AWS Systems Manager Fleet Manager - AWS Systems Manager

AWS Systems Manager Fleet Manager

AWS Systems Manager の機能である Fleet Manager は統合されたユーザーインターフェイス (UI) エクスペリエンスであり、AWS またはオンプレミスで実行されているノードをリモートで管理するのに役立ちます。Fleet Manager では、1 つのコンソールからサーバーフリート全体の正常性とパフォーマンスステータスを表示できます。個々のノードからデータを収集し、コンソールから一般的なトラブルシューティングと管理タスクを実行することもできます。これには、リモートデスクトッププロトコル (RDP) を使用した Windows インスタンスへの接続、フォルダとファイルのコンテンツの表示、Windows レジストリの管理、オペレーティングシステムのユーザー管理などが含まれます。

Fleet Manager はどのようなユーザーに適していますか?

次のようなことを一元的に行いたいすべての AWS のお客様が、Fleet Manager を使用できます。

  • ノードフリートの管理

  • Amazon ECS クラスターの管理

Fleet Manager はどのように組織にとってメリットになりますか?

Fleet Manager は、以下の利点を提供します。

  • マネージドノードに手動で接続することなく、さまざまな一般のシステム管理タスクを実行できます。

  • 複数のプラットフォームで実行されているノードを単一の統合コンソールから管理できます。

  • 異なるオペレーティングシステムで実行されているノードを単一の統合コンソールから管理できます。

  • ECS コンテナを 1 つの統合コンソールから管理できます。

  • システム管理の効率性を向上させます。

Fleet Manager の特徴は何ですか?

Fleet Manager の主な機能は以下のとおりです。

  • Red Hat ナレッジベースポータルへのアクセス

    Red Hat Enterprise Linux (RHEL) インスタンス経由で Red Hat ナレッジベースポータル上のバイナリ、ナレッジシェア、ディスカッションフォーラムにアクセスできます。

  • マネージドノードのステータス

    どのインスタンスが running で、どのインスタンスが stopped なのかの表示。停止したインスタンスの詳細については、Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイドの「インスタンスの停止と起動」を参照してください。AWS IoT Greengrass コアデバイスの場合、どれが onlineoffline なのかや、Connection lost のステータスを表示できます。

    注記

    2021 年 7 月 12 日より前にマネージドインスタンスを停止した場合、stopped マーカーは表示されません。マーカーを表示するには、インスタンスを開始して停止します。

  • インスタンス情報の表示

    マネージドインスタンスにアタッチされているボリュームに保存されているフォルダーとファイルのデータ、リアルタイムのインスタンスに関するパフォーマンスデータ、インスタンスに保存されているログデータに関する情報を表示します。

  • エッジデバイス情報の表示

    デバイスの AWS IoT Greengrass モノの名前、SSM Agent ping のステータスおよびバージョンなどの表示。

  • アカウントとレジストリの管理

    インスタンス上のオペレーティングシステム (OS) ユーザーアカウントを管理し、Windows インスタンス上のレジストリを管理します。

  • 機能へのアクセスを制御

    AWS Identity and Access Management (IAM) ポリシーを使用して Fleet Manager 機能へのアクセスを制御します。これらのポリシーを使用することで、Fleet Manager の各種機能を使用できる組織内の個々のユーザーまたはグループ、およびそれらが管理できるマネージドノードを制御できます。