テープの作成 - AWS Storage Gateway

Amazon S3 File Gateway のドキュメントは、「What is Amazon S3 File Gateway?」に移動しました。

Amazon FSx File Gateway のドキュメントは、「What is Amazon FSx File Gateway?」に移動しました。

ボリュームゲートウェイのドキュメントは、「What is Volume Gateway?」に移動しました。

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

テープの作成

このセクションでは、 AWS Storage Gatewayを使用して新しい仮想テープを作成する方法を説明します。新しい仮想テープは、 AWS Storage Gateway コンソールまたは Storage Gateway API を使用して手動で作成できます。自動で作成するようにテープゲートウェイを設定することもできます。その場合は、手動でテープを管理する必要がなくなり、大規模なデプロイが容易になり、オンプレミスのスケーリングやアーカイブストレージのニーズにも役立ちます。

テープゲートウェイは、仮想テープに対する Write-Once-Read-Many (WORM) とテープ保持ロック機能をサポートしています。WORM を有効にした仮想テープでは、仮想テープライブラリ内のアクティブなテープのデータに対する上書きや消去を防止できます。仮想テープでの WORM による保護の詳細については、Write-Once-Read-Many (WORM) によるテープ保護 セクションを参照してください。

テープ保持ロックを使用すると、アーカイブされた仮想テープの保存について、そのモードと期間を指定できます。これにより、最大 100 年間までの確定した期間、このテープが削除されるのを防ぐことができます。テープ保持ロックには、テープの削除や保持設定の変更が可能なユーザーに関する、アクセス許可の制御が含まれています。テープ保持ロックに関する詳細については、「テープ保持ロックの使用」を参照してください。

注記

料金は、テープの容量に対してではなく、テープに書き込んだデータ量に対してのみ発生します。

AWS Key Management Service (AWS KMS) を使用して、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) に保存されている仮想テープに書き込まれたデータを暗号化できます。現在、これは AWS Storage Gateway API または AWS Command Line Interface () を使用して実行できますAWS CLI。詳細については、CreateTapes「」または「create-tapes」を参照してください。

Write-Once-Read-Many (WORM) によるテープ保護

AWS Storage Gatewayで、仮想テープに対する WORM 保護を有効にすることで、仮想テープの上書きや消去を防止できます。仮想テープの WORM 保護は、そのテープの作成時に有効化されます。

WORM 仮想テープに書き込まれたデータは上書きできません。WORM 仮想テープに追加できるのは新しいデータのみです。既存のデータは消去できません。仮想テープの WORM 保護を有効にすると、対象のテープが取り出され、アーカイブされるまでの使用期間中、そのテープを保護できます。

WORM に関する設定は、そのテープの作成時にのみ可能で、テープの作成後にその構成を変更することはできません。

テープの手動作成

新しい仮想テープは、 AWS Storage Gateway コンソールまたは Storage Gateway API を使用して手動で作成できます。コンソールでは、便利なインターフェイスでテープを作成でき、ランダムに生成されたテープバーコードのプレフィックスを柔軟に指定できます。テープのバーコードを完全にカスタマイズする (例えば、対応する物理テープのシリアル番号に合わせる) 必要がある場合は、API を使用する必要があります。Storage Gateway API を使用したテープ作成の詳細については、Storage Gateway API リファレンスCreateTapeWithBarcodeの「」を参照してください。 Storage Gateway

Storage Gateway コンソールを使って手動で仮想テープを作成するには
  1. Storage Gateway コンソール (https://console.aws.amazon.com/storagegateway/home) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[ゲートウェイ] タブを選択します。

  3. [Create tapes] (テープを作成) をクリックして [Create tape] (テープの作成) ペインを開きます。

  4. [ゲートウェイ] で、ゲートウェイを選択します。このゲートウェイに対してテープが作成されます。

  5. [Tape type] (テープタイプ) で [Standard] (スタンダード) を選択して、標準の仮想テープを作成します。[WORM] をクリックして、Write-Once-Read-Many (WORM) 仮想テープを作成します。

  6. [Number of tapes (テープの数)] で、作成するテープの数を選択します。テープクォータの詳細については、「AWS Storage Gateway クォータ」を参照してください。

  7. [容量] に、作成する仮想テープのサイズを入力します。テープは 100 GiB より大きくできません。容量クォータの詳細については、「AWS Storage Gateway クォータ」を参照してください。

  8. [Barcode prefix (バーコードのプレフィックス)] に、仮想テープのバーコードの前に追加するプレフィックスを入力します。

    注記

    仮想テープはバーコードによって一意に識別されます。バーコードにはプレフィックスを追加できます。プレフィックスは、仮想テープの識別に役立ちます。プレフィックスは 1 ~ 4 文字の長さの大文字 (A~Z) にする必要があります。

