X-Ray サンプリングルールとグループのタグ付け - AWS X-Ray

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

X-Ray サンプリングルールとグループのタグ付け

タグとは、 AWS リソースの識別や整理に使用できる単語やフレーズのことです。各リソースに複数のタグを追加できます。各タグには、お客様が定義するキーとオプションの値が含まれます。たとえば、タグキーは でdomain、タグ値は ですexample.com。追加したタグに基づいて、リソースを検索およびフィルタリングできます。タグを使用する方法の詳細については、 AWS 全般のリファレンス「リソースのAWSタグ付け」を参照してください。

でタグがどのように役立つかの例を以下に示しますX-Ray。

  • タグを使用して、さまざまなカテゴリの請求情報を追跡する。X-Ray グループとサンプリングルールにタグを適用してタグをアクティブ化すると、 はアクティブなタグ別に使用量とコストを集計したカンマ区切り値 (CSV) ファイルとしてコスト配分レポートAWSを生成します。自社のカテゴリ (たとえばコストセンター、アプリケーション名、所有者) を表すタグを適用すると、複数のサービスにわたってコストを分類することができます。コスト配分にタグを使用する方法の詳細については、の「コスト配分タグhttps://docs.aws.amazon.com/awsaccountbilling/latest/aboutv2/cost-alloc-tags.htmlの使用」を参照してくださいAWS Billing and Cost Management ユーザーガイド

  • タグを使用して、CloudFront ディストリビューションにタグベースのアクセス許可を適用する。詳細については、「リソースタグAWSを使用して リソースへのアクセスを制御する」を参照してください。

注記

タグエディタAWSリソースグループは、現在 X-Ray リソースをサポートしていません。AWS X-Ray コンソールまたは API を使用してタグを追加および管理します。

リソースにタグを適用するには、 X-Ray コンソール、 API、、 AWS CLI SDKsおよび AWS Tools for Windows PowerShellを使用します。詳細については、次のドキュメントを参照してください。

注記

X-Ray リソースにタグを追加または変更できない場合、または特定のタグを持つリソースを追加できない場合は、このオペレーションを実行するアクセス許可がない可能性があります。アクセスをリクエストするには、 でAWS管理者権限を持つ企業の ユーザーに連絡X-Rayします。

タグの制限

タグには次の制限があります。

  • リソースあたりのタグの最大数は 50 です–

  • キーの最大長は 128 文字 – (Unicode) です。

  • 値の最大長は 256 文字 – (Unicode) です。

  • キーと値の有効な値 – a~z、A~Z、0~9、スペース、特殊文字 (_ . : / = + - @)

  • タグのキーと値は大文字と小文字が区別されます。

  • キーのプレフィックスaws:として を使用しないでください。 AWS 用に予約されています。

注記

システムタグを編集または削除することはできません。

コンソールでのタグの管理

X-Ray グループまたはサンプリングルールを作成するときに、オプションのタグを追加できます。タグは、後で コンソールで変更または削除することもできます。

以下の手順では、 X-Ray コンソールで グループとサンプリングルールのタグを追加、編集、削除する方法について説明します。

新しい グループにタグを追加する (コンソール)

新しいX-Rayグループを作成すると、[グループの作成] ページでオプションのタグを追加できます。

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、X-Ray コンソール (https://console.aws.amazon.com/xray/home) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Configuration (設定)] を展開し、[Groups (グループ)] を選択します。

  3. [Create group] を選択します。

  4. [グループの作成] ページで、グループの名前とフィルタ式を指定します。これらのプロパティの詳細については、「X-Ray コンソールでのグループの設定」を参照してください。

  5. [タグ] に、タグキーとオプションでタグ値を入力します。たとえば、 のタグキーと Stageのタグ値を入力してProduction、このグループが本稼働用であることを示すことができます。タグを追加すると、必要に応じて別のタグを追加するための新しい行が表示されます。タグの制限についてはタグの制限、このトピックの「」を参照してください。

  6. タグの追加が完了したら、[グループの作成] を選択します。

新しいサンプリングルールにタグを追加する (コンソール)

新しいX-Rayサンプリングルールを作成すると、[サンプリングルールの作成] ページでタグを追加できます。

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、X-Ray コンソール (https://console.aws.amazon.com/xray/home) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[設定] を展開し、[サンプリング] を選択します。

