の Amazon API Gateway アクティブトレースのサポート AWS X-Ray - AWS X-Ray

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

の Amazon API Gateway アクティブトレースのサポート AWS X-Ray

X-Rayを使用して、ユーザーリクエストがAmazon API Gateway APIsを経由し、基礎となるサービスへの流れをトレースして分析することができます。API Gatewayは、すべてのAPI Gateway評価項目タイプでX-Rayトレースがサポートしています:地域、エッジの最適化、プライベートです。X-Ray は、X-Ray AWS リージョン が利用可能なすべての で Amazon API Gateway で使用できます。詳細については、『Amazon API Gateway開発者ガイド』 AWS X-Rayの「API Gateway APIの実行の追跡」を参照してください。

注記

X-Rayは、 API Gatewayを介したREST APIの追跡のみをサポートしています。

Amazon API Gateway は、 のアクティブトレースサポートを提供します AWS X-Ray。APIステージの追跡機能を有効にすると、受信リクエストをサンプリングし、X-Rayにトレースを送信することができます。

APIステージで追跡機能を有効にするには
  1. API Gateway(https://console.aws.amazon.com/apigateway)コンソールを開きます。

  2. APIを選択します。

  3. ステージを選択します。

  4. ログ/トレース」タブで、以下を選択します、「X-Rayトレースを有効にする」を選択し、変更の保存

  5. 左側のナビゲーションパネルで、「リソース」を選択します。

  6. 新しい設定でAPIを再配置するには、[Actions]ドロップダウン方式を選択し[Deploy API]の順に選択します。

API Gatewayは、X-Rayコンソールで定義したサンプリングルールを使用し、記録するリクエストを決定します。APIのみに適用されるルール、または特定のヘッダーを含むリクエストにのみ適用されるルールを作成することができます。API Gatewayは、ステージおよびリクエストの詳細と共に、セグメント上の属性にヘッダーを記録します。詳細については、「サンプリングルールを設定する」を参照してください。

注記

API Gateway HTTP 統合 で REST APIs をトレースする場合、各セグメントのサービス名は API Gateway から HTTP 統合エンドポイントへのリクエスト URL パスに設定され、一意の各 URL パスの X-Ray トレースマップ上のサービスノードになります。URL パスの数が多いと、トレースマップが 10,000 ノードの制限を超える可能性があり、エラーが発生する可能性があります。

API Gateway によって作成されるサービスノードの数を最小限に抑えるには、パラメータを URL クエリ文字列内、またはリクエスト本文に入れて POST 経由で渡すことを検討してください。いずれの方法でも、パラメータが URL パスに含まれることはないため、個別の URL パスやサービスノードの数が少なくなる可能性があります。

API Gatewayは、HTTP(すべての受信ハイパーテキスト転送プロトコル)リクエストに対し、まだトレースヘッダーを持たない受信リクエストにトレースヘッダーを追加します。

X-Amzn-Trace-Id: Root=1-5759e988-bd862e3fe1be46a994272793
X-Ray トレース ID 形式

X-Ray trace_id は、ハイフンで区切られた 3 つの数字で構成されています。例えば、1-58406520-a006649127e371903a2de979 と指定します。これには、以下のものが含まれます:

  • バージョン番号。 1

  • 8 桁の 16 進数 を使用した Unix エポックタイムでの元のリクエストの時刻。

    例えば、2016 年 12 月 1 日午前 10:00 PST のエポックタイムは1480615200秒または 16 進数58406520です。

  • 24 桁の 16 進数 でトレースにグローバルに一意の 96 ビット識別子。

アクティブなトレースが無効になっている場合でも、リクエストがサンプリングされ、かつトレースが開始されているサービスからのリクエストが送信された場合は、ステージによりセグメントが記録されます。たとえば、搭載されたウェブアプリケーションがHTTPクライアントを使用してAPI Gateway APIを呼び出すことができます。X-Ray SDKを使用してHTTPクライアントを導入すると、サンプリング判定を含む発信リクエストにトレースヘッダーが追加されます。API Gatewayは、トレースヘッダーを読み取り、サンプリングされたリクエストのセグメントを作成します。

API Gateway を使用して API の Java SDK を生成する場合、 SDK クライアントを手動で計測するのと同じ方法で、クライアントビルダーでリクエストハンドラーを追加することで AWS SDK クライアントを計測できます。手順については、「X-Ray AWS SDK for Java を使用した SDK 呼び出しのトレース」を参照してください。