  9. [Pool] (プール) では、[Glacier Pool][Deep Archive]、または自身で作成したカスタムプールのいずれかを選択します。プールの種類により、バックアップソフトウェアによって取り出されたテープの保存先となる、ストレージクラスが決定されます。

    • テープを S3 Glacier Flexible Retrieval ストレージクラスにアーカイブする場合は、[Glacier プール] を選択します。バックアップソフトウェアによって取り出されテープは、自動的に S3 Glacier Flexible Retrieval にアーカイブされます。比較的アクティブなアーカイブには、S3 Glacier Flexible Retrieval を使用します。その場合、通常 3 〜 5 時間以内にテープを取り出すことができます。詳細については、Amazon Simple Storage Service ユーザーガイドの「オブジェクトのアーカイブに適したストレージクラス」を参照してください。

    • テープを S3 Glacier Deep Archive にアーカイブする場合は、[ディープアーカイブプール] を選択します。バックアップソフトウェアによってテープが取り出されると、テープは S3 Glacier Deep Archive に自動的にアーカイブされます。長期のデータ保持、あるいはデータのアクセス回数が年 1、2 回程度であるデジタル保存には、S3 Glacier Deep Archive を使用します。S3 Glacier Deep Archive にアーカイブされたテープは、通常 12 時間以内に取り出すことができます。詳細については、Amazon Simple Storage Service ユーザーガイドの「オブジェクトのアーカイブに適したストレージクラス」を参照してください。

    • 既存のものが利用できる場合は、カスタムプールを選択します。カスタムテーププールでは、[Deep Archive Pool]、または[Glacier Pool] のいずれかを使用するように設定します。バックアップソフトウェアによって取り出されたテープは、設定で選択されたストレージクラスにアーカイブされます。

    S3 Glacier Flexible Retrieval にアーカイブしたテープは、後から S3 Glacier Deep Archive に移動することが可能です。詳細については、「S3 Glacier Flexible Retrieval から S3 Glacier Deep Archive ストレージクラスへのテープの移動」を参照してください。

    注記

    2019 年 3 月 27 日より前に作成されたテープは、バックアップソフトウェアによって取り出された時点で、S3 Glacier Flexible Retrieval に直接アーカイブされます。

  10. (オプション) [Tags] (タグ)で、[Add new tag] (新しいタグを追加) をクリックした上で、テープに付加するタグのためのキーと値を入力します。タグは、テープの管理、フィルタリング、検索に便利な、大文字と小文字の区別があるキーと値のペアです。

  11. [テープの作成] を選択します。

  12. ナビゲーションペインで [Tape Library > Tapes] (テープライブラリ > テープ)] をクリックすると、テープを確認できます。デフォルトでは、このリストで一度に表示されるテープ数は最大 1,000 個までですが、検索はすべてのテープに対し実行されます。検索バーを使用すると、特定の条件に一致するテープを検索したり、リストされるテープの数を 1,000 個未満に減らしたりできます。リストで表示すべきテープ数が 1,000 個以内に収まる場合は、さまざまなプロパティを指定することで、表示を昇順または降順に並べ替えられます。

仮想テープが作成されているとき、仮想テープのステータスは最初、[作成中] に設定されます。テープが作成されると、ステータスが [使用可能] に変わります。詳細については、「テープゲートウェイの管理」を参照してください。

テープの自動作成を可能にする

テープゲートウェイは、設定された使用可能なテープの最小数を維持するために、新しい仮想テープを自動的に作成します。その後、これらの新しいテープをバックアップアプリケーションによるインポート用に使用できるようにします。これにより、中断なくバックアップジョブを実行できるようになります。自動テープ作成により、新しい仮想テープを作成するための手動プロセスも、カスタムスクリプトも不要になります。

テープゲートウェイは、使用可能なテープ数がテープの自動作成に対し指定された最小数よりも少なくなると、新しいテープを自動的に生成します。新しいテープの生成は、次の場合に実行されます。

  • テープがインポート/エクスポートスロットからインポートされる。

  • テープがテープドライブにインポートされる。

ゲートウェイは、テープの自動作成ポリシーで指定されたバーコードのプレフィックスを持つテープを、最小数だけ保持します。バーコードのプレフィックスを持つテープが、テープ自動作成ポリシーで指定された最小数よりも少なくなった場合、ゲートウェイは、この最小数に等しくなるようにテープを自動的に生成します。

一度取り出した後にインポート/エクスポートスロットに挿入されたテープは、テープの自動作成ポリシーで指定されている最小数にはカウントされません。インポート/エクスポートスロット内にあるテープのみが、「使用可能」としてカウントされます。テープをエクスポートしても、テープの自動作成は開始しません。インポートのみが使用可能なテープ数に影響します。

インポート/エクスポートスロットからテープドライブまたはストレージスロットにテープを移動すると、インポート/エクスポートスロット内で同じバーコードのプレフィックスを持つテープの数が減少します。このバーコードのプレフィクスに対して、使用可能なテープの最小数を維持するためにゲートウェイが新しいテープを生成します。