  3. [サンプリングルールの作成] を選択します。

  4. [サンプリングルールの作成] ページで、名前、優先度、制限、一致条件、および一致属性を指定します。これらのプロパティの詳細については、「X-Ray コンソールでのサンプリングルールの設定」を参照してください。

  5. [タグ] に、タグキーとオプションでタグ値を入力します。たとえば、 のタグキーと Stageのタグ値を入力してProduction、このサンプリングルールが本稼働用であることを示すことができます。タグを追加すると、必要に応じて別のタグを追加するための新しい行が表示されます。タグの制限については、このトピックタグの制限の「」を参照してください。

  6. タグの追加が完了したら、[サンプリングルールの作成] を選択します。

グループのタグを編集または削除する (コンソール)

X-Ray グループのタグは、[グループの編集] ページで変更または削除できます。

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、X-Ray コンソール (https://console.aws.amazon.com/xray/home) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[設定] を展開し、[グループ] を選択します。

  3. [グループ] テーブルで、グループの名前を選択します。

  4. [Edit group (グループの編集)] ページの [Tags (タグ)] で、タグのキーと値を編集します。重複したタグキーを持つことはできません。タグ値はオプションです。必要に応じて値を削除できます。[Edit group (グループの編集)] ページの他のプロパティの詳細についてはX-Ray コンソールでのグループの設定、「」を参照してください。タグの制限については、このトピックタグの制限の「」を参照してください。

  5. タグを削除するには、タグの右側にある [X] を選択します。

  6. タグの編集または削除が完了したら、[Update group (グループの更新)] を選択します。

サンプリングルールのタグを編集または削除する (コンソール)

[Edit X-Ray sampling rule (サンプリングルールの編集)] ページで、 サンプリングルールのタグを変更または削除できます。

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、X-Ray コンソール (https://console.aws.amazon.com/xray/home) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[設定] を展開し、[サンプリング] を選択します。

  3. [サンプリングルール] テーブルで、サンプリングルールの名前を選択します。

  4. [タグ] で、タグのキーと値を編集します。重複したタグキーを持つことはできません。タグ値はオプションです。必要に応じて値を削除できます。[サンプリングルールの編集] ページの他のプロパティの詳細についてはX-Ray コンソールでのサンプリングルールの設定、「」を参照してください。タグの制限については、このトピックタグの制限の「」を参照してください。

  5. タグを削除するには、タグの右側にある [X] を選択します。

  6. タグの編集または削除が完了したら、[サンプリングルールの更新] を選択します。

でのタグの管理 AWS CLI

X-Ray グループまたはサンプリングルールを作成するときにタグを追加できます。を使用してタグAWS CLIを作成および管理することもできます。既存のグループまたはサンプリングルールのタグを更新するには、 AWS X-Ray コンソールを使用するかTagResource または UntagResource APIs を使用します。

新しいX-Rayグループまたはサンプリングルールにタグを追加する (CLI)

新しいX-Rayグループまたはサンプリングルールの作成時にオプションのタグを追加するには、次のいずれかのコマンドを使用します。

  • 新しい グループにタグを追加するには、 を置き換えて次のコマンドを実行します。group_name グループの名前、mydomain.com をサービスのエンドポイントで使用して、key_name タグキー、およびオプションでタグキーを含む value タグ値を持つ 。グループの作成方法の詳細については、「」Groupsを参照してください。

    aws xray create-group \ --group-name "group_name" \ --filter-expression "service(\"mydomain.com\") {fault OR error}" \ --tags [{"Key": "key_name","Value": "value"},{"Key": "key_name","Value": "value"}]

    次に例を示します。

    aws xray create-group \ --group-name "AdminGroup" \ --filter-expression "service(\"mydomain.com\") {fault OR error}" \ --tags [{"Key": "Stage","Value": "Prod"},{"Key": "Department","Value": "QA"}]
  • 新しいサンプリングルールにタグを追加するには、 を置き換えて次のコマンドを実行します。key_name タグキー、およびオプションでタグキーを含む value タグ値を持つ 。このコマンドは、 --sampling-rule パラメータの値を JSON ファイルとして指定します。サンプリングルールの作成方法の詳細については、「」サンプリングルールを参照してください。

    aws xray create-sampling-rule \ --cli-input-json file://file_name.json

    JSON ファイルの内容は次のとおりです。file_name.json パラメーターによって指定される --cli-input-json

    { "SamplingRule": { "RuleName": "rule_name", "RuleARN": "string", "ResourceARN": "string", "Priority": integer, "FixedRate": double, "ReservoirSize": integer, "ServiceName": "string", "ServiceType": "string", "Host": "string", "HTTPMethod": "string", "URLPath": "string", "Version": integer, "Attributes": {"attribute_name": "value","attribute_name": "value"...} } "Tags": [ { "Key":"key_name", "Value":"value" }, { "Key":"key_name", "Value":"value" } ] }

