SSM Agent 用の EC2 インスタンスに手動で Windows Server をインストールする - AWS Systems Manager

SSM Agent 用の EC2 インスタンスに手動で Windows Server をインストールする

AWS Systems Manager Agent (SSM Agent) は、以下の Amazon Machine Images (AMIs) にデフォルトでプレインストールされています。

  • 2016 年 11 月以降に公開された Windows Server 2008-2012 R2 AMIs

  • Windows Server 2016 および 2019

マネージドインスタンスが 2016 年 11 月よりに作成された Windows Server 2008-2012 R2 インスタンスである場合は、EC2Config でインスタンスの Systems Manager リクエストが処理されます。既存のインスタンスをアップグレードして最新バージョンの EC2Config を使用することをお勧めします。最新の EC2Config インストーラを使用すると、EC2Config と一緒に SSM Agent もインストールされます。このサイドバイサイドバージョンの SSM Agent は、以前の Windows Server AMIs から作成されたインスタンスと互換性があり、2016 年 11 月より後に公開された SSM の機能を使用できます。EC2Config サービスの最新バージョンをインストールする方法の詳細については、Windows インスタンス用の Amazon EC2 ユーザーガイドの「EC2Config の最新バージョンのインストール」を参照してください。

重要

新しい機能が Systems Manager に追加されるか、既存の機能が更新されると必ず、更新されたバージョンの SSM Agent がリリースされます。古いバージョンのエージェントがインスタントで実行されていると、SSM Agent プロセスによっては失敗することがあります。そのため、インスタンス上で SSM Agent を最新に維持するプロセスを自動化することをお勧めします。詳細については、SSM Agent への更新の自動化 を参照してください。GitHub の [SSM Agent リリースノート] ページをサブスクライブすると、SSM Agent の更新に関する通知を受け取ることができます。

必要に応じて、以下の手順を使用して、Windows Server の Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスに最新バージョンの SSM Agent を手動でダウンロードしてインストールできます。

重要

この手順は、SSM Agent の EC2 インスタンスへの Windows Server のインストールまたは再インストールに適用されます。Systems Manager で使用できるようにオンプレミスサーバーまたは仮想マシン (VM) にエージェントをインストールする必要がある場合は、「ハイブリッド環境用に SSM Agent をインストールする (Windows)」を参照してください。

最新バージョンの SSM Agent を Windows Server の EC2 インスタンスに手動でインストールするには

  1. リモートデスクトップまたは Windows PowerShell を使用して、インスタンスにログインします。

  2. 最新バージョンの SSM Agent をインスタンスにダウンロードします。PowerShell コマンドまたは直接ダウンロードリンクを使用してダウンロードできます。

    注記

    このステップの URL では、すべての AWS リージョン から SSM Agent をダウンロードできます。特定のリージョンからエージェントをダウンロードする場合は、代わりにリージョン固有の URL を使用します。

    https://amazon-ssm-region.s3.region.amazonaws.com/latest/windows_amd64/AmazonSSMAgentSetup.exe

    region は、米国東部 (オハイオ) リージョンの us-east-2 のように、AWS Systems Manager でサポートされている AWS リージョン の識別子を表します。サポートされている region 値の一覧については、アマゾン ウェブ サービスの全般リファレンスの「Systems Manager サービスエンドポイント」にある Region 列を参照してください。

    PowerShell

    次の 3 つの PowerShell コマンドを順番に実行します。これらのコマンドを使用すると、Internet Explorer (IE) のセキュリティ強化の設定を調整せずに SSM Agent をダウンロードし、エージェントをインストールしてインストールファイルを削除できます。

    64-bit
    Invoke-WebRequest ` https://s3.amazonaws.com/ec2-downloads-windows/SSMAgent/latest/windows_amd64/AmazonSSMAgentSetup.exe ` -OutFile $env:USERPROFILE\Desktop\SSMAgent_latest.exe
    32-bit
    Invoke-WebRequest ` https://s3.amazonaws.com/ec2-downloads-windows/SSMAgent/latest/windows_386/AmazonSSMAgentSetup.exe ` -OutFile $env:USERPROFILE\Desktop\SSMAgent_latest.exe
    Start-Process ` -FilePath $env:USERPROFILE\Desktop\SSMAgent_latest.exe ` -ArgumentList "/S"
    rm -Force $env:USERPROFILE\Desktop\SSMAgent_latest.exe
    直接ダウンロード

    次のリンクを使用して、最新バージョンの SSM Agent をインスタンスにダウンロードします。必要に応じて、この URL を AWS リージョン 固有の URL で更新します。

    https://s3.amazonaws.com/ec2-downloads-windows/SSMAgent/latest/windows_amd64/AmazonSSMAgentSetup.exe

    ダウンロードした AmazonSSMAgentSetup.exe ファイルを実行して、SSM Agent をインストールします。

  3. PowerShell で次のコマンドを送信して SSM Agent を起動または再起動します。

    Restart-Service AmazonSSMAgent
重要

SSM Agent では、Windows Server インスタンス (レガシー AWS-ApplyPatchBaseline など) で特定の AWS Systems Manager ドキュメント (SSM ドキュメントなど) を実行する場合、Windows PowerShell 3.0 以降が必要です。Windows Server インスタンスで Windows Management Framework 3.0 以降を実行していることを確認します。このフレームワークには Windows PowerShell が含まれています。詳細については、「Windows 管理フレームワーク 3.0」を参照してください。