Storage Gateway ハードウェアアプライアンスの使用 - AWS Storage Gateway

Amazon S3 File Gateway のドキュメントは、「What is Amazon S3 File Gateway?」に移動しました。

Amazon FSx File Gateway のドキュメントは、「What is Amazon FSx File Gateway?」に移動しました。

ボリュームゲートウェイのドキュメントは、「What is Volume Gateway?」に移動しました。

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Storage Gateway ハードウェアアプライアンスの使用

Storage Gateway ハードウェアアプライアンスは、動作確認済みのサーバー構成上に Storage Gateway ソフトウェアが事前インストールされた、物理ハードウェアアプライアンスです。ハードウェアアプライアンスは、 AWS Storage Gateway コンソールの [ハードウェアアプライアンスの概要] ページから管理できます。

ハードウェアアプライアンスは、高性能な 1U サーバであり、データセンターや、企業ファイアウォール内のオンプレミス環境でデプロイすることができます。ハードウェアアプライアンスを購入しアクティブ化すると、そのプロセス内で、対象のハードウェアアプライアンスが Amazon Web Services のアカウントと関連付けられます。アクティブ化が完了すると、そのハードウェアアプライアンスはコンソールの [ハードウェアアプライアンスの概要] ページにゲートウェイとして表示されます。ハードウェアアプライアンスは、ファイルゲートウェイ、テープゲートウェイ、またはボリュームゲートウェイの各タイプとして設定できます。ハードウェアアプライアンスでこれらのゲートウェイタイプをデプロイしてアクティベートする手順は、仮想プラットフォームでの手順と同じです。

以下のセクションでは、Storage Gateway ハードウェアアプライアンスの注文、セットアップ、設定、アクティブ化、起動、および使用の手順について説明します。