    サンプルコマンドを次に示します。

    aws xray create-sampling-rule \ --cli-input-json file://9000-base-scorekeep.json

    以下は、 9000-base-scorekeep.json パラメータで指定されたサンプル--cli-input-jsonファイルの内容です。

    { "SamplingRule": { "RuleName": "base-scorekeep", "ResourceARN": "*", "Priority": 9000, "FixedRate": 0.1, "ReservoirSize": 5, "ServiceName": "Scorekeep", "ServiceType": "*", "Host": "*", "HTTPMethod": "*", "URLPath": "*", "Version": 1 } "Tags": [ { "Key":"Stage", "Value":"Prod" }, { "Key":"Department", "Value":"QA" } ] }

既存のリソースにタグを追加する (CLI)

tag-resource コマンドを実行して、既存のX-Rayグループまたはサンプリングルールにタグを追加できます。このメソッドは、 update-group または を実行してタグを追加するよりも簡単な場合がありますupdate-sampling-rule

グループまたはサンプリングルールにタグを追加するには、以下のコマンドを実行し、ARN をリソースの ARN に置き換えて、追加するタグのキーとオプションの値を指定します。

aws xray tag-resource \ --resource-arn "ARN" \ --tag-keys [{"Key":"key_name","Value":"value"}, {"Key":"key_name","Value":"value"}]

次に例を示します。

aws xray tag-resource \ --resource-arn "arn:aws:xray:us-east-2:01234567890:group/AdminGroup" \ --tag-keys [{"Key": "Stage","Value": "Prod"},{"Key": "Department","Value": "QA"}]

リソースのタグを一覧表示する (CLI)

list-tags-for-resource コマンドを実行して、 X-Ray グループまたはサンプリングルールのタグを一覧表示できます。

グループまたはサンプリングルールに関連付けられているタグを一覧表示するには、以下のコマンドを実行し、ARN をリソースの ARN に置き換えます。

aws xray list-tags-for-resource \ --resource-arn "ARN"

次に例を示します。

aws xray list-tags-for-resource \ --resource-arn "arn:aws:xray:us-east-2:01234567890:group/AdminGroup"

リソースのタグを削除する (CLI)

untag-resource コマンドを実行して、 X-Ray グループまたはサンプリングルールからタグを削除できます。

グループまたはサンプリングルールからタグを削除するには、次のコマンドを実行して、ARN をリソースの ARN に置き換え、削除するタグのキーを指定します。

untag-resource コマンドを使用してタグ全体のみを削除できます。タグ値を削除するには、 X-Ray コンソールを使用するか、タグを削除して同じキーを持つ新しいタグを追加しますが、値は異なるか空の値になります。

aws xray untag-resource \ --resource-arn "ARN" \ --tag-keys ["key_name","key_name"]

次に例を示します。

aws xray untag-resource \ --resource-arn "arn:aws:xray:us-east-2:01234567890:group/group_name" \ --tag-keys ["Stage","Department"]

タグに基づいて X-Ray リソースへのアクセスを制御する

タグをX-Rayグループまたはサンプリングルールにアタッチするか、リクエスト内のタグを に渡すことができますX-Ray。タグに基づいてアクセスを制御するには、xray:ResourceTag/key-nameaws:RequestTag/key-name または aws:TagKeys の条件キーを使用して、ポリシーの条件要素でタグ情報を提供します。これらの条件キーの詳細については、「リソースタグAWSを使用したリソースへのアクセスの制御」を参照してください。

リソースのタグに基づいてリソースへのアクセスを制限するためのアイデンティティベースのポリシーの例を表示するには、「タグに基づくX-Rayグループおよびサンプリングルールへのアクセスの管理」を参照してください。