テープの自動作成を有効にするには
  1. Storage Gateway コンソール (https://console.aws.amazon.com/storagegateway/home) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[ゲートウェイ] タブを選択します。

  3. テープを自動的に作成するゲートウェイを選択します。

  4. [Actions (アクション)] メニューで、[Configure tape auto-create (自動テープ作成の設定)] を選択します。

    [Tape auto-create] (テープの自動作成) ページが表示されます。ここでは、テープの自動作成に関するオプションを追加、変更、または削除できます。

  5. テープの自動作成を有効にするには、[新しい項目の追加] をクリックし、テープ自動作成の設定を行います。

  6. [Tape type] (テープタイプ) で [Standard] (スタンダード) を選択して、標準の仮想テープを作成します。WORM を選択して write-once-read-many (WORM) 仮想テープを作成します。

  7. [テープの最小数] に、テープゲートウェイで常に使用できるようにする仮想テープの最小数を入力します。この値の有効範囲は、1 ~ 10 です。

  8. [容量] に、仮想テープ容量のサイズをバイト単位で入力します。有効範囲は、100 GiB~15 TiB です。

  9. [Barcode prefix (バーコードのプレフィックス)] に、仮想テープのバーコードの前に追加するプレフィックスを入力します。

    注記

    仮想テープはバーコードによって一意に識別されます。バーコードにはプレフィックスを追加できます。プレフィックスはオプションですが、仮想テープの識別に役立ちます。プレフィックスは 1~4 文字の長さの大文字 (A~Z) にする必要があります。

  10. [Pool] (プール) では、[Glacier Pool][Deep Archive]、または自身で作成したカスタムプールのいずれかを選択します。プールの種類により、バックアップソフトウェアによって取り出されたテープの保存先となる、ストレージクラスが決定されます。

    • テープを S3 Glacier Flexible Retrieval ストレージクラスにアーカイブする場合は、[Glacier プール] を選択します。バックアップソフトウェアによって取り出されテープは、自動的に S3 Glacier Flexible Retrieval にアーカイブされます。比較的アクティブなアーカイブには、S3 Glacier Flexible Retrieval を使用します。その場合、通常 3 〜 5 時間以内にテープを取り出すことができます。詳細については、Amazon Simple Storage Service ユーザーガイドの「オブジェクトのアーカイブに適したストレージクラス」を参照してください。

    • テープを S3 Glacier Deep Archive にアーカイブする場合は、[ディープアーカイブプール] を選択します。バックアップソフトウェアによってテープが取り出されると、テープは S3 Glacier Deep Archive に自動的にアーカイブされます。長期のデータ保持、あるいはデータのアクセス回数が年 1、2 回程度であるデジタル保存には、S3 Glacier Deep Archive を使用します。S3 Glacier Deep Archive にアーカイブされたテープは、通常 12 時間以内に取り出すことができます。詳細については、Amazon Simple Storage Service ユーザーガイドの「オブジェクトのアーカイブに適したストレージクラス」を参照してください。

    • 既存のものが利用できる場合は、カスタムプールを選択します。カスタムテーププールでは、[Deep Archive Pool]、または[Glacier Pool] のいずれかを使用するように設定します。バックアップソフトウェアによって取り出されたテープは、設定で選択されたストレージクラスにアーカイブされます。

    S3 Glacier Flexible Retrieval にアーカイブしたテープは、後から S3 Glacier Deep Archive に移動することが可能です。詳細については、「S3 Glacier Flexible Retrieval から S3 Glacier Deep Archive ストレージクラスへのテープの移動」を参照してください。

    注記

    2019 年 3 月 27 日より前に作成されたテープは、バックアップソフトウェアによって取り出された時点で、S3 Glacier Flexible Retrieval に直接アーカイブされます。

  11. 設定の作業が完了したら、[Save changes] (変更の保存) をクリックします。

  12. ナビゲーションペインで [Tape Library > Tapes] (テープライブラリ > テープ)] をクリックすると、テープを確認できます。デフォルトでは、このリストで一度に表示されるテープ数は最大 1,000 個までですが、検索はすべてのテープに対し実行されます。検索バーを使用すると、特定の条件に一致するテープを検索したり、リストされるテープの数を 1,000 個未満に減らしたりできます。リストで表示すべきテープ数が 1,000 個以内に収まる場合は、さまざまなプロパティを指定することで、表示を昇順または降順に並べ替えられます。

    仮想テープが作成されているとき、仮想テープのステータスは最初、[CREATING (作成中)] に設定されます。テープが作成されると、ステータスが [使用可能] に変わります。詳細については、「テープゲートウェイの管理」を参照してください。

    自動テープ作成ポリシーの変更、またはテープゲートウェイからの自動テープ作成の削除の詳細については、「自動テープ作成の管理」を参照してください。

次のステップ

テープゲートウェイの使用