メニュー
AWS Systems Manager
ユーザーガイド

AWS Systems Manager ステートマネージャー

AWS Systems Manager ステートマネージャー は、安全でスケーラブルな設定管理サービスであり、Amazon EC2 およびハイブリッドインフラストラクチャを、自動的にユーザー定義の状態に保ちます。

以下のタスクは、ステートマネージャー を使用して自動化し、指定のスケジュールどおりに実行できます。

  • 起動時に特定のソフトウェアを使用してインスタンスをブートストラップする

  • 定義済みのスケジュールに従ってエージェント (SSM エージェント など) をダウンロードして更新する

  • ネットワーク設定を構成する

  • インスタンスを Windowsドメインに結合する (Windows インスタンスのみ)

  • ライフサイクルを通じてソフトウェアの更新でインスタンスをパッチする

  • ライフサイクルを通じて Linux および Windows マネージドインスタンスでスクリプトを実行する

ステートマネージャー は AWS CloudTrail に統合されてすべての実行の監査可能なレコードを提供し、Amazon CloudWatch Events と統合されて状態の変更を追跡できます。また、詳細なコマンド出力を Amazon S3 に保存して表示することもできます。

ステートマネージャー の開始方法

ステートマネージャー を開始するには、次の表に示すタスクを完了します。

タスク 追加情報

マネージドインスタンスの SSM エージェント を最新バージョンに更新する

SSM エージェント をインストールし設定する

Systems Manager の前提条件を確認する

Systems Manager の前提条件

事前定義された AWS のコマンドまたはポリシータイプドキュメントを選択し、ランタイムにパラメータを指定する

-または-

インスタンスで実行するアクションを定義するドキュメントを作成する

Systems Manager ドキュメントの作成

関連付けを作成し、インスタンスに適用する

関連付けを作成する (コンソール)

関連情報

ステートマネージャー の使用方法のその他の例については、次のブログ記事を参照してください。