (実行の開始) を選択します。

  6. 実行の結果を表示するには、[Visual workflow] (ビジュアルワークフロー) で、[HelloWorld] 状態を選択して、[Step details] (ステップの詳細) で、[Output] (出力) を選択します。

    
              実行出力

    注記

    出力テキストは、新しく更新されたステートマシンと一致します。

次のステップ

Pass 状態を使用するシンプルなステートマシンを作成したところで、以下を試します。