Amazon WorkSpaces のディレクトリの管理 - Amazon WorkSpaces

Amazon WorkSpaces のディレクトリの管理

Amazon WorkSpaces は、ディレクトリを使用して、WorkSpaces とユーザーの情報を格納し管理します。次のオプションの 1 つを使用できます。

  • AD Connector — 既存のオンプレミス Microsoft Active Directory を使用します。ユーザーはオンプレミスの認証情報を使用して WorkSpace にサインインし、自分の WorkSpaces からオンプレミスのリソースにアクセスできます。

  • AWS Managed Microsoft AD — AWS でホストされる Microsoft Active Directory を作成します。

  • Simple AD — Samba 4 を搭載し AWS でホストされている Microsoft Active Directory と互換性のあるディレクトリを作成します。

  • 相互信頼 — Microsoft AD ディレクトリとオンプレミスドメイン間の信頼関係を作成します。

これらのディレクトリをセットアップする方法を示すチュートリアルと WorkSpaces の起動の詳細については、「Amazon WorkSpaces を使用して仮想デスクトップを起動します。」を参照してください。

ヒント

さまざまなデプロイシナリオにおけるディレクトリおよび仮想プライベートクラウド (VPC) の設計上の考慮事項の詳細については、「Amazon WorkSpaces のデプロイのベストプラクティス」ホワイトペーパーをご参照ください。

ディレクトリを作成したら、Active Directory 管理ツールなどのツールを使用して、ほとんどのディレクトリ管理タスクを実行します。グループポリシーを使用して Amazon WorkSpaces コンソールやその他のタスクを使用して、ディレクトリ管理タスクを実行できます。ユーザーとグループの管理の詳細については、「WorkSpaces ユーザーの管理」および「Amazon WorkSpaces の Active Directory 管理ツールの設定」を参照してください。

注記
  • 現在、共有ディレクトリは、Amazon WorkSpaces での使用はサポートされていません。

  • マルチリージョンレプリケーション用に AWS Managed Microsoft AD ディレクトリを設定する場合は、プライマリリージョンのディレクトリのみを Amazon WorkSpaces で使用するために登録できます。Amazon WorkSpaces で使用するためにレプリケートされたリージョンにディレクトリを登録しようとすると失敗します。AWS Managed Microsoft AD を使用したマルチリージョンレプリケーションは、レプリケートされたリージョン内での Amazon WorkSpaces での使用についてサポートされていません。

  • Simple AD および AD Connector は、WorkSpaces で無料で利用できるようになります。Simple AD または AD Connector ディレクトリで 30 日間連続使用されている WorkSpaces がない場合、このディレクトリは Amazon WorkSpaces で使用するために自動的に登録解除され、AWS Directory Service 料金の条件に従ってこのディレクトリに対して課金されます。

    空のディレクトリを削除するには、「WorkSpaces のディレクトリの削除」を参照してください。Simple AD または AD Connector ディレクトリを削除した場合、WorkSpaces を再度ご使用になる際は、いつでも新しいディレクトリを作成できます。