メンテナンスウィンドウのトラブルシューティング - AWS Systems Manager

メンテナンスウィンドウのトラブルシューティング

以下の情報を参考にして、メンテナンスウィンドウに関する問題のトラブルシューティングを行います。

タスクの編集エラー: メンテナンスウィンドウのタスクを編集するためのページで、IAM ロールリストから次のエラーメッセージが返されます。「このタスクに指定されている IAM メンテナンスウィンドウのロールが見つかりませんでした。このロールは削除された可能性があるか、まだ作成されていない可能性があることを示すエラーメッセージを返す

問題 1: タスクを作成したら、元々指定していたAWS Identity and Access Management (IAM) メンテナンスウィンドウロールが削除された。

解決方法: (1) 別の IAM メンテナンスウィンドウロールを選択するか (アカウントに存在する場合)、新しいロールを作成してそのタスク用に選択します。(2) AWS Systems Manager サービスにリンクされたロールを作成または選択します。詳細については、「」を参照してくださいサービスにリンクされたロール、またはカスタムサービスロールを使用してメンテナンスウィンドウタスクを実行しますか?

問題 2: AWS Command Line Interface (AWS CLI)、AWS Tools for Windows PowerShell、または AWS SDK を使用してタスクが作成された場合は、存在しない IAM メンテナンスウィンドウロールの名前が指定された可能性があります。例えば、タスクを作成する前に IAM メンテナンスウィンドウロールが削除された、またはロール名が正しく入力されなかった可能性があります (例えば、myrole ではなく my-role と入力した)。

解決方法: (1) 使用する IAM メンテナンスウィンドウロールの正しい名前を選択するか、新しいロールを作成してそのタスク用に指定します。(2) Systems Manager のサービスにリンクされたロールを作成または選択します。詳細については、「」を参照してくださいサービスにリンクされたロール、またはカスタムサービスロールを使用してメンテナンスウィンドウタスクを実行しますか?

すべてのメンテナンスウィンドウのターゲットが更新されるわけではありません。

問題: メンテナンスウィンドウのタスクが、メンテナンスウィンドウの対象となるすべてのリソースで実行されなかったことに気付きました。たとえば、メンテナンスウィンドウの実行結果で、そのリソースのタスクが失敗またはタイムアウトとしてマークされます。

解決方法: メンテナンスウィンドウタスクがターゲットリソースで実行されない最も一般的な理由は、接続性と可用性です。以下に例を示します。

  • Systems Manager メンテナンスウィンドウの操作前または操作中にリソースへの接続が失われました。

  • リソースがオフラインだったか、メンテナンスウィンドウの操作中に停止しました。

リソースでタスクを実行するために、次のスケジュールされたメンテナンスウィンドウ時間を待つことができます。使用できないリソースまたはオフラインだったリソースに対して、メンテナンスウィンドウタスクを手動で実行できます。

タスクはエラーメッセージで失敗します:「Step fails when it is validating and resolving the step inputs」

問題: タスクで使用しているオートメーションランブックまたは Systems Manager Command ドキュメントでは InstanceIdSnapshotId などの入力を指定する必要がありますが、値が指定されていないか、正しく指定されていません。

  • 解決策 1 : タスクが 1 つのリソース (単一ノードやスナップショットなど) を対象とする場合は、タスクの入力パラメーターにその ID を入力します。

  • 解決策 2: タスクが複数のリソースをターゲットにしている場合 (ランブック AWS-CreateImage を使用するときに複数のノードからイメージを作成する場合など)、メンテナンスウィンドウタスクでサポートされている擬似パラメータの 1 つを入力パラメータで使用して、コマンドでノード ID を表すことができます。

    以下のコマンドは、AWS CLI を使用して、Systems Manager Automation タスクをメンテナンスウィンドウに登録します。--targets の値は、メンテナンスウィンドウのターゲット ID を示します。また、--targets パラメータでウィンドウターゲット ID が指定されていても、Automation ランブックのパラメータにはノード ID を指定する必要があります。この場合、コマンドは擬似パラメーター{{RESOURCE_ID}}InstanceId の値として使用します。

    AWS CLI コマンド:

    Linux & macOS

    次のサンプルコマンドは、メンテナンスウィンドウのターゲットグループに属する Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスを ID e32eecb2-646c-4f4b-8ed1-205fbEXAMPLE で再起動します。

    aws ssm register-task-with-maintenance-window \ --window-id "mw-0c50858d01EXAMPLE" \ --targets Key=WindowTargetIds,Values=e32eecb2-646c-4f4b-8ed1-205fbEXAMPLE \ --task-arn "AWS-RestartEC2Instance" \ --service-role-arn arn:aws:iam::123456789012:role/MyMaintenanceWindowServiceRole \ --task-type AUTOMATION \ --task-invocation-parameters "Automation={DocumentVersion=5,Parameters={InstanceId='{{RESOURCE_ID}}'}}" \ --priority 0 --max-concurrency 10 --max-errors 5 --name "My-Restart-EC2-Instances-Automation-Task" \ --description "Automation task to restart EC2 instances"
    Windows
    aws ssm register-task-with-maintenance-window ^ --window-id "mw-0c50858d01EXAMPLE" ^ --targets Key=WindowTargetIds,Values=e32eecb2-646c-4f4b-8ed1-205fbEXAMPLE ^ --task-arn "AWS-RestartEC2Instance" ^ --service-role-arn arn:aws:iam::123456789012:role/MyMaintenanceWindowServiceRole ^ --task-type AUTOMATION ^ --task-invocation-parameters "Automation={DocumentVersion=5,Parameters={InstanceId='{{RESOURCE_ID}}'}}" ^ --priority 0 --max-concurrency 10 --max-errors 5 --name "My-Restart-EC2-Instances-Automation-Task" ^ --description "Automation task to restart EC2 instances"

    メンテナンスウィンドウタスクの擬似パラメータの使用の詳細については、疑似パラメータについて および タスクの登録例 を参照してください。

エラーメッセージ:「Maintenance window tasks without targets don't support MaxConcurrency values」および「Maintenance window tasks without targets don't support MaxErrors values」

問題: Run Command タイプタスクを登録するときは、タスクを実行するターゲットを少なくとも 1 つ指定する必要があります。他のタスクタイプ (自動化、AWS Lambda、および AWS Step Functions) では、タスクの特質に応じて、ターゲットはオプションです。ターゲットを指定しないメンテナンスウィンドウタスクでは、オプション MaxConcurrency (同時にタスクを実行するリソースの数) と MaxErrors (タスクが失敗するまでにターゲットリソースでタスクの実行が失敗できる数) は必須ではなく、サポートされていません。タスクターゲットが指定されていない場合、これらのオプションのいずれかに値が指定されると、システムはこのようなエラーメッセージを生成します。

解決方法: これらのエラーのいずれかを受け取った場合は、メンテナンスウィンドウタスクの登録または更新を続行する前に、同時実行性とエラーしきい値の値を削除します。

ターゲットを指定しないタスクの実行の詳細については、AWS Systems Manager ユーザーガイドの「ターゲットのないメンテナンスウィンドウタスクを登録」を参照してください 。