IPv6 をサポートする AWS サービス - Amazon Virtual Private Cloud

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

IPv6 をサポートする AWS サービス

コンピューターとスマートデバイスは、IP アドレスを使用して、インターネットやその他のネットワークを介して相互に通信します。インターネットが拡大し続けるにつれて、IP アドレスの必要性も高まります。IP アドレスの最も一般的な形式は IPv4 です。IPv6 は IP アドレスの新しい形式で、IPv4 よりも大きなアドレス空間を提供します。

IPv6 の AWS のサービス サポートには、デュアルスタック (IPv4 と IPv6) または IPv6 のみの設定のサポートが含まれます。仮想プライベートクラウド (VPC) は AWS クラウド の 論理的に分離されたセクションであり、ユーザーが AWS リソースを起動できる場所です。VPC 内では、IPv4 のみ、デュアルスタック、または IPv6 のみのサブネットを作成できます。

AWS のサービス は、パブリックエンドポイントを介したアクセスもサポートします。一部の AWS のサービス は、AWS PrivateLink を利用したプライベートエンドポイントを使用したアクセスもサポートしています。AWS のサービス は、パブリックエンドポイントを通じて IPv6 をサポートしていなくても、プライベートエンドポイントを通じて IPv6 をサポートできます。IPv6 をサポートするエンドポイントは、AAAA レコードを使用して DNS クエリに応答できます。

IPv6 をサポートするサービス

次のテーブルは、デュアルスタックのサポート、IPv6 のみのサポート、および IPv6 をサポートする AWS のサービス を一覧しています。この表は、IPv6 の追加サポートがリリースされたときに更新されます。サービスが IPv6 をサポートする方法についての情報は、そのサービス用のドキュメントを参照してください。

サービス名 デュアルスタックサポート IPv6 のみサポート パブリックエンドポイントの IPv6 サポート プライベートエンドポイントの IPv6 サポート †
AWS App Mesh はい はい はい いいえ
Amazon AppStream 2.0 はい いいえ いいえ いいえ
Amazon Athena はい いいえ はい はい
Amazon Aurora はい いいえ はい いいえ
Amazon CloudFront はい いいえ いいえ
AWS Cloud Map はい はい はい はい
AWS クラウド WAN はい いいえ はい いいえ
Amazon Cognito いいえ いいえ はい
AWS Database Migration Service はい いいえ いいえ いいえ
AWS Direct Connect はい はい いいえ
Amazon EC2 はい はい はい いいえ
Amazon ECS はい いいえ いいえ いいえ
Amazon EKS いいえ はい いいえ いいえ
Elastic Load Balancing ロードバランサー: はい ターゲットグループ: いいえ ロードバランサー: いいえ ターゲットグループ: はい いいえ いいえ
Amazon ElastiCache はい はい いいえ いいえ
AWS Fargate はい いいえ いいえ いいえ
AWS Global Accelerator はい いいえ いいえ
AWS Glue いいえ いいえ いいえ はい
AWS IoT はい いいえ はい いいえ
AWS Lake Formation いいえ いいえ いいえ はい
AWS Lambda はい いいえ はい いいえ
Amazon Lightsail はい はい いいえ
AWS Network Firewall はい はい いいえ
Amazon OpenSearch サービス はい いいえ はい いいえ
AWS PrivateLink はい はい はい
Amazon RDS はい いいえ はい いいえ
Amazon Route 53 はい はい いいえ
Amazon S3 はい いいえ はい いいえ
AWS Secrets Manager はい いいえ はい いいえ
AWS Shield はい はい いいえ
AWS Site-to-Site VPN はい いいえ はい いいえ
AWS Transit Gateway はい いいえ はい いいえ
Amazon VPC はい はい はい いいえ
AWS WAF はい はい いいえ
Amazon WorkSpaces はい いいえ いいえ いいえ

† 空のセルは、サービスが AWS PrivateLink と統合されていないことを示します。

追加の IPv6 サポート

コンピューティング
  • Amazon EC2 は、Nitro システムに基づくインスタンスを IPv6 専用サブネットに起動することをサポートしています。

  • Amazon EC2 は、インスタンスメタデータサービス (IMDS) と Amazon Time Sync Service に IPv6 エンドポイントを提供します。

ネットワークとコンテンツ配信
  • Amazon VPC は、IPv6 専用サブネットの作成をサポートします。

  • Amazon VPC は、サブネットで DNS64 をサポートし、NAT ゲートウェイで NAT64 をサポートすることで、IPv6 AWS リソースが IPv4 リソースと通信できるようにします。

セキュリティ、アイデンティティ、およびコンプライアンス
  • AWS Identity and Access Management(IAM) は IAM ポリシーの IPv6 アドレスをサポートします。

  • Amazon Macie は、個人を特定できる情報 (PII) の IPv6 アドレスをサポートします。

  • Amazon Cognito は IP アドレスの例外として IPv6 アドレスをサポートしています。

マネジメントとガバナンス
  • AWS CloudTrail レコードには、送信元 IPv6 情報が含まれます。

  • AWS CLI v2 は、IPv6 専用クライアントの IPv6 接続経由のダウンロードをサポートします。

詳細